日本会議に纏わる誤解とその理由を考える

日本ニュース

日本会議ってどんな団体?

サイトから紹介

さて、じゃあ日本会議がどんな団体なのか?という話なのだが、本人達のサイトを見るのがまず最初にやるべき事だろう。

日本会議
国会議員約260名をはじめ経済界、学界、宗教界など各界代表や北は北海道から南は沖縄に至る全国47都道府県の代表約1000名が結集。20年の国民運動の成果を引き継ぎ、美しい日本を再建し誇りある国づくりを目指した新しい国民運動がスタートしました。

 私達「日本会議」は、前身団体である「日本を守る国民会議」と「日本を守る会」とが統合し、平成9年5月30日に設立された全国に草の根ネットワークをもつ国民運動団体です。

 私達の国民運動は、これまでに、明治・大正・昭和の元号法制化の実現、昭和天皇御在位60年や今上陛下の御即位などの皇室のご慶事をお祝いする奉祝運 動、教育の正常化や歴史教科書の編纂事業、終戦50年に際しての戦没者追悼行事やアジア共生の祭典の開催、自衛隊PKO活動への支援、伝統に基づく国家理 念を提唱した新憲法の提唱など、30有余年にわたり正しい日本の進路を求めて力強い国民運動を全国において展開してきました。

 今日、日本は、混迷する政治、荒廃する教育、欠落する危機管理など多くの問題を抱え、前途多難な時を迎えています。私達「日本会議」は、美しい日本を守り伝えるため、「誇りある国づくりを」を合言葉に、提言し行動します。

 また、私達の新しい国民運動に呼応して、国会においては超党派による「日本会議国会議員懇談会」が設立されています。私達は、美しい日本の再建をめざし、国会議員の皆さんとともに全国津々浦々で草の根国民運動を展開します。皆様のご声援をよろしくお願いします。

フルテキストで引用したが「日本会議とは」というサイトでの説明を紹介しておく。

分類としては「任意団体」だが、政治団体に近い性格を持っていることは間違い無かろう。

役員名簿 « 日本会議
国会議員約260名をはじめ経済界、学界、宗教界など各界代表や北は北海道から南は沖縄に至る全国47都道府県の代表約1000名が結集。20年の国民運動の成果を引き継ぎ、美しい日本を再建し誇りある国づくりを目指した新しい国民運動がスタートしました。

役員名簿も紹介しておく。

[名誉会長] 
三 好    達元最高裁判所長官
[顧 問] 
石 井 公一郎ブリヂストンサイクル(株)元社長
鷹 司 尚 武神社本庁統理
小 松 揮世久神宮大宮司
[会 長] 
田久保 忠 衛杏林大学名誉教授
[副会長] 
小 堀 桂一郎東京大学名誉教授
田 中 恆 清神社本庁総長

目をひくのは、顧問の中に神宮の大宮司の名前と、神社本庁総理の名前があることかな。副会長にも神社本庁早朝の名前がある。

神社本庁ってなに?

神社本庁というのは、日本政府と何の関連もない組織で、日本各地の神社を統轄する宗教法人である。誤解無いようにして欲しいのだが、民間の宗教法人なんだよね。

ただ、この組織は1872年に設立された神社教会を由来とした組織で、戦前からずっと存在している息の長い組織なのである。そして、設立前から神社組織は伊勢の神宮をトップとする構造になっていて、言ってみれば神宮の作られた古代から脈々と受け継がれた組織でもある。

記録によると神宮司記念遷宮は690年に第1回が行われており、それ以前から日本各地の神社のトップとして神宮は存在したと言うことになる。

組織としては1872年設立だけれども、神社を統轄する神宮を頂点とするシステムは古来から続くもの。それを組織として形にしたのがその年という事を考えると、随分と古い組織だとも言えよう。

日本会議の設立は1997年

一方の日本会議そのものは1997年に石田和外氏の呼びかけによって結成されており、日本の保守団体として知られている。

ただ、その前身として知られる「日本を守る会」(1974年設立)は、設立にあたり神道・仏教系の宗教団体に参加を呼びかけている。だから、がっちりと神社本庁に関連する組織なんだよね。だからこそ、顧問として神社本庁の総理がその名を連ねているわけで。

また、共闘した団体として宗教法人「成長の家」というのもあり、保守系の思想を掲げた新興宗教団体であったようだ。今は日本会議と袂を分かつ状況になっているようだけどね。

この「成長の家」とか「日本を守る会」、或いは「日本政策センター」というのは、学生運動時代を経験した保守論客を中心に構成されているらしく、そういう側面があったことは事実だろう。

ただし、現在の構成員として仏教関係者や、神社の宮司さんや氏子さんがいるというのは、「日本を守る会」に関連する以上、ある意味当然というか、自然な流れである。

また、前述したように神道系と仏教系の宗教団体に声をかけたために、その構成員は信仰上の統一性はないようだ。中には新興宗教と呼ばれる団体やキリスト教系の団体も所属していて、宗教色が強いと言えば強いが、統一感はないらしい。

そんなわけで、宗教関連の支持層や構成員がいるのは事実だが、日本会議自身を宗教団体と称するにはかなり無理がある。教義が統一出来ないからね。

言ってみれば宗教を超えた団体というべきだろう。

パヨクが攻撃する理由は新憲法制定の主張

でまあ、宗教法人「成長の家」の話を出すと、ちょっと不味い団体なんじゃ無いか?という気がするけれども、活動実態を見ると市民活動をするなど目立った行動は殆ど無い。

構成員の内情を考えれば、尖った派手な行動はやりにくいというのが実情なのだろうと思う。

じゃあ、上に紹介したように、日本会議に対してパヨクがメディアを利用して攻撃する理由は何かというと、日本会議が主張する政治的な理念の中に、「新憲法制定」があるからだろうね。

 我々「日本を守る会」と「日本を守る国民会議」は、設立以来20有余年にわたり、戦後失われようとしている健全な国民精神を恢弘し、うるわしい歴史と伝統にもとづく国づくりのため相提携して広汎な国民運動を展開してきた。

 なかでも、全国の有志とともに運動を展開した元号法制化実現をはじめ、御在位60年や御即位などの皇室敬慕の奉祝運動、歴史教科書の編纂事業や終戦50年に際しての戦没者への追悼事業や昭和史検証事業、さらには、伝統に基づく国家理念を構想した新憲法制定の提唱など、これらは戦後日本の再建を願ってきた 我らが国民運動の結晶である。

「日本会議」より

これは日本会議の設立趣意書からの引用なのだが、「新憲法を作れ」ということを主張している。

9条教にとっては、とにかく都合が悪く、そして、組織として巨大であるが故に、パヨク側が恐れる理由ともなっている。

改憲を目指す安倍氏と意見が近いという表現も、この辺りから来ているのだと思われるが、新憲法制定と憲法改正は全然違うんだよねぇ。

実現可能性を考えれば、新憲法制定というのはまず不可能で、憲法改定を目指すより他無い。

理想を掲げる団体と、政治家との違いはそこにあるとも言えるだろう。

しかし、パヨクにとってはどっちでも一緒なんだろう。そして、安倍氏が日本会議を利用して憲法改正を推し進めようという流れを作ることこそを警戒しているのかも知れない。

実態は地味な文化活動団体

日本文化の誤解を解くのが主な目的

しかしそもそも、神社というのは集金目的で組織された宗教団体と比べて、お金を集めることが難しい団体である。

話題の「日本会議」に関係者「実像は地味な文化活動ですよ」

2016.05.28 07:00

 あまり広く知られていない団体を取り扱った本が大ベストセラーになっている。『日本会議の研究』(菅野完・著/扶桑社新書)──。“研究対象”となった日本会議は安倍政権と密接な関係が指摘される一方、その規模や資金力、目的などの全貌は謎に包まれている団体だ。そこで、渦中の日本会議の幹部・関係者に直接、「日本会議とは何か」を聞いた。

 日本会議の代表委員を務める長谷川三千子・埼玉大学名誉教授は、「日本会議についての誤解を解きたい」として取材に応じた。

「日本会議は日本文化を正しく研究し、おかしな日本文化論を正常に戻す活動をしています。日本会議主催のシンポジウムなどで、私も聖徳太子の十七条の憲法といった日本文化をテーマに何度か講演をしました。実像は、地味な文化活動ですよ。

「NEWSポストセブン」より

週刊誌を持ってきて話をするのは抵抗はあるが、こちの記事にその片鱗がうかがえる。

ただ、取り敢えず問題の本をとりあげていて、「ベストセラー」とか言っているけど、それはないわ……。

さておき、インタビューの内容は意外に冷静な論調で紹介されていて、参考にはなる。実は、神社仏閣は金のないところが多い。

それについてはこちらの記事が参考になる。

神社と経営

神社については、これで納得して貰えるだろうし、仏閣についてはそれなりに金を持っているところもあると思うが、それはほんの一握りである。坊主は案外法要などがあって忙しいしね。

だから、派手な動きというのも難しいというのが現状だろうし、そういう意味では、地味な文化活動しか出来ないというのが実情なのだろうと思う。

神社にお参りに行って、お賽銭で1円とか5円とかしか投げない人は、心当たりがあると思うけど、祈祷やお賽銭程度では神社にとって収入としてたいした額にはならない。

そうした人々が構成員なのだから、大きな活動ができる訳も無し。

安倍氏と近い団体?

そして、安倍氏と近いと噂はされているが、憲法以外でも日本会議と安倍氏とは異なる方向を目指していることは、彼らの主張を見れば明白である。

直近では、先帝の上皇陛下の御譲位に反対しており、日本会議と創価学会との関係も非常に悪い。そういう意味でも、日本会議が自民党に近いというのは誤解だと思う。

日本会議常任理事で日本政策研究センター代表の伊藤哲夫氏が安倍氏のブレーンの一人と言われていて、その事も日本会議に近いという話に繋がるのかも知れない。これも根拠の怪しい噂の域を出ないが、面識があるのは事実。

日本会議がパヨクによる安倍政権叩きのツールとして使われているというのが、昨今の報道機関の流れといえるのかも知れない。

日本を良くすることを目的として掲げる団体

さて、そんな訳で本日は日本会議に纏わるおかしな誤解に関して書いてみたのだけれど、僕自身は日本会議に関する論評は極力避けたつもりだ。

政治色の強い団体であるにもかかわらず、任意団体として登録していることや、神社本庁と繋がりが強いにもかかわらず宗教色を出していないことなど、色々不可思議な(理由は付けられると思う)話も多いだけに、評価が難しいんだよね。

ただまあ、大きな影響力を行使するような団体ではないし、政治的な影響力が大きいとも思えない。

そして、調べてみてわかった事は、一部のマスコミが攻撃するようなおかしな団体では無さそうだし、掲げる思想が極端だというわけでもない。外国で言うところのフリーメイソンとか、そういう団体に近いかも知れない。フリーメイソンも怪しい噂の絶えない団体だけどさ。

僕としては、日本を良くしてくれるのであれば、安倍氏と近かろうが遠かろうが、政治的に大きな影響力があろうがなかろうがどっちでもいいのだけどね。

コメント

  1. この記事に関連あるのですが別方向からみます。

    この前の日曜日に青森知事選がありました。その結果です。
    ソース)読売新聞「青森県知事選、三村申吾氏が5選」
    > 青森県知事選は2日、投開票が行われ、現職の三村申吾氏(63)(無所属=
    >公明推薦)が、新人で歯科医師の佐原若子氏(65)(無所属)を破り、
    >5選を果たした。

    佐原若子氏なんですが。単なる歯科医ではなく「市民団体「市民連合あおもり」の幹事」とのことです。
    ソース)産経新聞「青森県知事選 歯科医が出馬表明」
    >任期満了に伴う青森県知事選(5月16日告示、6月2日投開票)で、市民団体
    >「市民連合あおもり」の幹事で五所川原市の歯科医、佐原若子氏(65)が立候補を
    >表明した。

    ここで「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合 青森知事選」でググって見ます(ここにたどり着くには別の検索を数回しましたが)
    すると以下の記事が…
    ソース)連帯・共同21「市民連合あおもり:市民連合あおもりの結成と立憲野党を支援する声明」
    >青森県においては、地域的な運動はあったとはいえ、青森県全体の「市民連合」は
    >結成されておりませんでしたが、現在の重大な情勢を鑑みて、ここに
    >「市民連合あおもり」を結成し、全国の運動に合流することにしました。
    (中略)
    >本日立ち上げる「市民連合あおもり」は、私たち青森県民のこれまでの運動を
    >踏まえると、立憲民主党、日本共産党、社会民主党が立憲野党として評価できる
    >ことから、今回の総選挙においてこの三党を支持し応援するものです。

    >2017年10月8日

    ちなみに「市民連合」でググると「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」が筆頭に出ます。

    • 青森知事選は、現職が勝つだろうという流れだったとは思いますが、思った以上に対抗馬が票をとったようですね。
      それが、左翼ネットワークの繋がりで票数を稼いだとなると、かなりきな臭い話。
      青森の三村氏も決して自民党が推すのに相応しい人物とは言い難い様ですが、結果としては未だマシというように思います。

  2. 木霊様へ。感涙!!
    ありがとうございます!!
    よくぞ真実を書いて下さるた。
    私が里山と神社の杜を守る運動してます。だから嬉しかった。
    里山の草刈りとか、害獣駆除の罠を仕掛けるとか地味~な運動してます。
    日本会議系の神社のトラスト運動として。小さな事ですが、祖国の(シナ人も認める)美しい祖国の自然を護る為に。児童の給食センター付近の、違法投棄による「バイオ・ハザード」に、
    防塵服とガスマスクを着用して、汚染地域に写真と映像とサンプル収集に「カチコミ」したのは、その仲間です。祖国の美しい自然と子供の健康を破壊するのには最後まで抗います!!
    彼らの名誉の為に言いますが、助力してくれた中に「左翼」もいる!
    でも思想とは別に「行動を必要する」と助力してくれた。このように「目的」いかんでは左翼も参加する。
    それは地味で根気を要する運動に「日本会議」系列の人達が!
    政治とは関係なく努力しているからではないでしょうか??

    • この記事を書くにあたって気をつけたことが1つあります。
      それは極力、日本会議のサイトを引用しない、情報を鵜呑みにしないことでした。
      それは日本会議という団体を怪しんでいるという話では無くて、日本会議についてスポットを当てるのに、本人達の主張を書いたら、それはサイトを見に行けば良いという話に成りかねないと考えたからです。
      したがって、どのような活動が行われているのかを含めて、深い部分に踏み込むことは出来ませんでした。

      河太郎さんが生の声をここで届けて下さることは、そういう意味でも非常に有用だと思います。コメントに感謝します。
      そして、「影響力」の話については、あくまでメディアが取り上げたような悪の枢軸的な話は根拠がないというロジックに基づくものでありまして、お気を悪くされたら申し訳ありません。その点は文章力の無さが露呈した部分ではあると思います。もっと書き方はあったような気はしますが……。

      しかし、日本会議のメディアを通しての印象は、正体不明なフィクサー的な団体というものだと思います。それは愛国心を喧伝する必要は無いという判断からかもしれませんが、メディア戦略としては悪手の様に思います。戦後のGHQの作戦が効いている、という事かも知れないのですが。

  3. ただ一つだけ木霊様に反論!
    確かに私の所属するトラスト運動や、それを主導する宮司(悪ガキ時代の仲間)は無力に近い!
    だけど左翼と手を繋ぐても、給食センター付近のバイオハザードには証拠を集めて訴訟し、行政と警察を動かしました。もっか警察が捜査中です。
    警察とも連携しています。それ木霊様が仰るように「影響しない」とバカにされるものなのですかね??
    子供たちの食の安全を護り、美しい祖国を次世代に伝えるのが「影響力なし」と切り捨てられる話なのでしょうか?
    己の郷土を愛する。そこに生きる全てを愛する。それが本当の「愛国の始まり」であると私は思うています。
    木霊様のように俺は賢くありません。
    だが自衛官時代からハンター経験で培ったアウトドアの体験は役に立ちました。「影響」は木霊様のように頭の良い方々に任せます。バカとハサミは使いようで、俺たちは俺たちで出来る範囲でやります。
    影響力は小さいけどさ。でも、誰かがやらねばならないと思うのです。
    俺が現時点で最も尊敬する「国士」は、2歳児を単独で救出したスーパーボランティアの方です。
    マスコミに良い顔をするでなく、誰にも対価を求めず、ただ「これが俺の生き方だから」と、誰にも(報道のカメラがないですが、地点でも)公平に接していました!
    むしろ持ち上げられるのを不愉快そうでした。俺は好きでやってる!と。
    彼の成した事は小さい。けど、持ち上げて叩くマスゴミですら叩けない「真っ直ぐ」な生き方をしておられる。
    影響の大小に「国士」の価値は問われません。俺は彼の報道や彼を報告するツイッターに涙しました。
    この爺い、本気で子供を救う為ならば命を落としても悔いない生き方だと。
    こういう人は「命もいらず名もいらず、売名や金銭には動かない日本男児」であると。彼のような生き方をする一人がおる事を日本人は考えても良い気がします。
    影響力がどうだのと、まるでマスゴミの「視聴率」争いみたいな事を仰りますね。そこには正直に反発する。
    私も仲間も、誰かに評価されたいとか、そんな気持ちではやってません!
    だったら害獣駆除や草刈りなんかやっていられません!!
    影響力の多些で決める事なのですか愛国とは??
    なら!こんな金にならず面倒な事は誰もしなくなりますね??
    それで良いのですか??

    • 俺達は金と名誉を目当てするユーチユーバーとは違います!
      一緒にしないで頂きたい!!

      • 汝の男らしさの命じる事をなせ! 自己以外の喝采を求めるなかれ。自ら法を造り、それを護る者こそ、最も気高く楽しく生きる者なり!

        探検家・作家
        リチャード・バートン

  4. 木霊さん、おはようございます。

    正直言ってよく知らない組織ですし、河太郎さん曰く「多くの賛同者は真面目に国の将来をを憂い是正する」為に評価も期待せず地道に活動されている様ですね。

    知識が乏しいのに批判も評価もできませんので控えますが、僕は下記の一例については危惧しています。
    伊藤智永氏の「平成の天皇論」から引用します。(問題だらけの毎日新聞ですが、正論でなる数少ない論客と僕は評価しています)

    >退位の意向は2016年7月13日にNHKのスクープで明らかになりました。安倍総理はこの時初めて「お気持ち」の原稿に目を通したといいます。その後、安倍首相は衛藤晟一首相補佐官に原稿を渡し、「おことば」を添削させました。「天皇のすべての行為には内閣の助言と承認を必要とする」のだから当然だという考えなのでしょう。
    >衛藤氏は日本会議の重鎮です。NHKのスクープ後、日本会議は「退位反対」で安倍首相に猛然と働きかけていました。首相が衛藤氏に原稿チェックを任せたのも、特別待遇で日本会議の意向を反映させるから「あまり騒ぐな」というガス抜きのニュアンスに近かったようです。

    この行為は現上皇陛下の考え抜かれた意志を黙殺するものであり、国民の大多数が陛下のなされた功績に尊敬と感謝の念を感じ、これ以上ご負担をお掛けするわけにはいかないという総意で退位を選択されたはず...、それならばそのご意思を完全に無視・軽視したものじゃないかな?
    僕はこの一点だけで疑心暗鬼...、それが本質なら許せませんからね。

    >それでも安倍政権は摂政を置いて退位を認めない方向で、上皇側を押し返そうとしていました。しかし、8月8日に上皇陛下が「お気持ち」を発表すると、世論の圧倒的な支持に押される形で退位容認に舵を切りました。

    このリポートが本当なら、安倍ちゃんの本音は日本会議と同じく天皇家の尊厳への気持ちは薄い理由も判りますし、その場の都合でコロコロ変わる...、これが政治利用と突っ込まれる原因だと思います。(極左にいいように利用されるだけ)
    いいように利用されてるから「改憲論」も芯がないと思いますし、余計な穿った見方をされるのも当然で、僕が安倍ちゃんをしょせん頭の弱いお坊ちゃん政治家としか評価できない理由の一つですね。

    P.S.
    河太郎さんの様に評価を期待する訳でもなく、国の在り方を地道に体現し活動されている大多数の方達を誹謗するものではありません。(念の為)

    • マスメディア反乱軍様。
      そもそも上皇陛下のご意志を黙殺しようとした事には、日本会議であろうがなかろうがテロ起こしてやれと思うておます。そのような事をしたならば陛下御自身が最も悲しまれるので。だから強硬な意見はしませんが。ご指摘に関しては上層部を討つべきであります。
      貴殿が私ども地味な現場の者を誹謗するような方でないのは、面識なくともこれまでの暖かいお言葉で理解しているつもりです。
      属する日本会議だろうが何だろうが逆賊は討て!!です。

      • 河太郎さん、レスありがとうございます。

        >そもそも上皇陛下のご意志を黙殺しようとした事には、日本会議であろうがなかろうがテロ起こしてやれと思うておます。そのような事をしたならば陛下御自身が最も悲しまれるので。だから強硬な意見はしませんが。ご指摘に関しては上層部を討つべきであります。
        >属する日本会議だろうが何だろうが逆賊は討て!!です。

        衛藤氏の事はよく知らないのですが、少なくとも日本を憂う政治信条があるから首相補佐官まで務めたのでしょう。
        ただ、国の政策の大転換に関わるのなら正々堂々と表に出てくるべきじゃないかな? なんか「裏でコソコソやってる」という印象を持たれるのは、結果的に「日本会議の皆さん」に対して失礼であり、ある意味背信行為危惧しています。

        >貴殿が私ども地味な現場の者を誹謗するような方でないのは、面識なくともこれまでの暖かいお言葉で理解しているつもりです。

        ご理解頂き感謝します!!(微笑)

  5. 木霊様
    マスメディア反乱軍様
    河太郎様

    伊藤智永氏の「平成の天皇論」の引用部分には疑問があります。

    >>退位の意向は2016年7月13日にNHKのスクープで明らかになりました。
    >>安倍総理はこの時初めて「お気持ち」の原稿に目を通したといいます。

    「初めて「お気持ち」の原稿に目を通した」≠「初めて「お気持ち」を知った」です。
    張本人が違うと言ってます。

    ソース)ハーバービジネスオンラインー月刊日本「「おことば」を修正させた安倍政権<伊藤智永氏>」
    >伊藤智永氏(以下、伊藤):もともと退位の意向は2014年の秋に宮内庁から
    >安倍政権に伝えられていましたが、

    それに、2016年7月13日のNHKのスクープ時に「おことば」は無いですけど。
    「おことば」が発せられたのは、8月になってからです。
    ソース)Wikipediaの記事「象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば」
    >2016年7月13日にNHKが『NHKニュース7』(NHK総合テレビ)冒頭において「天皇が
    >数年内の生前退位の意向を示していることが宮内庁関係者への取材で分かった」と
    >スクープした。

    >>「天皇のすべての行為には内閣の助言と承認を必要とする」

    これも誤りです。「国事に関する」が抜けてます。国事行為以外の行為は承認不要です。
    ソース)日本国憲法
    >天皇の国事に関するすべての行為には、内閣の助言と承認を必要とし、内閣が、
    >その責任を負ふ。

    さらに以下の記述もあります。
    ソース)ハーバービジネスオンラインー月刊日本「「おことば」を修正させた安倍政権<伊藤智永氏>」
    >それから官邸と宮内庁の間でやりとりが行われ、原案に二箇所あった欧州の王室に
    >おける生前退位の事例について触れた部分は、衛藤氏が「欧州の王室に倣う必要は
    >ない」という理由で削除を求め、上皇側も受け入れたそうです。衛藤氏は皇族の
    >負担を懸念する箇所と摂政を否定した箇所も削除を求めましたが、これは上皇
    >陛下の強い意向で残されました。

    安倍総理-衛藤晟一首相補佐官(≒日本会議)が方向を書き換えたわけじゃなさそうですね。

    >>それでも安倍政権は摂政を置いて退位を認めない方向で、上皇側を押し返そうとして
    >>いました。

    2016年7月の時点では特例法が存在しないのだから、皇室典範の規定に沿って「摂政を置いて退位を認めない」のは、法令遵守の立場としては当然。
    「上皇側を押し返そう」なんて話ではないと思う。

    「お気持ちを汲んで」法令を無視するなんて、ローソクデモでねじ曲げる韓国人と同じ。
    この辺りは「消費税増税」と同じ。法令を無視したら、野党パヨクからの攻撃材料になりかねない。

    以上のことから、伊藤智永氏の記事には疑問があります。

    • あるけむさん、レスありがとうございます。

      ニュースの本質(事実関係)やソースを深読みし検証する事が大切だと、改めて認識させられるご指摘でした。
      ただ、ご指摘の大部分はちょっと両極の立場を変えると、しょせんは「言った言わないor少しのタイミングのズレをどうこうとあげつらい」、議論本質から逸脱する様な気がしますね。

      >2016年7月の時点では特例法が存在しないのだから、皇室典範の規定に沿って「摂政を置いて退位を認めない」のは、法令遵守の立場としては当然。

      正論です!! ...しかし上皇陛下のご意志により流れが始まった時点では、結果ありきではなく前向きに議論を始め、政策変更を検討するのが政府のあるべき姿じゃないでしょうか?
      それだけデリケートな話なんですから。

      >「上皇側を押し返そう」なんて話ではないと思う。

      安倍ちゃんの気持ちを忖度するならそうでしょうし、彼の実際の皇室軽視の行動で判断するなら本音はかなり疑わしい...。
      僕が「日本会議」について知識がないのを前置きし、木霊さんが仰る様にHPくらいしかソースがないので、先入観を持たない為にあえて疑問点として引用しコメントした次第です。

      これを機に色んな方々から情報提供が進み(河太郎さんが実践率先中)、木霊さんのブログだけでも議論が深まればいいなと考えています。(微笑)

      • お二人へ。
        うーむ……基本的にマスメディア反乱軍様に賛成です。
        しかし……あるけむ様のローソクデモになっちゃう…にも一理と。うーん。
        なので河太郎的にお二人の仰る事を要約してみます。

        ①要するに、内閣には「君側の奸」がいる。
        ②政権の外には嘘つきなパヨク報道がいる。
        ③どっちも国賊である!

        このように要約すれば良いでしょうか??
        いやー①が俺らの親玉でも庇いなんかしませんよ。
        むしろ打ち首にしたい!!

        それに総理は「君」ではないけど。陛下に失礼だし。例えね。

        で、情報を操作するパヨクジャーナリストがいる!
        そう、かつて日米構造「障壁」協議から「障壁」をカットしたような言葉をイジる奴らが!
        そいつらは、また…言葉をイジり「安倍政権妥当」に使おうとする。
        いや、別にシンゾー君は嫌いでせけど。陛下に失礼な為政者だから。でも彼いがいにロシアだの中国だのカリアゲ国と戦える指導者がおらない!
        んで、その君側の奸と、外野の嘘つきたちが国を危うくしていると!
        このように解釈すれば良いすか?

  6. マスメディア反乱軍様
    河太郎様

    コメントがつけられるよう、この階層に書きます。

    >>2016年7月の時点では特例法が存在しないのだから、皇室典範の規定に沿って
    >>「摂政を置いて退位を認めない」のは、法令遵守の立場としては当然。
    >正論です!! ...しかし上皇陛下のご意志により流れが始まった時点では、
    >結果ありきではなく前向きに議論を始め、政策変更を検討するのが政府のある
    >べき姿じゃないでしょうか?

    「2016年7月の時点では」というのが重要です。
    上皇陛下のご意志が「おことば」として発せられたのは「2016年8月8日」です。
    したがって「上皇陛下のご意志により流れが始まった時点」とは、そこではないかと考えます。
    2016年7月の「NHKのスクープ」に関しては、当初、宮内庁が「(報道されたようなことは)あり得ない」「事実とは異なる」等といったように否定していた事実もあります。

    2016年7月の「NHKのスクープ」の段階で、安倍政権が譲位容認に動いた場合、パヨク連中から「憲法軽視」「邪魔な陛下を退位させようとしている」などと批判が出た可能性を否定できないと考えます。

    「おことば」が発せられたあと、「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」設置の内閣決裁(内閣決定)が「2016年9月23日」だったのは、迅速だったのかは分かりません。
    (世論調査等、国民の動きを見ていた可能性はあります)

    • 流石は、俺の好きなあるけむ様。
      貴殿は俺が嫌いかもしれんけど、それは「どーでも良い」です(笑)
      7月時点と8月の「お言葉」を契機として見ろ!には脱帽!
      これは「皮肉」と取らないで欲しいのですが、デリケートな話題には、貴殿のように「チェックマン」を出来る方々が必要です!
      そうでないと俺のような単細胞が、
      陛下を見下した野郎に死を与えろ!
      と騒ぎかねない。
      いや……核心的なテロは、赤色テロよりも白色テロの方が「強い」ですよ。思想は置いても陛下への侮辱は許さない!刑務所にも行ってやる!
      そういう人は少数でも「実在」しますからね。(知人に殉死しようとして救急車で運ばれて人工肛門のお世話になった男がいる)
      なので「冷静」は評価を致します。
      が!
      シンゾー政権の上皇陛下への失礼にして無情で失礼な対応は何なのよ?
      御言葉の前から、陛下が「人間天皇」として、内心を明かした時はあるはずです!!
      それを国家元首ならば、耳に入れていたはずだ!!
      耳に入っていないならば、それは彼が「無能」って事です!
      この場合、どう考えても陛下を無視してきたとしか思えない!
      長州の子孫だからね。
      陛下を「籠の鳥」としか思うていないのだろう??
      陛下が靖国に行かないから「嫌がらせ」したのでしょう??
      許せんね日本人として!!
      だからシンゾーは大嫌いなんだ!!
      祖国を守る為に「代替」できる者が不幸にして存在しないから支持しているだけ!!
      天皇を抜きにして祖国をまとめる存在なんかあるのか??
      陛下がどのようなお考えであろうと、それを受け止めるのが日本人ではないでしょうか?
      貴殿の話はシンゾーの事を、やたらと庇うて、パヨクの言う忖度している言葉としか思えません!
      そこは「嫌い」です。

    • あるけむさん、せっかく返信できるようにコメントいただいたのでとりあえず...。

      >「2016年7月の時点では」というのが重要です。

      事実の検証には時系列で見る事は大切だと思いますが、僕の提示したイシューでは「重要」とまで言えるでしょうか、なァ~んか枝葉末節のほじくり返しの感じがします。

      7月13日のスクープから8月8日まで1ヵ月未満ですから、その間に上皇陛下の予定された原稿にあるお言葉や表現に対し、微調整があるのは逆に当たり前だと思います。(あくまで陛下のお気持ちを優先させ、国民に誤解を招かない表現をどうするとかいうレベルです)
      そして、実際の「お言葉」そのものはほとんどの国民の胸に響く印象深いものとなった事から、上皇陛下は「生前退位」の強いご意志だけは貫かれたのでしょう。

      僕が問題にしたのは総理側近に強行な「退位反対」ありきで介入した勢力があった事、そしてそれを受け入れる皇室軽視のメンタリティーの総理であった事です。

      >「初めて「お気持ち」の原稿に目を通した」≠「初めて「お気持ち」を知った」です。
      >張本人が違うと言ってます。

      ところでこの「張本人」とは誰を指すのですか?
      「噂や聞き伝え」でないなら検証という意味で大事なポイントなんで、検証重視ならこんな時こそ実名はもちろんソースや引用元を出して欲しかったですね。

      改めて書きますが木霊さんのブログでも初めて取り上げられ、多分国民の大多数がその成り立ちや活動内容を知らない「日本議会」に、少ないソースから引用し議論の深まりを期待してです。(伊藤氏の肩を持つつもりもありません)

      デリケートで情報が極端に少ないのですから、河太郎さんが仰る様にシンプルな下記を議論のスタートとすればいいんじゃないかな?

      >①要するに、内閣には「君側の奸」がいる。
      >②政権の外には嘘つきなパヨク報道がいる。
      >③どっちも国賊である!

      伊藤氏の記事の疑問を集中して検証したり議論するつもりはないので、この主旨での貴方のレスへは失礼ですが返信するつもりはありません。 悪しからず。