【お笑い韓国軍・ライト】どうにもならない韓国陸軍

陸軍

当サイトで読者の多い「お笑い韓国軍」シリーズだが、話が細分化したことで「読みモノ」としてはちょっと読みにくい印象がある。

まあ、韓国軍が次から次へのスゴい話をぶち上げてくれるので、割と収集が付かなくなっているんだよね。お陰で、陸軍編だけでも3部構成になってしまったため、もう少し読み易くなるようリライトしてみる気になった。

そんな訳で、本記事は初心者向けにリライトした入門編である。結局ちょいと長くなってしまったけどね。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

韓国戦車の素晴らしき世界

韓国戦車のスター!K2戦車「黒豹」

陸軍の花形といえば、その一角にあげられるのは戦車だろう。

韓国の最新戦車はK2戦車「黒豹」で、韓国産の渾身の「名品兵器」(韓国の自称だが)だと思う。

img

こんな形のゴツいフォルムが素敵なのだが、素敵なのはその中身である。

長すぎた開発期間

なんと!開発には19年も費やし、未だにその開発の手は止められていない。日本の自衛隊に配備された最新戦車は10式戦車(第3.5世代戦車)で、その開発期間は8年程。さっさと就役させないとコンセプトが古くなっちゃうぞ。

韓国のK2戦車開発への暑い熱意とかけられた時間の長さには目を見張るものがあるね!

韓国軍はK2戦車は「3.5世代戦車」だと自称するが、実質第3世代と言われる戦車と勝負が出来るかどうかというスペックになっている。コンセプトがコロコロ変わって開発期間が長引いたのが徒となったね。

足を引っ張る自国開発

更に、先代のK1戦車とは違ってK2戦車は韓国初の国産戦車である。自国開発のハードルは高く、戦車のエンジン部分と変速機を組み合わせたパワーパックというユニットは、国内開発すると宣言しつつ失敗してしまった。

現状では、ドイツ製ユーロパワーパックを搭載する車両が半数。国産エンジンにドイツのRenk社製トランスミッションを組み合わせたパワーパックを搭載する車両が半数、というような状況になっている。

つまり、国産化に失敗したというわけだ。

このパワーパックの開発が遅れたせいでK2戦車の完成は遅れたため、車体は早々に完成して心臓部の無いまま製造メーカーの倉庫に眠っているという残念な話もあった。メーカーは保管費用を請求したとかしないとか。

お粗末な機動能力

ちなみに、ドイツ製のパワーパックに助けられた部分は大きいが、それでも加速性能が残念な事になっていて、0-32km/h加速は7秒以内を目標としていたものの、達成が困難であったために次第にそのハードルは下げられて0-32km/hを10秒というラインまで引き下げちゃった

これは、第2世代戦車とされる韓国のK1戦車と同じスペックでもある。

足回りの不安定さも含めて、K1戦車の問題を引き摺ってしまっている辺りが韓国らしい。そう言えば、K1戦車は段差が乗り越えられないという残念な動画もあったっけ。

韓国陸軍K1A1戦車 段差に撃破されるwww

まあアレだ。砲台を移動させる能力があるだけでもマシだよ(人はそれを自走砲という)。

アメリカに設計して貰ったK1戦車

韓国は「国産戦車」と言い張るが

さて、そんなK2戦車の兄貴分にあたるのが先に配備されたK1戦車なのだが、この戦車は、アメリカのクライスラー・ディフェンス社(M1エイブラムスを開発した会社)が設計・開発を行ったものだ。

img

上の動画ではちょっと醜態を曝しちゃったけど、基本コンセプトはしっかりしていたんだよね。

1988年に配備された関係で88戦車などとも呼ばれているようだが、51口径105mmライフル砲と呼ばれる現代戦車にしては少し小型の砲を積んだ戦車である。設計コンセプトが山間部や河川の多い韓国において、側面装甲と火力を犠牲をしてでも軽量化と低視認性の獲得が重視されたものだった。

ところが、戦争相手である北朝鮮がその当時ソ連のT-62戦車を近代化して天馬号戦車を発表し、この脅威に対抗するために砲の威力や射程が欲しいという話になっちゃった。

K1A1に自国でアップグレード?

で、自国で120mm滑空砲を搭載して、側面装甲を強化したK1A1戦車を開発。

もともとの設計思想が高機動だったのに、同じ車体に大きな砲を載せようというのだから、完全に反対方向に走り出しちゃったんだよね。K1戦車設計コンセプトだった機動性を捨てる結果になって、更に44口径120mm滑腔砲を採用したことで、戦車に積める弾薬の数が47発から32発にまで減ってしまった。

まあ、当たり前である。車体の容積は変わらないのに、砲弾の口径が105mmから120mmにサイズアップして太くなった。

ここで簡単に戦車が搭載する砲の記載ルールを紹介しておくと、後の方の数字が「口径」で、前の方は方針の長さを示すことになっている。なので、内径に合わせた弾薬を積み、その弾薬を発射するための装置もでかくなる。結果、戦車室内は狭くなり、詰める弾薬数も減ってしまった。更に言うと、デカい弾薬を飛ばすために反動も大きくなるので、その分、車体へのダメージも大きくなるという弊害付きだ。

同じ筐体にデカい砲を載せようというのは、割と狂気の沙汰なのである。

デジタル仕様のK1E1にするぜ!

更にK1戦車のパワーアップ作戦は続き、今度は近代化を図るためにC4I「戦闘管理システム」を積む計画が出てきた。当然、外側にかたい殻(装甲)をつけているのだから、外側に建て増しするわけにはいかない。だから内側のスペースを削るしかなくなる。

で、K1A1化で狭くなった車体をさらに狭くする「K1A2」と、元の115mmを積んだ「K1E1」が登場する流れに。

  • K1戦車 → K1A1戦車(44口径120mm滑腔砲に)→ K1A2戦車
  • K1戦車 → K1E1戦車(51口径105mmライフル砲のまま)→ K1E2戦車計画あり?

ところがところが、満を持してデジタル化したK1E1だが、なんと!修理ができなくなってしまった。

何が起きたかというと、近代化改修と称して砲手用主照準器を搭載したのだけれど、砲手の目といわれるこの部品、弾着確認などに使われる大切な部品なのに現状で3割の故障率。更に修理不能。生産終了により交換不能。

いやー、飾っているだけのK1戦車が増えること増えること。

なお、K1A2戦車に搭載した砲手用主照準器は別仕様らしいのだけれど、こっちを流用することは出来ないんだって。そんな訳で、2028年までひたすら使えないK1E1戦車が増えるという。大丈夫なのか?

砲身が破裂したり、変速機に問題があってリコールになったりと、まあまあ残念な戦車だが、それでも使えなくなってしまうと困るよねー。

この他にも、火災報知器のセンサーが誤動作して消火用のハロゲンガスが吹き出すとか、なかなか忙しい戦車だね。

今でも現役の老兵「パットン」

パットン将軍!

img

アメリカの名戦車M48「パットン」なのだが、韓国軍では未だに現役らしい。ベトナム戦争時(1955年~1975年)に主力戦車だっただけに、流石に老朽化が激しい模様。

なんと、韓国軍のパットンは坂道が登れない状況になっているらしいのだ。最高時速50km/hの能力であるはずが時速20km/hを超えることができない状況だとか、20度を超える傾斜路を上れないとか、夜間照準は500m以下だとか、悪い噂が絶えない老兵である。もう、休ませてやれよ!と言いたいところなのだけれど、K2戦車もK1戦車も色々問題を抱えているので、まだまだ現役が続きそうだよ。

2018年時点でまだ、600輌近く配備されているらしいから。

コメント