フィンランドとスウェーデン、NATOに加盟へ

欧州ニュース

ちょっと古いニュースではあるが、触れておこう。

フィンランドのNATO加盟、可能性「非常に高い」 閣僚

2022.04.16 Sat posted at 12:50 JST

フィンランドのトゥプライネン欧州問題・企業統治担当相は15日、英スカイニュースとのインタビューで、ロシアのウクライナ侵攻を受けフィンランドは北大西洋条約機構(NATO)に加盟する可能性が非常に高いとの認識を示した。

「CNN」より

フィンランドといえばシモ・ヘイヘである。え?違う?

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

NATO加盟国は増加

ロシアと国境を接する国・フィンランド

フィンランド共和国、北ヨーロッパに位置する共和制国家で、帝政ロシアの恐怖に怯える時代もあったようだ。

国家として独立したのは1917年なのだが、それまではスウェーデン王国に属していたようだ。独立の切っ掛けはロシア帝国の崩壊で、独立後にはフィンランドはソ連との戦いを長きに渡って続けている。

  • 1918年 フィンランド内戦:右派白衛軍と左派赤衛軍による内戦。白衛軍はドイツ帝国の支援を、赤衛軍はソ連の支援を受けていた。赤衛軍は社会主義国家の樹立を画策していたが、白衛軍の勝利で幕を閉じた。
  • 1939年~1940年 冬戦争:ソ連がフィンランドに侵攻した戦争。独ソ不可侵条約の秘密協議定書によって、ソ連はバルト三国とフィンランドへの圧力を強め、バルト三国には軍事基地設置などを呑ませたが、フィンランドはこれを蹴り、ソ連侵攻に至る。フィンランドは国土の一部を譲り渡す条件で講和条約を結び、停戦に至った。
  • 1941年~1944年 継続戦争:冬戦争で傷ついたフィンランドは、ドイツからの兵器供給を受けて、貿易上もドイツに依存する事になった。独ソ戦争が再開したことで、フィンランドからドイツ軍がソ連を攻撃するに至り、冬戦争の停戦条件は破られてフィンランドとソ連との間の戦争が再開する。ドイツが劣勢になった段階で、フィンランドはソ連との講和条約を結び、賠償金3億ドル相当の支払いや国土の割譲などを行う。
  • 1944年~1945年 ラップランド戦争:フィンランドはソ連と講和を結んだことで、ドイツとの戦争となる。フィンランド領内からのドイツ軍の追放を行った。

ヨーロッパでの第二次世界大戦の戦闘地域になったうちの1つがフィンランドで、冬戦争で活躍した英雄がシモ・ヘイヘである。スナイパーとして史上最多の確認戦果542名射殺の記録を残している白い死神との異名で恐れられた人物だ。戦争で負傷したため、継続戦争には参戦できなかったそうだが。

ともあれ、継続戦争の後はソ連と手打ちをして終戦を迎えたため、NATOには加わらず、一方で資本主義体制を維持したままでワルシャワ条約機構への加盟もしなかった。中立という道を選んだのである。

しかし、フィンランド国内ではソ連批判はタブーとなり、国連を中心とする世界秩序の構築を国是とする国となった。ただ、冷戦終結後は西側諸国に近づいてEUに加盟するに至る。そして、クリミア侵攻(2014年)などを契機にロシア脅威論が高まり、NATOへの加盟を検討するようになる。

今回のNATO加盟の決断は、まさにその流れというわけだ。

ロシアと手を結び、中立の国として生きようとしたウクライナの惨状を見れば、同じ選択肢を採ることの危険性は身に染みて感じたのだろう。

バルト海に臨む国・スウェーデン

スウェーデン王国、北ヨーロッパに位置する立憲君主制国家であり、スカンジナビア半島に長く横たわる国である。フィンランドと国境を接し、バルト海を挟む形でバルト三国やポーランドとも接している。

ヴァイキングを始祖に持つ国で、9世紀頃にはエリク6世によって統一国家が形成される。それ以前にも古代の王がいるので、スウェーデン王国の歴史は長いのだが、スウェーデン王国としては1523年より続く国家ということになっている。

第一次世界大戦以降、スウェーデン、ノルウェー、デンマークの北欧3国は中立宣言を行い、以降、中立を宣言することでドイツの侵攻を避けてきた。第二次世界大戦後は国連に加盟して、フィンランドなどの北欧諸国と組んで中立的克つ、人道的な姿勢をとることで、存在感を示した。

が、中立を貫くことで冬戦争や継続戦争ではフィンランドを助けなかったため、フィンランドを失望させる。このことがあって、戦後はフィンランドに配慮してソ連を刺激しない政策を採るようになる。結果、NATOに加盟せず、武装中立政策を推進した。尤も、それは表向きの話で、ソ連とNATOが開戦すればスウェーデンも西側にとってソ連と戦うという密約をNATOと結んでいることが明らかとなっているが。

とはいえ、平和が永く続いたスウェーデンは、徴兵制を止め国防費がGDP比1.2%と低い状態にあった。これを一変させたのがロシア軍のウクライナ侵攻である。

スウェーデン、国防支出を対GDP比2%に増額へ-安全保障環境悪化

2022年3月10日 17:47 JST

スウェーデンのアンデション首相は10日、国防支出を国内総生産(GDP)の2%相当に引き上げる方針を示した。  

  同首相はストックホルムでの記者会見で、現在の計画では国防支出は2014-25年に85%増えるが、ウクライナでの戦争や全般的に悪化している安全保障環境を踏まえ、政府は防衛力をさらに強化する必要があるとみていると説明。

  「国防への財源割り当てをGDPの2%相当とすべきであり、現実的に可能な限り早急にその水準に達する必要がある」と指摘し、「わが国にとって大きく極めて重要な一歩だ」と述べた。

「Bloomberg」より

バルト海に臨むスウェーデンにとって、バルト海がロシア海軍の重要な航路であることは、常に危機意識を持っていた。

だからこそ、情勢の変化にいち早く対応出来たとも言える。

NATOへの加盟条件

さて、NATOへの加盟と言えばウクライナだって実は申請していたのである。しかし、ウクライナはNATOに加盟することなく侵略を受けてしまった。

ウクライナ大統領がNATO加盟は「できない」と見解、市民は食料不足 ウクライナ侵攻20日目

2022年3月16日

ウクライナのゼレンスキー大統領はこの日、軍当局者とビデオ会議を行った。その中で、「ウクライナはNATOのメンバーではない。我々はそのことを理解している」などと話し、同国がNATOには加盟できないことを受け入れるべきだと示唆するような場面があった。

ゼレンスキー氏は「(NATOへの)門戸は開かれていると何年も聞いてきたが、加盟できないとも聞いている。これが事実であり、認識しなければならない」とした。

「BBC」より

歴史にIFはないのだが、ウクライナがもしNATOに加盟していれば、ロシア軍の侵攻はなかっただろうと言われている。その理由は、集団自衛権の存在である。NATO加盟国が他国からの侵略を受けた場合、その他の加盟国は自動参戦し、集団自衛権を発揮する。これがNATOの結束なのである。

ウクライナのNATO早期加盟、阻止は妥当だった メルケル前独首相

2022年04月06日09時18分

ドイツのアンゲラ・メルケル前首相は4日、2008年の北大西洋条約機構(NATO)首脳会議でウクライナの早期加盟を阻止した自身の判断について、妥当だったと擁護した。

NATOは2008年、ルーマニアの首都ブカレストで開いた首脳会議で、ウクライナなどの早期加盟問題について協議したが、独仏両国を中心に反対論が優勢となり、合意できなかった。

「時事通信」より

しかしそれ故に、ウクライナをNATOに加盟させればロシアを刺激することは理解しており、ドイツやフランスを中心にウクライナのNATO加盟を阻止する動きがあった。

ドイツのメルケル氏は、東側のエージェントだったのではないかと言われるほど親露派だったので、自国を弱体化させるのを良しとした。

昨年退任したメルケル氏は、かつて自由主義陣営のリーダーと称賛されていた。しかし、ロシアのウクライナ侵攻を受け、対ロシア融和政策によってドイツと欧州を脆弱(ぜいじゃく)化させたとの批判も出ている。

特に、ドイツがエネルギーをロシアに大きく依存していることが問題となっている。天然ガスの輸入全体に占めるロシア産の割合は2014年には36%だったが、今年2月のウクライナ侵攻時には55%に上っていた。

「時事通信」より

軍備に金をかけず、エネルギーをロシアに依存する政策を推進したのである。逆に言えば、一歩間違えればドイツもウクライナのような状況を招いていた可能性はある。

まあ、ドイツやフランスの判断はともかくとして、ウクライナがNATOへの加盟が出来なかった理由は、①民主化が進んでいなかったこと、②紛争を抱えていたこと、だとされている。危ないからNATOに加盟したいウクライナと、加盟させると危なくなると叫んだドイツとフランス。何れもロシアの存在が影響しているからこそ、という話になる。

そもそもNATOの設立目的が、「アメリカを引き込み、ロシアを締め出し、ドイツを抑え込む」というものだった。ヨーロッパ諸国にとってロシアの脅威とドイツの暴走は2度の大戦を経験した上での悩みの種だったとも言える。

北欧2カ国がNATO加盟準備 ロシア反発「軍事強化の連鎖」懸念も

2022/4/18 20:13(最終更新 4/18 20:42)

北欧のフィンランドとスウェーデンが、北大西洋条約機構(NATO)への加盟準備を進めている。ロシアによるウクライナ侵攻に危機感を募らせ、従来の中立路線を転換した格好だが、ロシアは反発をあらわにしており、更に欧州を不安定化させる危険をはらむ。

「毎日新聞」より

それ故に、フィンランドとスウェーデンはロシアに危機感を覚え、中立の姿勢を貫いても侵攻されるリスクは高いと判断してNATOへの加盟を迫ることになった。一応、加盟条件を満たしていると言われているからね。

ただ、逆に言えば、NATOに加盟する前にロシアがこの二カ国に侵攻を始めてしまうと、加盟条件を満たさなくなってしまう。

夏までは極めて危険な状態になっているとも言えるのだが、ここで恫喝に屈しても何処かのタイミングでロシアの魔の手が伸びるリスクを抱えたままである事は否定できない。

ロシアにとってNATOの存在は社会主義の否定である。つまり、自らの存在を否定する国家の増加を許すことになれば、国家体制を揺るがしかねないリスクとなる。また、地政学的にも大西洋への出口が塞がれるような格好になることを意味するので、好ましくないと思っているだろう。

これは、そもそも社会主義国家の存在がもはや時代遅れとなっていることを意味するのだが、それをロシアとしては認めるわけにはいかない。場合によっては更なる凶行も辞さないだろう。

ヨーロッパの地図が書き換わるようなことにならないと良いんだけどね。

コメント

  1. こんにちは。

    ロシアにとっては、これこそ「藪蛇」な事態であって、これを避けたかったはずなんですが。

    こういうビリヤードが起こることすら、想像出来なくなるほどに、プーチンとその傀儡はダメになってしまっているのでしょうね。

    だとすると、兵を引く条件も、まともな損得勘定での判断は期待出来なさそうです。

    #間違いなく「NATO加盟はアメリカの陰謀」「ネオナチが云々」と言うに決まっている。

    余談ですが。
    黒海も、バルト海も、面積で言えば日本海の半分ほどなので(どこからどこまでを日本海と見るかにもよりますが)、どうしても、「コップの中の海戦」の印象が抜けないのは、海洋国の軍オタの悪い癖なんでしょうね。

    • ロシアのプーチン氏はそれなりに思慮深い人物で、戦略的に物事を考えられるという評価でした。
      しかし、今回の侵略戦争は余りにお粗末なので、「精神状態がオカシイ」とか言われる始末。

      今回、多分ですが、ウクライナ東部だけの制圧であったならば、クリミア侵攻の時の様に、些末な経済制裁で乗り切れた可能性が高かったように思います。実際に、現在の東部戦線ではロシア軍は比較的有利に戦えているようですし、ウクライナ側の強固な反発が起きずに電撃作戦が成功した可能性はあるのでは、と考えています。

      では、今回プーチン氏は何故アンナ選択をしたのか?
      ウクライナ全土への侵攻、キーウ制圧には19万人程度では足りなかったと評価されていますし、準備不足も指摘されています。
      プーチン氏の周りが粛清されてYesマンばかりになったからだという評価もありましたし、それは事実なのでしょうが、プーチン氏はかなり焦っていた可能性はありますね。健康上の不安というやつです。まあ、現時点では憶測に過ぎないんですが。

      今更兵士を撤退させることは出来ませんから、東部制圧を手土産に和解交渉という流れになりそうですが、ウクライナ側がどの程度頑張れるか、というところがポイントになってくる気がします。
      早いところ戦争が終わってくれると良いんですけどね。

  2. こんにちわ

    今日知りましたが、フィンランドはウクライナに武器を送っているそうです。
    ただ、その詳細は政府から公表されていないそうです。
    https://twitter.com/pmakela1/status/1516425338879938563?cxt=HHwWhsC4xfaztosqAAAA

    ロシアによるウクライナへの一方的な侵略を許せば、次は自分たちという危機感が尋常でないほど強いのでしょうね。

    • 情報ありがとうございます。
      確か、チェコはウクライナ軍の戦車を修理するといいだしたようですし、西側諸国も対戦車兵器を提供、アメリカは軍用機を出すみたいな流れになっていますね。
      日本は、ドローンやガスマスクでしたっけ。
      なかなか積極的な支援も出来ませんし、結局戦うのはウクライナ軍だというところがもどかしいですね。