お笑い韓国軍(陸軍編)

陸軍

お笑い韓国軍(陸軍編)では、みんな大好き「K2戦車」や脅威の命中率を誇る「K9自走砲」など、韓国陸軍の誇るビックリ兵器を主にを紹介する。

と、その前に、このシリーズのリンクを張ってある固定ページを紹介しておこう。

なお、今後もこのお笑い韓国軍の記事は定期的にメンテナンスしていくつもりなのだけれど、調べるのは結構大変で時間がかかることと、仕事の合間を見つけてメンテナンスをしている関係でやっぱり時間がかかる。だから気長に見守ってやってくださいな。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク

概要

韓国陸軍は約39万5千人の兵員を擁する規模の大きい組織である。日本の陸上自衛隊は約15万777人、イギリス陸軍は約7万5千人、フランス陸軍は約11万7千人と、規模感を考えると韓国陸軍のかなり人数は多いのだが、人数に対する予算は少ないというちょっと歪な組織だ。(注:人数に関しては予備役や義勇兵など、制度がかなり異なるので単純に比較出来るものではない。あくまで参考までに)

その理由は、北朝鮮との戦争継続中であり、徴兵制を採用しているという辺りであろうかと思われる。

敵である北朝鮮が、国民皆兵制を採っている関係で、陸軍の兵士の数を揃えたいという事情があるのは理解出来る。

ただ、それにしちゃあ韓国陸軍の装備がションボリなんだよねぇ。どうなっているのやら。このブログではそんな韓国陸軍の装備品などを笑える要素を含むネタを中心にお送りしたい。

輝かしい兵器リスト

韓国陸軍戦車達

陸軍機械化部隊の花形、戦車だが、韓国陸軍における戦車の重要性は高い。何しろ、朝鮮戦争の時代、北朝鮮の戦車部隊に為す術も無く蹂躙された苦い記憶を持つからだ。

そんな重要度の高いハズの戦車開発だが、随分と国産化には苦戦しているようだ。

割と売れてる自走砲と不具合続きのレーダー

面白兵器満載の韓国陸軍にとって、唯一世界の市場を席巻している自走榴弾砲は韓国の誇りと呼べる兵器である。……カタログスペックだけならね。その実力は未だ実証されていないが。

そして、対空防衛の為にイスラエル製アイアンドームを国産化しようとしている。だが、韓国陸軍の抱える問題はソコじゃないんだよね。そりゃ、韓国製アイアンドームが安く提供できれば良いのだろうけれど。

兵員輸送車両

現代の陸戦においても兵員輸送の問題は切実である。移動手段である車両の確保は必須なのだけれど、ここでも色々問題兵器は満載だ。

小火器など

小火器に関して、韓国陸軍は寧ろ成功している方だろう。特にK2ライフルなんかは、結構需要があるようだ。でも、ネタ兵器も沢山あるんだよね。

そして、戦闘服などにも問題が。

回転翼機問題

上で書いた様に、韓国陸軍のトラウマ、敵方の戦車に対抗する為には、ヘリコプターの充実も欠かせない。……ハズなんだけどねぇ。

注1:この記事は、世界最大のエンターテナーである韓国軍の「お笑い」の部分を抽出したもので、軍事的知識を持っている人にとっては物足りない内容です。細かい部分に突っ込みを入れないおおらかな気持ちで読んで頂ければ幸いです。

注2:長めの記事になっていますので、もうちょっと軽く読みたい方はコチラをどうぞ。ライト版です。

陸軍兵士のやる気を削ぐ粗末な食事

さて、韓国陸軍だけの事情というわけでもないのだろうけれど、ここの所、「粗末な食事」が話題になっている。

こちらの記事で取り上げているのだけれども、韓国軍の食事は実に粗末だということのようである。

こんな惨状がネットで晒されて大騒ぎということなのだが、コレの対策として競争入札制度にして、状況の改善を狙ったらしい。どう考えても斜め上の判断である。

陸軍の給食、少しよくなったと思ったらまたも粗末に…部隊側「再発防止」を約束=韓国

2021/12/05 20:34配信

韓国で、コロナなどにより隔離施設にとどまっていた陸軍兵士たちに粗末な給食が提供された事実が明らかになった。

これに対し部隊側は「自律配食システムの下、足りなくなったおかずを早く用意できなかったために起きたことだ」と再発防止を約束した。

「WowKorea」より

一時的に改善したという話のようだったが、直ぐに悪化したとか。

何故、こうなってしまうのか。

何やらおかずが足りなくなってしまった結果、こんな惨状を迎えたらしいのだが……、それよりもビニールが気になるのは僕だけなのだろうか。

コレが別の日のメニューらしい。上の写真よりはマシに見えるけれど、どうしても美味しそうには見えない。何というか、コレで士気を高めろといわれましても。

コメント

  1. 飛虎のセンスに共感を感じることができないのは同意ですが、
    「神弓」を笑うのはどうかと。
    日本もX-2に神心と愛称つけましたし、西洋側も結構やらかしてますし(イージスシステムなんてもろギリシャ神話からですし)

    とはいえ、古事記の時代から神話が伝え続けられ、宗教ではなく文化として浸透してる日本と、その辺すっぽり抜けてて大半が自称キリスト教なあちらさんでは名付けの根拠や重みも違うのかもしれませんが…

    • あ、すみません
      K-30のところに書こうとして間違えました

      • えーっと、まあ、コメントの中身からしてもその趣旨は理解出来ると思いますので、このままで。

    • 「神弓」というセンスに関して、「心神」という愛称を引き合いに出すのは違和感を覚えます。「心神」は、公式のものではなく、部内の一部で使われたものらしいですから。
      さておき、個人の感性に関してこれ以上言及するのは詮無きことです。
      そういう意味では、韓国のセンスに言及すべきでは無かったのですが……。

      すべきではないのですが、「神弓」の名を冠しているにもかかわらず、この微妙な感じの性能というのが、正直な感想です。頑張って性能を磨いて欲しいですね。