韓国型軽空母は2033年実戦配備?

海軍

随分と急ぐのだね。

半島への適合性めぐって論争中の韓国型軽空母、国防部は「2033年実戦配備」強行

記事入力 : 2021/02/23 09:21

韓国国防部(省に相当)は、2033年までに2兆300億ウォン(現在のレートで約1925億円。以下同じ)を投じて韓国製軽空母を実戦配備することを明らかにした。

「聯合ニュース」より

韓国が欲しがっている軽空母に関しては、実のところまだまだ韓国内でも異論が根強い。ただ、これは韓国側からの日本に対するメッセージでもある。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

対日戦に備えよ

海軍の増強は何のため?

そもそも、韓国軍にとって海軍を増強する必要はない。

何故ならば、韓国にとっての主敵は北朝鮮であるはずだからだ。いや、そうだと言われていたのは過去の話ではあるのだが。

韓国の中高生、34%が「主な敵は日本」 北朝鮮の2倍

2011年6月24日 20:10

韓国の中高校生の3分の1が「主な敵は日本」と考えている――。中高校生らが所属する「韓国青少年未来リーダー連合」などが2500人を対象に実施したアンケートによると、「主敵」を日本(34%)とした回答が最も多く、2位の北朝鮮(17%)の約2倍だった。米国が15%、中国が10%で続いた。

「日本経済新聞」より

まあまあ、こういう国である。

【社説】ついに「北朝鮮軍=主敵」を削除した韓国国防白書

2019.01.16 10:23

昨日、韓国国防部が発表した「2018国防白書」は残念なことこの上ない。白書から「北朝鮮軍=敵」という文言が削除された。新しい白書では「わが軍は大韓民国の主権、国民、財産を脅かし侵害する勢力をわれわれの敵と見なす」とした。2年前に刊行された国防白書には「北朝鮮政権と北朝鮮軍がわれわれの敵」と記述され、対備態勢の方向が明確だった。ところが今回の白書は韓国軍の主敵観を曖昧にぼかした。北朝鮮非核化と南北関係改善は当面の課題だが、現存する北朝鮮の大規模軍事力や核などの大量破壊兵器は厳然たる核心脅威だ。

「中央日報」より

そしてついに韓国防衛白書から「北朝鮮軍=敵」という表現が削除された。もはや敵では無いのである。それでは何処を向いているのか?というと、ネタ抜きにして日本である。

こんな話もあったのだが、まあこれが韓国の国会で真面目に議論されているのだから、もはや「何とかにつける薬は無い」と言いたい。が、翻って見るにここまで明確に敵視されていてもまだ「韓国は敵では無い」と信じている日本人や日本政府はおめでたい。

いや、僕自身も心の何処かで「韓国は敵では無い」と信じていたのかも知れない。だが、「何のために海軍を増強しているのか?」の答えは、そこを考え直せば単純に出てくる。そりゃそうだろう、憲法にすら反日が謳われているのだから。

反日全開の海軍

さて、このブログでも散々弄ったが、韓国軍の214型潜水艦のネーミングルールは「抗日の戦士」と言うことになっている。その実態はほぼテロリストだが。

3000t級潜水艦も、1番艦が「島山安昌浩」で2番艦が「安武」である。もはや「誰?」レベルの人材だが、それでも安昌浩の方は教育に貢献した人物らしいけれども。

こうしたネーミングルールにしてもそうだが、そもそも韓国軍にとって海に出て戦うべき敵となると、日本と支那くらいしかない。ロシアも……いやないか。

ただし、物量を考えても支那と事を構えるということは考えにくく、消去法で日本が敵だと言うことになる。

え?消去法で?じゃあ間違いなんじゃ?と思われる方もいるとは思うのだが……、そうでなければ軽空母など必要無いのである。

しかし、ある予備役海軍将官は「『韓半島不沈空母論』は国民の大きな犠牲を前提にしたもの」だとして、「海上で航空アセット(資産)を運用すれば、北朝鮮の挑発に効果的対処ができる」と語った、韓国海軍内外では、軽空母に関連して「韓国の国力において無理な投資ではない」「韓国より3-4倍の海軍力を持つ中国・日本の潜在的脅威に備えるべき」という意見も提起されている。

「聯合ニュース”半島への適合性めぐって論争中の韓国型軽空母、国防部は「2033年実戦配備」強行”」より

予備役海軍将官の言葉としてこんな分析を紹介しているが、しかし、「北朝鮮の挑発に効果的対処ができる」というのは、空母の必要性を論じる上では弱い。海上に出なくとも陸上から戦闘機を飛ばすべきだからだ。海上から航空機を飛ばしたところで、北朝鮮に対しては何の優位性もないのである。

日本に対抗してステルス戦闘機を導入する背景には、日本と戦うという明確な意思がある。空母を導入したのもそういう背景だと理解すべきだろう。

攻撃型の潜水艦を手に入れようとしている理由もその辺りにあると考えた方が分かり易い。

韓国の戦略は変わりつつある

新冷戦?

ちなみに去年の8月にはこんな記事が出ていた。

韓国、軍備増強に5年間で300兆ウォン…原子力潜水艦も推進(1)

2020.08.11 07:51

韓国が軽空母と原子力潜水艦で北東アジアで登場するかもしれない新冷戦への対備に着手した。韓国国防部が10日に発表した国防中期計画(2021~2025年)には、周辺国の軍備増強や北朝鮮の核・ミサイルに同時に対処する軍事力を確保する内容が含まれている。国防中期計画は来年から5年間の国防予算ビジョンだ。大きな問題がない限りその通り執行される。今後予想される東アジア海域で中国の勢力拡張、核兵器と弾道ミサイルで武装した北朝鮮の圧迫に備える狙いがあるものとみられる。国防部はこのため、来年から5年間で301兆ウォン(約27兆円)を投じる計画だ。

~~略~~

また、この戦闘機は中国のどの艦載機より優秀だ。したがって軽空母を活用して同盟国と連合すれば、済州道(チェジュド)南端からマラッカ海峡に達する韓国の海上輸送路を保護することができる。韓米同盟にも役立つ。

「中央日報」より

この分析は明らかに間違いで、空母にF-35Bを無事に搭載できたからといって、支那との闘いに勝利することは難しい。むしろ数で押されてやられてしまうだろう。空母など航空戦力の良い的なのである。

そして、「同盟国と連合すれば」などという前提条件をつけているが、なかなか荒唐無稽な事だ。だって、アメリカから戦時作戦統制権の返還を求めている状況で、更に合同軍事演習を軒並み取りやめている。アメリカとの軍事同盟から手を引こうという素振りが見え隠れする状態なのだ。

そうすると、一体、韓国が目指す軍事同盟というのは、どの国と結ぶ前提なのだろうか?僕は支那と北朝鮮ではないか?と考えている。

そうなってくると、新冷戦で戦うべき相手はアメリカと日本という構図になってくる。

核武装中立

さて、韓国ウォッチャーとして定評のある鈴置氏の記事を紹介しよう。

バイデンに脅されて韓国が選ぶ核武装中立 日本にも突き付けられる新たな踏み絵

2021年02月22日 17時01分

保守が「米国への回帰」を唱えれば、左派は「中立」を訴える。バイデン(Joe Biden)政権の突き付けた踏み絵が韓国社会を二分した。韓国観察者の鈴置高史氏は「核武装中立」が落とし所と見る。

~~略~~

ただ、この世論調査によると「米中葛藤の中で韓国政府の採るべき道は?」との設問に対し、一番多かった答が「戦略的曖昧さを維持」(41・1%)、2番目が「韓米同盟を重視」(40・1%)、3番目が「中国との経済関係を重視」(11・7%)でした。

バイデン政権下でもはや使えなくなった「戦略的曖昧さを維持」――米中二股外交に依然としてしがみつく韓国人が4割もいるのです。そのうえ「中国との経済関係を重視」する、親中派というべき人が1割いました。

「niftyニュース」より

この記事を「荒唐無稽だ」と感じる人もいるかも知れないが、冷静に情報を集めると、どう考えても韓国が支那の方に寝返る可能性は高い。

――左派が同盟廃棄を訴えた際、2022年5月の大統領選挙で勝てるのでしょうか。

鈴置:「同盟廃棄」だけを訴えたら負けるでしょう。韓国人の多くが「米国との同盟を失ったら、誰が守ってくれるのか」と極度の不安に陥るからです。

 ただ、左派には奥の手があります。中立と核武装をセットで訴えればいいのです。「中立」と同時に「韓国も核を持つ」と宣言することで安保上の不安を払しょくする。そうすれば、中道はもちろん保守の中からも賛成する人が出るでしょう。

「niftyニュース”バイデンに脅されて韓国が選ぶ核武装中立 日本にも突き付けられる新たな踏み絵”」より

そして、ムン君はかねてから朝鮮半島の核武装化を画策している節がある。

支那に対しては「朝鮮半島の非核化を目指す」と約束しながら矛盾した話なのだが、ムン君の願う高麗連邦樹立の流れに載るためには、どうあっても核武装中立というスタンスに立たねばならない。そして、そのための3000t級以上の潜水艦なのである。4000t級潜水艦を原子力潜水艦にしようという計画は根強く残っているし、北朝鮮はICBMやSLBMの開発に積極的である。

その契機がいつになるのか?はハッキリ分からないが、少なくともムン君の大統領任期2023年までにはその方向性は固まってしまうことだろう。そして、現在はハッキリと高麗連邦樹立に向かって動いている。

出来の悪い脅威論のような内容になってしまったが、韓国軍の空母獲得の意志は、現実的にはそういう風に理解すべきだろう。日本がいずも型を空母化する話とは、そもそもベクトルが違うのである。

そして韓国大統領が交代したら?などと考える必要はもはやない位置に、韓国という国はいってしまったのだ。

コメント