【悲報】韓国海軍の空母計画が暗礁に乗り上げる?

海軍

むしろ、「未だ暗礁に乗り上げていなかったのか?」という疑念すら沸くが、今の所は「危うくなった」程度の話ではある。残念なことに。あ、ブログ的には空母作ってくれたほうが嬉しいが。

韓国、F35Aの追加購入有力…韓国型空母の夢はどうなるのか

2022.07.17 09:02

2030年代に韓国型空母を就役させようとする韓国海軍の野心に満ちた計画が巨大な暗礁に出会った。空母搭載戦闘機事業が動力を失ったのだ。空母建造計画は事実上失敗に終わったという評価も出ている。

「中央日報」より

もともと、この軽空母計画は、前韓国大統領のムン君が強力に推進した計画であって、かなり無理があったのは事実だ。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク

漂流する軽空母計画

忘れられない成功体験(他人の)

そもそもの話だが、韓国海軍が欲しがっていたのは強襲揚陸艦である。韓国海兵隊が上陸作戦をやるために強襲揚陸艦が必要というのにはそれなりに説得力がある。

朝鮮戦争(1950年~1953年)が始まった時、1948年に建国したばかりの韓国には海軍どころか陸軍すら満足に備えてはいなかった。対する北朝鮮はロシアから強力な兵器を援助してもらっていて、その戦力差は象とアリンコほどあったという。

実際に、1950年6月25日に38度線を越えて韓国側に殺到した北朝鮮軍はあっという間に韓国軍を駆逐する。当時は韓国側に米軍も配備されてはいたが、戦線を維持できるほどの戦力は無かった。

あっという間に押し込まれて、8月末までには韓国側の勢力は釜山を残すのみとなった。

これを覆したのが仁川上陸作戦(クロマイト作戦:1950年9月15日)で、それと連動して行われた大規模攻勢計画(スレッジハンマー作戦)である。クロマイト作戦は7月23日頃に立案されているので、当初から韓国軍が決定的に配送することは自明の理だったようだ。

仁川は、ソウルの目と鼻の先にあり、要は北朝鮮軍の背後をついて上陸作戦を敢行し、一方でスレッジハンマー作戦、つまり釜山側から戦車部隊を送り込んで補給線が立たれて浮足立った北朝鮮側残存兵力を掃討するといったような流れで作戦は展開された。僅か1月で38度線以下の地域を取り戻し、更に12月までには北朝鮮を支那との国境まで追い詰めたのである。

まあ、この後、支那からの増援によって再び38度線辺りまで押し返されてしまうのではあるが、韓国軍にとってこれは成功体験である(注:なお、韓国軍は作戦立案に関与していない事実に触れてはいけない)。

仁川上陸作戦のために

というわけで、韓国海軍としては是非とも強襲揚陸艦が欲しかったのだが……。

コンセプトがおかしな方向に漂流していってしまうのである。

どういうわけだか、「空母が必要に違いない」という話になってしまったのだ。

コレは日本の周辺海域の海底地形図なのだが、韓国の東側に位置する日本海に比べて西側に位置する黄海はかなり浅い。平均水深は46m、最深部でも200m以下である。さらに渤海から北西部では、平均水深はわずか26mである。

img

つまり、日本海側で運用するのならばともかく、黄海側では潜水艦の運用は難しく、つまり空母をエスコートをする空母打撃群の展開が難しいということである。結果的に黄海側で軽空母は使えないということになりそうだ。

まあ、小型の209型潜水艦であれば浅い海でもさほど困らないかもしれない。

が、現在建造中の3000t級潜水艦や、これから建造の噂のある原子力潜水艦などはかなり困るのではないかということになる。何しろ、運用海域が限定されるのである。どこにいるのかモロバレの原子力潜水艦など、運用する意味がない。

太平洋側まで出てくる気なら別だが、出てくるときには日本近海の水道を通らねばならず、浮上しての航行が原則となる。まあ、原子力潜水艦の運用方法は詰んでいるといっていい。

韓国海軍の潜水艦は大型化が進むのだが、空母運用を前提とはしていないんだよね、結局。

大人しく小型の強襲揚陸艦を複数作っておけばよかったのに、なぜこんな事になったのやら。

F-35B購入計画が白紙化

話がそれてしまったので、そろそろ冒頭の記事に戻っていくが、「暗礁に乗り上げる」事になった理由は、F-35A購入計画が決議されたからだ。

防衛事業庁は15日に第145回防衛事業推進委員会を開き、次世代戦闘機(FX)2次事業事業推進基本戦略を議決した。FX2次事業は高性能ステルス戦闘機を海外から購入する事業だ。防衛事業庁関係者は「空軍の老朽戦闘機淘汰にともなう戦力空白を最小化してキルチェーン核心戦力を補強し、全方向の脅威に対する抑制と有事の際の北朝鮮の核・弾道ミサイルの迅速な無力化が可能なものと期待する」と説明した。

「中央日報”韓国、F35Aの追加購入有力…韓国型空母の夢はどうなるのか”」より

ちょっと分かりにくい話なのだが、このFX2次計画というのが曲者なのだ。

FX2次計画の説明として、「空軍の老朽戦闘機淘汰にともなう戦力空白を最小化」とある。これが、F-35A購入のことを差していることは明らかだと、中央日報は分析している。実際に記事に説明があるが、F-35A追加購入計画を押しのけてF-35B購入の決定がなされた。

ところがそれを覆す決定がくだされた。明示はされていないが、実際に他に候補がない以上は、「FX2次事業」はF-35Aの20機購入というのでまず間違いあるまい。

来年事業を始めれば2028年まで約3兆9400億ウォンの事業費が投じられる計画だ。この事業はF35Aを20機追加購入する方向で流れるほかはない。そうなると韓国型空母は大きな難関に直面することになる。

「中央日報”韓国、F35Aの追加購入有力…韓国型空母の夢はどうなるのか”」より

ところで、購入金額は約3兆9400億ウォンか。

20で割ると1,970億ウォンで、F-35A購入代金としては少々高い気はするが……。韓国の計画だと30機くらい買えるとする金額なんだが(注:おそらく一般的には適正な金額)、

金額的にはF-35Bを20機買っちゃう可能性も否定できないんだが、中央日報はそうは分析していないな。

確かに、F-35Aを買うのであれば、空母の話は宙に浮いてしまう可能性が高い。乗せる戦闘機がなければ空母ではないからね。まあ、可能性としてはKF-21の艦載機阪が登場する可能性は否定できないが、時間はかかるだろうねぇ。

現政権は空母に厳しい評価

そもそも、ユンユンはムン君が目指した方向性を尽く否定する方向に動いている。大抵はそれで正しいのだから困るが、そうした評価はさておき、たしかに空母計画は上で書いたようにかなり怪しい計画である。

実際に、現国防部長官は、就任前から軽空母計画には懐疑的であった。前政権でも予算を削減したり復活させたり忙しかった。

が、コレばっかりは仕方のないことである。何しろ、運用の問題が解決したとしても、複数の空母を建造しなければならず、それに加えて打撃群も整備するとなると巨額の費用負担が発生する。

およそ現実的な話とは言い難い。まともな神経をしているのであれば、計画はなかったことにしたいところだ。とはいえ、プロパガンダ染みた計画である。簡単に諦めることもまた難しいのである。よって、計画を凍結してしまうというあたりが妥協できるところだ。

文在寅(ムン・ジェイン)政権は2019年に大型輸送艦プロジェクトをするとして空母建造計画をまとめた。今年韓国型空母の基本設計を始め、2026年から艦艇を製作する手順に入り、早ければ2033年に韓国型空母が領海を守る姿を見られるということだった。

「中央日報”韓国、F35Aの追加購入有力…韓国型空母の夢はどうなるのか”」より

空母建造計画の方は、既にスタートしてしまっている。建造は始まってはいないが、設計には着手しているわけだ。

しかしFX2次事業がF35Aで確定するならばF35Bは水泡に帰した格好だ。峨山(アサン)政策研究院のヤン・ウク博士は「韓国型空母が兵器導入優先順位で至急でないというのが現政権の基調。F35A20機追加導入事業が進められれば韓国型空母はなかったことになるか大幅に遅れる可能性が大きい」と説明した。

「中央日報”韓国、F35Aの追加購入有力…韓国型空母の夢はどうなるのか”」より

韓国の造船業界の救済という側面もあると予想されるため、「なかったこと」にすることは難しいだろう。だが、遅らせることはできるかもしれない。自分の政権が続いている間、凍結して逃げ切ってしまえば良いという判断かもね。

そんな理由から2026年空母建造開始というのはちょっと怪しいかも。ユンユンの政権はトラブル無ければ後5年続く。そうなると、2027年以降に建造開始なんてことになるかもしれないね。

案外、それまでには無人機が戦略に組み込めるようになって、無人機用空母などという形で、もう少しマシな運用が期待できるようになるかもしれない。まあ、潜水艦も無人機ということになるかもしれないが。韓国がそれを実現できるかはまた別の話である。

コメント

  1. こんばんわ、(連休も終わり)

    ユンユンは素人政治家で、また誰もが彼を反ムンムンだと知っているので、前政権の計画を迷わず白紙にできるんでしょう。
    軽空母は無くとも、済州島を不沈空母化するとか、代替案はいろいろありますね。
    そもそも論、韓国に安全保障上外洋艦隊は必要ないですし。

    • 韓国が何故空母何ぞを欲しがるのかはよく分かりません。
      本文に書いたように、強襲揚陸艦をというのであれば分かるのですがね。

      済州島の空母化案に関しては、実際に海軍基地を整備していますし、やるのではないでしょうか。防衛拠点としても悪くありませんし、済州島経済にも有効です。

      • こんにちは、横合いから失礼します。

        >韓国が何故空母何ぞを欲しがるのかはよく分かりません。

        そりゃもう、
        「チョッパリが空母型護衛艦を四隻も持ってるニダ!」
        コレしかないでしょう。
        ましてや、うち二隻を名実共に空母化するとなれば。
        ※「全通甲板を持ち、STO/VL固定翼機の運用も視野に入れたヘリ搭載型護衛艦」ですが。

        あまり他人事じゃ無いですが、まともなドクトリンに基づかない導入計画は、あの国の十八番ですからね……

      • まさにご指摘の様な理由が言われているのですが、それにしたって巨額のコストが必要なのです。
        それを正当化する為のロジックを「日本が持っているから」というよく分からない事で満足されても困るのです。
        ……半島の方々は、その理由で納得するものでしょうか?
        だったら、それはそれで自由にして頂きたいとは思いますが。

  2. 周回遅れですので、私も横から お笑い もとい苦笑いネタで失礼

    >「日本が持っているから」
    は、韓国民としては正しい考えと思いますよ。なぜなら

    >日本海側で運用するのならばともかく
    いや、まさに日本海側で運用する前提のハナシでしょう。

    彼らが軍船につける艦名しかり、空中給油機の導入理由が東京まで戦闘機を行動範囲を広げることだったり、 ならば 遠方空戦のツールとしては空母は空中給油機に勝る、ようにシロート目には見えますし。日本が空母導入すれば、対抗上空母が必要なのは必然、とシロート目には映る。

    また、そもそも論として「対北朝鮮」と言うならばF35などという高性能な戦闘機は不要。

    なんせ韓国の軍事費(約380億ドル)は北朝鮮のGDP(約330億ドル)を上回っているのですから、核がなければ北など鎧袖一触でしょうに。

    韓国の仮想敵国は日本であり、彼らの軍備はほぼそのため用なんじゃないです?

    • ご指摘の様に、空中給油機にせよ空母にせよ、日本と戦うために用意した装備というのは結構あるように思います。3000t級の潜水艦もそうなんですが。
      ただ、「日本が攻めてくる」という想定なのか「日本に攻め込む」という想定なのか、非常にどっちつかずの装備なんですよね。

      例えば日本の空母を警戒するとするのであれば、何処で迎え撃つのかということを想定すべきで、コスト面から考えても海上に戦力展開というのはあまり現実的では無い気がします。
      寧ろ空母を攻撃する前提での装備を整備していく方が現実的です。何故なら、前に出て敵情視察をする手段、警戒管制機など監視する装備が圧倒的に足りないんですよ。宇宙からの監視という事も殆どできていませんし。
      守る方なら未だ色々やりようがあるのですが、前に出て行く前提となると、僕の知る限りではかなり残念な感じです。

      日本とどう対峙するのかというドクトリンが本当にあるのか?が疑問です。

      尤も、その辺りは日本の自衛隊も胸を張って言えるような状況ではないのですが。

      • もう目立たないでしょうから、、、、
        >「日本が攻めてくる」という想定なのか「日本に攻め込む」という想定なのか、
        もちろん日本に攻め込む「侵略」でしょう。

        言動の傾向から推定できる彼らの考え感性は、 日本人・日本国は戦争犯罪者の子孫・一族なので朝鮮人に謝罪し隷従する「世襲の」義務がある。日本を永遠の白丁として朝鮮に隷従させることが正義の実現であり、手段としての日本への侵略・加害・殺傷は正義の行いで、後ろめたさはありません。幼児期植え付けられた感性からそうなので、

        一方、侵略戦争は一般に防衛名目で行われ、またいくつかの条件があります。
        ①軍備・ドクトリン②大義名分(へりくつ)③国際世論の後押し ④タイミング・チャンス
        で、それぞれ進行中です。

        ①軍備・ドクトリン
         理想はドクトリンに基づく軍備整備ですが、軍備には桁違いの費用と時間を要するので先に軍備なのでしょう。また現在韓国の弾道ミサイル群を迎撃できる数のミサイルは日本にないですよね?

        ②大義名分(へりくつ)
         今話題の a.自称徴用工違法判決-b.仲裁拒否
         https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/danwa/page4_005119.html
        はa.bセットでc.サンフランシスコ平和条約 d.日韓基本条約の韓国司法・行政による(一方的)否認・破棄です。
         リクツの上ではe(日本は戦争終結していない&日本を国家承認しない)という主張ですが

        前・極左・文政権は cに中共・ロシアの不参加参を踏え、実際にc.dぶっ壊し中共側に行く予定だったのでしょう。

        問題は、右であるはずの現・伊政権も、
         a,bを見直す姿勢がかけらもないこと。最低限b.を、時間切れですが再主張すればeを回避できる可能性もありますが、、、する姿勢がカケラもない。結局韓国は最終的には東側に付く意思を示しました。

        ③国際世論の後押し:日本侵略の正当性を示すため、各国で粘り強く運動してますね。

        ④タイミング・チャンス
        【これが一番の大問題】 台湾事変が勃発し、日・米が介入すれば、これは中共の立場からは、内戦につけこんだ侵略戦争です。集団自衛権を発動し、韓国弾道ミサイルの雨が日本に降り注ぐでしょう。北朝鮮核ミサイルもこれに加わるかも知れません。

        日本が韓国・北朝鮮弾道ミサイルに対抗する手段は、敵基地攻撃しかありませんが、現在日本にその能力はない。能力獲得までには最短5年。
         韓国は最終的に裏切ることは判っていますが、5年の間だけでも、米側につけるために、日本は屈辱の選択をしなければならない状況なのかも知れません。
         

      • なかなか恐ろしいシナリオをコメントで頂きました。
        韓国軍によるミサイルの対日飽和攻撃ですか。
        確かに、日本の自衛隊の能力的に、韓国に配備されるミサイルを全て迎撃することは困難でしょう。北の将軍様と手を組めば更に厄介な事になります。

        僕の解釈では韓国は既にルビコン川を渡っていますから、恐らく西側に戻ってくることはありません。
        しかし、アメリカが同盟を解消するタイミングを失っていることもあって、アメリカ軍の朝鮮半島撤退というのは極めて難しい作戦になりそうであり、そこを付かれると日本としてもかなりマズイ立場になるのではないかと考えています。
        台湾有事と朝鮮戦争の再燃などが同時期に起きると、アメリカ軍は台湾の方に注力せざるを得ませんから、朝鮮半島川は大変なことになりそうですね。日本の選択というのは極めて重要な局面です。岸田政権の動きは鈍いですが、それを支えているマスコミの工作は実に厄介ですね。

  3. 要するに、
     韓国は、日本を侵略・隷属化するための準備を着々と進め、あと一歩の段階まで来ている。
    それに対し日本の対抗策は、やっと始まったばかり。
     時間かせぎのために、屈辱・苦渋を舐める必要がある段階まで来てしまっている。

    と言うことです。

    • 厳しいご指摘ですね。
      本当であれば、第二次安倍政権時代に事が動かせれば良かったのですが、それを嘆いても仕方がありません。
      今、出来ることは全力手取り組むべきでしょう。