スポンサーリンク

【韓国軍】防弾ヘルメットの性能を誤魔化してしまう韓国企業

韓国陸軍
この記事は約5分で読めます。

ふーん、書類偽造案件か。この手の話はいつもあるね、韓国軍では特に。あ、最初に誤魔化したのは韓国企業なんだけども、更に韓国軍内部でやらかしたって話だね。

防弾ヘルメット性能虚偽作成…3カ月ぶりにまた摘発された韓国軍のずさんな防弾

2023.08.08 17:47

将兵の命と直結した「防弾ヘルメット」数十億ウォン相当を契約しながら虚偽の品質結果書を作成するなど韓国軍のずさんな防弾物資管理実態が再び監査院の監査で摘発された。韓国軍は海上上陸作戦を担当する海兵隊員の防弾服購入要求書に海水防水能力基準もまとめていなかった。監査院はこうした内容が含まれた防弾物品獲得事業推進実態点検結果を8日に発表した。5月に発表された将兵服務環境改善推進実態監査で性能未達防弾服5万着が軍に普及したという監査結果が出てから3カ月ぶりだ。

中央日報より

えー、で、今回扱うのは防弾ヘルメットの話。同時に防弾服の話の続報もあったんだけど、そこはパス。

製品も検査もダメダメ

納品が先、検査は後、が失敗の元だった

えーと、何が悪かったって、急がせたのが悪かったんだよ、きっと。

監査院によると、陸軍本部と防衛事業庁は2021年12月に老朽ヘルメット交換の緊急性と予算不用防止を理由に「納品が先、検査は後」を条件に43億ウォンの軽量防弾ヘルメット購入契約を完了した。

中央日報より

あーあ、こんな不用意な発注をすれば、悪用されるに決まっているのに。

監査院によると、当時、先に納品し検査を後するための要件である北朝鮮の核脅威など緊急安保状況を満たしていなかったが、防衛事業庁は陸軍の要求をそのまま承認した。監査院関係者は「2021年中に納品されなければ関連予算44億ウォンがすべて不用になる状況だった」と話した。期限が迫る中で契約を締結したため納品後にヘルメットの副資材不良品数千個が出てきた。防弾ヘルメット全量が陸軍に納品されたのは2021年12月だったが、不良問題で実際に傘下部隊に普及したのは翌年10月だった。

中央日報より

なになに?陸軍が緊急で防弾ヘルメットを発注したんだけど、その理由が期末の予算消化だったって?いやいや、年末の道路工事発注じゃないんだから、そんな急いでヘルメットを発注してどうするのさ。

まあ、そんなしょうもない理由で緊急発注して納品させ、「後で検査してね」という話にしたのだけれど、数千個の不良品が出ちゃったので、2021年12月発注で2022年10月に部隊に配られたってことらしい。

……バカなの?

ま、まあいいや。

検査したら不良品だった

で、そもそも納品してもらった時に不良品数千個が出たにも関わらず(後で交換品が届けられたのだろう)、検査したら納入された品の性能が不良だったと。

前納品を受けたのも規定違反だったが、「後検査」はさらにずさんだった。監査院によると陸軍軍需司令部は2022年1月から同年3月まで軽量防弾ヘルメットの完成品品質検査を遂行しながら「衝撃吸収力」(陥没の深さ)の測定値を確認できなかった。当時陸軍軍需司令部は米国防弾試験機関(NTS)と韓国の研究所に品質検査を依頼したが、ヘルメットに付着した面ファスナーを除去しないなど性能試験の依頼を誤っており、「衝撃吸収力のうち陥没深さ測定が不可能だ」という回答を得た。

中央日報より

いや、製品不良が発覚する前に、「検査不良」があったらしい。もう、意味がわからないな。

しっかりした検査をやらなかったために、「評価不能」ということになったようだが、これを「拙いなー」と思ったようで。なんと、「OK」にしちゃった。

監査院によるとそれでも業務担当者は再検査を依頼せずに購入契約評価時に提出された試作品の測定値を完成品の測定値として品質結果書に虚偽入力した後、「適合」の判定を下した。

中央日報より

意味がわからない。嘘に嘘を塗り重ねたということなんだろうけれど、そんな必要あったの?「測定が不可能」と突っ返せば良かったのに。

担当者はこの過程で納品業者関係者にショートメッセージで試作品の衝撃吸収力結果を受け取った。監査期間中に監査院がNTSに防弾ヘルメット完成品の衝撃吸収力を再依頼した結果、軍の要求性能に達していない製品が見つかった。監査院は虚偽公文書作成容疑で担当者に対する懲戒(停職)を求めた。

中央日報より

で、改めて検査をしたら、要求性能未達の製品が見つかったようだ。

それは良いんだけど、じゃあ、どれだけ不良品が含まれていたのか?というのは気になるところ。そもそも、かなり酷い手順で納入されたヘルメットである。全品怪しいと思うのは通常の感覚だと思うんだ。

「虚偽公文書作成容疑で担当者に対する懲戒」は良いんだけど、これってしっかり対応できた話?そこはすごく心配なんだが。

追記

大変申し訳無いのだけれども、サムネイルに使った写真が今回問題になったアイテムであると誤解させてしまったようだ。

色々探してみたのだけれど、今回のはおそらくこれ。

確定情報としてお出しできないのは申し訳ないんだけど、韓国軍のサイトを覗いても、いまいち最新のソレがどうなのかわからないんだよね。

ただ、アメリカ軍も台湾軍もこの手のタイプに更新する方向になっているし、おそらくは韓国軍も採用している。引用したTweetの内容もそうなっている。ただ…、それが問題があったアイテムかどうかはまだ良くわからない。

なにか分かれば、追記しておきたいと思う。

今年の軍事演習の写真を引用してくると冒頭のサムネの形に近いので、確定できないというのが正直なところ。報道してくれると嬉しいのだけれど。

コメント

  1. アバター 河太郎 より:

    数千個くらいならば、日本のミリオタの人々に安く売れば…と思いましたが、よく考えると韓国軍のミリタリー装備を欲しがるミリタリーマニアいるかなぁ?
    まあでも、BB弾くらいは跳ね返すでしょうからサバゲーの人たちに売れば(笑
    ところでサムネの写真みていて想うたのですが。フリッツスタイルという奴ですね。フリッツって、昔のドイツのヘルメットに似ているから、そういうと想うですが。考えてみると、これって結構に長いこと使ってますよね?
    米兵のヘルメットって、ベトナムあたりまでは、二次大戦中みたいな、側面というか後方が張り出してないのを使っていたような記憶あるのですが。
    80年代の半ばか、その後の湾岸戦争あたりから、このスタイルを米国が使い始めてた気がするんですが。

    • アバター 河太郎 より:

      ちなみに私が陸自にいた時は66式という、コンバットやプライベートライアンみたいな丸っこい形でした。
      調べた訳ではないんですが、ソ連が仮想敵だった時代は、こういう耳を全て被うタイプのは米軍も使ってなかった気がします。不正規な使用であれば別かも知れませんが。日本でも使ってたとすれば習志野の空挺くらいだったのでないかなぁ
      何にせよ、世界中の軍隊がフリッツタイプに変わったという事は、一番に合理的なデザインなのでしょうね。

    • 木霊 木霊 より:

      ヘルメットの情報はあまり出回っていないようなので、追加情報は今のところありません。
      あと、申し訳ありませんがサムネの写真は今回の問題となったヘルメットではないと思います。
      追記で「おそらく今回採用のヘルメットだろう」と思われるものを貼っておきますね。

  2. アバター 河太郎 より:

    ちなみにヘルメットの性能をごまかすのは流石にヤバい気が……中世でも前線に出る傭兵たちは皆が短髪にしてますが、あれは兜にフィットさせる為なのですね。
    ヤンキーやヤクザに短髪が多いのは、髪の毛を掴まれない為ですが、武人が短髪にするのはヘルメットとの装着具合とムレない為でしょう。
    陸自は徒手格闘に日本拳法の装具を使ってましたが(今はスーパーセーフやアルファ面も使うらしい)剣道みたいな鉄の面金で、面の着装不良だと衝撃がモロに掛かって脳震盪になるんですよ。グローブで叩いてコレですから、桁違いのジュールが掛かる軍用ヘルメットだと、加工過程がいい加減だと、貫通しなくても頸にかかる負荷が大きくて……と想うです。
    ただ…ケプラー繊維を多用して軽くなったのは良い事と想うんですよ。ヘルメットは重い方が脳や頚椎に掛かる負荷は大きいですから。コレは素手で顔を試しに叩いてもらうと、何もない時より、電話帳(死語)など重みのある物の上から顔を叩く方が効きますから解ります。
    最初は悪意ではなく、軽量素材を増やしてダメージをコントロールしようとしたのではないですかね?
    ただ途中で何らかの誤算があって、後には引けなくなって、データー改竄したとかでは?

    • アバター 七面鳥 より:

      横合いから失礼します。
      昨今のケブラー繊維のはマシでしょうけれど、大戦中のメットは、.22LRでもパカスカ撃ち抜けることが、古の「別冊Gun」誌で証明されてましたね。
      また、先日の小銃乱射事件の折、「至近距離からの小銃弾は、メットでは停まらない」と元自のどなたかが呟かれていたように思います。
      ※プレートだと一応停まるのだろうか?
      多分、立体成型時のケブラーに何か不具合があって、停弾出来ないか、出来ても脳挫傷レベルの突起が内側に出来るとか、そんな感じなんでしょうかね>データ改竄の原因

      クッソ重くてグレネードが自爆する「韓国式小銃」の反省で、今度は軽くしようとして基本性能未達とか、だとしたら、やっぱりあの国にはエンジニアリングはそぐわないですよね。

    • アバター 匿名 より:

      ケプラーは紫外線で分解されます、まさかそれが原因で強度不足?
      ケプラー以外のアラミド繊維が輸出規制で入手出来なかった?

      韓国だからもっと斜め上の理由がありそう。

      • アバター 匿名 より:

        爆弾にX線を当てた時にケプラーを使って起爆装置とするのでケプラーも規制されて入手出来なかったり

  3. アバター 河太郎 より:

    不思議な事は一つ。耳を完全に被うのって、戦場で不利にならないのかな?
    至近弾から遠くに離れるほど音(発射音ではない)がシュン→ピュン→ぴゅうう
    …てな具合に変わるんですよ。登攀時の落石と同じですね。
    耳を全て被うと、野戦で狙撃された時や、市街戦の時に、音から射手の方向を辿るのが難しくなり、スナイパーに撃たれ易くなるのではないかなぁ??
    被った事がないから解らない!

    • アバター 七面鳥 より:

      横合いから失礼。
      逆に、耳を聾する戦闘騒音から聴覚を守り、かつ、必要な音(指示等の会話含む)を聞き逃さないためのイヤープロテクターもあるようですね。
      https://ameblo.jp/wintac/entry-11047465793.html
      全歩兵に行き渡っているかというと、全然そんな事はないですが。
      メットとの併用も問題ありそうですし。

      CatShitOneのアニメの描写はすごくかっこよかったですが、民間軍事会社という設定だからこそ、なのかもですね。
      http://www.catshitone.jp/
      乱文失礼しました。

      • アバター 河太郎 より:

        あ、なるほど。戦闘騒音はたしかに
        市街戦などではありますね、納得。
        キャット・シットテンワンは小林源文さんの劇画しか見てないんです、
        よろしければZeroという個人で合成アニメ作ってる配信者(🐰の個人サムネの)の銃撃戦アニメ配信をYou Tubeで見てください。VIPを護送する護衛兵士らを描いたアニメですが、個人で作ってるとは思えないクオリティです。さすがに寡作ですが、銃器や戦闘シーンは良くできてる。
        無言劇なのにチームが何を言ってるのか解るんですよ。オススメです、

  4. アバター 音楽大好き より:

    木霊様、皆様、こんばんは

    偽造、捏造、ウソ、ごまかし・・・をやっている人たちって、
    たとえば北の地上部隊が攻め込んできた時、韓国軍が想定を大きく上回る被害を受け、結果として【自分にも被害が及】などとは考えないのでしょうかね、
    目先の利益が得られるならば【死んでもいい】と思っているとも思えませんが・・・。

    「明日は明日の風がふく」「まだ明日ではない」・・・「今」を基準に考えれば、1日後は1日後の「今日」なので、永遠に「明日」はこないのかなぁ

    • 木霊 木霊 より:

      そうなんでしょうね……。
      防弾チョッキといい、防弾ヘルメットといい。
      どうなんですかね。兵士の士気を高めることは必要だと思うんですが。