【名品武器確定】韓国国産武器「匕弓」をアメリカへ輸出してやる!!

陸軍

ああ、ソウデスカ。

ところでその武器はなんて読むのデスカ?

国産武器、史上初めて米国輸出への可能性…韓国産誘導ロケット「匕弓」

2020.04.07 16:33

韓国の国産武器が初めて米国市場に輸出できる道が開かれた。韓国防衛事業庁は7日、国産2.75インチ(直径6.99センチ)誘導ロケット「匕弓(ピグン)」が米国国防総省が主管した海外比較試験(FCT)を成功裏に通過したと明らかにした。

「中央日報」より

ん、「ピグン」と読むのね。え?日本語読みは何よ。「さじゆみ」か「ひきゅう」か。よく分からないので「ヒキュウ」ということにしておこうか。

スポンサーリンク

誘導ロケット「匕弓」

アメリカが称賛!え?本当?

「全米が泣いた」とかいうフレーズは一時期、映画などでよく使われていた気がするんだけど、このニュースで喜んでいる「アメリカが称賛」というのも似た空気を感じる。

FCTは昨年10月、国防科学研究所(ADD)安興(アンフン)総合試験場で米国国防総省評価団が見守る中で実施された。国産武器のFCTテストは当時が最初というのが防衛事業庁の説明だ。この日の試験で、匕弓は米国側が提示した条件をクリアした状態で10発の目標物をすべて命中させた。ADD関係者は「当時、米国評価団が『perfect(完ぺきだ)』と感嘆した」と伝えた。

「中央日報」より

ふーん。

匕弓発射

こんな感じのミサイルらしいのだけれど、どんなシロモノなんだろうね。

北朝鮮の空気浮揚艇「キラー」と呼ばれる2.75インチ(70ミリ)誘導ロケット「匕弓(ピグン)」も、来年から配備される。車両に搭載された2つの発射装置から一度に40発の誘導ロケットが発射できる。最大8キロメートル離れた所から接近する海上の標的を同時に捉え、破壊できる。軍関係者は、「北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長がこれまで北西島嶼の奇襲占領や砲撃訓練を何度も視察したため、一時も緊張を緩めず北朝鮮軍の動向を注視している」と述べた。

「東亜日報」より

うーん、70mm地対艦誘導ロケットということらしく、調べて見るとLOGIRと呼ばれる類の兵器らしい。Low Cost Guided Imaging Rocket、つまり画像誘導(正確には赤外線シーカーに分類される)って事になるのかな。

低価格の誘導ロケット弾に需要はあるのか?

韓国としては対北朝鮮の兵器として使える目処が立っているようだ。

北朝鮮がホバークラフトを前線に配備すると言うようなニュースを見たことがあるが、これに対応するというのが韓国の狙いらしい。

北朝鮮、ホバークラフト約10隻を前線に

登録:2015-08-25 01:03 修正:2015-08-25 07:56

北朝鮮が24日、特殊部隊員の奇襲浸透用空気浮揚艇(ホバークラフト)を前線配備した事実が捉えられるなど、北朝鮮軍戦力の前線陣地配備もますます拡大している。

韓国軍当局者はこの日、「北朝鮮軍が準戦時体制を宣言して以後、平安北道鉄山(チョルサン)郡の基地にあった空気浮揚艇10余隻を南方の前線陣地に配備した」と述べた。空気浮揚艇は特殊部隊員を乗せて奇襲浸透作戦を遂行するための船舶で、北朝鮮軍の核心海上浸透戦力だ。北朝鮮は今回、長さ21メートル、最大速力が時速74~96キロメートルの「攻防2」(35トン級)と長さ18メートル、最大速力時速96キロメートルの「攻防3」(20トン級)の2種類の空気浮揚艇を前線陣地に配備したと伝えられた。

「ハンギョレ」より

兵器としてのホバークラフトにどの程度の意味があるかよく分からないが、エアクッション揚陸艇としては複数の国の軍隊が保有しているので有用なのだろう。自衛隊も持っていたはずである。

そこそこ船速が確保出来て、上陸作戦に使えると言う意味では揚陸艇としての使い勝手が良いのは分かるのだが、北朝鮮も似たような事を考えているのだろうか。韓国の新聞は揚陸作戦に使うと分析しているようだが。

国の沿岸防衛システムの一部として、Bigungは「ファイアアンドフォーゲット」高度なガイダンスシステムを採用しています。これは、複数のタスクを同時に実行でき、起こり得る攻撃に対して脆弱になるように、起動後にさらにガイダンスを必要としません。 Low-Cost Guided Imaging Rocket(LOGIR)と呼ばれるこのシステムは、防衛開発庁とLIG Nex1によって2016年に開発され、海兵隊によって管理されています。

「Defense World.net」より

で、韓国軍としてはこの脅威に対抗する必要があると。

折しも、湾岸戦争(1991年)で、ヘリコプター搭載兵器として使用していたハイドラ70が無誘導であるために使い勝手が悪いということを反省したアメリカ。ハイドラ70を誘導弾に改造しようと考えていた。韓国はどうやらこの改造計画に乗っかったと言うことのようだ。

APKWS II: Laser-Guided Hydra Rockets in Production At Last

Nov 26, 2019

The versatile Hydra 70mm rocket family is primed for a new lease on life, thanks to widespread programs aimed at converting these ubiquitous rockets into cheap laser-guided precision weapons. Conversion benefits include cost, use on both helicopters and fighters, more precision weapons per platform, low collateral damage, and the activation of large weapon stockpiles that couldn’t be used under strict rules of engagement.

「Defence Industry Daily」より

韓国としてもヘリコプター搭載型の空対地ミサイルがあるに越したことはない。要するに誘導ミサイル「匕弓」はアメリカの技術をある程度流用して作っている可能性が高そうなのである。

アメリカはどうやらLOGIRの開発は途中で諦めたらしく2002年頃には計画を破棄、その後は韓国が計画を引き継いで開発を続けたようだ。完成させた点は素晴らしいと言えよう。

ミサイルキャリアはトラック

そんな経緯のあるLOGIRだが、キャリアは6×6トラックらしい。

ふむ、低コストの誘導ミサイルをどこからでも発射できるような態勢になっている点も、それなりに評価に値する。

有効射程距離はハッキリとは分からないのだが8~10kmであるようで、速度はマッハ2程度の速度がでる模様。また、LOGIRのコストユニットは6000万ウォン程度だとされていて、高いのか安いのか。ヘルファイアミサイルと比較すると価格は1/3程度なんだと言うことなので、多分安いんだろうね。APKWSよりも高いという噂もあるけれど。

地上攻撃には使い難い

ところが、このLOGIR、残念な事に地上攻撃には使いにくい装備のようだ。画像認識で誘導する方式である為に、コントラストが低いターゲットには攻撃をしにくい特性があるらしい。アメリカ軍はそのことに気がついたので、手を引いた可能性が高そうだな。

本来であれば、ハイドラ70の替わりにヘリコプター搭載誘導ミサイルとして、攻撃ヘリからぶっ放すことを考えていたのだろうけれど、結果的には海上標的にしか使えない。だったら、そこそこ開発に成功したAPKWS(レーザーシーカー方式)を使えば良いじゃ無いという結論なんだろうね。

韓国も結局、トラックに搭載して撃つ方式を優先したようで、現状、ヘリコプター搭載型にはなっていないようだ。

そんな訳でそれなりにコストメリットはありそうだけれども、使用出来るシーンはどうも限定的らしい。アメリカはこの兵器を買うのでは?と冒頭のニュースは分析しているけれど、果たして韓国製の製品を買うのかどうか。

コメント

  1. Low-Cost Guided Imaging Rocketの韓国語版Wikiで「韓国が誘導操縦装置と駆動装置、弾頭信管接続装置、ノズルアセンブリを、米国がエクスプローラを研究することにした。」となってるけど英語版Wikiで「誘導および制御システム用電子機器(製造のみ、米国による設計)」と実態をあばかれてるものですね。

    LOGIRの計画自体が米国海軍主体なのと購入するとしても低コントラストの地表での使用には不向きなこともあるので海軍のみかな、まあHydra 70の他の誘導方式であるAPKWSもTALON(レイセオンが開発)もセミアクティブレーザー方式でLOGIRよりは高価なのでLOGIRが問題なく性能を発揮できればという条件付きですが。

    • wikipedhia、言語によって書いてあることが違うのは何とかして欲しいところですね。どちらが正しいか迷うことが多いです。
      ただ、傾向としては英語版の記載が正しい事が多い印象で、そういう事を含めて考えるとアメリカの技術を随分と持ち出して製造した印象が強いですね。

      LOGIR、使いドコロの難しい兵器という点が評価されなかったようで、アメリカ軍は計画を断念したと言うことらしいのですが、韓国が作ったモノをアメリカ軍が買うのか?という点は、気になるところですね。期待していたいと思います。

      • 木霊様

        Wikipediaの記事については、Wikipediaのトップページに「ウィキペディアは誰でも編集できるフリー百科事典です」とあることから、悪意を持った編集をされることは排除できないと考えます。

        以下の実例があります。

        ソース)日刊サイゾー「中国共産党がWikipediaを改ざんか!? 志村けんの死因が「台湾肺炎」に」2020/04/03
        >Wikipediaの中国語版にも志村の記述があるのだが、台湾メディア「三立新聞網SETN」
        >(3月31日付)などによると、なぜか死因が「台湾肺炎」と記載されていたというのだ。
        (中略)
        >台湾でも志村の人気は高かっただけに、ウイルスの発生源である中国を非難する声が
        >少なくない。その批判をかわすため、ネット上で世論を誘導する中国の「網軍」による
        >改ざんがあったのではないかという指摘もある。

        ※網軍(もうぐん)=中国のインターネット(電網)上の五毛党など、反中的主張を持つ他の国に攻撃を仕掛けたり、親中的な内容を掲示板などに書き込むことで、電網世論の誘導・扇動をはかる連中

        無論、悪意を持った編集は、中国以外からも受けているようです。
        なので、Wikipediaを無条件に信用するのは、考え物です。

  2. 元は湾岸戦争の結果、トラックなどのソフトスキンを攻撃するにはヘルファイアはもったいないから安価な誘導ロケット弾が欲しい、で米陸軍が開発したモノですね。こちらはヘルファイアと同じくレーザ誘導です。
     イージス艦に対する小型ボートによる攻撃を受けた米海軍がこれに目を付けたものの、レーザ誘導では霧が出ることが多い海面上では使いにくい、で赤外線誘導に変更したものを韓国と共同開発しようとしたのですが、スケジュールの都合が合わなかったのか、米海軍は撤退、その後は韓国単独で開発したようです。
     で、米海軍が採用するかですが、確かにホルムズ海峡で小型ボートを多用しているイランと対峙している米海軍にしてみれば欲しい兵器かもしれませんが、最近は中露の海軍力の増強が顕著になっていますので、こういったモノに割く予算は難しいでしょうね。もう少し早く実用化できていれば目を向けてくれたかも。

    • 安価な誘導ロケット弾という点でLOGIRは優れているかも知れませんが、武器としての信頼性は如何ほどのモノなんでしょうね。
      米軍が採用するか否かは、兵器としての信頼性如何で決まりそうなのですが、ご指摘の様に使いドコロも少なそうなので採用するまでには苦心しそうな雰囲気です。
      そうこうしているうちに、韓国が自滅するパターンが多いんですけど。

  3. 木霊さん、おはようございます。

    >ん、「ピグン」と読むのね。え?日本語読みは何よ。「さじゆみ」か「ひきゅう」か。よく分からないので「ヒキュウ」ということにしておこうか。

    矢の様に飛ばせる匕首(あいくち)...、任侠者が使う「ドス」って意味じゃないかなァ~?

    >70mm地対艦誘導ロケットということらしく、調べて見るとLOGIRと呼ばれる類の兵器らしい。

    つまり、海岸線ギリギリにトラックキャリアを配置できたとして、Max10km先から近づいてくるホーバーや小型艦艇がターゲットという事ですね。

    >韓国も結局、トラックに搭載して撃つ方式を優先したようで、現状、ヘリコプター搭載型にはなっていないようだ。
    >そんな訳でそれなりにコストメリットはありそうだけれども、使用出来るシーンはどうも限定的らしい。

    トラックだと敵の上陸場所を絞り込むのが難しそうですから機動展開力に限界があり、まずはヘリ搭載タイプが優先じゃないかなァ~。
    まあ、無いよりマシで有るに越したことはないって感じの武器でしょうかねェ~。

    >アメリカはこの兵器を買うのでは?と冒頭のニュースは分析しているけれど、果たして韓国製の製品を買うのかどうか。

    メデタクもアメリカが購入するとしてヘリ搭載型ではないこれを、アメリカ軍はどんな使い方するんでしょう。
    海兵隊の再編計画案が出てきましたが、島嶼防衛で「獲らせて獲り返す」から「先制的に展開・上陸し、対艦ミサイル・地対空ミサイルで敵=支那の侵攻を防ぐ」と変化するのなら、大量の武装漁船用に有効な武器かも知れませんね。
    対軍艦用と対小型船舶用のハイ&ローミックスみたいな感じかな。

    是非、続報を期待しています。

    • 僕自身も名前を見て真っ先に思いついたのが「匕首」という漢字だったのだけれども、果たして朝鮮方面の方がその漢字を知っているかどうかは……。
      あ、いや、案外暴力団幹部に朝鮮半島の方々が多いという事実を鑑みると、知っているのかも知れませんね。

      さておき、この兵器、今のところヘリに搭載できるという情報がありません。
      きっと火器管制のところで躓いているのでしょうね。

      使い方次第では有用かも知れませんが、使い道は限定されるので、兵器としてどうなんだろう?という風には感じますね。
      コストが圧倒的に安ければ良いのですけれど。

  4. 皆様が、色々と書かれているので、余り書くこと無いのですが・・・

    発展の経緯は、こんな感じのようですね。

    Mk4 FFAR(マイティ・マウス(Mighty Mouse):無誘導)→ハイドラ70(Hydra 70:無誘導)→APKWS(Advanced Precision Kill Weapon System:セミアクティブレーザー誘導)・LOGIR(Low-Cost Guided Imaging Rocket:アクティブ赤外線画像誘導)・DAGR(Direct Attack Guided Rocket:セミアクティブレーザー誘導・開発中?)

    APKWSとDAGRの違いは、DAGRはヘルファイアIIとの互換性を重視&LOAL(発射後ロックオン)が可能

    最大射程は、ハイドラ70が(弾頭によって変わるが)最大8000m程度、APKWSで最大5000m程度のようなので、地対艦誘導弾だとしたら、沿岸に接近してきた小型船舶向けなんでしょうね。
    (ハイドラ70とヘルファイアIIの射程は、ほぼ変わらず。ただ、ヘルファイアIIの重量は、ハイドラ70の約8倍)

    >国産武器のFCTテスト

    何これ?ということで「FCT」について調べて見ました

    ソース)日本粉体工業技術協会「【周知依頼】①米国国防総省FCT説明会、②防衛装備庁ワークショップのご案内」2016年11月14日
    >米国政府(米国国防総省)の調達に参加していくための評価プログラムである
    >FCT(Foreign Comparative Testing)

    FCT参加だけでは、米国の調達対象になるわけではなさそうですね(その前段階という感じです)

    • いつも詳しい補足をありがとうございます。

      FCT参加は、アメリカに調達して貰う上で最低条件だという噂ですから、これをクリアしないことには話が始まりません。
      しかし、それだけで「もう買って貰える」と喜んじゃうのが韓国なんですよね。平常運転だとも言えますが。