【韓国海軍】SLBMの発射実験成功で喜ぶ韓国国防省

海軍

実験だろ?

SLBMの「戦力に期待」 韓国国防省、発射実験成功

2022/4/22 11:34

韓国の国防省は22日、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射実験に成功したと発表し「今回の発射成功が国防力の発展に寄与し、実戦での戦力となるよう期待する」と表明した。「昨年公表した発射実験に続き、実戦環境での能力検証の一環として行った」としている。

「産経新聞」より

ただ、これで「配備に近づいた」ということになりそうではある。あ、今回は特にお笑い要素はないので悪しからず。記録のためだけに記事にしている。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

島山安昌浩級潜水艦だけが対応

まだ1隻しかない

韓国が保有する潜水艦の中で潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射能力があるのは、たったの1隻である。このブログではこれまで3000t級潜水艦として取り扱ってきたアレだね。

島山安昌浩級潜水艦(KSS-III)「島山安昌浩」で、1番艦以外はまだ就役していないので、実質的にSLBMの発射実験が出来るのは、1番艦かテスト用の設備の何れかから発射されたことは確実だろう。

韓国軍 SLBMの連続発射実験に成功=近く実戦配備

2022.04.22 10:04

韓国軍が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)2発の連続発射実験に成功したことが22日までに分かった。

韓国軍関係者によると、発射実験は18日に実施された。3000トン級の潜水艦「島山安昌浩」からSLBM2発を連続発射し、標的に命中させたという。

「聯合ニュース」より

20秒間隔で2発が連続発射され、400km先の標的に命中させたことが報じられている。

島山安昌浩は昨年8月に海軍に引き渡され、軍は今年8月ごろに実戦配備する方針を明らかにしていた。島山安昌浩は6本のSLBM垂直発射管を備えている。

「聯合ニュース」より

6本の発射管から2発を連続発射。

この写真は、2021年9月のもので、水中から発射しているだろうなという理解はできる。詳細は分からないし、情報も随分念入りに秘匿しているようだが。

事実上の最終的な実験といい、実戦配備に近づいた。南北間ではミサイル開発競争が激化している。北朝鮮の反発は必至で、朝鮮半島情勢の緊張が一層高まりそうだ。

「共同通信」より

2発を連続発射したとのことで、記事の印象からは「成功した」ということなんだろう。多少失敗したとしても、修正すればイイ話なので、技術的には進んでいるんだろうね。少なくとも2発連続発射出来たことは、発射管から水が潜水艦内に侵入しってしまって使えなくなるとか、そういう深刻なトラブルは無かったのだろう。

予定通りであれば8月に制式配備

「1番艦は順調」というアピールのように思われるが、進水が2018年9月14日、就役が2021年8月13日とのことで、戦力化には随分と時間がかけられたのも事実だ。予定通りであれば今年8月には正式配備される事になるだろう。

そもそも、島山安昌浩級潜水艦1番艦「島山安昌浩」は、大きくなったこととVLSを搭載したこと以外は特に新しい事もない。燃料電池式AIPを搭載しているとのことだが、これだって214型潜水艦に搭載しているので、目新しい部分はない。

国内生産にしたのも214型の時で、ディーゼルエンジンに関しても209型の時からたいして変化していない。出力は多少上がっている可能性はあるが、その詳細もよく分からないので言及のしようがないんだよね。

気になっているのは、ハンファが供給したとされる戦闘管理システムの性能なのだが、それも報じられるはずもなし。トラブルがあれば別だけどさ。

……そんなわけで、書くことは殆どない。まあ、正式配備されたらまた言及することにしよう。

コメント

  1. このニュースにどれだけ信憑性があるのかまでは判りませんが、防衛省はこれからの防衛力増強のために、政府への説得材料のひとつとして本件を利用すればいいと思います。
    すでに中露がもっているコールドローンチ・システムを韓国がこれから装備しても、特段の脅威までにはなりませんが、日本が敵性諸国家に半包囲されているのは事実ですから。

    P.S.外務省が今年の外交青書で、『北方領土がロシアに”違法に占領されている”』と記述したことに、海外メディアが飛び付いているようです。外務省がロシアに神経戦でしょうか(笑)

    • ご指摘の通り、情報の精度は怪しい部分はありますが、政府への説得材料としてはありでしょうね。
      日本の潜水艦も、今後はVLSくらいは持っていてもよさそうですし、開発はすべきでしょう。
      まあ、そのための「領域外攻撃能力」という話なんですけどね。
      ロシアとの間も適正に図ることが出来るようになりそうですから、宜しいのではないかなと。

  2. 余剰浮力の無い潜水艦からVLS全弾発射を期待していたのに2発だけとは、2番艦3番艦に期待しよう。

    • ああ、そうでした。
      韓国のあれ余剰浮力が極端に少ないんですよね、どういう設計思想なのだか。
      2発発射で「成功」ということなので、未だ継続してテストする可能性はありますが、通例ならこれで戦力化確定でしょう。