【韓国陸軍】K-2戦車「黒豹」

陸軍

K-2戦車「黒豹」も、もちろん韓国の名品武器でもある。ええ、名品ですよ!(笑)

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク

K-2戦車列伝!

未完の名機K-2「黒豹」

K1戦車は上で説明した様にアレコレ問題を抱えている。だから、後継機となる次世代戦車のK-2の開発には念には念を入れて……、1995年から開発を開始して2014年に量産車両が納入されるまでに19年も費やした

どんだけ開発時間かかってるんだよ!

長期化の原因は、戦車の心臓部品であるパワーパックが開発できないためだとか。しかし、代わりにドイツ製のパワーパックを搭載しようとしたら、色々と問題が出たとか出ないとか。

トルコがサウジに20億ドル分の戦車輸出、技術伝授した韓国戦車はテスト中

Posted May. 14, 2013 08:09,  

韓国の次世代戦車「黒豹」(K2)の技術提供を受けて開発されたトルコの戦車「アルタイ」が最近、サウジアラビアと輸出契約を結び、国内の軍需産業界が動揺している。韓国が軍需産業技術を伝授した後発走者に逆に追撃される状況が現実になりつつあるためだ。

「東亜日報」より

姉妹機であるトルコのアルタイ(K-2ベースで開発されたトルコの戦車)は、素直にドイツのパワーパックを搭載して、輸出を決定したと報じられたので、単に韓国の技術力不足だってことだね。

なお、韓国国産パワーパックの開発は遅延に遅延を重ねている。

国産パワーパックは完成したが……

で、2014年にとうとう韓国産パワーパック搭載のK-2が完成した(その予定だった)訳なんだが……。

[単独] 0.7秒遅れて.. K2戦車国産化、水の泡の危機

入力2014.09.23 04:47

陸軍の次期主力戦車であるK2(黒豹)戦車が加速性能試験で0.7秒遅れの国産化が水の泡になる板である。
政府は、2005年以降10年目K2戦車を開発するのに1,300億ウォンを注ぎ込んで国産名品武器に宣伝してきたが、軍当局の釈然としない基準に足かせになって国産化するかどうかの最終的な結論を下すことができない。

「Daum」より

なんと、K-2のテストをしたら韓国陸軍の要求仕様を満たさないことが発覚!!

んで、どうしたかというと何とも斜め上の解決方法を採る。

K-2戦車の国産心臓甘くなった

【中央日報】 入力2014.10.29 10:38

軍がK-2黒豹戦車のパワーパック(エンジン+トランスミッション)を国産化するために作戦要求性能(ROC)の一部下げ国産化することにした。
軍は当初、K-2戦車が停止状態から時速32㎞まで到達する時間が8秒以内でなければならないというROCを提示した。
しかし、持続された性能検査で8秒を少しめくりながら国産化に赤信号が点灯者9秒遅らせるにしたもの。
軍関係者は、「当初ROCは敵攻撃した時、瞬発力に避ける最悪の条件を想定したもの」とし「9秒遅らせても作戦には問題がないと判断を下した」と話した。

「中央日報」より

それは、基準を甘くして採用決定というとんでもない方法だった。第3世代の戦車の中では、K-2に当初求められた性能は決して高いものではなかったが、「そこには目を瞑る。国産化を!」と、やっちゃった訳だ。

もちろん、技術的に解決できない問題というのは、何処の世界にも存在する。だが、採用テストをやってみるまでそれが分からなかったというのはあんまりである。

でもまあ、韓国の誇る最強戦車である。配備されれば、きっと北朝鮮の戦車など物の数にもならないハズだ!(棒)

発注されてから入札される戦車

そして、生産される事になり、発注されたんだが……。

韓国軍が8億2000万ドルで戦車を購入

2014/12/30(火曜) 20:57

韓国軍が、8億2000万ドルで戦車を購入します。
ドイツDPA通信によりますと、鉄道車両や軍用兵器などを生産する韓国の企業、現代ロテムは、韓国軍への戦車売却権を入札しました。

「Iran JapaneseRadio」より

いいんすか?そんなんで。

何故か、宇宙最強戦車K-2は、発注されてから入札が行われる模様。

イヤ実際の所、ドイツのパワーパックを導入すると決まってから直ぐに完成品が出てきた経緯があるし、既に車体は完成して死蔵されているという報道もされていた。つまり、入札は形だけという。

ドンガラ作って、パワーパック待ちって。それ、パワーパックが本体に入らなかったら、どーするつもりなんすか?入札がライン生産開始より後って、入札が不調に終わったら、どーするつもりなんすか?

危ぶまれる国産パワーパック

で、完成したはずのパワーパックだったのだが、何故か(棒)上手く行かない。

韓国の国産戦車部品に欠陥、生産中断へ=韓国ネットからは「つくれないなら国産化にこだわらなくても」の声も

配信日時:2017年3月18日(土) 23時30分

2017年3月17日、韓国・聯合ニュースによると、韓国国内技術で開発したK2(黒豹)戦車のパワーパック(エンジンと変速機)で欠陥が見つかり、本格生産のための手続きが中断している。 

「レコードチャイナ」より

どうやら、耐久性の要求仕様を満足できない模様。試験用のスペシャルメイドではなく、量産品は欠陥があっちこっちで出てくる始末。

そして、パワーパックの一部である変速機担当の韓国メーカーは逆ギレして怒りのクレームを、ドイツメーカーに。いや、部品供給しているのはドイツなんだろうけど、ハウジングにヒビ入っているって報じられているよね?それ設計の問題だよね。韓国メーカーの責任だよね?

結局、当面はドイツ製パワーパックを使う予定らしい上に、追加生産の話も頓挫したようだ。もう、諦めたら?

2019年2月のニュースでは、既に納品された第1次生産分100両(ドイツ製パワーパック搭載)に加えて第2次生産分80両(ドイツ製変速機+韓国製エンジン搭載)、第3次生産分54両 (ドイツ製変速機+韓国製エンジン搭載) は製造されることが決まったらしい。

前途多難だな。

とうとう国産化(ただし性能と共に値段もディスカウント)

さて、そうこうしているうちに国産化の目処が付くような話も出てきた。

何と、性能が要求スペックに満たないので、価格をディスカウントして販売する計画があったというのだ。

一応、どんな感じになっているのかまとめておこう。

  • 第一次量産計画:2014年にドイツ製パワーパックを搭載した100両の納入開始
  • 第二次量産計画:2018年に国産エンジンとドイツ製トランスミッションの組み合わせで、80両の納入決定、2019年より引き渡し開始
  • 第三次量産計画:2020年に国産パワーパックを採用し、性能と価格をディスカウントして118両の納入計画が発覚

うーん、どの程度性能が落ちるかどうかはよく分からないのだけれど国産化のメリットはあると思う。ニュースでは「この計画は採用しない」と伝えられてはいるけれど、個人的には少し性能が落ちる程度なら「アリ」じゃ無いかなと。

同じK2戦車でも性能が違うと、色々と戦略的にも問題は出そうだけれど、ね。

ポーランドに大量に売れる

さて、K2戦車の輸出戦略は色々練られたのだけれど、しばらくは泣かず飛ばすであった。

しかし、ロシア軍がウクライナ侵攻をした事を切っ掛けに、その事態が大きく動くことになる。尤も、その前から色々な兆候があって、オーストラリアにK9自走砲やらが採用されたり、歩兵戦闘装甲車「レッドバック」が採用に向けて大きく動いたりと、韓国軍の兵器が評価されつつあった。そこへ来てウクライナの隣国であるウクライナにロシア軍が侵略してきた。他人事ではなかったポーランドにとって、軍の近代化は喫緊の課題になった。

そこで、ポーランド政府は韓国から戦車を「大人買い」してしまう。いきなり1000両の契約というのはスゴイが、うち500両はポーランド国内で内製化する計画のようだ。

これを切っ掛けに、おそらく韓国陸軍の採用したK2戦車は大きくコストを下げられる可能性が出てきて、更に世界に売れる期待が高くなる。

実際に、韓国大統領はトップセールスで、各国に売り込もうとしているらしい。ただ、韓国国内の戦車製造能力は輸出に耐えられるほど精強ではないので、果たして更にバックオーダーを積み上げられるかは謎ではある。

おかしな事にならなければ良いが、K2戦車の国内配分から10両をポーランドへの輸出に回す決定もあって、配備計画に大きな影響が出るのは避けられないぞ。戦車の老朽化も喫緊の課題として抱えている韓国、果たして、どうなる?

コメント