【韓国陸軍】 現役で頑張るM48戦車「パットン」

陸軍

世界の軍隊を見渡すと、時々とんでもない骨董品が現役で戦っていることがある。

そして、韓国軍も例に漏れず骨董品を扱っている。あれだけ最新兵器を投入しておいて、未だに老朽化した奴を使い続けなければならない理由とは。

M48「パットン」

このフォルムを見ると、最新鋭の戦車とはどこか違うな、と、素人目にも分かると思うが、当然である。だって、アメリカ軍ではベトナム戦争時(1955年~1975年)に主力戦車として活躍してたんだから。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク

M48戦車「パットン」

生涯現役!

とはいえ、アメリカでも第一線を退いた後も、 予備役部隊や州兵に移管されて、1990年台頃迄は使われており、最終的にはM48A5まで改修されながら長らく活躍してきた名戦車だ。

プラモデルでならアメリカが運用していたM48「パットン」の勇姿が見られる。あとは、博物館でしか見られない逸品である。

とはいえ今なお現役で使う国もあって、韓国でもバリバリの現役なんだなぁ。

残存価値0ウォン」…坂道上がれなかった「空き缶戦車」

入力2018.10.19 08:32

一年40兆ウォンの莫大な国防予算を使う韓国軍に、坂道さえ上がれない戦車数百台が前方に配置されているという事実を信じますか?
いわゆる「部品調達」の限界にぶつかったこの戦車の価値は「0ウォン」、文字通り「空き缶戦車」という意味です。

韓国ニュースサイト「daum」より

しかし、韓国陸軍はメンテナンスもロクにせずにかなり酷使しているらしく、最高時速50km/hの能力であるはずが時速20km/hを超えることができない状況だとか、20度を超える傾斜路を上れないとか、夜間照準は500m以下だとか、そんな噂がちらほら。

設計から時間が経って、部品の調達に問題が出るというのは不思議な話では無いのだけれど、それでも戦車を使い続けるのであれば、自前で部品供給をすれば良い話。それが出来ないのが韓国陸軍である。ブラックボックスになっている部分は多いもんね。ライセンス生産と言いながら、殆ど組み立てしかやらない状況なんだろう。

そんな状態のM48が、韓国軍の最前線に未だ600両も配備されているそうな。

K2戦車の国産化遅れが影響?

それもこれも、K2戦車の国産化が遅れているせいだと、そのように言われている。

韓国軍で運用された1,000輌程度ののM48系戦車(A2型240輌/A3型380輌/A5型470輌)のうち、A3/A5型は今でも現役として2線級師団(予備役師団)の戦車大隊や海兵隊の戦車大隊に配備されているようだ。その数600輌らしい。

 K2戦車追加量産……国産パワーパック

入力2021. 06. 26. 08:00

韓国軍がK2戦車4次量産を準備していることが知られ、国産パワーパックを搭載できるかに対する関心が集まっている。黒豹という別名を持つK2戦車は、1次量産(100台)、2次量産(106台)、3次量産(54台)が推進されたが、国産パワーパックの開発に続き失敗し、外国産パワーパックを使用してきた。

~~略~~

陸軍はM48系列戦車を完全に置き換えるためにはK2戦車の追加量産が必要だという立場だ。4次量産を通じてK2戦車を360台に増やさなければならないということだ。陸軍が運用中のM48A3K戦車は現在200台、M48A5K戦車は400台が実戦に運営されている。

M48系列戦車は渡河能力がなく、起動中に射撃にならず、アクティブ防護装置や反応装甲などがない。7つの師団で運用中のM48系列戦車は老朽化が激しく、機動力が時速50kmから20~30kmに落ちる。修理と維持費も2011年基準でM48A5K戦車整備費に合計173億3900万ウォンの予算が編成された。1台当たりの年間平均整備費が3500万ウォンに上るわけだ。特に修理付属4773個のうち906品目が生産中止された。戦車砲身の場合、2019年からこれ以上生産していない。

「Daum」より

一応、K2戦車は紹介したように260両程度は作られることになったので、前線にいる600両のM48戦車の半分くらいは退役させられるのだろう。

記事でもM48系列戦車の老朽化が激しく、性能的にも作戦に支障がでると指摘している。

  • そもそも渡航能力が無く、川を越える作戦を展開するのが難しい
  • 整備不足により、機動力が50km/hから20~30km/hまで低下
  • 走向中に射撃ができない
  • 戦車の装甲が薄い
  • 20度の傾斜の坂を登れない

前線で戦うには不安な要素が多いのだが、数合わせには未だ必要なのだろう。

記事では総額年間173億3900万ウォンの予算が必要で、1輌あたりの年間修理費が3500万ウォン(350万円)相当かかっているとしている。……これはそんなものじゃないかな?どれだけ訓練が出来ているか?にもよるんだけど。

何しろ修理に用いる部品の生産中止が相次いで、真っ当に整備が出来ていない様子が伺える。動くうちはダマしダマし使うのだろうが、今後はどんどん共食い整備で数を減らして行くだろう。時間がないぞー。

リストに戻る

コメント