【OINK】韓国司法の暴走加速

OINK

韓国ネタが山ほど出てくるので、整理が追いつかない。だけど、取り急ぎまとめておかないと忘れそうなので、記事は粗いのだけれどもまとめておきたい。

それにしても、どうなってんだ??

まあ、いいや。

まず、裁判ネタでの1つ目。

「徴用」めぐる裁判 原告側が新日鉄株式の売却 先送りの方針

2019年3月26日 12時32分

太平洋戦争中の「徴用」をめぐる韓国の裁判で、原告側は、すでに差し押さえた新日鉄住金の株式を売却して現金化する手続きを先送りする方針を示し、新日鉄住金に対して賠償に関する協議に応じるよう改めて求めました。

「NHKニュース」より

新日鉄の判決に関して、こんなニュースが流れた。

これは前日の記事に関係がある。

簡単に説明しておくと、三菱重工は、原告に訴えられて大法院(韓国最高裁判所)で敗訴。その結果、賠償請求が認められた。

三菱重工側は、賠償責任は無いとこれを突っぱね、それについて原告側は地裁に提訴。この結果、「差押え」が認められ、その差押え手続を進めるというのがこの記事の要旨である。

新日鉄も差押えが認められる

今回は、被告が新日鉄で、三菱重工の件とは同じく徴用工への損害賠償が認められている。もちろん、これに新日鉄は応じなかったため、地裁に提訴して、「差押えが認められた。

こうした中、原告側は、26日、これまでに9億7000万ウォン余り、日本円にしておよそ9500万円の株式を差し押さえたことを明らかにしたうえで、売却する手続きについては先送りし、新日鉄住金に対して賠償に関する協議に応じるよう改めて求めると発表しました。

発表では、原告が高齢であるため、依然として株式の売却手続きについて検討せざるをえない状況にあると強調したうえで、日本企業だけではなく、日韓両政府もその点を認識するべきだとして、早期に対応するよう訴えました。

「NHKニュース」より

金額そのものは対したことがないが、日本政府はこの決定に対して金銭の支払いなどをしないように各企業に指導している。

よって、この手の話が幾ら出てきても、基本的には企業側が支払いを行う事はない。

支払うべきでは無い理由

短期的には支払っておけばこの話は終了するかに見える。つまり、短期的利益がある様にも思える。

しかし、この判決を検討すると、そもそも原告側に請求人適確が無い、つまり、訴える資格が無い可能性が高いのである。

これは、徴用工というものがそもそも給与を受け取っていたという事もあるし、朝鮮半島における徴用工は僅かにしか存在せず、訴えた原告が本物である可能性が低いという事もある。

そして、そもそもこの手の話は日韓請求権協定(1952年)で解決している話であり、請求先が間違っている。彼らは請求人適格があったとしても、韓国政府に賠償請求を行うべきなのである。

更に言えば、この件は時効が成立、または除斥期間が成立している。こんな判決を認めれば法的安定性を損なうとして、裁判所がはねつける事案なのだが、韓国の司法はそもそも司法機関では無いので、まさにOINKとしか言いようが無い。

万が一、こうした韓国側の要求を飲んだ場合には、雨後の竹の子のようにいわゆる徴用工が湧き出してくる可能性が高く、終わりがない。

延々と韓国に金を出し続けることが日本の国益に資するのであれば、そういう判断もアリかもしれないが、既に過去に散々失敗した話なので、金を支払うという事自体が失敗に繋がるとして、日本政府は協力に企業側にそうした対応をしないように指導しているわけだ。

不二越は差押え仮執行が認められる

これがまたとんでもない話で。

一方で、ことし1月に賠償を命じる2審判決が言い渡された機械メーカー不二越の裁判について、原告側は、ウルサン(蔚山)地方裁判所が、資産を差し押さえる仮執行を認めたと発表しました。

対象となる資産は、不二越と韓国企業による合弁会社の株式、7億6500万ウォン分、日本円にして7400万円ほどだとしています。

「NHKニュース」より

えーっと、何からいこうか。

差押え仮執行とは

日本では原発の再稼働に関して仮処分(仮執行)が認められた。

事の是非はさておき、差押え仮執行というのは、裁判前に財産の処分が行えないように権利の一部を制限することを認める、かなり強力な制度だ。

権利関係にトラブルがあるケースで、裁判の結果を待っていては債権者に著しい不利益が発生するリスクがある場合には、裁判所が権利の「保全」を認める。今回のケースで言えば、不二越の資産について、売却などができない様にしてしまったと言うことである。よって、撤退ということも出来なくなる。

ただ、これの前提として、「債権者に著しい不利益が生じる」と認定することはかなりハードルが高い。

韓国、不二越の資産差し押さえ 判決確定前に 挺身隊訴訟

2019.3.26 13:18

 【ソウル=名村隆寛】韓国で機械メーカー「不二越」を相手に元朝鮮女子勤労挺身(ていしん)隊員らが損害賠償を求めた訴訟で、原告側は26日、1、2審で勝訴したものの確定判決が出ていない段階で、同社資産を裁判所の決定に基づき差し押さえたと発表した。判決確定前の差し押さえは初めて。

~~略~~

差し押さえ対象は、不二越の韓国内の合弁企業「大成・NACHI油圧工業」の株式7万6500株で、約7億6500万ウォン(約7650万円)相当という。

「産経新聞」より

つまり、裁判の判決で原告が勝訴する可能性が高いと、裁判所が判断したことでもある。少なくとも、門前払いをする気は無いようだ。

韓国国内に女子勤労挺身隊員は存在しない

ただ……、「女子勤労挺身隊」というのはそもそも戦時徴用の話とはまた違うのである。日本国内での1944年8月に女子艇親勤労令によって動員した事実があるが、朝鮮半島ではその法令の適用は見送られている。

つまり、この話は荒唐無稽としか言いようが無いのである。

じゃあ、この話はどんな話かというと、似たような名前で、各地で組織された挺身隊と呼ばれる自主的に労働に参加した人々がいて、韓国にもこれがあったという話か、或いは応募に応じて出稼ぎに来た人々が、勝手な理屈で訴えた、と、それだけの話なのである。

OINKは止まれない

そんなわけで、大法院(韓国の最高裁判所)が、自称徴用工や自称慰安婦の勝手な主張を全て鵜呑みにした結果がこれだ。

地裁は大法院の方針に沿って判決する傾向があるので、地裁レベルではもはや止まらないだろう。

そして、大法院の裁判長以下、裁判官の多くがムン君の息のかかった親北派が牛耳っている状況にあるのだから、こうした維持原判決はどんどん出てくるハズだ。

これを、日本は指を咥えて見ているしか無いわけだが……、日本企業に対しては非常に手厚い保護をしなければならない。

この件で損失が発生しないようにし、損失を被る事態に発展すれば、即時対応が必要となる。

まあ、それが安倍政権に出来れば良いんだけどね。

コメント

  1. マスメディア反乱軍 より:

    木霊さん、おはようございます。

    国内の政権にとって都合の悪い司法へは思いっきり関与し妨害するクセに、反日訴訟に対しては司法を尊重するという、完全無欠のダブルスタンダードが平然と通用する劣等民族の真骨頂爆発ですねェ~。

    さてと、さらにご丁寧に胡散臭い支援団体とかが、追加訴訟の元募集工まで必死で集めようとしています。
    この狂気愚劣な「訴訟のお祭り騒ぎ」が、果たしてどこまで行くのやらある意味興味深いもんです。

    それはさておき1000人以上規模の元募集工が、日本ではなく南朝鮮政府を相手取って訴訟を起こす準備中とか起こしたとか...。
    自業自得のブーメランなんで笑えちゃいますが、新日鉄・三菱の賠償額と同等と見做せば100億円以上になりますから、これまでの都合の良い三権分立に従えば即刻支払に応じないと筋が通りません。

    そうなれば雪崩を打ったように南朝鮮お馬鹿政府への賠償訴訟は続出するでしょうし、21万人となれば2兆円規模の賠償額になっちゃいますよねェ~。(笑) 朝鮮人の変わらない気質であるタカリが最高潮に達した時文クンはどうするんでしょうかね?

    さっさと遠慮せずに現金化し日本企業に実損が出れば、いくらノロマな日本政府も制裁発動するのをためらう理由はなくると、逆に期待する人達が増えていて日本人の総意になりつつあります。(もちろん、これだけが要因ではありませんが)

    愚かにもヤバいトリガーに指を掛けたんですから、あとは弾く度胸があるかという状況なんですけど。
    でもですよ、一旦トリガー弾いちゃたらもう後戻りできないし、日本が南朝鮮の経済に致命傷を与える制裁を科せば、ウカレタお馬鹿国民の恨みと怒りの矛先は元募集工へと向かうリスクまで、文クンのオツムの片隅に残っているのかなァ~?

    案外これを理由に大規模デモでも起これば、「戒厳令」を出し反対派を一気に弾圧できる口実になると計算してたりして...。
    「国家転覆の危機に対処する。」とかの名分で、北朝鮮工作員は元より北軍の大規模侵入さえ容認しそうな。

    企業を含め日本人は早く逃げ出した方がいい、僕は切にそう思っています。

    • 木霊 より:

      この手の訴訟は雨後の竹の子のように沸いて出ている様です。
      時節柄、仕方がありませんね。
      養分がある内は継続的に出てくるでしょうから、餌を与えてはいけません。

      韓国政府に対して訴えている事案ですが、残念ながらこれに対する訴訟はのらりくらりと交わす可能性が高いです。
      そもそも大法院の三菱関連の判決も、政府が関与して遅らせていた疑いが強く、同じ事をやられることを前提にして考えるべきでしょう。

      差押え実施まで至れば、本格的にイイワケ出来なくなるハズなんですが……。

      日本人が逃げ出すべきだというのは同感ですね。

      • マスメディア反乱軍 より:

        木霊さん、おはようございます、そしていつもレスありがとうございます。

        >韓国政府に対して訴えている事案ですが、残念ながらこれに対する訴訟はのらりくらりと交わす可能性が高いです。
        >そもそも大法院の三菱関連の判決も、政府が関与して遅らせていた疑いが強く、同じ事をやられることを前提にして考えるべきでしょう。

        国際法や他国間の条約を平気の平左で破って、如何に恥ずかしい非常識かも認知できない民族&国家ですからね、のらりくらりは当然あるでしょうね。

        >差押え実施まで至れば、本格的にイイワケ出来なくなるハズなんですが……。

        同じ理由で「なんでもアリ」なんですから予断を許しません。

        話がいつもの通り脱線しちゃいますが(苦笑)、何故にこんな劣等民族が誕生したかを考えずにはいられません。
        2000年前に萌芽した支那の儒教は「徳による王道」を説いた思想で、朝鮮だけでなく日本にも強い影響力を持っていました。
        しかし、皮肉にも「徳による王道」の基本である五常、仁・義・礼・智・信は長い日本人の文化の中で洗練されて残っているだけじゃないかなァ~。

        仁=人としての他人への損得を抜きにした思いやり、義=武士道に残る信義を欠いては生きる価値なしという「恥の心」、礼=礼節という美しい言葉で表現される、他人を蔑んだりせず礼を尽くして接する崇高な心と態度、智=これらを謙虚に学び続け精進を重ね高める努力をする意思、信=4つが成った時初めて得られる他人からの信頼できるという評価、原典の意味とは違いますが僕はこう解釈しています。

        元祖の支那では文化大革命時に厳しく弾圧され死に絶えたし、朝鮮人は家族内は元より社会のヒエラルキー構築の為に「親が偉い、年上が偉い、それが高じて他人に対しては勝っている方が偉い。」と、とてつもなく歪な形の社会規範でしか残っていません。

        朝鮮人についてはだいぶ前に書いた「ツングース系蛮族の侵略で、元いた純粋な朝鮮民族は徹底的に抹殺され、今の人種は別物。」...、という説もDNA研究などから信憑性があると思っているので、教育だけが原因とは思っていませんけどね。

        3世紀頃に日本とタタラ製鉄で交易のあった最南部の伽耶国は(朝鮮人は加羅と言ってます)、良好な外交関係にあったようですから、日本人の感性と近かったのかも知れません。(残念ながら資料不足で研究は進んでいないようです)

        朝鮮半島と同じく陸続きで、子供の前で平気に性行するような深い森の中で狩猟生活を営んでいた北方蛮族のゲルマン人(ガリアもローマ化される前は似た状態)・海賊の末裔であるアングロサクソン人が、ヨーロッパを席巻するのですが幸いにもギリシアを起源としローマ帝国に受け継がれた、高度な科学・建築・土木そして教育と文化があり、それが大きな歯止めとなったと解釈しています。

        支那が北方蛮族に侵略される度に自動的に大被害を被り続けた朝鮮半島ですが、宗主国の支那に力がなかったため、そもそも民族のアイデンティティーなど根付かなかったのではないでしょうか。

        現在の日本に対する理不尽の数々は絶対に許せませんが、木霊さんがポツリと仰ったように「不憫」な民族なのかも知れませんね。