【アーカイブス】韓国の崇礼門復元は、文化保護が目的では無かった

ヤバイ韓国建築物

引っ越し前のサイトで人気があったシリーズ 「ヤバイ韓国建築物」第二弾である。第二弾は、韓国の歴史を色々な意味で感じさせてくれる、韓国国宝第一号に関する話題だ。

文化保護なんかじゃなくて、単なるパフォーマンスだったって事だな。

崇礼門復元工事期限を違反すれば、一日違約金1670万円

[中央日報] 入力2013.12.03 01:39 /修正2013.12.04 09:40

崇礼門の復元工事が手抜きにつながったのは、「空気(工期)を合わせるために急いで工事を進めたためだ」という主張が出た。

「中央日報」より

タイトルの意味が分からないな、多分日本人には理解出来ない感覚だろう。

燃え落ちた崇礼門

崇礼門(南大門)というのは、韓国の国宝第1号であり、火事で焼け落ちたことでも有名である。

火災で崩壊の崇礼門、復元には2~3年かかる見通し

2008.02.11 11:13

【ソウル11日聯合】10日夜の火災で崩壊した国宝第1号の崇礼門(南大門)について、文化財庁の金相球(キム・サング)建築文化財課長は11日、正確な被害状況を把握する必要があるとした上で、復元には2~3年の歳月と約200億ウォン(約22億円)の予算を要するとの見方を示した。

「中央日報」より

韓国の文化財は何かしらの放火や不審火によって燃えたという話を良く聞く。国法第1号も例外なく燃えてしまいこの姿に。

2008年、 崇礼門焼失す

懸命な消火活動にも関わらず、全て焼け落ちてしまった。

翌日の姿

なかなか衝撃的だね。

国の威信にかけて、復元する?

しかし、これを韓国政府の威信にかけて復元した……、というのは表向きの話だったらしい。

2010年2月に着工から去る5月に竣工まで3年3ヶ月間の工事現場を管理していたある人物は最近、本紙取材陣と会って”文化財庁などの政府要人から(2012年12月末に予定されて)納期を守らなければならないという話をよく聞いた」とし「現場で工事期間が足りないと話しても無駄だった」と話した。彼は「国宝第1号の復元を期限を定めてという発想からが問題だった」とし、「施工者の立場では、納期を一日超過するたびに、工事総額の1000分の1(崇礼門工事の場合、1日約1670万円)に相当する遅延金を求めなければならないため、定められた期限を守るために建設を急ぐしかなかった」と話した。

リンク切れ

工事期間が決められていて、遅れると遅延金を、という、ちょっと理解出来ないシステムだったようで。

そして、それも莫大な遅延金である。1日1,670万円相当って、バッカじゃ無いのか?

伝統技法に拘る!

また、酷い話なのだが、崇礼門の再建にあたり、伝統技法に拘ったとか。

<南大門でたらめ復元>うわべだけで終わった「伝統方式による復元」

2013年11月07日13時30分

  崇礼門(スンレムン、南大門)火災から3周年となる2011年2月10日、凄惨な火災で損傷した崇礼門の現場に韓服姿の人夫が登場した。彼らは木をのみで整え、石切りのみで石を叩き、柱と縄を利用した昔の起重機で石材を持ち上げた。当時の崔光植(チェ・グァンシク)文化財庁長が彼らを激励した。この席は意味が大きかった。本格復旧に入るのに先立ち伝統の道具を使った伝統作業方式が初めて公開される席だったためだ。   文化財庁は2008年5月に崇礼門復旧基本計画を発表し、「重要無形文化財などの技術者が参加して伝統技法と道具を使って復元する」という原則を明らかにした。伝統方式による復元は崇礼門が初めてだった。伝統業界は期待した。しかしその日以降、現場から韓服は消えた。起重機の代わりにクレーンが石を持ち上げ、シャベルの代わりに掘削機が土を掘り起こした。1日だけ見せた「国民向けのショー」だった。

「中央日報」より

確かに、工事開始に際して、デモンストレーション的に伝統技法を披露する、なんて考えは悪くないと思う。

だが、実際の作業にまでそのようなことを課して、作業者の能率を落としてどうするのか?と。

  その後復元現場では「形だけの伝統方式」が続出した。材料の調達・運搬のような工事過程のうちどこまで伝統に従うのか、さらには伝統が何なのかに対する原則が立てられなかったためだ。城郭の石積み責任者を務めた重要無形文化財第120号のイ・ジェスン石匠は、「伝統方式通りならば人夫が石を城壁の上まで運ばなければならなかった。しかし時間的・物理的に不可能だった」と話した。文化財庁関係者も「人夫が韓服を着たのは復旧現場公開がある日だけだった」と認めた。

「中央日報」より

原則なんて、形だけになるならばさっさと破棄すれば良い。

コメント

  1. 電気屋 より:

    ちゃんとした韓国伝統様式の建築物ではないでしょうか、まだ焼け落ちた直後の方が風格がありますね。
    似た様な事を国璽制作でもやらかしていました。

    • 木霊 より:

      これが、国宝1号だと言うところが、ナカナカ。
      放火で焼失、作り直したら、あちこちオカシイというてんてん……。

  2. お笑い韓国軍シリーズ好き より:

    伝統が無いから伝統パフォーマンスにこだわるんだろうけど、その伝統って妄想だって気がつかない所が韓国らしい。
    しかも伝統パフォより伝統的なポッケナイナイを発動。
    これこそ継承したい韓国の伝統だと思うんだけど。

    • 木霊 より:

      色々と努力して崇礼門を再現したのは分かるのですが、過去の技法、と呼ばれていた手法を選択したのがまず間違いなのですよね。
      何しろ、亀甲船の様に、実際に存在したかもハッキリしない技法を、その技法を初めて見るような職人に任せるのですから、無理があるのです。

      まあ、カタチが出来上がったので良しとしましょう。
      また燃えないように、祈るだけです。