【韓国陸軍】新装備のメディオン墜落?!

陸軍

あー、ハイハイ。まあ、来るとは思っていたよ。

【抱川(ポチョン)で陸軍のヘリコプター『メディオン』不時着・・・搭乗者5人負傷】

2021.07.12 14:47

京畿道抱川で陸軍のヘリコプターが着陸中不時着する事故が発生した。事故当時、そのヘリコプターは、患者の搬送をするために滑走路に着陸していたことが分かった。

陸軍は12日午前10時36分ごろ、抱川の陸軍航空大隊滑走路での義務搬送ヘリコプター1機が着陸時に不時着する状況が発生したと伝えた。

「NAVER」より

ちょっと韓国語の自動翻訳の精度の問題で「着陸時に不時着」というよく分からない日本語になっている野田が、一体どうなったのやら。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スリオンに問題はないのか?

メディオンはスリオンの医療器搭載版

韓国型機動ヘリコプターKUH-1「スリオン」といえばこのブログでもお馴染みの機体である。

今回事故を起こしたのは、韓国陸軍に配備されたスリオンと同型の機体で、KUH-1M「メディオン」と呼ばれるホイストや医療機器などの装備を備えた機体のようである。

S. Korea’s “Surion” Medevac Chopper Makes Successful Maiden Flight

2016.01.26 15:36

A medical transport variant of the South Korean KAI KUH-1 Surion, the first-ever indigenous twin-engine light utility helicopter in South Korea, has successfully completed its first official test flight. The medical transport edition, the latest variant of the KUH-1 Surion, was actually used in airlifting out two South Korean soldiers who were seriously injured in an apparent landmine explosion while on routine patrol duty in the demilitarized zone in August last year.

「IT TIMES」より

記事にあるように、メディオンは、2018年から医療搬送任務に用いられることが決まっていたようである。今回の事故が任務中であったかどうかも気になるところだが、とにかく搭乗者は無事であってくれれば良いと思う。

尾の一部が破損

で、第一報では、「尾翼の一部が破損」という報道であったが、詳細は分かっていなかった。

しかし、今回のメディオン不時着事故と関連して、まだ正確な原因が不明の状態で陸軍は「不時着したヘリコプターは尾の部分が一部破損した」とし「正確な事故原因は現在確認中」と付け加えた。

「NAVER」より

しかし、搭乗者は結構なダメージを負ったようである。

当時、事故ヘリはパイロットを含めてすべての5人が乗っており、不時着の過程で負傷を負ったことが分かった。このうち一部は、「重傷」を負ったというニュースも伝えられている。

「NAVER」より

よって、恐らく「尾の部分が一部破損した」程度の話では無いだろうとは思っていた。が、続報が無かったので、この記事に突っ込みを入れるのは諦めていた。

横倒し!

所がコメントを頂いて、続報が出たことを知った。

……どこが「尾の一部が破損」なのか。

そりゃ、搭乗者もかなりのダメージを負うにも無理は無い。

幸いにもメインローター関連のトラブルっぽくは無かったようなのだが、それにしたって着陸時に何があったのか。

スリオンが真っ二つになったのに…「不時着」と言い張る韓国陸軍

記事入力 : 2021/07/13 11:31

12日、韓国の国産機動ヘリ「スリオン」(KUH1)を改良した医務輸送ヘリが墜落する事故が発生した。

韓国陸軍は「12日午前10時36分ごろ、メディオン(KUH1M)1機が京畿道抱川市の陸軍航空大隊の滑走路に不時着した」と発表した。

~~略~~

陸軍本部のノ・ジェチョン政訓公報室長(准将)は、本紙の電話取材に対し「狭い意味で見れば墜落ではなく不時着」と語った。

「朝鮮日報」より

なるほど、軍が発表したのが「不時着」だったのね。

不時着の定義が乱れるな!

ところが実際に蓋を開けてみると、横倒しになって後部が欠損した状況であったと。「尾の部分の一部が」というより、全部無いよね?

しかし、午後に公開された現場写真で、ヘリの胴体は尾部と分離されて真っ二つになったまま地面にひっくり返っている状態だった。前面ガラスはほとんど割れ、ローターもかなりの部分が破損した。事故直前、ヘリが滞空していた高さは数十メートルだったという。

「朝鮮日報」より

数十mの高さから落下したのであれば、寧ろ墜落である。

搭乗者の一人は重症だったと言うことなので、事件の早期原因究明と対策が行われる事を願っているぜ。まあ、他国の軍隊だから、対策されなくてもいいんだけどさ。

追記

コメントを頂いたので衝撃の写真を1枚紹介。

おおぅ、墜落して分解したのか、分解したから墜落したのか。

転落で怪我をしてヘリ搬送を待っていた患者は滑走路の外で待機中だったために被害を受けなかった。

事故前にヘリが浮上していた高さは約60mと目撃された。

この日、事故を起こしたヘリは国産機動ヘリ『スリオン』(SURION・KUH-1)を救急患者後送専門担当用に開発した医務輸送ヘリ『メディオン』(MEDEON・KUH-1M)だ。

ヘリは不時着して、尾部が一部破損した。

「韓国メディア」より

メインローターは地面の高さくらいで折れ曲がっているので、地面にボディがつくまではメインローターが回っていた可能性が高そうである。

記事では60mの高さから落下して、尾部が破損という流れと説明しているのだが、滑走路の跡などを見ると、本当に落下した衝撃で尾部が折れたのかはちょっと怪しい。メインローターが生きていたということは、オートローテーションと呼ばれる減少が生じて、ゆっくり落下してきたことになるはず。

機体が比較的原型をとどめていることから、60mの高さから自由落下ということではなかったはずだ。そうだとすると、落下時に機体のバランスを崩して途中からは尾部から先に墜落したような感じなのかもしれない。

何れにせよ、何が起こったのかは、しっかり調べてほしいね。

コメント

  1. 笑韓さんのとこの写真見て、「これも不時着…?」と思いました。
    http://www.wara2ch.com/archives/9724546.html

    • なんとまあ。
      もうちょっと追記できることが出てこれば、また追記しておきたいと思います。

  2. こんにちは。
    一応、可能性として、
    「セットリングウイズパワー現象に陥って、回復出来ず尻餅をつく形でハードランディング」
    の可能性もあるかなと。
    ※テイルロータも折れているので、接地の瞬間まで回っていた可能性がある≒テイルロータ機能の喪失による墜落ではなさそう。

    まあ、まともな事後記事が出てくるとは思えないので、動画でも公開されない限り実態は闇の中ですが……

    まあ、火が出なかったのが不幸中の幸い、搬送予定の患者を巻き込まなかったのも幸いでした。

    • セトリングウィズパワー現象ですか。
      オスプレイの記事を書いていたときに触れた言葉でして、その時はピンときていませんでした。ですが、ヘリコプターも難儀やねぇ、と。

      最初に見た時に思ったのは、テイルローターってあんなに簡単に折れるんだ、ということですね。
      金属材料にはあり得ない折れ方していますが、炭素系やグラスファイバー系の感じもしないんですよね。アレは一体何で作られているのか。

      • >アレは一体何で作られているのか。

        最近の機体であれば、樹脂だと思いますが……ファイバー材が入っているのは間違いないようですし。ただ、骨材はカーボンではなくケブラーかも知れませんね。

  3. 最初の写真になんか違和感があるのですが、超望遠で撮られちゃって隠しきれなかったZE(てへぺろ)なんですかね。妙に遠近感が無いと言いますか。

    • レンズでの圧縮効果があったのか、ということですかね。
      事故現場には部品が散乱していますが、当時、下には怪我人が控えていたとか……。大丈夫だったんでしょうかね?

  4. 木霊さん、おはようございます。

    これ、仮に日本で起きたらどんなニュース扱いになるんでしょうね。
    つい最近もアメリカ軍ヘリの緊急着陸が問題になったばかり、沖縄メディアが率先して叩きまくりましたからね。

    どんな事故で何が原因だったのか知りたいところですが、まあマトモな情報や報告は出てこないんじゃなかな。
    原型がスリオンという軍事ヘリしかもトラブル満載の機種ですが、軍部としては300機近い軍使用機に嫌疑が波及するのを恐れているでしょうからね。

    ホルホルして輸出も目論んでいたようですが、フィリピンにあっさりフラれちゃったし、これ以上の事故・性能欠陥・不祥事は致命的。

    航空機事故は各国共通の人命問題なのでちゃんとした続報を期待しますが、まあ南朝鮮の劣等国民とそれを煽るメディアじゃあ無理でしょうね。

    • どうでしょうねぇ。
      タイミングによるのでしょうが、菅義偉政権に対する叩きで過熱するかも?
      輸出も苦しんでいるようですが、国内でたくさん作っているみたいですわ。
      バグ出ししたら、もっと良くなるのかも?
      http://japan.hani.co.kr/arti/politics/40359.html
      随分とホルホルした記事が書かれていたので、なかなか興味深いですよ。