韓国版イージス、3隻追加!

海軍

しばらく製造されなかった韓国版イージスだが、どうやら製造することが決定されたようだ。ここのところ、韓国のこのネタばっかり扱っているが、追いつかないレベルだ。そういう季節、ということかも知れない。

現代重工業、海軍の次世代イージス駆逐艦を受注

記事入力 : 2019/10/10 22:13

現代重工業が、韓国海軍の次世代イージス駆逐艦を建造する。

現代重工業は、防衛事業庁と6766億ウォン(約610億円)規模のイージス艦「広開土Ⅲ バッチⅡ」の詳細設計と建造に関する契約を締結したと10日発表した。今回、現代重工業が建造するイージス艦は、海軍が導入する次世代イージス艦3隻の1隻目で、蔚山造船所で建造し、2024年11月に引き渡す。

「朝鮮日報」より

ん?6766億ウォン?KDX-IIIってたしか1兆ウォンくらいしなかったっけ?

スポンサーリンク

トップヘビーが伝統の韓国海軍

やっぱり重装備のKDX-III

詳しくはこちらに書いているのでやらないが……。

なかなか重装備の韓国版イージスとよばれるKDX-III「世宗大王級駆逐艦」である。今のところ3隻あるが、もともとの計画では6隻作られることになっていた。

しかし、そのまま3隻作られることは無く、バッチ2という再設計したイージスを作る事にしたというのが、今年の4月のことである。

韓国海軍、2028年までにイージス艦3隻追加建造

中央日報日本語版2019.05.01 09:16

韓国海軍がイージス駆逐艦3隻を追加で保有する。また現在最大の島山・安昌浩(ドサン・アンチャンホ)級潜水艦(3000トン)より大きい潜水艦3隻を導入する。

防衛事業庁は30日、国防部で第120回防衛事業推進委員会を開き、広開土(クァンケド)-III Batch-II体系開発基本計画案を審議、議決した。

「中央日報」より

ほへー。

 KDX-III バッチ1KDX-III バッチ2
 世宗大王級駆逐艦次期イージス艦
基準排水量7600t8100t?
全長165.0m170m
全幅21.4m21m
速力30ノット以上30ノット以上
兵装Mk.45 mod.4 62口径5インチ単装砲 不明
 ゴールキーバー 30mm CIWS 不明
 Mk 41 VLS(48+32セル) 不明
 国産VLS 48セル 不明

それほど大きな変更は無さそうな感じなんだけれど、ワンサイズ大きくするのかな?確か余裕が無い設計だったので、ダメコンに問題が出るとかトップヘビーになって復元力が低いとか色々言われていた気がするが。

しかし、既にSM-3を搭載するみたいな話もあって、色々と妄想は膨らませているようだ。

色々と能力向上を計画しているバッチ2

とはいえ、新しい設計になるのだから手を入れる予定となっている。

現代重工業は「弾道ミサイル迎撃機能が新たに追加され、探知・追跡などの対応能力は2倍以上増加した上、潜水艦探知距離は3倍以上向上し、作戦範囲の拡大が期待される」と明らかにした。

現代重工業は国内初のイージス艦「世宗大王」の基本設計と建造を担当し、2008年に海軍に引き渡した。その後3隻目のイージス艦「西厓柳成竜」を建造したのに続き、今回は次世代イージス艦の設計と建造を担当することになり、国内のイージス艦4隻のうち3隻を現代重工業が建造する形になった。

「中央日報」より

凄い自信だな!

弾道ミサイル迎撃能力が追加され、というところはアメリカ製の迎撃ミサイル「SM-2」を搭載するってことのようだ。

KDX-IIIバッチIIには、SM-2が搭載され、場合によっては、長距離艦隊防空、海上ターミナル防衛、対空戦が可能な新しいSM-6「マルチミッションミサイル」も搭載されます。

「NAVAL NEWS」より

いや、場合によってはSM-3を搭載するとか言う噂もある。

次世代イージス駆逐艦は対空迎撃と対弾道弾迎撃が同時に可能だ。しかし防衛事業庁は次世代イージス駆逐艦の対空ミサイル機種を選択中と伝えた。現在RIM-161(SM-3)とRIM-174ERAM(SM-6)の中で検討している。米国と日本がミサイル防衛システム(MD)に活用しているSM3を選択すれば韓国のMD編入をめぐる論争を呼ぶ可能性がある。

「中央日報」より

ほー。

「探知・追跡などの対応能力は2倍以上増加」「潜水艦探知距離は3倍以上」とか書かれているのだけれど、これって AN/SPY-1D(V) の性能を向上させるって話かな。どこかでAN/SPY-6を搭載するとかいう話を引っ掛けたけれども、そういう話なんだろうか。

なお、AN/SPY-6はアメリカで現在開発中である。予定だと2021年にテストがなされ、初期運用能力獲得は2023年3月って事になっている。

え?ちょっと無理じゃね?タイミング的に。

まあ、噂なので気にしないようにしたい。

また、艦の形状もステルス性が考慮されており、特徴の無いカタチになりそうだ。世宗大王級駆逐艦もそれなりにステルス性が考慮されたみたいだけれど、より一層その方向に進むようだ。

……ここのところ、KDX-III Batch II、KDDX、3000t級潜水艦建造と、立て続けに大型物件が検討されていて、驚くべき話だな。よっぽど金があるんだろう。

コメント

  1. 日米共同開発のイージスシステムベースライン9を韓国に輸出することを日本政府が認可していますが、SM-3 BlockⅡAの認可はしていない。
    完成後もグダグダが続きそう。

    • 今後もネタ満載確定ということですな。

      しかし、韓国は何故イージス艦を配備する気になったんでしょうねぇ?
      方向音痴のSM2など配備(本家はちゃんとあたりますが)している限り、イージス艦は無駄な気がするんですが。

      • イージスシステムベースライン9はベースライン9A以外、イージスBMD5.0が統合され韓国軍としてはまともに弾道ミサイルの追跡が可能になります。

        日本政府が認可したのはベースライン9Aだったりして。

  2. 韓国が計画しているイージス艦にSPY-6を搭載するという話、韓国だけでしか報じられていないですね。SPY-6の開発が遅延している→建造しているバーク級への搭載が間に合わないから、SPY-1に変更する→もうSPY-1の生産ラインが閉じられており、計画段階の韓国にSPY-6と交換を申し出た、という話のようですが、元から無理がある話ですね。

     SM-3を搭載して弾道ミサイル防衛って、弾道ミサイル防衛となると早期警戒網が重要で、それとリンクさせてもらえるのか。夢ばかり見ていないで、持っている物をちゃんと使いこなせるようになる方が先だと思いますけどね。