韓国海軍3000t級潜水艦を更に増やす予定

海軍

おおっと、潜水艦繋がりでもう1本だ。

大宇造船海洋 3千トン級潜水艦事業受注

2019.10.11 16:48

韓国造船大手の大宇造船海洋は11日、防衛事業庁と3000トン級潜水艦「張保皐3」バッチ2の先導艦設計・建造事業を1兆1130億ウォン(約1010億円)で契約締結したと発表した。

「総合ニュース」より

なんと、まだ増やす気か!

張保皐3  バッチ1

誇らしいニダー!

なお、日本の潜水艦「おうりゅう」の建造費は660億円らしいので、韓国の3000t級バッチ2は1010億円と割高ではあるが……、設計費を含む上に兵装にVLSを備えているのでその分は高くなっても仕方が無いよね。

スポンサーリンク

巨大潜水艦は「ロマン」

3000t級の潜水艦を作る韓国

前々から潜水艦を増やす計画であったらしい韓国だが、2014年に突如として3000t級潜水艦を3隻作り始めた。

KSS-Ⅲ(張保皐-Ⅲ) と呼ばれるソレは、3000t級潜水艦であり、これまで保有してきた209型(KSS-I:1200t級)、214型(KSS-II:1800t級)とは一線を画す大きさである。

更に、この潜水艦にはVLSが配備されると報じられている。

臆測呼ぶ、韓国が強力な最新潜水艦を開発する理由

2019.04.05

~~略~~

韓国海軍は1990年代初頭までは沿岸域に活動が限られた小型潜水艦しか保有していなかった。しかし、より本格的な潜水艦を段階的に手にしていって、いずれは国産の潜水艦を開発保有することを目指し、潜水艦開発プログラムをスタートさせた。

プログラム第一段階の潜水艦はKSS-Iと呼ばれ、ドイツのホヴァルツヴェルケ=ドイツ造船(HDW)社製の209型潜水艦(1200トン級)だった。韓国海軍が初めて手にした209型潜水艦は、新羅(紀元前57年~935年)の海軍提督(鎮海将軍)として、唐や日本にも名をはせた英雄の張保皐(チャン・ボゴ)の名を冠して、張保皐級潜水艦と呼ばれている。第二段階のKSS-II(張保皐-II)と呼ばれている潜水艦もやはり、HDW社が開発した輸出向けの214型AIP潜水艦(1800トン級)で、9隻全てが韓国でライセンス生産され、2019年に計画最終の9隻目が就役する。

そして第三段階のKSS-III(張保皐-III)は、20年以上にわたってドイツ潜水艦を運用し保守整備することで培った技術やノウハウを基に、全てを国産で建造することになった。合わせて3隻建造されるKSS-III batch-1の1番艦である「島山安昌浩」AIP潜水艦(基準排水量3358トン、水中排水量3705トン)が2018年9月に進水した。ちなみに安昌浩(アン・チャンホ )は著名な日本からの独立運動家で、島山は安昌浩の号である。

~~略~~

しかし、冒頭に触れているように米海軍関係者らが関心を示しているのは、KSS-IIIが備えている戦闘能力についてである。KSS-III batch-1には魚雷発射管(全ての潜水艦が装備している)に加え、各種ミサイル発射用の垂直発射管(VLS)が装備されているからだ。

「GLOBE+」より

どこが「仮想敵国か」と騒がれたが、当然、日本を攻撃するために韓国が保有したい戦力とである。そしてその目論見は実現しつつある。

無事就役できるか? 韓国初の国産潜水艦「島山安昌浩」、初海上試運転のため港を離れる
2018年9月14日に進水式を行った、韓国初の国産潜水艦「島山安昌浩」は、それ以降、港に係留され停泊試運転を行ってきたが、海上試運転を行うために先週、初めて港を離れたことが確認された。

尤も、作った実績のない3000t級潜水艦をいきなり3隻も作り始めてしまう辺り、その度胸は恐るべきモノがあるのだが、それなりに自信はあるんだろうね。

こちらの記事でも紹介したが、イギリスのバブコックインターナショナルという会社が一枚噛んでいて、KSS-IIIのバッチ1の3隻の設計はほぼここが請け負っているらしい。

韓国海軍も欲しがる原子力潜水艦

更に驚くべき記事がこちら。

韓国海軍総長「原子力潜水艦が必要、北SLBM撃滅に最も有用」

中央日報日本語版2019.10.11 08:52

韓国海軍が10日、原子力潜水艦の必要性に言及した。この日、原子力潜水艦の確保に関連して軍当局がタスクフォース(TF)を運用中という事実も明らかにした。2003年に初めて議論されながら進展がなかった原子力潜水艦の導入に弾みがついている。

~~略~~

原子力潜水艦建造計画が本格化する場合、3000トン級島山安昌浩(アン・チャンホ)潜水艦(張保皐III)のうちバッチ(Batch)3潜水艦が候補に挙がっている。張保皐IIIのバッチ1、バッチ2は2020年から2027年までディーゼル推進体を搭載して建造する計画が決まっている。ところがバッチ3はまだ具体的な建造計画が出ていない状態だ。2028年以降の建造が予想されるバッチ3を原子力潜水艦として開発することが可能という意味だ。事業名バッチは同じ種類で建造される艦艇シリーズで、数字は性能改良順序を意味する。

「中央日報」より

今のところ、KSS-IIIのバッチ1は3隻同時に建造中で、1隻は既に進水試験が始まっている。

冒頭のニュースはKSS-IIIのバッチ2の受注という話で、大宇造船海洋が設計と製造を請け負うことが決まったらしい。なお、バッチ2の計画ではリチウム電池を搭載するってな話が出ている。本当かどうかは知らないけれど。

KSS-IIIバッチ1の1番艦である「鳥山安昌浩」は、 大宇造船海洋が受注していて、バッチ2も一番館は 大宇造船海洋が受注すると発表された。

出来すぎというか、実質上公共事業扱いだな……。

経営難の韓国造船大手、最大手の現代重工が買収へ

ソウル=武田肇 2019年3月9日12時36分

 韓国の造船最大手の現代重工業は8日、韓国造船大手の大宇造船海洋を買収することで、大宇の筆頭株主である政府系金融機関と合意した。

「朝日新聞」より

今年の春には、現代重工が大宇造船海洋を買収している。しかし、多額の公的資金注入によって造船会社を存続させた上に、安値で船を受注している実態は、日本からも強い批判を受け、この買収によってさらに巨大な造船会社が誕生することも批判してきている。

日本、韓国をWTOへ提訴 造船会社への金融支援で

2018年11月14日 / 08:26

日本政府は、韓国が造船会社に対し違法な金融支援を行ったとして世界貿易機関(WTO)に提訴した。13日に公表された訴状で明らかになった。

「ロイター」より

まあ、そんな話もあるって事だけなんだが。

ともあれ3000t級潜水艦は韓国国内で作られ続ける

そんな訳で、韓国では公共事業的な側面もあって3000t級潜水艦は作られているわけだが、これが巧くいくかどうかは未知数だ。

白承周(ペク・スンジュ)自由韓国党議員が入手した海軍の研究結果によると、原子力潜水艦は7年内に1兆3000億ウォン(約1180億円)-1兆5000億ウォンの予算で国内開発が可能だ。世界5位の原子力技術力があるからだ。ただ、時期が問題となる。バッチ事業の日程上、バッチ3は早くても2020年代後半に建造される。

「中央日報」より

結構安値で原子力潜水艦が作られるようだが、大丈夫かね。

214型潜水艦を建造するにあたって、製造メーカーの足もとを見てかなり安値で買いたたいたというニュースを何処かで見たが、 契約金額は3隻で1兆2,700億ウォンだったと報じられていた。

原子力潜水艦であっても、214型潜水艦の3倍ちょっとで建造が可能だとのことだから、韓国の技術力も大したものだな!(棒)

元々の予定では、バッチ1が3隻、バッチ2が3隻、バッチ3が3隻と合計9隻の3000t級潜水艦が作られることになっていて、韓国経済がやばくとも作り続ける予定のようだ。流石だ。

ただ、韓国がこの手の大型潜水艦を作って、VLSまで備え、弾道ミサイルを発車出来るようになる……、となると、仮想敵国としての日本が、朝鮮半島にミサイルで脅される時代が来るワケである。

先日、北朝鮮のSLBM騒ぎもあったばかりだが、朝鮮半島全体が日本に対して脅威となる時代が直ぐそこまで来ていると言っても良い。

……上手く作る事が出来ればね!

コメント

  1. 木霊さん、おはようございます。

    >結構安値で原子力潜水艦が作られるようだが、大丈夫かね。

    アメリカ海軍最新鋭艦のバージニア級が約4000億円、排水量が倍とはいえ南朝鮮のディスカウント価格にはいつもながら驚きです。

    >ただ、韓国がこの手の大型潜水艦を作って、VLSまで備え、弾道ミサイルを発車出来るようになる……、となると、仮想敵国としての日本が、朝鮮半島にミサイルで脅される時代が来るワケである。
    >先日、北朝鮮のSLBM騒ぎもあったばかりだが、朝鮮半島全体が日本に対して脅威となる時代が直ぐそこまで来ていると言っても良い。

    VLSでSLBMを戦力運用するには相当のハードルがあり時間が掛かるとはいえ、甘く見てはいけないのは確かですね。

    僕は南朝鮮の潜水艦は元より支那の潜水艦も出港した時点で、日本は海底ケーブル網で探知していると信じているのですが(楽観過ぎ-苦笑-)、問題は複数を追尾・監視するには潜水艦の数が足りないと懸念しています。
    そして、致命的なのは領海内に侵入されても、隠密作戦ですから安易に退去警告は出せないし、警告攻撃はおろか撃沈もできない事。

    僕は自主防衛する為に、敵地先制攻撃の要件に「潜水艦の領海侵入=敵の攻撃基地と見做す」を加え、遠慮なく撃沈するくらいの対応があっていいと考えています。
    言い方は悪いのですが「どうせ海の底の藻屑」で、証拠を探すのは難しいはずです...。

    • いつもありがとうございます。

      韓国の兵器開発で、いつも桁が1つ違うのは仕様であります。
      ですが、いつも驚きを隠せないんですよね(苦笑

      自衛隊の皆さんには「最悪の事態」を想定して備えて頂かざるを得ません。ですが、そのための予算はかなり残念な感じなんですよね。なんともはや。