国境地域に用いる暗視装置に纏わる空騒ぎ

陸軍

暗視装置かー。この前も似たような話があったけれど、更に酷いな。

軍、最先端の科学化監視装置といっていたが… 中国産の「偽物」カメラ

記事入力2020.10.07 午後7:23

軍当局が、最先端の科学化の監視装置で国境地域を激しく守ると公言したが、軍の監視装置の一部が中国産「偽物」のカメラでわかった国会国防委員会所属のハ・テギョン議員が7日、明らかにした。

「NAVER」より

メイドイン China!ですか。

っと、ここのところ韓国ネタばかりだな。何というか次から次へと情報が出てくる時期なので、ある意味仕方が無いのかも知れないが、この話は昨日の情報漏洩の話より更に酷いネタなんだよね。国内ニュースにも触れておきたいが……。

カメラ技術に自信のない韓国

さておき、暗視装置の話と言えば、以前このブログで似たような話を見た気がする。それが記事がコチラである。

この時は新型観測鏡に纏わる不祥事というか、やっちまった話だった。この新型観測鏡、高価なくせに旧型よりも倍率が低くなってしまうと言うおかしな話になってしまっていた。

で、今回はどんな話かというと、38度線の境界線を監視するカメラを導入したら、支那製のアイテムでしたーという話。

7日、ハ議員が国防部から提出を受けた資料によると、陸軍本部情報作戦参謀部は、3月27日、国内のSメーカーと218億ウォンの「海・川沿い境界科学化構築事業」の納品契約を締結した。Sメーカーは、契約に基づいて、12月31日まで、直接製造した監視カメラ215を京畿道の一部を含む前方に設置することにした。

~~略~~

彼は「情況上のカメラの製造能力がないSメーカーが、中国Zメーカーのカメラを安価に輸入して、これを国産に変身させて、私たち軍に納品しようとしたものではないかという疑惑が従って提起される」と述べた。

「NAVER”軍、最先端の科学化監視装置といっていたが… 中国産の「偽物」カメラ”」より

今回は国産で機能の低いアイテムを納入したという話では無く、自分で作る能力が無いので支那製のアイテムを買ってきて「作りましたー」として納入したとのこと。

ダメじゃん……。

優れた支那製監視カメラを輸入したのは確信犯?

まあ、この監視カメラの分野では支那が抜きんでているのは事実なので、別に支那製のカメラを導入を検討する事自体は問題では無いだろう。ただ、スパイウェア込みのアイテムなので、情報が支那に筒抜けになってしまうという点には注意する必要があるが。

ともあれ、この監視カメラは軍に納入されてしまったようだ。

更に、「監視装置用カメラを国内で販売するには放送通信機資材適合性評価を受けなければならないが、S社が軍納品用カメラの適合性評価を受けた7月8日、偶然Z社もカメラの適合性評価を受けた。輸入通関手続き上、必要な文書を揃える為に適合性評価を受け、再び国産に変身させる為に製造国だけを変えたと疑われる」と話した。

「NAVER”軍、最先端の科学化監視装置といっていたが… 中国産の「偽物」カメラ”」より

適合性評価は支那製のカメラでパスしちゃったんデスね。まあ、世界シェアも技術も世界一なのが支那製監視カメラである。更に、監視カメラと連携するAIを使った分析技術までこの分野では、他国の追随を許さない。そりゃ、パスしても不思議ではない。

陸軍とS社は、ハ議員の疑惑提起に、「書面評価と工場の実態調査で生産工程まで確認し、S社のカメラの製造能力を確認した」と釈明した。しかし、複数の証拠が追加的に提示されると、陸軍とS社は、「一部の製品を中国から輸入した」と認めたとハ議員は伝えた。

「NAVER”軍、最先端の科学化監視装置といっていたが… 中国産の「偽物」カメラ”」より

しかし、問題のS社、一体何処の会社なのか。S……、もしかしてサムスン・テックウィン社か?防衛製品の納入をしている会社だし、ビデオ監視カメラの供給もやっている。

そうだとすると、韓国軍も油断していたんだろうね。キット……。

軍も知ってた

と、思ったら軍も知ってた!!!

ハ議員は、「中国産カメラが国産に化け、我が国の対北朝鮮監視網の核心機能を遂行しているのであれば国民は怒る。組織的に軍納不正勢力の介入を捜査する必要がある」と話した。

「NAVER”軍、最先端の科学化監視装置といっていたが… 中国産の「偽物」カメラ”」より

いやいや、北朝鮮を監視するのに支那製の監視カメラを使う事を軍も了解していたとなると、これはS社が欺して納入したというレベルの話とは異なってくる。

そもそも支那製の監視カメラって、アメリカで大問題になっていたじゃないか。ハイクビジョン社とダーファ・テクノロジー社が有名であるが、顔認証ならセンスタイム社が最先端だと言われている。ただ、Z社となると、既に槍玉に上げられたZTE社だろうか。

調べて見るとZTE社もIPカメラを作っているような感じだが、ハイクビジョン社やダーファ・テクノロジー社ほどの知名度は無い模様。

中国・ZTEのネットワークカメラが日本市場に参入

2016年7月4日(月) 15時30分

フォースネットは1日、中国に拠点を構えるZTEのネットワークカメラとNVR製品の国内販売を開始した。

「RBB TODAY」より

となると、それ程知名度の無いZTE社のカメラを自国のカメラに偽装して納入するというのは、表向きは割りと理に叶ったやり方だったと言えよう。

ただ、その実、情報が……、まあ良いか。

陸軍とS社は、ハ議員の疑惑提起に、「書面評価と工場の実態調査で生産工程まで確認し、S社のカメラの製造能力を確認した」と釈明した。しかし、複数の証拠が追加的に提示されると、陸軍とS社は、「一部の製品を中国から輸入した」と認めたとハ議員は伝えた。

「NAVER”軍、最先端の科学化監視装置といっていたが… 中国産の「偽物」カメラ”」より

製造ラインまで確認したことにしたというから、軍もS社も確信犯なのだが、ポッケナイナイするためにここまでやるとは。

コメント

  1. 木霊さん、おはようございます。

    しかしよくも次から次に国防絡みの不祥事や妄想計画頓挫の話が続きますね。(冷笑)
    狙撃用の新型新型観測鏡の時も余りの性能劣化に唖然としたのですが、元々カメラに関する技術がないのでいくら国産しても試験評価すらできないんじゃないでしょうか。

    しかし、だからといって支那産をチョイスするというのは普通は考えられない。
    文クンはこれでもかとばかりにアメリカに喧嘩売ってるのでしょうけど、そのツケを払うのは国民なんですよね。

    僕は文クンなら日韓関係が破綻へ一直線と考え、日本も痛みを伴いますが是非とも頑張って欲しいと思っています。
    国際法無視の旧募集工賠償の現金化すら日本がどんな制裁するか待ち遠しいもんね。

    • 韓国としてはかなり支那に寄っていっているようで、こうした動きもそれを反映した話になっていますね。
      少なくとも、監視カメラの技術は支那が世界一のレベルを誇っていると言われていますから、高い信頼性があるのではないですかね。

      それにしたって、「ねーよ」とは思いますけれども。
      それは日本人の感覚なのでしょうね。