最強性能の予感!KF-X開発は順調!

空軍

ふむ、順調にホルホルしているな。

最強性能の予感…韓国型戦闘機事業が本軌道に

2019.09.27 13:42

過去最大の武器開発事業となる韓国型戦闘機(KFX)事業が本軌道に入った。戦闘機の開発に8兆6000億ウォン(約7700億円)、120機の生産に10兆ウォンが投入される計18兆6000億ウォンの超大型事業だ。防衛事業庁は24日から3日間、KFX事業に対する詳細設計検討(CDR)会議を開き、最終合格判定を出した。これを受け、10月から試験用戦闘機の製作に入る。2016年1月に開発に着手してから3年9カ月目だ。KFXを製作する韓国航空宇宙産業(KAI)の柳光洙(リュ・グァンス)KFX事業本部長は「KFX開発に必要な詳細設計図面1万2000枚のうち9300枚を完成した」とし「戦闘機の核心装置と構造を含めて詳細設計の78%を終えた」と述べた。

「中央日報」より

とりあえず、試験用戦闘機の製作に入る準備が出来たと言うことらしく、詳細設計の78%が完了しているのだとか。流石、最強性能だな!

……?

スポンサーリンク

試作機を作らない韓国

いつの間にか完成品が登場

いつもの事ではあるが、今回、詳細設計が完了したのは、試験用戦闘機であるらしい。

試作では無く、試験用なので、完成品とほぼ同じ形状をしているということになるのだろう。1.8兆円相当で戦闘機を完成させようというのだから、極力無駄は省きたいのかも知れない。

日本の場合はF-3戦闘機を作る為に実証機前段階として先進技術実証機X-2を作っ技術の検証をした。アメリカの専門家から「無駄な玩具」と揶揄されたというような報道もあったが、しかし自前の技術が狙い通りのものであるかを検証する必要はあるわけで。

そういう意味でも、訓練機では無く本格的な戦闘機の製作は初めてとなる韓国の行動は不可解だ。

KAIはこのためにKFXの胴体構造をF22と類似のステルスの形に設計した。ほとんどのセンサーを機体の中に入れ、胴体の下の中央に搭載する4発の中距離空対空ミサイルも半分ほど埋まっている。ステルス機の特徴である内部武装槽を追加できるよう設計に反映した。

「中央日報」より

何よりここにビックリである。空対空ミサイルを半分ほどボディに埋めてある、だと?

確かにこんな感じの構想図が出ていて、空対空ミサイルが機体にめり込んでいる様子は分かるのだけれど……、これって何の意味があるんだ??

何というか、「その手があったか!」とはとても驚けないのだけれど、空力的にもどうなん?何のために通常の戦闘機が翼の下にハードポイントを付けてぶら下げていると思っているのだろうか??

コメントでご指摘頂き、自分の無知を晒したことに気がついてしまったワケなんだけれども、この半埋め込み式の事例というのはいくつかの戦闘機であったようだ。

F4戦闘機 Wikipediaより

埋め込まれているか微妙な感じに見えるのだけれど、「 胴体下には、4基のAIM-7スパローミサイルを半埋め込み式で搭載できるようになっており 」とあって、これが反埋め込み式だと言うことのようだ。

気ままに撮影」さんよりお借りしたF4の腹

確かにスリットが4箇所入っていて、反埋め込み式ということの証拠といえるかもしれない。

そんな不安を感じさせつつ、いきなり試験用戦闘機を作るあたりが素晴らしいな。

つまり、実績のあるやり方なんだね!

でもそれ、ステルス性を重視する機体としてはどうなのさ。

コピーを自白する

そして、気になった発言はまだある。

防衛事業庁のチョン・グァンソンKFX事業団長は「仏ラファールや米国のF35などは開発当時、新しい技術であるため莫大な費用がかかり、難関も多かった」とし「KFXは先進国の技術と開発過程を参考にしたため開発に有利だった」と述べた。KFXは最初から輸出を考慮し、核心装置をはじめ65%を国産化したという。生産単価は1機あたり800億ウォンだが、生産規模によって価格が下がる可能性もある。

「中央日報」より

「参考にした」とはどんな意味なんでしょうねぇ?

流石に、見て真似をした、と言う程度の話ではあるまい。形が似ていたとしてもステルス性が高くなると言う訳では無いと思うし、塗料などのノウハウなども必要なハズ。

何より、機体を作るのに必要な炭素系素材は手に入れられるのかい?

核心技術を国産化したというが

で、アメリカが技術を提供することを拒否した(ことになっている)4つの核心技術についても目処が付いていたと言うことが書かれているわけだが、それもおかしな話だ。

しかしKFXは着手から数多くのヤマを越えなければならなかった。金大中(キム・デジュン)大統領が2001年3月の空軍士官学校の卒業式で最新鋭国産戦闘機の開発を約束してから13年以上も足踏みした。専門機関の妥当性検討を5回もしたが、天文学的な予算と先端技術の障害に誰もが責任を避けようとした。2015年にはF35導入の見返りに米ロッキードマーチンが韓国に提供することにした25件の技術のうち、多機能位相配列(AESA)レーダーなど4件を米政府が拒否した。当時、KFX事業はまたも絶体絶命の危機に直面した。

~~略~~

国防科学研究所(ADD)で会ったシン・ヒョンイク航空機レーダー体系開発団長は「ADDは技術は保有しているが、企業(ハンファシステム)が製造したことがなく心配だった」とし「世界で11番目にAESAを開発することになった」と話した。国産AESAレーダーを試験評価したイスラエルのエルタ社はイスラエルよりも優秀だと評価した。モジュールの素材も先端だ。

「中央日報」より

そもそも、元々自国にあった技術であれば、ロッキード・マーティン社におねだりする必要も無かったはず。そこで既に矛盾しているのだが、更に気になるのは国産AESAレーダーの試験をイスラエルでやったと言うことらしい。

だが、その評価結果がイスラエルがべた褒めというのは不可解である。

ふーむ、形になっているので、動く……かも?

◇AESAレーダーなどの性能は期待以上=疑問のうち出発した能動型位相配列(AESA)レーダーの開発をはじめとする各種機器の開発は、巡航中のものと伝えられた。AESAレーダーは、海外の技術を丸ごと買うのではなく、イスラエル・スウェーデンなどの技術協力を得て、国内の技術陣が開発した方法で行われており、空対空・空対地・工大しなど総合的なパフォーマンステストを並行している。

https://www.sedaily.com/NewsView/1S0ZX8CNSD?OutLink=nstand

が、別のニュースを探してみると、どうやらイスラエルやスウェーデンの技術を導入しているらしく、つまり、これがイスラエルのエルタ社で試験評価をしたという流れに繋がると考えられる。

そうだとすると、強ち嘘では無いかも知れないが、韓国産の技術である事は疑わしいな。

軽量化にも成功

更に、かなりダイエットしたという感じの事が書かれている。

KAIが担当しているKFXの胴体の開発と体系総合も難しい作業だった。柳本部長は「ADDは探索開発で出したKFXの形状を9回も修正した」とし「今は立派な最終形態が出ている」と伝えた。しかし戦闘機の重量を減らすのに困難が多かった。柳本部長は「KFXの目標重量は12.1トンだが、追加要求に備えて500キロの減量がカギだった」とし「1キロ減量する研究員に10万ウォンずつインセンティブを与えた」と語った。エンジンを除いた23万個の部品をすべて設計に反映するのも複雑だった。自動車部品は2、3万個だ。

「中央日報」より

12.1tが目標とあるが、F-35Aの空虚重量は13.3t程度の重さである。FA-18E/Fが空虚重量14tとなっているので、FA-18E/Fと同じエンジンを積んでいるKF-Xの重量が12.1tというのはかなり画期的だといえるだろう。

サイズ感はハッキリしないのだが、どうやらF-35Aより若干大きい感じのものが採用されたようなので、F-35Aよりも1tも軽量になっているというのは理解し難い。

どうなってるんだろうな?

防衛事業庁が提示した最終的な形状の分類番号は、C 109の可能性を検討していた2004年から提案されたC 101、C 201(三角形主翼と大きくナード付)、C 102、C 103を経て軍の要件が本格反映され始めたC 104と風洞実験まで終えたC 105、C 106、C 107、C 108など、これまで提案されたすべてのデザインの良さを集めたのがまさにC 109である。実験に実験を繰り返しながらKF-Xの形状も大きく変わってながら二つの特徴が生じた。最初は大きさ。胴体の長さが最初に視覚化するよりも、少なくとも1m増えた。エンジンも単発で双発に戻ってきた。二つ目は、デザイン。ますますアメリカ製戦闘機を似ている。米空軍が珍重し運用するF-22ラプター戦闘機と外見が似てなり「ベビーラプター」と呼ぶ人もできた。

https://www.sedaily.com/NewsView/1S0ZX8CNSD?OutLink=nstand

形は確かにラプターそっくりではあるが、形だけ真似てもねぇ。

2021年には試作機が登場!

兎にも角にも、試験機が出てくるのは2021年4月だというから、驚きとわくわくを隠せないな。

現在、KAI泗川(サチョン)工場では1250人の研究員とエンジニアがKFX開発に専念している。この人材でKFXのステルス化と英国やフランスのように第6世代戦闘機の開発準備も進められる。KAIは2021年4月に最初の試作機を出庫し、試験飛行を経て2026年に第1次として戦闘機8機を空軍に納品する計画だ。しかし先進国の5-8年より短い4年の飛行試験に対する懸念もある。

「中央日報」より

来年中に形が出来上がって、2021年には飛行が可能になる目算だと言うから、非常に鼻息も荒くなるというものだ。

それまでに韓国経済は更に酷いことになるかも知れないが、なに、これが売れればきっとV字復活するさ!頑張れよ!

コメント

  1. この記事、突っ込み多数ですね。

    >日本の場合はF-3戦闘機を作る為に実証機としてX-2を作った。

    X-2はF-3の実証機ではないですよ。実証するには、それなりに似た機体でないと。
    言い方変えると「X-2がF-3に化けはしません」ということです。

    >試作では無く、試験用なので、完成品とほぼ同じ形状をしている
    >ということになるのだろう。

    試作とは「本式に作る前に、ためしに作ってみること。また、そのもの」(大辞泉)
    なので、完成品とほぼ同じ形状をしているなら「試作」だし、「試作では無く」なら決定された形状ではない「実証機」かと。

    ※補足:「本式に作る」というのは「量産」と考えればよいかと

    もどって、

    >空力的にもどうなん?何のために通常の戦闘機が翼の下に
    >ハードポイントを付けてぶら下げていると思っているのだろうか??

    胴体下にハードポイントは当たり前です。零戦の時代から変わりません。
    そこの突っ込みは違います。
    「ステルスなら扉つけて隠すべきでは?」

    • ご指摘ありがとうございます。
      ちょっと言葉が足りないトコロと、認識が間違っているトコロと、色々ですね。

      X-2は先進技術実証機なので、「本機および今回のプロジェクトで得た技術を元にして2030年代にステルス戦闘機が実用化される予定」という位置づけで作られ、F-3に応用できる技術を検証すると言う機体であると思います。
      したがって、F-3の実証機がX-2というと、事実誤認という事になりますよね。少し細くをしておきます。

      韓国のKF-Xには、今まで韓国が戦闘機に搭載した経験のない技術を採用するため(そもそも韓国が独自に設計した戦闘機は存在しませんから)、そのテストも無しに実機と同じものを作ってそれに載せようというのはなかなか度胸がある話だ、という趣旨であります。
      これが、例えばKF-16とかに取り付けてみてテストした、と言う話なら分かるのですが、そんな噂も聞きません。
      とはいえ、僕の判断が素人考えであることは事実でありますので、何か戦闘機を作る時に有用な手法があり、それに則ったものだという可能性はあるのですが。

      あと、ハードポイントの下りはご指摘の通りなのですが、ここも意図したのは、翼下に付けたようなハードポイントで胴体下にもぶら下げるべきだった、という話でして、半分埋め込むと、乱流が発生する原因となる様に思います。ご指摘の通り、中途半端に埋め込むくらいなら、格納出来るようにすべきだったと思いますよ。

      • 半埋め込み式は空気抵抗を減らす算段として採用している機体はいくつかありますよ。
         F-4も胴体下のスパローミサイルは半埋め込み式に搭載しますので、それに倣ったかもですね。トーネードのADVも同じです。F-15、18はエアインテークの側面にスパローミサイルを付けることで、ぶら下げるパイロン無しで搭載しています。

  2. 戦後第3世代機のF-4でも胴体に半埋め込みで空対空ミサイルを搭載しています。
    第4世代機だとF-14のスパロー搭載時、トーネードADVのスカイフラッシュ・AMRAAM搭載時。
    米空軍が発表した第5世代機のコンセプトイラストでも半埋め込み式でした。

    • 多分レーダーだけじゃなく機体にもイスラエルの技術がふんだんに盛り込まれているのではないだろうか?

      • ラビとバイソン3の技術が中国に流れて以来(J-10・PL-8)、アメリカが激おこなので技術流出は無いようです。

  3.  相変わらず「絵に描いた餅」で満足できる民族らしく、勇ましい文言とイラストだけで終わらないか、他人事ながら心配ですね(もっと笑わせてくれというのが本心ですが)
     肝心のアビオニクスや、ソフトウェア、そもそもステルス機を運用するために必須な早期警戒網と、データ-リンクは存在するのでしょうか?
     どうもあの完成予想図(期待図)を見る限り、ステルス機っぽい物が欲しいだけで、木霊さんがおっしゃるように「いつの間にか完成品が登場」する国特有の、運用をまじめに研究していないような気がします。  
      それに、ステルス機運用に必須な各種レ-ダ-のデータ-蓄積を行い(射撃管制と索敵レ-ダ-などの特性と周波数パタ-ン)そのデ-タ-を解析した情報を基に、早期警戒機や友軍機、艦船からの情報をリンクして、敵より先にタ-ゲ-ットを見つけてようやくステルス機の出番(空対空の場合)ですが・・・あ、「絵に描いた餅」でしたね。

  4. 軽空母計画をぶち上げたのにF-35Bを諦め、F-35Aを20機追加導入とこのKF-X開発の絡みはどうなってんでしょうねェ~。

    そもそも、基本のウェポンベイでない以上、外形をいくらF-22・F-35に似せたところで完全なスティルス機ではない、つまり第5世代戦闘機とはいえないと考えます。
    2001年に故金大中大統領が大々的にぶち上げた当時も、第4.5世代戦闘機という位置づけでしかなく、あくまで「初の国産戦闘機開発」がメイン(メンツか?)だったはずなんで、ある意味順当な仕様に落ち着いたのかもですけどね。
    空自のF-2が第4.5世代という位置づけですから、故金大中氏はなんとかそれに追いつきたかっただけの様な気がします。

    でも今回明らかになった仕様にもご指摘通り、すでに疑惑満載なのが南朝鮮標準なんでしょうかね。
    空虚重量・ハードポイント仕様の意味不明・自称国産AESAレーダ開発・実用試作機の超短期計画...、さてさて最終完成バージョンの登場がホントに楽しみ!!(冷笑)

    日本のF-X計画も今後難航が予想されますが、志は相当高く最低でもスティルス性を大幅向上させた5.5世代、そして子機運用可能な複合ソフトウェアを搭載した第6世代を目指していると思います。

    投入される予算は南朝鮮のお笑い&妄想予算1.5兆円に対して(ナント120機調達価格含む)、開発費・製造ライン整備だけで軽く10倍以上になるんでしょうけどね。(これに実機1機の単価&維持費用が加算されます)
    南朝鮮の電卓は初めから1桁違いの欠陥品なのかなと、真剣に心配しちゃいます。(冷笑)

    最先端戦闘機自主開発にはそれだけの予算リスクは仕方ない事だと思います。
    だってF-35は開発費だけでも30兆円を超え(2012年時点)、遅れる度に配備・運用コストは10兆円規模で上昇する有様ですもんね。

    好意的に考えれば、しょせんF-5・F-4・F-16の置き換えが目的なんでしょう。(見栄張るクセに志が低すぎ-冷笑-)

  5. 皆さん色々コメントありがとうございます。
    恥ずかしながら随分と無知を晒してしまったようです。

    確かに、F-4の情報を調べてみると、半埋め込み式を採用しているとあります。他にも採用機があるとのことで、それなりに有効な方法なんでしょうかね……。

    それと、4.5世代機という話はリンクしにくいわけですが、それとこれとはまた話が別ですよね。
    訂正させて頂きます。

  6. F-16C/DとKF-16C/Dを合計169機保有しているはずなんで(実態は不明)、それを最新のF-16Vに更新できれば実質4.5世代戦闘機以上(スティルス性無しでも最新鋭)と考えていいと思います。
    南朝鮮は更新必須なF-4Eを71機、F-5E/Fを194機合計260機以上抱えていますから、国産4.5世代のFK-Xを自主開発し120機調達するのはある意味合理的なチョイスでしょうね。

    これにF-15KE×59機を含めると戦闘機だけで490機以上の巨大空軍ですけど...。(2019年度版グローバルファイヤでは406機)
    これ以外にも、FA/TA-50を40機保有していますから、数だけなら日本はもちろん英・独・仏を凌駕しインドに次いで世界ランク堂々の5位です。

    とはいえ、実戦で運用可能な戦闘機がどれくらいなのかは、部品共食いや劣悪とされるメンテ状況&練度不足とかなんで実態は不明。(冷笑)

    でもですねェ~、性根の座っていないメンテ能力・共食い整備・練度不足を改善しない限り、120機じゃ到底足りないと余計な心配しちゃいます。(冷笑)

    しかし、KF-Xが順調に進展した場合、F-16V×160機前後+F-15KE×59機+F-35A×60機+KF-X120機で、4.5世代以上が合計約400機となり、これに北の核が加わるとすれば...、「数だけ競うのは愚か」といっても決してあなどってはなりませんね。
    だって、「一度でいいから日本に戦争で勝ちたい」という、反日・克日が国是の敵国相手なんですから。