韓国陸軍部隊保安展示館で対人地雷が爆発

陸軍

うーん、平常運転か?

韓国の陸軍展示館で起きた不発弾爆発事故の不始末

2022.11.19(土)

2022年10月31日、韓国の江原道楊口郡にある陸軍部隊安保展示館が爆発した。負傷者は展示物の運搬作業にあたっていた兵士2人で、幸いにも民間人の犠牲はなかった。

陸軍本部が調査をした結果、爆発したのは「M14対人地雷」であったことが判明した。

JB pressより

陸軍部隊安保展示館にてM14対人地雷が爆発したらしいのだが、真っ先に来る疑問は、何故、陸軍部隊安保展示館で爆発したか?という点だよね。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク

危険な展示物

M14対人地雷

対人地雷といえば、読んで字の如く人に対して使う地雷で、埋設してある地雷を人が踏むことで起動するタイプの爆弾である。

こんな形状をしていて、こんな感じで踏ませるようだね。

俗称は「Toeopooer(つま先飛ばし)」である事からも分かるが、殺傷能力は低く、この地雷を踏んでしまった人の足を吹き飛ばす程度に設定されているようだ。もちろん、踏んでしまった兵士は悲惨なことになるが、対人兵器というのは常にそういう風に作られている。

配備されたのは1955年頃のようだが、実戦で使った期間はさほど長くは無く、1974年以降は作戦に用いられなくなったようだ。

では、何故韓国の陸軍部隊安保展示館にあるかと言えば、朝鮮戦争で多数使われたようで、未だに朝鮮半島には多数の地雷が埋まっている上、150万個の地雷が緊急使用の為に備蓄されているようだ。そこから幾つかチョイスして展示物にすることは難しくないのだろう。

展示物なのに非活性化措置せず

さて、そんな地雷なのだが、「実物」が陸軍部隊安保展示館に展示されていたらしい。

そして何故か爆発してしまった。

陸軍部隊安保展示館の改装のため、臨時保管されていた展示物を兵士たちが運搬していたところ、非活性化措置されていないM14対人地雷を踏んで爆発したようだ。展示用として使用が決まった地雷を、陸軍は非活性化措置(爆発しないようにすること)していなかった。

JB press「韓国の陸軍展示館で起きた不発弾爆発事故の不始末」より

どうやら、爆発しないように処理していなかったことが問題だったようだ。いや、普通は爆発しないように火薬は抜くからね?

控えめに言っても意味が分からない。

その後の調査で、全国の安保展示館や歴史館など130カ所から、非活性化措置されていない弾薬類が2000個ほど見つかったことが分かった。大部分が小口径弾であったそうだが、一部の対人地雷は安全クリップが外れた状態で、長いものだと爆発の危険があるまま30年間も展示されていたという。

JB press「韓国の陸軍展示館で起きた不発弾爆発事故の不始末」より

それも1個や2個ではなく、韓国内の130箇所の施設で2000個ほどが非活性化措置なしで展示されていたと言うから、驚くしかない。

将兵はこの文章の中で、「非活性化措置が施されたと思っていた爆発物を運搬していたところ、これが爆発して兵士2人が大けがをした。彼らは一生足を引きずって生活しなければならず、最悪の場合は切断を余儀なくされるかもしれない」と、今回の事故発生を残念がった。

JB press「韓国の陸軍展示館で起きた不発弾爆発事故の不始末」より

更に驚くべきことに、この爆発物を運搬していた兵士二人は、「一生足を引きずって生活しなければならない」らしい。……展示物を踏んだのか?

恐らくイミテーション(ニセモノ)だと思って、ふざけてみたのだとは思う。それが本物で、非活性化措置されていなかった事は不幸だと思うし、予測が難しいことであったとは思うのだが。しかし、展示物を踏みつけるのはどうかと思う。

更に、30年間気が付かずに本物を展示し続けたこともビックリだが、その後、その展示物が危ないものであるかどうかを疑ってみる人がいなかったことも残念ではある。最初のところで処理を怠ったことが全ての間違いの始まりだったのだろうし、M14対人地雷の耐久性が高かったことも災いしているのだろうね。

しかし、この手の爆発物、非活性化措置をした上で「処理済み」とか表示しないものだろうか?普通はそんな感じの処理済み表示はするものだと思うんだが、韓国では違ったらしいよ。

何というか、お粗末な話だな。

コメント

  1. こんにちは。

    「バカだねぇ。本当にバカだねぇ」

    これ以外の感想がないのですが、これだもの、「安全不感症」と言われて、定期的に似たような事故を起こすのもむべなるか。

    ※「歴史を忘れた民族は云々」と彼らは(主にこっち向きに)よく言いますが、歴史どころか五年前十年前ですらお前らコロッと忘れてるだろと小一時間。

    • こういうところでケンチャナヨ精神を発揮しないで欲しいのですが、それが彼らの性質なので仕方がありません。
      安全は積み重ねなんだと思いますが、積み重ねが嫌いな民族ですから。

      さておき、民間人の被害が出なかっただけマシだったとしましょう。……まあ、展示物を民間人が踏むことは無いのでしょうが。

  2. お粗末というよりも信じられない、有り得ないと絶句しました。
    あってはならない事故扱いではなくて、サラッと流されそうです。
    軍だけではなくて様々な悲惨な事故が立て続けに起こるのも原因は同じなのでしょう。
    悪魔の地であり、hell朝鮮です。

    • 信じられない気持ちではありますが、こういうこともあるのでしょう。
      おそらく対人地雷の件は「解決済」ということになるでしょう。