【韓国海軍】新武器公開!……公開?掃海ヘリコプターの開発を?

海軍

勇ましいな。それに意味があるかどうかは不明だが。

海中の機雷をヘリコプターで爆破…韓国海軍の新武器公開

2021.06.10 09:27

「韓国戦争(朝鮮戦争)勃発後、戦闘力が早期に落ちると北朝鮮の海軍は1950年8月から元山(ウォンサン)・興南(フンナム)・鎮南浦(チンナムポ)など重要港に機雷を敷設した。これに対抗して国連海軍は機雷掃海戦を実施した。しかし機雷によって多くの被害を受ける難しい作戦だった」。(『6・25戦争初期北朝鮮海軍と国連海軍の機雷戦』、パク・ヒソン陸軍軍事研究所責任研究員、2020年)

「中央日報」より

えーと、記事の冒頭で「何を開発したか」を書いてないんだけど、一体何が開発されたんだっけ?

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

韓国海軍が誇る掃海設備

掃海ヘリコプターの開発

皆さんご存じスリオンは、掃海機能を持っていない。

韓国では韓国航空宇宙産業(KAI)が掃海ヘリコプターの開発に挑戦する。政府は3月、掃海ヘリコプターを国内研究開発方式で確保する案を議決したが、KAIがこの事業の受注に向けて動き出している。政府は来年から開発に入り、2030年まで8500億ウォン(約835億円)を投入して掃海ヘリコプターの開発と実戦配備を終える計画だ。

「中央日報”海中の機雷をヘリコプターで爆破…韓国海軍の新武器公開”」より

で、スリオンを作っているKAIが「掃海ヘリコプターの開発に挑戦」するらしい。

ん?何を開発するって?

アメリカからCH-53Eでも買って先ずは運用してみたらどうなの?

ちなみに、冒頭で朝鮮戦争の下りがあったが、この朝鮮戦争で会場に多数の機雷がばらまかれたのは事実である。「これに対抗して国連海軍は機雷掃海戦を実施した」などと書かれているが、実質的にその掃海作業を請け負ったのは日本海軍であった。もちろん、当事者だったアメリカ海軍もやっていたのだけれど。

その事実、中央日報は書きたくないんだろうけどね。

https://www.mod.go.jp/msdf/mf/other/history/img/002.pdf

軽く説明をすると、ここに紹介されているが、GHQのトップだったマッカーサーの命令によって、機雷除去が日本によって行われる事になった。当時解体される予定だった海軍省軍務局に掃海部を作り、海軍軍人を10,000名規模で動員して掃海作戦を展開している。

その後、掃海部は第2復員省総務局掃海課に移動し、後に海上保安庁に移される計画があったが、警備隊の方に吸収され、海上自衛隊に編入されている。

スリオン改造案

日本の話しはさておき、実のところ掃海機能を持つ部隊というのは、世界の軍隊を見てもそれほど多くない。そして、掃海ヘリコプターを運用しているのは日本とアメリカの2カ国である。

韓国はそれを真似したいらしい。

……子供の時、「他人のモノを何でも欲しがるのは止めなさい」って教育されなかったのだろうか?

KAIはスリオンヘリコプターを基盤にレーザー探索装備、無人機雷処理装備、水中自律機雷探索体などを搭載した韓国型掃海ヘリコプター開発を計画している。ヘリコプターは機雷との距離維持が可能で安全性が高く、停止・前後左右飛行機能があり、航空機よりも作業に有用だ。開発に成功すれば米国・日本に次いで世界3番目の掃海ヘリコプター開発国となる。

「中央日報”海中の機雷をヘリコプターで爆破…韓国海軍の新武器公開”」より

韓国は、「世界で○番目」というランク付けが大好きである。

この掃海ヘリコプターも、世界で3番目になるんだそうだ。そんな順位よりも、自国の防衛に何が必要かをしっかり考えるべきだと思うよ。

既に、こんな構想図まで出来ている模様。

KAIはこうした構想を盛り込んだ掃海ヘリコプター模型と概念図を、9日から釜山(プサン)BEXCOで開催中の国際海洋防衛産業展(MADEX)で公開した。KAI側は「海霧・塩分に対応するヘリコプター開発技術を掃海ヘリコプターにまで拡大し、海上戦闘力を向上させる」と述べた。

「中央日報”海中の機雷をヘリコプターで爆破…韓国海軍の新武器公開”」より

ふーん。

掃海ヘリコプターには何が求められる?

ところで、海上を飛ぶヘリコプターに防錆・防塩の機能が要求されるのは分かるんだけど、その辺りはスリオンでは解決済みのハズだ。

「マリンオン」という名前の海兵隊版があるからね。そう、メインローターが吹っ飛んでしまった不幸な事故を起こしたアレだ。

じゃあ、後は何が必要なのだろうか。

海自の掃海・輸送ヘリ「MCH101」 36人収容の巨大機 機雷除去だけでなく人員・物資輸送でも威力を発揮

2015/12/16 07:00

海上に敷設された機雷を除去する掃海任務は掃海艦艇が担うのが世界標準だが、海上自衛隊が運用する「MCH101」ヘリコプターは、上空からの「航空掃海」機能を持つ。各国軍でも珍しく、自衛隊のほかは米軍が実施しているだけだという。

「産経新聞」より

川崎重工が製造したMCH-101は、海上自衛隊に納入されている。

国産のヘリコプターだと思いきや、このMCH-101はアグスタ・ウエスト社が開発して、川崎重工がライセンス生産する形となっている。米国製兵器大好きな自衛隊も、MH-53Eの交易基CH-53K「キング・スタリオン」を導入するのは見送ったらしい。

CH-53Kは高いしデカいし、「流石にちょっと」と判断したのかな?詳しい経緯を調べてはいないけれど。

掃海艦艇と同じように、カッターが付いた掃海具で海中に仕掛けられた係維機雷のロープを切断。浮いてきた機雷を、水中処分員(EOD)による爆破処分や艦艇からの銃撃処分で取り除く。掃海艦艇のように係維機雷に近づく必要がなく、機雷に感応して爆発被害を受ける心配がないことが航空掃海のメリットといえる。

ただ、上空からの航空掃海には効率性に疑問符がついていることは確かだ。海自幹部も「あくまで機雷除去のメーンは掃海艦艇が担う」と指摘する。

「産経新聞”海自の掃海・輸送ヘリ「MCH101」 36人収容の巨大機 機雷除去だけでなく人員・物資輸送でも威力を発揮”」より

で、掃海ヘリコプターの使い方はこんな感じらしいが、記事にも書かれた通り掃海ヘリコプターはあくまで掃海艇の補佐をするという立ち回りのようだ。

つまり、世界中の海軍で掃海ヘリコプターの投入実績が少ない理由は、必要に迫られるシーンが多く無い殻なんだ。日本は海上自衛隊の設立過程において掃海部を引き継いでいたことで積極的に掃海設備を持っている。そして、実際にその危険な任務を熟している実績がある。

じゃあ、韓国はどうなんだろう?えーっと、韓国海軍って掃海艇持っていたっけ?

調べて見ると、江景級掃海艇を6隻と襄陽級掃海艇を3隻ほど保有している模様。

ただし、韓国海軍の掃海艇がどこかで活躍した話など聞いたことが無い。ヘリコプター開発をする前に、掃海艇の方に力を入れた方が良いんじゃ無いか?僕が知らないだけで輝かしい実績をお持ちなのかも知れないが。

追記

文中でCH-53Eの話を出したのだけれど、殆ど調べもせずに言及したので少し補足しておきたい。

CH-53E「スーパースタリオン」

まずはCH-53E「スーパースタリオン」、米シコルスキー・エアクラフト・ディビジョン社製造、運用開始は1981年で現役である。アメリカ海兵隊の要望によって製造された重輸送用ヘリコプターで、エンジンはなんと3基搭載している。

CH-53 Super Stallion.jpg

そのおかげで、吊り下げ能力は16t、積載能力13.6tと実にハイパワーだな。

このスーパースタリオンを改造したのが機雷掃海型のMH-53E「シードラゴン」である。日本の海上自衛隊が取得して配属されたのが平成2年:1990年のこと。11機取得して1機が事故で失われている。

平成21年:2009年より退役が始まっており、平成29年:2017年に最後の機体が退役した。

MCH-101

その後継となったのが掃海・輸送ヘリコプターMCH-101である。平成15年:2003年から取得開始して1号機は平成18年:2006年に完成品が納入されている。2号機以降は川崎重工がノックダウン生産している。

MCH-101はエンジンこそ3基積んでいるが有効積載量は5.4tで、巨大なMH-53Eと比べると小型かつ非力だといって良いだろう。ただし、海上自衛隊では護衛艦に発着可能な機体を取得する必要があったため、英アグスタウェストランド社のAW101をベースに開発された。

CH-53K「キングスタリオン」

ついでに言及しておくとCH-53Eの後継機としてCH-53Eの大規模発展型として作られたのがCH-53K「キングスタリオン」である。

2018年に最初の機体がアメリカ海兵隊に納入されている。積載能力は15tまで拡大されていて、ハンヴィーの機内搭載が可能だといわれている。掃海能力を獲得するのは今後の課題らしいね。

日本も購入に前向きだという報道もあったようだが……。

スリオンKUH-1

ではスリオンは?というと、有効搭載量は3.7tとされていて能力的にさらに低い。エンジンは2基の構成で、運用実績に疑問符が付くことを考えるとここから開発というのが理にかなっているのかは疑問である。

掃海ヘリコプターとして運用する場合には、機雷を発見・除去するための掃海具を海上で曳航する必要がある。MCH-101で運用されているモノは随分と小型化されたと噂されるが、パワーが必要であることは事実。

とはいえ、生産機数は162機(2020年時点)と多く、さらに韓国陸軍だけで245機調達する予定なんだとか。マリンオンも40機が韓国海兵隊に納入される予定になっていて、量産効果の見込める機体ではある。さらに調達コストが1800万USドルと格安なのも魅力的だ。

そう考えると、掃海バージョンを作っても不思議はないのかも?

コメント

  1. 掃海ヘリは掃海具をけん引するため余剰出力が必要、このため海自の掃海ヘリは三発機を採用している。
    スリオンに余剰出力あったけ?

    • セルフレス
      余剰出力以前に燃料搭載量が足りなかった。

    • スリオンに余剰出漁があるか?といわれると不安な感じですよね。
      2基のエンジンをぶん回して、何とか出力を絞り出すかもしれませんが。

  2. CH-53Kは2018年になって初期作戦能力を獲得したのに対し、海自のMH-53Eは2017年までに全機退役ですから、時期的に間に合わないですね。それに現状輸送機型だけで、掃海型はこれからみたいですし。またお値段もMH-53EとMCH-101がほぼ同じなのに対し、CH-53Kは5倍。色々無理です。
     韓国の掃海ヘリはレーザ機雷探知機は搭載するようですが、係維機雷のワイヤーを切断するカッターなどは運用しないようで、さほど馬力も要らないでしょうから、スリオンの派生型でも大丈夫でしょう。実際に役に立つかはわかりませんが。

    • 開発時期などの関係はしっかり見ていなかったので勉強になりました。
      ご指摘の様に色々無理ですねぇ。

      ただ、自衛隊がCH-53Kに対して購入を検討しているという噂もありますが。

  3. まーた日本が持ってるから・・・ってやつかな?それはともかく、開発したとして運用はどうするのか。日本の場合は掃海母艦というのがあるらしく、そいつで運用するのかな?掃海艇じゃヘリの運用は不可能だし・・・。それかいつもの輸出前提かな?運用してるのは日米しかないのにまさかね。

    • そうなんですよね。
      数機の掃海ヘリコプターを入手したところで、何の意味があるのか不明です。
      掃海ヘリコプターの需要ってあるんでしょうかね?

  4. 木霊さん、おはようございます。

    世界で日本・アメリカだけしか運用しておらず、しかも日本のMCH-101×10機は掃海機能を持っていますが、砕氷艦しらせに搭載され輸送機として兼任運用です。
    アメリカ海軍・海兵隊のCH-53Kも兵員&重輸送がメインですから、純粋に掃海ヘリという訳ではないと思いますけどね。
    実質的にMH-53Eが最後の掃海専用ヘリだったんじゃないかな。

    排他的水域ランキング1位のアメリカと6位の日本ですら、それほど重要視しておらずあくまで掃海艦・掃海艇の補助的な役割だと思います。

    もっともアメリカの場合は海外派兵時に必要なヘリでしょうけど、それでも最重要装備とはなっていないんじゃないかな。

    南朝鮮が世界3番目を目指しスリオンを改造して何機掃海専用ヘリを造るつもりなのか、領海・接続海域・排他的水域が限られているのですから、開発費&製造費を掛ける理由に一番興味がわきますね。

    まあ、欠陥・事故と危ういヘリながら順調に生産台数を伸ばし、増産計画も確定の様なんで別バージョンにチャレンジ=掃海ヘリもコスト的には何とかなるかも...。
    でも運用能力はまったく別ですから、ご指摘の通り掃海艦・掃海艇を建造して経験値アップの方が先じゃないかな。

    いつもながら敵国が無駄な予算を浪費してくれるのですから、事の顛末をゆる~く見守るって感じですね。

    • アメリカは掃海ヘリコプター、どうするつもりなんでしょうね。
      余り有用性を感じていない感じもしますが……。案外、「日本にやらせておけ」という積もりかも?
      海兵隊も掃海ヘリコプターを必要とするんでしょうか??

  5. >……子供の時、「他人のモノを何でも欲しがるのは止めなさい」って教育されなかったのだろうか?

    木霊様、お言葉ですが、「泣く子は餅を一つ余計にもらえる」の国ですぜ(笑)

    掃海ヘリは、重い掃海具を力任せに引きずり回す「力こそパワー!」な機体と、その運用ノウハウが必要何ですが……塩害対策すらしてないヘリしか持ってない下朝鮮軍じゃあなぁ……という感想しか出てこないですよね……

    ※韓国の場合、日本以上に、機雷バラ撒かれたら詰みますし。掃海自体は重要だとは思います。

    掃海ヘリとか、軽空母なんかより、沿海防衛用の小型で小回りのきく船をいっぱい持っておく方が、下朝鮮のおかれた状況にはあってるはずなんですがねぇ……

    まあ、仮想的が北じゃなくて日本海のこっち側だってんだから、同じ武器持ちたがるのは分からないでもないのですが。
    持っても、振り回す体力と、維持するお金がどこまであるのか。
    まあ、見物ではありますね。