【アーカイブス】宇宙を夢見る韓国

迷走韓国宇宙開発史

韓国は歴史も夢見がちだが、宇宙開発に関しても夢見がちと言わざるを得ない。妄想が過ぎるぞ。

ドリーミーで良いな、オイ(笑

韓国の技術で…2020年に月、2030年に火星へ行く

2013年11月27日09時14分

2017年までに75トンのエンジンを独自で開発し、性能を検証(試験発射)する。これを基礎に2020年までに韓国型ロケットの開発を終える。同年に月に探査船(軌道線、無人着陸線)を送り、その後、火星(2030年)と小惑星(2040年)探査に乗り出す」。

「中央日報」より

宇宙開発にはお金も時間もかかるが、一番必要なのは地道な努力だ。

韓国にはこの一番大切な「地道な努力」というものに非常に縁遠い国なのである(断言

そんな一面が表れた2013年11月の新聞記事だったのだが、ソレを説明する為には韓国の宇宙開発の歴史を紹介していかねばならない。

そんな訳で、簡単にではあるが韓国の宇宙開発の歴史を簡単に紹介していこう。

必笑、韓国宇宙開発史

いや、「必笑」というよりは「失笑」かもしれないな。

KSR-1の開発

ロケット開発の歴史は、大抵はもっと小型の実験機から始めるモノだ。

が、韓国はいきなり7m弱のサイズから始まっている。これも韓国の技術開発の特徴である。とにかく、唐突に技術が形になって表れるのである。

韓国で打ち上げられた一番最初のロケットといえば、1993年6月4日に打ち上げられたKSR-1というロケットである。

この絵の一番左の型のロケットで、無誘導、固体燃料ロケット、1段式である。

全長6.7m、ペイロード150kgで、ロケットとしては初歩的な部類に入るようだが、成功裏に終わったようだ。

同年9月1日には2号機も打ち上げられる。

KSR-2の開発

その後何故か、いきなりKSR-1は打ち上げ終了し、KSR-2に移行する韓国。

KSR-2は上の絵の2番目のロケットで、二段式固体燃料ロケットである。

二段式なので、高度75kmまで打ち上げたKSR-1の約2倍、高度160kmまで到達している。推力は8.8tだ。

いきなり2段式のロケットに移行してしまった韓国だが、この時点では未だ固体燃料ロケットだった。

その2番目のロケットは、1997年7月9日と1998年6月11日に打ち上げられている。幸いにも両方とも成功したとされている。二段式のロケットは、一段式とは事なり、燃焼の終わった一段目を切り離して二段目に点火しなければならないという技術的課題があるのだが、韓国はそれを無事に乗り切ったらしい。

そういう意味でも、ここまでは概ね順調と言って良いだろう。

KSR-3の開発

さて、KSR-2の打ち上げは2基だけ。それを成功させたらさっさと計画を終了して、KSR-3に移行する韓国。

KSR-3は液体燃料とケロシンを推進剤とするロケットで、割と本格的だ。

ただし、一段式である。上の絵で3番目の形をしている。推力は12.5tだ。

これまでのKSR-1とKSR-2は固体燃料ロケットと呼ばれる、言ってみればミサイルに使われる技術であって、構造が単純故に第二次世界大戦の頃から実現されている割と枯れた技術である。

ところが、液体燃料を使う技術となると、これまでの技術とは異なるアプローチが必要となる。

そして、このKSR-3は2002年11月28日にただ1度だけ打ち上げられ、高度42.7kmに到達。予定では基本型で高度250kmにまで到達させるはずだったが、半分の高度にも達することなく落下。失敗したとみて良いだろう。

この一段式液体燃料ロケットは、 780億ウォンの費用を投じて開発され、本来であれば、その後、三段式のロケットにして打ち上げ試験をやる予定であった。

しかし 、韓国は、何故かKSR-3の打ち上げをいきなり放棄してしまう。

コメント

  1. 電気屋 より:

    KSLV-1は最初「純韓国国産!」と宣伝していたのが失敗と同時に「ロシアと共同開発・・・」に変わっていたのが印象的でしたね。
    しかし2号機の失敗はあの消火剤ぶっかけ事故からわずか1日で発射を強行した事ではあるまいか?
    あんな事になれば一旦分解洗浄するのが常識だと思うのですがよっぽど韓国側が急かしたのでしょうね・・・

    • 木霊 より:

      日本のH2Aロケットのマークや国旗を消して、衛星打ち上げを祝った、なんて話もあったような。

      KSLV-1の騒ぎも色々と面白かったのですが、今はKSLV-2のエンジンがどうなって、ロケットの試射が気になりますね。

      起源を主張するのはいつものことですし。

  2. マスメディア反乱軍 より:

    莫大な国家予算を使って長距離弾道ミサイル開発に力を注いだ北朝鮮ですら、実用可能なペイロードを確保するのに30年以上掛かっています。

    なのに、南朝鮮はロシアに好きなだけ利用されコケにされた反省もなし・地道な努力が一番必要なノウハウの蓄積もほとんどなしに、ひたすら前進あるのみで爆走中って事でしょうか?

    技術ゼロに近いのに僅か数年で「月面着陸」まで夢想する、妄想ファンタジーの世界で生きる民族の哀しさは僕たちを大爆笑させてくれますよね。(笑)
    旧世代のH2Ⅱで打ち上げられた3tクラスの「月面探査衛星 かぐや」の南朝鮮版を何時打ち上げられるのか...? 興味は尽きません。

    日本最新のイプシロン・ロケットは2000km以下の低軌道なら1.5t位(正確には判りません)、南朝鮮最新のKSR-3の低軌道でさえへ恐ろしく低性能のペイロードを考えると、ご指摘の通り24基の途方もないクラスタリングが必要でしょうね。(仮に実現すれば世界初の貴重な技術と歴史に名を残すかもですが、お馬鹿過ぎるトンデモ仕様になっちゃう事必死-冷笑-)

    でも、一つだけ実現可能な方法がありますよね。
    金豚クンを永久大統領に戴いて南北統一されちゃえばいいんで、とても簡単で実現間近な事です。

    その時が来るまでは「宇宙制覇」という続妄想ファンタジーを、それこそ続々と提供してくれる事を切に期待していまァ~す!!

    • 木霊 より:

      月面着陸の話はまた、シリーズで紹介していきたいと思いますが、まあ、難しいでしょうね。
      技術自体はかなり枯れた技術ではあるので、ロシア辺りにお願いすればやれると思うのですよ。実際に支那は実現しましたし。
      あれはほぼほぼロシアの技術だと思われますし、アメリカに頼らずともロシアの優れた技術に頼るのはありだと思うのですよ。変なところでケチるからあんなことになるわけで。

      クラスタリングは、上手くできるかどうか。
      アメリカもロシアも苦戦していますからねぇ。

      まあ、南北統一というアクロバティックな方法で乗り切るというのも一つの手ではありますが、アレもロシアの技術ベースですから、旨味はないような(苦笑