KUH-1「スリオン」、不具合発覚により運航停止

陸軍

ああ、うん、そうなんだ。

「運航停止」スリオンは… 文大統領も乗っていた国産機動ヘリ

記事入力2019.11.05 午後17:36 最終修正2019.11.05 22:30

軍が5日運航を全面中断することにしたスリオン(KUH- 1)は、既存の老朽ヘリ(UH- 1 H、 500 MD)を代替運用するために、国内で研究開発したヘリコプターだ。

この日、陸軍によると、4日、江原道楊口一帯で訓練していた某部隊所属スリオンヘリコプター1台の午後5時50分ごろ、原因不明の微細な振動などの異常の兆候を見せた。

陸軍は、マニュアルに沿って軍飛行場に予防着陸を行い、具体的な状況のチェックのために、すべての部隊のスリオン運航を全面中断した。

「NAVER」より

あ、タイトルに「不具合発覚」と書いちゃったけれど、「原因不明の微細な振動」ってあるね。

スポンサーリンク

韓国型機動ヘリコプター「スリオン」

フランスからの技術移転は失敗?

仏ユーロコプター社(現エアバス・ヘリコプターズ)の技術提携によって韓国型機動ヘリコプターは完成したわけだが、今のところ「国産ヘリコプター」といって憚らない。一応、「共同で開発」と言うことになっているが、韓国側が持ち出した技術はどの程度あったのかは不明だ。

KUH-1「スリオン」

確かに、韓国国内で作ったのは事実ではあるのだけれど、主要部品の殆どは外国製である。

国産といっていたが…韓国型機動ヘリ「スリオン」、核心装置はまだ輸入

2014.12.13 08:56

完全国産化を掲げて開発された韓国型機動ヘリコプター「スリオン」の核心である動力伝達装置が、国産化されていなかったことが明らかになった。技術移転契約をしてから7年経過したが、依然として核心部品全量を海外企業に依存している。監査院は1兆3000億ウォンが(約1400億円)投入された国産化作業が事実上失敗したと見て、調査に着手した。

~~略~~

しかし監査院の調査によると、動力伝達装置を構成する部品約450個のうち国産化するとエアバスヘリコプター側と契約した部品は30%にすぎない134個だった。このうち技術を受け継いで量産可能なレベルで開発されたものはこれまで約80個にすぎない。また、2012年6月に「スリオン」開発が完了した後、これまでスリオンに搭載された動力伝達装置はすべてエアバスヘリコプターの製品であることが確認された。

「中央日報」より

開発費は約1兆3000億ウォンで、予定だと240機を生産する計画なのだが、トラブル続きで巧く行っていない。韓国の技術レベルが高くないため、国産の部品を使うと色々問題が出ちゃうのは仕方が無い。

なお、技術移転失敗の報道が出たのは2014年のことだったので、流石に今はもうちょっと国産化比率は高まっている可能性はあるが。

老朽化した500MDは引退させて貰えない

そんな訳で、技術移転の問題も抱えているが、それ以上にトラブルが多発していて運用も上手くいっていない。

2013年2月から2016年1月まで運行中5回ウインドシールド(前方ガラス)が破損した。また、2014年8月に陸軍航空学校でスリオン16号機がメインローターブレード(プロペラ)と胴体上部ワイヤーカッター衝突で破損、エンジンが停止した。

翌年(2015年)1、2月には陸軍航空学校での飛行訓練中だったスリオン2台(12・2号機)がエンジンスピードの後停止されて緊急着陸し、同年12月には、スリオン4号機が同じ欠陥で墜落した機体が大破した。事故を調査した官民軍合同調査委員会は、事故の主な原因が核心部品である「ローターマスト」破損のためだと結論した。ローターマストは、回転翼と胴体を接続する部品である。

「NAVER」より

記事には出ていないようだが、スリオン14号機も2017年1月に検査中にメインローター作動機連結部分に7cmほどの亀裂が見つかっている。また、凍結試験の結果も101項目中29項目が不合格だった。

また、昨年7月にスリオンをベースに製作した海兵隊マリンた(MARINEON)のヘリコプターが墜落して、6人の死傷者を出した事故があった。当時も軍当局は、陸軍が運用中の修理きた90台の運航を停止した。

「NAVER」より

そんな訳で、度々運航停止処分になっているKUH-1「スリオン」だが、一応、老朽化してしまった500MDの後継機と位置づけられている。

500MD

老朽化が激しくて、100機ほど残っているといわれる韓国軍の500MDは、作戦時間が本来の1/2~2/3になっている始末。積載量も大変残念な事になっている。夜間は危なくて飛べないとか言う話もあるな。

まあ、だましだましでも使えるだけマシかもしれない。

今回のトラブルもメインローターっぽい

で、スリオンに話を戻そう。

この日、陸軍によると、4日、江原道楊口一帯で訓練していた某部隊所属スリオンヘリコプター1台の午後5時50分ごろ、原因不明の微細な振動などの異常の兆候を見せた。

「NAVER」より

原因不明な微細な振動というのが「異常の兆候」という表現で説明されている。

ただ、飛行中に振動を生じる可能性のある場所は2箇所で、1つはエンジン、もう1つはメインローターのシャフトである。

残念な事に、度々、メインローター関連のトラブルに見舞われている事を考えると、エンジンと言うよりはむしろメインローター接続部分辺りの問題である可能性が高かろう。確証は無いんだけどね。

マリンオン墜落は機体欠陥のため? 韓国産ヘリコプター輸出にも悪影響

2018.07.19 08:17

韓国で起きた上陸機動ヘリコプター「マリンオン」墜落事故で5人の人命を亡くした海兵隊は18日、陸・海・空軍と国防技術品質院と共同で事故調査委員会(調査委)を設けて本格的な事故原因の究明に乗り出した。

~~略~~

スリオンとマリンオンの母体は欧州のエアバス・ヘリコプターズ(旧ユーロコプター)社が生産したAS332(スーパーピューマ)だ。AS332の拡大型であるEC225は、2016年4月にノルウェーで墜落し、乗っていた13人全員が死亡した。当時の事故原因はエンジンの動力を伝達するギアに亀裂が入り、ローターブレード(回転翼)が胴体から分離したことだった。スリオンを製造した韓国航空宇宙産業(KAI)は、エアバス・ヘリコプターズから輸入したメイン・ギアボックスをスリオンとマリンオンに装着した。メイン・ギアボックスはヘリコプターのエンジンとローターを繋ぐ部品だ。ノルウェー事故直後、エアバス・ヘリコプターズはスリオンヘリコプターの部品交替が必要だという内容の勧告事項をKAIに送った。

「中央日報」より

この深刻な事故が生じてから、その辺りを気にして「異常な振動」で飛行停止という措置になったと思われる。

大事をとっての措置、という風にも考えられるので、騒ぐ程のことではないという分析も出来るが、そもそも重大事故を起こして対策が未だに功を奏していないという状況は、なかなか深刻である。

これで海外に輸出するというのだから、なかなか気合いが入っているな!欠陥兵器を海外に売りつけないように。

コメント

  1. あるけむ(R.K.M)@fwbc1965_3 より:

    参考まで。
    自衛隊のOH-6D/MD500は、本年度中に退役するとのことです。

    • 木霊 より:

      おー、そのようですね。
      しかし、陸上自衛隊のUH-Xはイマイチのようで、412EPXが選定されたようですが、OH-6Dの代替というわけではないようで、じゃあOH-1が使えるか?というと、こちらも調達数が少なくて、後続の調達もなく、どうなってしまったのやら。
      陸上自衛隊にヘリが不要というワケでは無いのでしょうが、観測用としては数が少なくてもイイという判断なのか。
      戦車の調達も低調ですし、どうするんでしょうね。

  2. 暇人 より:

    MD500は北朝鮮軍も装備しているらしいですから、韓国としては早々に退役させた方がいいと思いますけどね。
     しかし陸自のOH-6Dはジープ代わりに結構重宝されていたそうで、OH-1は荷物は載せられなくなったし、調達数も少ないし、エンジントラブルでやっと最近になって飛行再開ですから、日本も笑ってばかりもいられません。

    • 木霊 より:

      OH-6に比べてOH-1の方がペイロードには余裕があるようなんですが、「荷物が載せられない」というとコンセプト的にダメな感じがしますよ。
      特に調達数の問題は大きいと思います。
      増やしちゃダメなんですかね?

  3. マスメディア反乱軍 より:

    初飛行から10年近く経つのに、戦力化どころか予定数配備すらショボく、まだこんな事やってんですねェ~。

    >仏ユーロコプター社(現エアバス・ヘリコプターズ)の技術提携によって韓国型機動ヘリコプターは完成したわけだが、今のところ「国産ヘリコプター」といって憚らない。一応、「共同で開発」と言うことになっているが、韓国側が持ち出した技術はどの程度あったのかは不明だ。

    こんだけ問題が多発すると、逆説的にプライドだけの為に強引に混ぜた南朝鮮製のパーツが問題じゃないかと思えますけど。(冷笑)

    >開発費は約1兆3000億ウォンで、予定だと240機を生産する計画なのだが、トラブル続きで巧く行っていない。韓国の技術レベルが高くないため、国産の部品を使うと色々問題が出ちゃうのは仕方が無い。

    現時点で24機の配備の様ですが、こんな状況では240機到達に何年かかることやら...。
    作戦能力を確保した時には「超時代遅れ」の骨董ヘリって道も考えられます。

    他の方もご指摘されていますが、陸自の攻撃型ヘリも悲惨な状況なんで、南朝鮮を笑っている場合じゃないのだけは確かですね。

    僕はどうせ1機当たり30億超になる攻撃型に拘るなら、多少高額でもAH-64D( アパッチ・ロングボウ)の再調達とか、AH-1Z(スーパーコブラ・ヴァイパー)とかを必要最低限揃え、有事の際には汎用多目的型として導入が決定されたXUH-2(ベル412EPX)で、武装化を少しだけ優先させたらいいんじゃないかと思うんですけどね。

    北と陸続きで数が必要な南朝鮮とは違い、有事で戦闘型ヘリが必要になるのは島嶼防衛時の「水陸機動団」援護作戦くらいじゃないでしょうか。(他にはロシアへの北海道警戒用)
    AH-1Z(スーパーコブラ・ヴァイパー)なら宮古島を経由すれば、ギリギリ作戦行動半径内に収まるし、元々艦載を前提にしたアメリカ海兵隊仕様なんでDDHにも搭載可能で適任の様な気がするんですけどね。
    どうなんでしょう?

    • 木霊 より:

      陸上自衛隊のAH-Xは一体どうなったのやら。
      「そもそも不要」なんて話にはならないと思うんですが、UH-Xの武装型という議論で上書きされているようなところもあるようですね。
      AH-64系の調達数が少ないのは、ある意味仕方が無いかも知れませんが、備えがないのはやっぱり心配です。
      防衛省、コレに関してはやる気が全く感じられません。

      • マスメディア反乱軍 より:

        木霊さん、おはようございます。

        >AH-64系の調達数が少ないのは、ある意味仕方が無いかも知れませんが、備えがないのはやっぱり心配です。

        仰る通りで脆弱過ぎるのが不安ですよね。

        >防衛省、コレに関してはやる気が全く感じられません。

        AH-64D(アパッチ・ロングボウ)必要調達数失敗と、OH-1(ニンジャ)の開発&量産失敗がトラウマになってるでしょうか。

        攻撃型ヘリはアメリカ軍だって専用機種は限られていますし、そもそも調達数=需要が少ないのですから1機当たりの価格が高くなっちゃうのは宿命でしょう。
        どうしても国産に拘るなら腹括ってやるべきですし、それが無理なら金食い虫と非難されても外国から調達する,,,、このまま放置しての中途半端が一番マズいと思いますね。

  4. 暇人 より:

    今やAHというジャンルそのものが冬の時代ですね。80年代は戦車との交換比率は20:1、ともてはやされ、実際に91年の湾岸戦争ではAH-64が無双の大活躍をした。
     ところが2000年代に入るとイラク戦争では不用意に対空陣地に接近して大損害、その前のコソボ紛争でも相手が強力な対空火器を持っていそうでしたので、ほとんど出撃せずじまいでした。
     結局、最近でAHが使える局面は奇襲か総崩れになった相手を追撃するかゲリラ相手、となると複雑高価なAHである必要性が乏しい。さらに災害続きの日本では、戦争にしか使えないAHより、UH、CHが優先されるのは致し方ないでしょう。

     個人的には現在、SH-60Kの後継機の開発が進んでいますので、これの重武装バージョンがあればいいのでは、と夢想しています。OH-1の重武装バージョンが計画された程度でこれから国内開発というのもハードルが高いと思いますが。

    • あるけむ(R.K.M)@fwbc1965_3 より:

      「SH-60Kの後継機」は、UH-60系(ブラックホーク)ですね。
      陸自が導入しているブラックホーク系は、UH-60JAですが高価なため、平行して「ベル412EPX→UH-2」を導入する方向のようです。
      なお、UH-60JAは、当初アメリカ陸軍同様に、対戦車ミサイルランチャー、ロケット弾ポッド、ガンポッドなどを装備する計画だったようですが、予算の関係でぽしゃったようです。

  5. マスメディア反乱軍 より:

    記事からちょっと外れますが南朝鮮海軍で驀進中の3000t潜水艦(KSS-Ⅲ)と、その原潜型(KSS-Ⅲ バッチⅢ)の話題が盛り上がってきている様です。

    日頃は左派に超批判的な朝鮮日報のけっこう過激な記事です。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191109-00080013-chosun-kr

    アメリカの防衛負担費大幅増額を呑むなら、「不平等な韓米原子力協定」を撤回させ原潜配備の足枷を取り払え。
    また、韓米ミサイル指針がロケット開発のネックであり、人口衛星発射に必要な「固体燃料の民間使用」を認めろって論調...。

    なるほど、アメリカもしっかりと南朝鮮を疑っていたんですねェ~。
    不安過ぎる技術面からマトモに開発・装備できるか以前に、「キ●ガイに刃物は危険」とやりたくてもできない様に楔が打ってあるとは知りませんでした。(笑)

    続いて週刊ポストからです。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191109-00000010-pseven-kr

    仮に南朝鮮の原潜建造が実現するなら(その場合アメリカとの協定は全て破棄で完全レッドチーム入り)、朝鮮半島統一を前提とし北の核を入手した上で、対日本攻撃体制が整うっていう今更ながらの危機論ですね。
    日本が原潜や核ミサイルを持つかどうかは極論と考えますし、海自・空自の索敵能力なら簡単に太平洋に出るなんて無理と思います。

    さて、直近ではGSOMIA破棄撤回のプレッシャー&在韓米軍費用大幅増加のプレッシャーで喘ぐ文クン、北朝鮮にも支那にも無視され苦渋していますから、ひょっとして全てぶち壊しの「完全レッドチーム入り」を宣言しちゃう大暴挙に出たりして...。

    「独立国家としてこれ以上アメリカの言いなりにはならない!!」とかいう理屈でね。

    • 木霊 より:

      潜水艦の話ですか。幾つか原子力駆動をさせるみたいな記事は見かけたので触れようかどうか迷ってはいたのですが、記事を書くとなると「バーカ」の一言で終わっちゃうんですよね。

      フランス辺りは原子力潜水艦の技術を出す可能性もありますが、それが再現できるかというとまたなかなか。
      そのうち気が向いたら触れるかも知れません。