韓国海軍、新型イージス艦の名前が決まる

海軍

いつの間に……。

韓国海軍、8200トン級イージス艦1番艦を「正祖大王」と命名…北弾道弾を迎撃するSM6級初搭載

2022.06.13 08:12

韓国海軍が約8200トン級次世代イージス駆逐艦先導艦の名称を「正祖大王」に決めた。

軍情報筋によると、海軍艦名制定委員会が4月29日、韓国型駆逐艦-III Batch-II(KDX-III Batch-II)事業1番艦の名称を「正祖大王」に決定した。

「中央日報」より

どうやら、今年の下半期には進水予定となっていて、就役予定は2024年となっている、新型イージス艦は現在絶賛建造中らしい。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

建造中なのにもう名前だけは決まっている

KDX-III Batch II

韓国の場合、「バッチ2」といわれても余り信用出来ない。何しろ、「バッチ1」とは別モノが登場するのが常であるからだ。

で、冒頭のニュースは、以前にも何度か取り扱っている話である。

この韓国が予定している新型イージス艦は、現在3隻保有しているイージス艦「世宗大王級駆逐艦」の後継艦である。世宗大王級駆逐艦に関してはこちらで纏めてあるので参考にして欲しい。

で、この後継艦、色々と問題を抱えていたはずなんだけど……。

名前が決まったのは良いけれども、その辺りは解決したのだろうか?

朝鮮後期第22代王

名前の由来は過去の朝鮮半島を統治した王の名前ということになっていて、韓国のイージス艦の命名ルールは過去の為政者の名前を付けることになっているようだ。

日本で言うと、徳川家康とか織田信長とか、そんな感じか?ちょっと違和感があるな。ただ、アメリカの空母などを見ると、大統領の名前を冠している艦(ミニッツ級ニミッツ級やジェラルド・R・フォード級)もあるようなので、さほどおかしくは無いのかも知れない。

朝鮮後期第22代王の正祖大王(在位1776-1800)は、親衛軍の壮勇営設置と新都市の水原華城建設など朝鮮後期の文化復興と富国強兵を牽引したと評価されている。

「中央日報”韓国海軍、8200トン級イージス艦1番艦を「正祖大王」と命名…北弾道弾を迎撃するSM6級初搭載”」より

ふーん、李氏朝鮮時代の第22代国王「正祖」の名前か。李氏朝鮮時代の王族は結構不幸な運命を辿るケースが多いのだが、正祖も例外ではなかったようだ。

中央日報が紹介した様に文化復興に力を割いた人物ではあったようだが、李朝の政治の中枢に食い込んだ政治家達に悩まされたようで、果たして富国強兵を牽引したかどうかは評価が難しそうだ。まあ、韓国的には「優れた人物だった」でイイとは思うんだけど。

兵力過多の方針は若干修正か?

前回の記事で、最新のイージス・システムが採用できるか良く分からないと言うことに触れている。ベースライン9は採用例が少なく、果たして本当に採用できるのかよく分からない。

もっと問題なのは、SM-6を搭載するらしいのだが……、買う事ができるのかな。どうやら、世宗大王級駆逐艦の方もSM2からSM6に更新する予定らしいので、本気っぽいけど今のところ確約は貰っていない模様。

 KDX-III バッチ1KDX-III バッチ2
名前世宗大王級駆逐艦正祖大王級駆逐艦
基準排水量7,600t8,100t
全長165.0m170m
全幅21.4m21m
速力30ノット以上30ノット以上
イージスシステムベースライン7.1の発展型ベースライン9
兵装Mk.45 mod.4 62口径5インチ単装砲5インチ単装砲
 ゴールキーバー 30mm CIWSCIWS
 Mk 41 VLS(48+32セル)Mk 41 VLS(48セル)
 国産VLS 48セル国産VLS-I 16セル
国産VLS-II 24セル

並べてみると、兵装のところは若干削られている気がする。VLSを山ほど用意したところで、噂では現状、半分程空らしい。

中層以上の高度で飛行する北朝鮮弾道ミサイルを迎撃する長距離艦対空誘導弾(SM-6級)が初めて搭載される見通しだ。これに先立ち政府は4月に開かれた第143回防衛事業推進委員会で「SM-6級事業推進基本戦略案」を審議・議決した。

米海軍の艦対空誘導ミサイルとして米レイセオン社が開発したSM-6は射程距離が240-460キロほどで、海軍が現在運用するSM-2(射程距離170キロ)の倍を超える。SM-6購買には来年から2031年まで7600億ウォン(約797億円)が投入される。米イージス艦は北朝鮮の弾道弾を迎撃できるミサイルとクルーズ(巡航)ミサイルを搭載し、強い抑止力を備えている。

「中央日報”韓国海軍、8200トン級イージス艦1番艦を「正祖大王」と命名…北弾道弾を迎撃するSM6級初搭載”」より

頑張って弾薬を購入するのだ。

今のところ、SM6はアメリカ海軍とオーストラリア海軍しか採用していないのだけれど、韓国海軍は果たして採用できるのだろうか?

自国で作るなんて話もあったりするので、当面は目が離せないな。

コメント

  1. あそこは、海軍力増強に拘って散財するばかりだね。
    あとで輸出して、投下資本を回収する腹づもりなのだろうけど、
    そもそも海軍それ自体がオーバースペック気味(実態は不明)なのは明らかで、
    投資それ自体かその方法論が間違っているのだろうと思う。
    宇宙開発(?)も、海軍投資と全く同じを轍を踏んでいて、
    投資すれども結果らしい結果を出していないし。
    (そういえば、次の打ち上げ計画はもうすぐでしたっけ?)

    • 随分と海軍力増強は迷子になっていますよね。
      空母を作る話が宙に浮いてしまうと言う噂もありましたが、アレも期待しているんですが。

      ただまあ、イージス艦を増やさねばならないのは事実でして。
      3隻だけでは運用できませんから。

      • いわゆる[韓国型]イージス艦ってやつね (北ミサイルに対して役に立つのかどうか..)

        日本も、××太郎がイージス・アショアをご破算にしてしまい、防空能力が一向に上がらいないところが問題でしょう。

      • 韓国海軍の思想としては、イージス艦を海に浮かべて足を止めてミサイルを北朝鮮に打ち込むスタイルです。
        何というか、イージス艦である必要性の無い話なんですよね。

        日本のイージス・アショア計画が頓挫した件は残念でした。イージス・アショア計画が成功的に運用できたかは分かりませんが、元々のコンセプトはイージス艦のサポートをするという発想でしたから、完成すれば有効な手段となり得たと思います。ただ、もはやそれだけでは足りないんでしょうけどね。

  2. イージスシステムベースライン9は日米共同開発なので日本政府の許可が必要、日本政府が許可したのがBMD能力のないベースライン9Aだったり

    • SM3ブロックIIAは日米共同開発だと思いますが、イージスシステムはそうなんでしたっけ?
      SM3関連で、開発に参加しているのかなーとか思いましたが、ちょっと資料が見当たらず。
      ご存じであれば教えて下さい。

  3. 木霊さん こんばんは
    ミスターミニッツではなく、ニミッツですよー

    • はっ!
      ずっとミニッツ級だと思っていた!恥ずかしい!
      失礼しました。

  4. 世宗大王級はちょっと排水量考えたら武装盛りすぎですからね。
    日本の護衛艦や他国の軍艦を考えると、排水量と武装のバランスは悪くないと思います。
    韓国海軍お約束の機関系のトラブルがなければ浮かぶ船としてはまともな設定になるんじゃないかなぁ、とは思ってます。

    ミサイルやレーダーなどのイージス周りはまだ何とも言えませんしね。

    • そういう意味では、新型イージス艦は多少考えられたという感じですね。
      ただ、相変わらずVLSを2種類用意している辺り、往生際が悪いというか。

  5. こんにちは。

    >SM6級初搭載
    SM6、売ってもらえるの?買う金あるの?って素朴な疑問が……

    >艦船の命名規則
    海自は帝国海軍と同じ規則ですが、むしろこれは国際的には珍しい部類に思えてます。海外ではむしろ人命は珍しくないですよね、シャルル・ド・ゴールとか。アメリカは人命と州名とその他を艦種で使い分けてますが、なので、「ファイナルカウントダウン」で「在任中の海軍提督の名前なんかつけやがって!」ってシーンがありましたね。
    まあ、隣は、人物の半分(以上?)が抗日の英雄(という名のテロリストかエロ本売り)と言う、泣くに泣けない事情もありますが。

    とにかく、オーバースペックのドンガラ作っても、上物がアルミだったり弾倉が半分以上空だったり、色々と香ばしいお船ではありますよね。
    無事、退役までまっとうできることを祈ります。

    • どうなんでしょうか。SM6を「売って貰える予定」で艦を作っていますから、足下を見られそうですね。

      艦船の命名ルールは、ご指摘通り、人命を使う国の方が多そうなイメージですね。

      韓国のイージス艦はなかなか面白いスペックを見せてくれるので大好物です。どうなるのか期待したいですね。