新元号、発表される

日本ニュース

ネットでライブ中継される時代になったか。

新元号まもなく発表 官房長官会見をライブ中継

2019/4/1 6:30 (2019/4/1 11:15更新)

政府は1日午前の臨時閣議で「平成」に代わる新しい元号を決める。菅義偉官房長官が午前11時半ごろに記者会見で公表する。安倍晋三首相は正午ごろから記者会見を開き、首相談話を読み上げて新元号に込めた意義などを話す。天皇陛下の退位に伴い5月1日午前0時から新元号に切り替わる。平成は1989年1月8日からの30年4カ月で幕を閉じる。

「日本経済新聞」より

さてさて、あたらしい元号が何になったのか?

令和(れいわ)と決まったようである。

個人的には割と座りの悪い字の様にも思えるが、そのうち慣れるだろうね。

内閣における閣議決定で、11:30頃からの発表だという予定が40分頃にずれ込んだことは、それなりに揉めたのかも知れない。

「万葉集」から採用と言うことで、これまで「漢籍」の中から有識者が候補を選ぶというパターンだったけれども、今回は日本の古典からの選定というところに現政権の拘りを感じる。

万葉集の和歌は、どうやらこちらが候補のようだ。

初春(しよしゆん)の令月(れいげつ)にして、気淑(よ)く風和(やはら)ぎ、梅は鏡前(きやうぜん)の粉(こ)を披(ひら)き、蘭(らん)は珮後(はいご)の香(かう)を薫(かをら)す。

風流ですな。

流石に「えいぷりるふーる!」とか言わないだろうから、安倍氏の会見があって、決まった経緯など、もう少し具体的な話が聞けると思うのだけれど、取り敢えずはめでたい。

めでたい!

使うのは5月からなんだけどね。

新元号公表

こちらで、安倍氏の会見が確認出来る様だ。

コメント

  1. マスメディア反乱軍 より:

    とてもよい響きで美しい日本の言霊を感じさせてくれる新元号と思います。
    日本の古典から、しかも最も有名でなじみの深い「万葉集」というのも良いですね。

    令和天皇陛下の御代が安寧で平和と繁栄の世の中となるよう心から祈念いたします。

    • 木霊木霊 より:

      あるけむさんからご指摘がありましたので、重ねて言うのは避けさせて頂きます。
      が、こうした言葉を使う機会がないのは、そもそも、メディアがそうした風潮を忌避してきたという経緯があるわけで。

      今後はそうしたところも改められていくと良いかなと、そう思っております。

  2. 山童 より:

    うーん……正直に見慣れない(当然!)元号なので好きとも嫌いとも賛成とも反対とも感想が出てきません。
    ファーストコンタクトってこういうものなのですかね?
    しかし……昭和、平成、令和の三世を生きる事になるとは思いませんでした。
    今上陛下へ。
    今まで国民を見守って下さり本当にありがとうございます。
    どうか、健やかな余生を送られて下さい。

    • 木霊木霊 より:

      追々慣れていくように思いますが、響きは嫌いじゃありません。
      本来ならば、この年号は次の御代を担う陛下の最初の仕事になるハズでした。
      そう考えると、皇室軽視の風潮はなかなか是正されないなと、その様に感じますよ。

      それでも、今上天皇陛下におかれては、ご高齢になられるまで過酷な職務を遂行されて、ただただ頭が下がります。
      そして、天皇陛下のご意志が尊重されて譲位に至ったことは、喜ばしい事なんじゃ無いかと、そう思いますよ。

  3. あるけむ(R.K.M)@fwbc1965_3 より:

    据わりが悪い感じがするのは、明治、大正、昭和、平成が、□□型の文字を使っていたのに対し、令和が◇□型の文字だからじゃないかと愚考してます。

    マスメディア反乱軍様

    細かい話ですが、平成の御代になるときに叱られた話なので…

    「昭和天皇」の「昭和」は元号ではなくて、崩御されたあとに送られる諡(おくりな)だそうです。
    なので、現段階で「令和天皇陛下」の表現は、本来誤りとのことです。
    (「令和の御代も…」のほうが安全と思います)

    • マスメディア反乱軍 より:

      あるけむさん、ご指摘ありがとうございます。
      恥ずかしながら使い方を知らずに書いてしまったようで勉強になりました。

      改めて訂正させて頂きます。

      令和の御代が安寧で平和と繁栄の世の中となるよう心から祈念いたします。

    • 木霊木霊 より:

      書き慣れれば良いのでしょうけれど、「令」の字は難しいですよね。

      さておき、喜ばしい事ではあります。