【韓国海軍】潜水艦のロマン

海軍

韓国は、お隣北朝鮮と事を構えているだけあって、潜水艦に関しても力を入れている……、ハズなんだが空回っている。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

張保皐級潜水艦=209型潜水艦

実質、主力潜水艦

韓国海軍の主力潜水艦はこちら。

これが、韓国の誇る張保皐級潜水艦である。ドイツHDW社の輸出用潜水艦の209/1200型をカスタマイズしてもらって、ノックダウン生産で作り上げたシロモノ。え?韓国は「ライセンス生産している」と主張している?いやまあ、じゃあ、ライセンス生産ってことで。

現在、9隻保有している。

艦内が狭い!

流石に、ベストセラー潜水艦である209/1200型なので、性能的には問題無いハズ。

……だが、もともと外洋に出る想定ではない沿岸警備を目的とした小型潜水艇なので、狭い。

潜水艦に広さを求めてはいけないのはわかっているのだけれど、艦内に食堂は無いし、館長室ですら0.5坪(1畳程度)の広さしかない。潜水艦乗りは大変だな。

ドイツ製のこの209型シリーズは、ドイツでは1100型、1200型、1300型、1400型、1500型の5タイプが用意されている。が、韓国が予算をケチったのか、張保皐級は2番目に小さな艦である。

にもかかわらず、何故か艦内に臨時の寺院や教会が作られているらしい。多分、必要だから作られているんだろうけれど、どんな大きさなのやら。

これは和やかな食事風景らしいのだが……、狭さに気が狂いそうだな。これでも33名搭乗できるらしい。何処で何を食べているのか非常に気になる。

だけど、潜水艦なんて原子力潜水艦でもない限り艦内は狭いのが普通だから、贅沢は言えないし、韓国軍特有の問題というわけでもない。

それでも輸出成功!

とまあ、こんな209型の潜水艦ではあるが、なんと輸出に成功している。

……インドネシアに、だけど。

大宇造船、潜水艦の海外輸出に成功 韓国初

2017年08月02日15時19分

  大宇造船海洋が韓国で初めて潜水艦の海外輸出に成功した。1988年にドイツから技術提供を受けて開発を始めて約30年で成し遂げた快挙だ。
  大宇造船海洋は2011年、インドネシア国防部から受注した1400トン級潜水艦3隻のうち、1隻目の潜水艦引渡式を2日、慶尚南道巨済(キョンサンナムド・コジェ)の玉浦(オクポ)造船所で行った。引渡式にはインドネシアのリャミザルド・リャクドゥ国防部長官やアデ・スパンディ海軍参謀総長のほか、大宇造船海洋の鄭聖立(チョン・ソンリプ)社長ら80人余りが出席した。

中央日報」より

インドネシアに武器を売るというのは、実は西側諸国にとっては結構ハードルが高い。何故かというと、インドネシアはイスラム教が大勢を占める国であり、中東に武器が流れるリスクがあるという建前で、アメリカが怒るからだ。

ところが、何故か韓国はこれをガン無視で商売ができるらしい。だから、F/A-50とか209型潜水艦とかが売れちゃうわけだね。

今のところは、インドネシアには、納入された1番艦のNagapasa(ナーガパーシャ)と、納入される予定の2番艦のArdadedali(アルダリダリ)、建造中だと言われている3番艦Alugoro(アルゴロ?)の3隻が配備されることになっている。

まあ、インドネシアは209型をベースにしたチャクラ級潜水艦が2隻あるから、整備の面を考えれば間違った選択では無いんだろうけど、実は最新のニュースではこれもきな臭いことになりつつある様だ。

この話は又別途取り上げたいが、インドネシアの政治家の中にはとんでもない曲者がいるらしく、防衛相が対韓国の貿易に関してかなり引っかき回しているらしい。その結果、残念なことにインドネシアにさらに潜水艦を売りつけようという計画は頓挫するようだ。

インドネシアの潜水艦が行方不明に!

さて、これが韓国の責任なのかはハッキリしない。だが、インドネシアで運用する潜水艦のうち1隻が行方不明になってしまう事件が発生する。

結果、沈没した状態で発見されたのはカクラ級2番艦「ナンガラ」。事故の状況はハッキリしないのだが、演習中に魚雷発射した後に何らかのトラブルに巻き込まれて、ロンボク海峡の海底に乗組員もろとも引きずり込まれる。

乗組員全員死亡で、潜水艦の引き揚げも断念されてしまう。

このナンガラは、実はドイツ製なのだが、近代改修を韓国で行っている。事故原因はその時の近代改修が原因ではないか?という観測もあったが、真相はもはや分からない。

潜水艦事故は、いつの時代でも心に来るものがあるな。

孫元一級潜水艦=214型潜水艦

張保皐級潜水艦の艦内が非常に狭くて基本的には外洋に出られないということで(それでも張保皐級潜水艦でリムパック参加の実績があるのだから大したものである)、もうちょっと大型の潜水艦を導入することになったのがこちら、孫元一級潜水艦である。

張保皐級潜水艦が排水量1200tに対して、孫元一級潜水艦は排水量1800tとちょっと大きくなった。だが、この潜水艦のウリは燃料電池搭載による非大気依存推進機関(AIP機関)を搭載している点だ。

やったね!これで静かな航海ができるよ! でも、燃料電池が場所をとるからスペースは余り増えないよ!

トラブル続きの214型

ところが、本家ドイツの214型がトラブルを抱えていたようで、ギリシア海軍が納入を拒否するなどの事態が。この欠点は解消できたかに見られたが、孫元一級の1番艦にトラブル多発。

韓国が導入するドイツ製潜水艦、ギリシャは瑕疵を理由に拒否

2006年11月15日16時04分 

  ドイツ防衛関連企業HDW社に最新214級攻撃用潜水艦4隻を注文したギリシャが、最近、「取り返しのつかない設計・製作上の瑕疵」を理由に初めて建造されたギリシャ型1号艦の引き受けを拒否した。 

  ギリシャの各メディアは最近、「ギリシャ海軍がドイツで建造された1号艦を対象に2度試験を行った結果、性能が当初の要求に達しないうえ、深刻な設計・製作上の瑕疵があるという事実を見つけ、引き受けを拒否した」と報じた。 

「中央日報」より

そして、韓国海軍に納入された後続の潜水艦にもトラブル発生。事前に確認しなかったんだろうか??

海軍の主力潜水艦、20カ月も修理中 ~潜水艦「孫元一」、完全解体状態 故障の原因は不明~

2012/11/02 22:00

韓国海軍の主力潜水艦「孫元一(ソン・ウォンイル)」=排水量1800トン級=が、原因不明の故障で20カ月も作戦から外れ、修理を受けていることが1日までに分かった。
韓国海軍によると、孫元一では昨年4月、潜航が困難なほど大きな騒音が発生。その後、海軍は孫元一を完全に解体し、原因究明に乗り出したが、今のところ正確な原因はまだ分かっていないという。

「朝鮮日報」より:リンク切れ

最新鋭潜水艦 “孫元一艦… 3年以上”修理中 “

最終修正 2013.06.28 11:28 記事入力 2013.06.28 11:18

国民の税金3500億ウォンに導入した海軍の最新鋭チャン·ボゴ級- ∥(214給電·1800t級)潜水艦”孫元一艦が3年以上も昼寝をしている。国内に導入されて8年が過ぎたが、この期間の3分の1以上を整備だけの時間を過ごしているのだ。

「韓国メディア asiae」より

ただ、深刻なのはそのトラブルの内情だ。

特に大きなトラブルを発生しているのが1番艦の「孫元一」で、推進軸から異様な震動と音が発生する模様。潜水艦の最も重要な隠密性がスポイルされてしまっているぜ!

それ以降、5番艦まで作られ現在4番艦までが作戦にあたっているようだが、1番艦は殆ど入退院を繰り返す病人状態で直る気配がない、ドックでニートをやっているとか噂されているが、定かでは無い。

ところが、1番艦だけではなく2番艦もヒキニートだということが報じられてしまった。そして、この時明らかにされたのが、2番艦がハードワークで過労死寸前だという話である。いや、それでも2番艦も1年以上ドックから出られないという風に書かれているぞ?意味がよく分からない!

1番艦の整備の際にブラックボックスを勝手に開けて組み付けに失敗したから、1番艦の異音が問題になったと言う噂があったが、実は4番艦まで共通の課題で解決を見ずに、ドイツから賠償金を貰ったとか何とか。

ついでに、冷却系のトラブルから「数週間の潜航が可能」という触れ込みなのに、実際には数日しか潜航していられない状況。冷却系を見直したら直ったらしいけど、本当かね……??

大型潜水艦へのロマン

島山安昌浩級潜水艦 バッチ1

そんな状態なのに、これに懲りずに「3000t級の潜水艦を作る!」と言っているのだから、韓国海軍は救いようが無い。とうとう「島山安昌浩級潜水艦」と称してバッチ1扱いの潜水艦3隻を作り始めちゃった。

「動くミサイル基地」3千トン級潜水艦を2020年に導入=韓国

2013年08月05日09時00分 

  水の中で隠密に動く潜水艦は、だれも知らないうちに攻撃する威力的な武器だ。各国の海軍はそれで潜水艦を戦略兵器に分類する。新しい長距離ミサイルが次から次へと開発され潜水艦の大きさも日増しに大きくなっている。各国が2000トン級以上の大型潜水艦保有競争を行う理由だ。大型潜水艦は潜水艦大国であるロシアや中国、日本、欧州の一部の国だけが保有しており、このうち3000トン級はディーゼルエンジンを使う潜水艦で最も大きい規模だ。米国はここからさらに進んで、ディーゼル潜水艦を廃棄しすべて4000トン級以上の大規模原子力潜水艦を運用中だ。

「中央日報」より

潜水艦にロマン求めんなよ!

似たような失敗をオーストラリアがやっているのだが、知らないのか?

軍、3000t級原​​子力潜水艦の建造計画立てる

最終的な修正 2015.04.23 10:00 記事入力 2015.04.23 09:30

海軍が3000t級原子力潜水艦の建造計画を立てることが分かった。

韓国メディア「アジア経済」より

韓国海軍 次世代潜水艦の起工式開催=組み立て開始

2016/05/17 11:30

韓国防衛事業庁は17日、南部の慶尚南道巨済市の大宇造船海洋で次世代潜水艦「張保皐3」(3000トン)の起工式を開催したと明らかにした。

「総合ニュース」より

驚くべきは、韓国にはこれまで潜水艦の設計経験がなかった。209型についても214型についてもドイツの設計で作られた潜水艦であり、韓国が国内で行ったノックダウン生産では、潜水艦建造技術に関するノウハウの蓄積は覚束ないだろうと思われる。

ところが、いきなり3000t級の潜水艦が建造され始め、それが3隻も同時というから、驚いて良いのか呆れて良いのか。

そして行われる進水式

起工式は2016年、2018年完成予定で、実際に進水式にまでこぎ着けたよ。

韓国海軍初の3千トン級潜水艦 念頭に北朝鮮?日本?

2018年9月14日18時19分

 韓国南東部、慶尚南道巨済(キョンサンナムドコジェ)で14日、文在寅(ムンジェイン)大統領らが出席して、韓国が独自に開発した最新型潜水艦「島山安昌浩(ドサンアンチャンホ)」の進水式があった。韓国初の3千トン級潜水艦で、韓国メディアによれば、射程約500キロ以上の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を装備し、2020年1月に実戦配備される。

「朝日新聞」より

ちなみに、蛇足ながら分かっている性能について214型と比較してみたので参考にして欲しい。

新型3000t級(バッチ1)214型1900t級
水中排水量3,704t1,860t
全長83.3m65m
9.6m6.3m
船速20ノット
(水中??)
水上:12ノット
水中:20ノット
定員50名士官5名、兵員22名
機関ディーゼル・エレクトリック方式
+非大気依存推進方式
1軸推進
ディーゼル・エレクトリック方式
+非大気依存推進方式
1軸推進

未確認情報が多いので申し訳無いのだが、新型の3000t級潜水艦は水中排水量が3,700tを超え、鉛蓄電池とAIP機関を搭載し、VLSを備えている。

2021年8月に無事就役したので、ここから慣熟期間を経て作戦に投入されるハズなんだけど、予定通りであれば2022年頃まで待たねばならないようだ。

3番艦まで順調に進水したのだけれど、無事に戦力化が済むと良いね。

島山安昌浩級潜水艦 バッチ2

性能などに関する話は今のところ聞こえてこないが、今回建造した3000t級潜水艦の性能評価を行う前にバッチ2の計画が着々と進んでいるというのだから、ビックリする。

韓国が潜水艦にサムスンのリチウムイオン電池を採用―米誌

配信日時:2018年11月21日(水) 19時50分

2018年11月20日、米国防専門誌「ディフェンス・ニュース」は、韓国防衛事業庁の発表によると、韓国は次世代潜水艦にリチウムイオン電池を搭載する予定だと伝えた。従来の鉛蓄電池と比べ潜水時間を2倍に伸ばせるという。
記事は、「韓国防衛事業庁は、現在の通常動力型潜水艦をリチウムイオン電池に変更する方針であることを発表した。30カ月にわたる研究開発を経て、大型のリチウムイオン電池の開発に成功し、すでに技術性能評価に合格しているという」と伝えた。

「レコードチャイナ」より

リチウムイオン電池を搭載と言っても、韓国国内でリチウムイオン電池を作る事ができるのは殆ど見当たらない。ギリギリ、サムスンとかLGあたり、或いは電気自動車を作っているところはワンチャンあるかも?とは思えるが、果たして巨大な潜水艦を安全に運行できるバッテリーを作る事ができるのかは、未知数だ。

できると良いな。

島山安昌浩級潜水艦 バッチ3

そしてとうとう韓国にも原子力潜水艦を!という話が出てきた。

いや実を言うと、3代前の大統領、お笑いスターのノムタン(盧武鉉)が言い出した話らしいのだけれど、流石に笑い話だろうと思われていたら、正統後継者のムン君(文在寅)が本気で取り組み始めたらしいのだ。

まあ、作るんだか作らないんだか、現時点ではハッキリしないのだけれど、ムン君の中では作る積もりで動いている事は確実である。

そのうち、ハッキリするんじゃないのかな。

その他、色々推進中

そうそう、おかしな話はまだあって、こんな事が色々と進んでいる模様。

韓国、6年後には海軍潜水艦に女性軍

2014年10月16日14時59分 

  海軍が最後の「禁女」の壁を崩す。これまで女性軍が乗ることができなかった潜水艦に、女性軍乗組員を配置することにした。

「注覆う日報」より

マジすか!あかん未来しか見えないんすけど (韓国でのレイプ発生率は日本の13.5倍である) !

そもそも2020年に3000t級潜水艦が運用開始出来るのかよ、という疑問もあるのだが。

潜水艦司令部、設計ミスなどで来年創設が微妙に

OCTOBER 29, 2014 03:17

韓国軍の潜水艦司令部創設事業が、設計ミスなどによる工程の遅延で3年間漂流していることが確認された。このため、来年2月に創設が予定されていた計画に遅れが出る可能性が指摘されている。潜水艦司令部の創設計画に支障を来たせば、北朝鮮が韓国よりも保有している潜水艦の攻撃に対抗する備えに大きな穴があくことが憂慮される。

「東亜日報」より

それどころか、この狭い潜水艦に女性乗組員を配置する計画だとか、司令部が存在しないとか、意味不明な話が多い。

新型潜水艦を作って外洋に出てどうしようというのかね?寧ろ、司令部を先に作るべきじゃ無いのか!

リストに戻る

コメント