お笑い韓国軍(海軍編第一部)

海軍

新型軽魚雷「青鮫」

韓国初の国産潜水艦攻撃用短魚雷、K745青鮫である。名前がカッコイイ(棒

魚雷について

簡単に魚雷について説明しておこう。

魚雷は、弾頭にエンジンとスクリューをつけて、水中を航行し目標とした艦船などを破壊することを目的とした兵器だ。

そのうち、単魚雷と呼ばれるモノは対潜水艦攻撃用の小型・短射程の魚雷である。

高性能?な青鮫

で、「K745青鮫」は10億ウォンの費用を投入して開発された、韓国海軍の誇るべき2番めの魚雷なのだとか(1番目は白鮫K731らしい)。

K745 青鮫

水上艦艇や航空機から発射・投下して敵潜水艦を攻撃する機能を持っているが、性能的には微妙らしい。どうやら、アメリカ軍が使っていたMk46の技術をベースに作られたんじゃないか?という噂。

……のだけれど、なかなか開発期間が長かったようで(苦笑

えー?アメリカのMk46やMk54の技術をパクっただけじゃないの?

韓国初の軽魚雷「青鮫」誕生秘話… KBS1「神話創造の秘密」で開発プロセスの概要
記事入力 2005.07.14午後4:12

~~略~~
国防科学研究所魚雷開発チームは、2003年、海軍から軽魚雷「青鮫」の実弾射撃実験を必要とされる。
軽魚雷は魚雷とは異なり、300㎏以下の比較的軽量で製作、トラップや航空機に搭載されて潜水艦を攻撃する水中誘導武器だ。

しかし、軽魚雷は魚雷よりもはるかに小さいほど、精密な集積技術が必要である。
ため魚雷である「白鮫」を開発した魚雷の開発チームは、軽魚雷製作のために、より緻密で高度化された技術を必要とされる。
さらに魚雷は水中で電磁波や赤外線を利用することができないほど高い周波数の音波を使用して、目標を確認して追うだけ高難度の技術が要求される。
魚雷の開発チームは、絶え間ない開発と検証実験を介して、最終的に韓国初の軽魚雷である「青鮫」が誕生する。

「NAVER」より

最初は、こんな感じでホルホルしてたんだけど、これがどうやら上手くいかなくなっちゃった。

実は、開発がかなり難航していたらしく、初めての海中走行テスト時(1998年11月)、30秒程度で浮き上がってしまい失敗してしまったという武勇伝を持っている。え?魚雷?

ま、まあ、テストだし、失敗はつきものだよね。

だけど、実戦配備前に試射をあまり行わなかったせいか、実戦配備後、海軍訓練中に青鮫を紛失するという事態に(苦笑

海軍 西海での訓練中に魚雷誤射事故

Write: 2012-06-27 14:56:03/Update: 2012-06-27 15:16:03

西海で訓練中だった海軍の護衛艦で、魚雷が誤って発射される事故が起きていたことがわかりました。 
海軍が27日に明らかにしたところによりますと、21日、西海の泰安(テアン)半島付近で海上訓練中だった平沢(ピョンテク)2艦隊所属の2300トン級護衛艦で、敵の潜水艦を捕らえる短魚雷である「チョンサンオ(青サメ)」 1発が誤って発射されました。
原因はまだわかっていません。
魚雷は爆発しないまま海に沈み、海軍が回収作業に当っているということです。

~~略~~

韓国では、2009年12月にも海軍の対潜水艦訓練の途中に「チョンサンオ」1発が誤って発射され、流失する事故が起きています。

「KBS」より

青鮫流失で韓国海軍もさぞや青ざめた事だろう。

コメント