お笑い韓国軍(陸軍編第一部)

陸軍

韓国には世界に名だたるお笑いエンターテイメントが存在する。

それが「お笑い韓国軍」というジャンルだ。

以前より書き溜めていたが、ついにシリーズ化するほどのボリュームになったので、「陸軍編」「海軍編」「空軍編」の3つに分けてお送りしたいと思う。なお、この内容は引っ越し前のサイトに掲載していたものをリニューアルしてお送りしている。

さて、最初にお送りするのは、お笑い韓国軍シリーズの陸軍編である。

記事が長くなったので、三部構成にてお送りする。陸軍で一番人気が機械化部隊が保有する車両なので、韓国軍の誇るエンターテナー達を、笑いを交えて紹介しておこう。

その前に、このシリーズのリンクを張ってある固定ページを紹介しておこう。

なお、今後もこのお笑い韓国軍の記事は定期的にメンテナンスしていくつもりなのだけれど、調べるのは結構大変である。だから気長に見守ってやってくださいな。

スポンサーリンク

では、ページ内リンクを。

 ■輝かしい兵器リスト

<第一部に収録>

<第二部に収録>

<第三部に収録>

注1:このリンクは第一部から第三部に跨がる形でリンクが貼ってあります。
注2:この記事は、世界最大のエンターテナーである韓国軍の「お笑い」の部分を抽出したもので、軍事的知識を持っている人にとっては物足りない内容です。細かい部分に突っ込みを入れないおおらかな気持ちで読んで頂ければ幸いです。

最終更新:令和元年7月23日

コメント

  1. 7743 より:

    飛虎のセンスに共感を感じることができないのは同意ですが、
    「神弓」を笑うのはどうかと。
    日本もX-2に神心と愛称つけましたし、西洋側も結構やらかしてますし(イージスシステムなんてもろギリシャ神話からですし)

    とはいえ、古事記の時代から神話が伝え続けられ、宗教ではなく文化として浸透してる日本と、その辺すっぽり抜けてて大半が自称キリスト教なあちらさんでは名付けの根拠や重みも違うのかもしれませんが…

    • 7743 より:

      あ、すみません
      K-30のところに書こうとして間違えました

      • 木霊 より:

        えーっと、まあ、コメントの中身からしてもその趣旨は理解出来ると思いますので、このままで。

    • 木霊 より:

      「神弓」というセンスに関して、「心神」という愛称を引き合いに出すのは違和感を覚えます。「心神」は、公式のものではなく、部内の一部で使われたものらしいですから。
      さておき、個人の感性に関してこれ以上言及するのは詮無きことです。
      そういう意味では、韓国のセンスに言及すべきでは無かったのですが……。

      すべきではないのですが、「神弓」の名を冠しているにもかかわらず、この微妙な感じの性能というのが、正直な感想です。頑張って性能を磨いて欲しいですね。