韓国海軍はついに念願の軽空母を手に入れる!……予定

海軍

このネタはそれほど目新しい話でも無いので気軽に読んで頂きたい。

コメントで最近お笑い韓国軍ネタが弱いと頂いているのだけれど、確かに小ネタが多いんだよね。でも、ネタの強弱は僕のせいでもないので、その辺りはご勘弁を。何というか、取り上げる頻度を上げるとどうしても味が薄くなる傾向にあるのは避けられない。

と、言い訳はこれくらいにして、韓国の軽空母ネタである。

3万t級の大型輸送艦にF-35Bステルス機搭載… 韓国型軽空母の推進

入力2020.08.05 03:00

政府と軍当局は、これまで進めてきた「大輸送艦-II」事業を「軽空母事業」に変更して推進することを積極的に検討されていることが4日、分かった。このため、当初2033年ごろ進される予定だった3万t級の韓国型多目的輸送艦とこれに搭載されるF-35Bステルス垂直離着陸機の導入時期を2〜3年ほど前倒し案を推進している。

「朝鮮日報」より

韓国のメディアがホルホルしちゃって、大はしゃぎという印象なのだけれども、このニュースでは軽空母建造の前倒しをするというお話。

……韓国って、経済ヤバいのにね?

スポンサーリンク

本気で軽空母建造に動き出す韓国

F-35Bを買うから空母を用意するのか、空母を作るからF-35Bを買うのか

先日の記事でこんなのを紹介している。

韓国空軍はF-35A戦闘機を40機買うと決断して、現在続々と韓国に出来上がったF-35A戦闘機が搬入されている。そろそろ半分くらいは揃ったんじゃないだろうか。

ただ、このF-35A戦闘機、40機程度では戦略的に使えないので、「更に欲しい」という展開になるのは当然である。なのだが、韓国海軍が垂直離着陸できるF-35B戦闘機が欲しいニダという事を言い出した。実はこの流れにはムン君が「空母が欲しいよね」という意見に乗っちゃったという背景が影響している。

そんな訳で、元々日本の海上自衛隊が保有している「いずも級護衛艦」護衛艦が羨ましくて独島級揚陸艦を作ったらしいのだけれど、これが上手いこと出来なくっていつの間にか独島級輸送艦になっている。

で、この独島級1番艦はどうにも上手いこと行かなかったのだが、2番艦にGOを出したのがムン君で、3番艦建造の話も持ち上がっている。

もともと運用する場合には3隻体制で1セットという考え方が多いため、独島級も3隻作る予定であったのだ。しかし色々と不具合があるとの建造費が高かったので、しばらく動きはなかった(1番艦2007年就役で、2番艦の起工は2017年、就役は2020年である)が、作られるようになり、ついに3番艦の(発展型と表記されることが多い様だが)計画が出て、これをいつ導入するか?という話が冒頭のニュースである。

軽空母にはお金がかかる

日本の自衛隊でも空母化の話がチラホラあるが、反対する側の主張は大抵「金がかかる」というのと「憲法9条ガー!」というものである。9条教のお話はさておき、金がかかるのは事実だ。

しかし、軽空母が膨大な費用が投入されただけ実効性があり、有事の際の周辺大国の脅威から生き残ることができるのかについての議論もある。軽空母1隻導入には、予算5兆ウォン以上がかかると予想される。純粋な艦艇建造費用は1兆8000億ウォン以上だが、F-35B、20代の導入に3兆〜4兆ウォン以上がかかると推定される。F-35Bは20台が軽空母に搭載されている。うち12台の訓練・予備8台を合わせたものである。F-35Bは、垂直離着陸が可能であるという利点があるが、F-35Aに比べて性能は落ちる一方、価格は30%ほど高い。

「朝鮮日報”3万t級の大型輸送艦にF-35Bステルス機搭載… 韓国型軽空母の推進”」より

記事にもこんな主張がある。

軽空母1隻で5兆ウォン+F-35B戦闘機10機で3兆~4兆ウォン等ということが書かれていて、概ね10兆ウォン(1兆円程度の予算)はかかるだろうと触れられている。

スケジュールは、2026年に起工 → 2029年に進水 → 2032年頃に就役したいということらしい。かなりタイトなんだけど、構造自体も現時点では定まっていないようだ。

ただ、そもそも軽空母として運用するにしても1隻だけでは、余り意味が無いんだよね。上に書いたように運用のためには3隻1セット。しかし、独島級2隻は空母運用ができないので、3セット新たに用意する話になる。これだけで30億ウォン相当(3億円相当)のコストを用意した上で、更に運用費まで捻出しなければならず、これが「空母打撃群」としての運用が必要になることから、サックリ1隻で3兆ウォン程度のコストがかかると言われる。

その上で、F-35B戦闘機を運用する海軍飛行部隊を作らねばならないので、更にコストがかかること請け合いである。

まあ、韓国海軍のことだから「常時運用できる空母が用意出来ない」という状況は甘んじて受け入れるかも知れないが、国防がそんなことでいいのか?というのは疑問が残るんだけどさ。

空母導入の余波を韓国空軍が被る?

とまあそんな話をしていくと割を食うのが韓国空軍である。

F-35Bの早期導入により、当初来年から推進される予定だったF-35A、20台追加導入事業が遅延する可能性が大きくなったことも議論の種だ。空軍は来年まで、F-35A、40台の導入を完了した後、すぐに20台を追加導入事業を推進、2020年代後半までに「F-35A 60台体制」を備える計画であった。2020年代後半に捕えられていたF-35Bの導入事業が2020年代初頭に繰り上げながら優先順位で押さ可能性が高くなったということだ。F-35Bは軽空母に搭載されても運用は空軍がすることになる。

「朝鮮日報”3万t級の大型輸送艦にF-35Bステルス機搭載… 韓国型軽空母の推進”」より

簡単に言うと、上に書いたように韓国空軍の保有する事になるF-35A戦闘機40機では戦略的に使う事ができないので、最低限60機は欲しいというのが韓国空軍の本音なのだ。

実際には60機用意しても、常に20機程度しか運用できないのだから、それだけだと防空防衛網に不安が残る。にもかかわらず現在は40機に満たない状況なのに、F-35B戦闘機の購入を優先(今買っておかないと、空母としての運用に間に合わない)するとなると、タダでさえ足りない韓国空軍の戦闘機が哀しいことになる。

F-4戦闘機/F-5戦闘機は韓国空軍から退役しつつあるので、遅れれば遅れるほど厳しい。既にKFX戦闘機は暗中模索状態を長く続けていて、戦力化の目処すらよく分からない。となると、韓国空軍としてはここを譲るわけにはいかないハズなんだけれども、軽空母がムン君の肝いりである事を考えるとこの流れは覆せないだろうから、空軍真っ青という状況だろう。

空母は7万t級?

なお、冒頭の記事も、この記事の日本語版も3万t級としている軽空母だが……。

韓国、3万トン級軽空母事業を推進…ステルス機など搭載

2020.08.05 11:21

韓国政府と軍当局が3万トン級軽空母事業を推進していることが分かった。

韓国日刊紙の朝鮮日報は5日、政府筋を引用し、「国防部と合同参謀本部、海・空軍などが韓国型軽空母と軽空母に搭載されるF-35Bステルス機の導入時期を当初の計画より操り上げる案を積極的に検討中」と報じた。

「中央日報」より

ここで強調されている「軽空母事業」という流れが、中規模の空母をという声もあってその規模およそ7万tだと言われている。

“大輸送艦事業、軽空母ではなく中型空母級に変更が必要”

入力2019.10.10 10:26

韓国軍が2033年戦力化を目指し軽空母級の大型輸送艦事業を進めているが、周辺国の戦力などを比較したときには中型空母級はなければならないという指摘が提起された。

~~略~~

国会国防委員会所属チェ・ジェソン加え、民主党議員が10日に公開した資料によると、大型輸送艦計画を確定した当時行われた研究用役資料に二つの案が検討された。7万トン級の中型空母と4万トン級軽空母で、中型空母獲得予想コストは5兆4000億ウォン、軽空母獲得費用は3兆1000億ウォン水準だ。獲得コストと獲得期間などを総合して、最終的に軽空母に決定した。

「Daum」より

韓国の与党議員からこの様な指摘が出ているという点もなかなか興味深いが……、ムン君の強い要望を満足するためには軽空母程度の大きさでなければとても間に合わないというのが正直なところだろう。

今回の報道、「軽空母事業」という風に明言した背景もその辺りにあるのでは無いかと睨んでいる。結局、ムン君が大統領を止める前に実績を残して、後戻りができない状況にまで追い込みたいのだろう。

2代前の2MBことアキヒロ君が四大河川事業を推進して大コケしたが、その二の舞になる予感がしてなら無いな。

なお、僕の意見としては、韓国は空母など保有する必要は無いというものなのだが……、え?誰も聞いてない?そりゃ失礼しました。それに、ブログ的にはどんどん兵器を開発してくれた方が嬉しい。

コメント

  1. イージス艦と潜水艦もセットにしないと、空母は使えないですよね

    • 色々と作る予定らしいのですが、機能するものができるんでしょうかね。

  2. いやいや、木霊さんのお笑いコレクションが増える一方ですね。(爆笑)

    予算的&仕様的に不明朗な新規KDDXミニイージス艦×6隻(本来計画のKDDXⅢイージス艦計画がどうなったかも不明)、3000t級潜水艦×3隻+原潜×隻???、そして軽空母ですかァ~。

    >元々日本の海上自衛隊が保有している「いずも級護衛艦」が羨ましくて独島級揚陸艦を作ったのだけれど、これが上手いこと出来なくっていつの間にか独島級輸送艦になっている。

    ありゃあまァ~、独島級は高級海上ホテルから輸送艦に格下げされちゃったんですね。
    まあ、今も艦載できるヘリすらないし優雅に近海に浮かんで遊んでいるだけですから、輸送艦というのは逆説的に格上げとも言えます。(冷笑)
    それでも兵員400人・戦車10両・KAAV716両を搭載可能らしいので、輸送揚陸機能は基本的に満たしていますね。(但し、本当に運用可能かどうかは論理上の話だけ、実力は多分???)
    揚陸艦から輸送艦に艦種変更になった理由次第ですが、興味があり是非とも知りたいもんです。

    南朝鮮海軍の駆逐艦では20年前からヘリ運用の実績はありますが、残念ながら独島級で失敗した通り本格的な艦載機搭載艦(ヘリ空母を含む)の実績はゼロ...、いやはや(無謀な)冒険するのが大好きなお国柄というか劣等民族の哀しい性なんでしょう。

    >実際には60機用意しても、常に20機程度しか運用できないのだから、それだけだと防空防衛網に不安が残る。にもかかわらず現在は40機に満たない状況なのに、F-35B戦闘機の購入を優先(今買っておかないと、空母としての運用に間に合わない)するとなると、タダでさえ足りない韓国空軍の戦闘機が哀しいことになる。

    「大丈夫機体のKFXがあれば何とかなる」という根性論で行くつもりかな?
    しかし、現実にF4/5の大半は退役は間近でしょうし、F16・F15Eも共食い整備状態で何機実戦参加できるか判らないと思いますんで、F16のV型改修計画の前に新規でF16-Vを買わないと間に合わないんじゃね?(爆笑)

    >2代前の2MBことアキヒロ君が四大河川事業を推進して大コケしたが、その二の舞になる予感がしてなら無いな。

    莫大な国家予算の無駄遣いは日本としては大歓迎です、他にも小型偵察衛星を40機近く配備する案とかあるようですから、お笑いネタは尽きないんじゃないかな。

    • 色々なバリエーションが増えて困る訳ですが、取り巻く環境が変われば装備を変えるのは仕方が無い面もあります。
      とはいえ、必要のないものを多数飼っている印象なんですよね。
      多額の投資を今後も行う予定のようなんですが、まともに成就する計画はどれほどなのやら。

  3. あくまで思いつきですが。
    対北ではあまり役に立たない(統一後には主戦力となる)海軍を増強し、対北では役に立つ(北が南進するには障害になる)陸と空を弱体化する戦術なんじゃ無いかと邪推してみたり。

    • ご指摘の可能性は、前々から言われていますね。
      そして、仮想敵国の日本を本気で狙ってくる可能性も高いのだとか。
      困った国です。

  4. >元々日本の海上自衛隊が保有している「いずも級護衛艦」が羨ましくて独島級揚陸艦を作ったのだけれど、これが上手いこと出来なくっていつの間にか独島級輸送艦になっている。

    これは建造時期からすると「いずも級護衛艦」ではなく「おおすみ型輸送艦 (2代)」の勘違いでは?
    しかし、おおすみ型は輸送艦扱いだけど実態はドック型輸送揚陸艦、独島級は揚陸艦だったけどいまや輸送艦とは皮肉なもんですね。

    • そうですね、これは僕の思い込みだったようです。
      訂正しておきます。

  5. LPX-Ⅱ、あんまり面白過ぎる話題なんでもう少し突っ込みます。

    可哀想に輸送艦に格下げされちゃった独島級は、そもそもLPH(ヘリコプター揚陸艦)がコンセプトだったのに(しかもLHDまで欲張った)、ただの輸送専用のLPD(ドック型揚陸艦)になり果てたって事ですかね。
    LPDという艦種は運用用途により必要なんで、なり果てたというのはちょっと言い過ぎかな。

    海自おおすみ型がそのLPDのコンセプトでしたから、LCAC-1級(エア・クッション型揚陸艇)×2隻で戦車はもちろん他の車両&兵員能力は計画通りで運用中。
    しかし、独島級は格下げされたけどLCAC-1の運用は2隻搭載可能とは言え、常時運用できるのは1隻で単純計算でおおすみ型の半分ですね。

    限りなく強襲揚陸艦に近い能力を追及した(欲張った)挙句に、ヘリもない(強襲力なし)・揚陸能力も中途半端(LPD能力さえ?)・さらにトラブル続出で運用されているかも怪しい、という悲劇の艦艇と歴史にその名を残しそうです。(冷笑)
    そもそも、艦載ヘリ搭載で大切なのは基本の防塩・防錆対策はもちろん、ローター等の分解点検・50~100時間単位で必要といわれる定期メンテナンス力と思いますが、これが朝鮮人が最も苦手で忌避する基本作業なんですよね。

    悲劇的な事故を経てマリオンが搭載されるのは早くても2023年頃の様ですから、パイロットの練度向上以前に安全に運用できるメンテナンス体制確立まで10年以上かかるんじゃないかな?(それも心を入れ替え真剣に取り組んでの話だけどね)
    それが厳しい現実なのにいきなり軽空母+F35B運用しようとする根性(妄想かな)は中々のものですね。(爆笑)

    続報が楽しみで~す!!(笑)

    • 別名が「ホテル独島」ですから、パレード艦というのが正しいのかも知れません。
      独島の設計は色々ミスがあったようで、LCAC-1の話もその一端のようですね。

      ヘリコプターの話は自衛隊も深刻ではありますが、韓国軍の場合はそういうレベルでも無いんですよね。
      ソレなのにF-35Bを導入したいというのは実に意味が分かりません。
      僕自身も続報を期待していますよ。

  6. 4,000tの原子力潜水艦を作るとか言ったり話題が豊富ですね

    • 原子力潜水艦の話はまだネタレベルだと思うのですが……。
      あれ、本気で作る気なんですかね?不幸な未来しか見えないのですが。