トルコの戦車のパワーパック、韓国の技術で生産開始

陸軍

トルコにも色々事情がありまして。

Turkish main battle tank Altay will go into production with a South Korean power plant

October 24 2021

The Turkish Altay main battle tank will go into production with a South Korean engine. As Foreign Minister Mevlut Cavusolu said on his Twitter page, Turkey and South Korea signed an agreement on the supply of South Korean-made power plants. …

「TOP WAR」より

トルコが採用した戦車、アルタイは韓国製K2戦車がベースであることは、このブログで何度も説明している。しかし、パワーパックは問題があってしばらくの間棚上げされていたんだな。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

本当にK2戦車のパワーパックは完成したのか

K2戦車のパワーパック、韓国内で国産化断念?

このブログで何度も説明してきた韓国陸軍のK2戦車だが、パワーパックが残念な感じであることも伝えてきている。

戦車の動力部分、エンジンと変速機を一体化したシステムが、パワーパックという部品である。

基本的には戦車の後部に取り付けられて、専用のクレーン車などをもちいて容易に交換が可能な構造となっている。戦場では、戦車の消耗部品であるパワーパックの交換を直ぐに出来るかが、戦車部隊の生存率に直結すると言われている。

これの国産化は韓国の悲願であり、トルコでも悲願であったのだが……、何れの国でも実現には至らず、ユーロパックと呼ばれるドイツ製のパワーパックを使っていた。しかし、トルコは政治的な理由によりパワーパックを手に入れられなくなってしまったんだよね。

韓国製パワーパックは成績が悪い?

ちなみに、韓国で作られた国産パワーパックは、韓国陸軍の要求を満足出来なかったが、形は出来上がっている。

韓国軍のK2戦車 国産パワーパックの開発期間を再延長

2013.10.11 16:40

韓国陸軍の次期主力戦車「K2」で用いられる韓国製パワーパック(エンジンと変速機を一体化したもの)の開発期間が再び延長された。

「聯合ニュース」より

国産パワーパック搭載の戦車 17年までに戦力化=韓国

2014.11.19 12:02

韓国防衛事業庁は19日の防衛事業推進委員会で、国産エンジンと変速機を組み合わせたパワーパックを搭載した次期主力戦車「K2」約100両を2016~17年に実戦配備することを決定した。

「聯合ニュース」より

厳しい国産のしきい値… K2戦車国産変速機事業廃棄手順

登録 2020-11-16 午前10:25:06 修正 2020-11-16 午前10:25:06

陸軍K2戦車変速機国産化事業が事実上廃棄手順を踏んでいる。現在、変速機を供給しているドイツ企業が年内3次量産契約がなされなければ、製品供給が難しいという立場をとったと伝えられている。

~~略~~

国産変速機は過去の野戦試験(OT)と道路試験(DT)に成功し、「戦闘用適合」判定を受けたことがある。しかし、K2戦車の二次量産事業に搭載するための2017年の最後の耐久度評価中、通過走行基準である9600kmに満たない7359kmで、ドイツ製ボルトが破損して製品納品が無産となった。

「韓国メディア」より

この耐久度評価にも問題があったと指摘はされているが、しかしだからといってこの判断が覆りはしないようだ。軍部はどんな理由があって韓国製のパワーパックを利用したがらないのだろうか?

破断したのがドイツ製ボルトなら、そこも国産化すれば良いのに(棒)。

なお、第4次生産の分も国産パワーパックを採用しない方針なのが、韓国陸軍のようだ。

トルコのアルタイ戦車は韓国技術を使ったパワーパックを使う

にもかかわらず、トルコはアルタイ戦車にK2戦車に使われた技術を使う模様。

ふーん、大丈夫なのかねぇ。

[単独]「変速機開発着手金返さなければ」… 現代ロテム、SNT重工業に勝訴

記事の入力2021.06.29 午前6時50分 最終修正2021.06.29 午前9時45分

現代ロテムがK2黒票戦車の’変速機国産化’のためSNT重工業に開発着手金(前給金)で支給した228億ウォンを返してもらうと裁判所に提訴して勝訴した。

「NAVER」より

こんなニュースもあったのだが、どうなっているのやら。

The details of the agreement are not given, but it was previously reported that BMC, which received a contract for the supply of the Turkish army tanks Altay, negotiated with two South Korean companies Doosan Infracore Co. and S&T Dynamics Co., for the supply of the engine and transmission.

「TOP WAR」より

トルコは韓国国内でのニュースは把握しているハズなのだが、韓国軍の要求仕様を満たさないパワーパックであっても、トルコ陸軍は「問題なし」と判断した可能性はある。

より不安なのは、トルコ国内の情勢がかなり不安定で経済状況も良くない点だ。

トルコ・リラが1%強下げ、最安値更新-実業家拘束を巡る外交問題で

2021年10月25日 5:58 JST

トルコ・リラはアジア時間25日早朝の取引で下落。実業家を巡る外交問題が新たな売り材料として加わった。

リラはイスタンブール時間24日午後11時33時(日本時間25日午前5時33分)現在、1.5%安の1ドル=9.7552リラ。一時は1.6%下げ、過去最安値を3日連続で更新した。

「Bloomberg」より

トルコ国内で戦車が足りないので、無理して生産してしまって戦力増強を図るなんて構図が透けて見えるだけに、韓国製のパワーパックがトルコで合格したというような単純な話では無さそうである。

コメント

  1. こんにちは。

    本件、逆にパワーパック以外はそのまま、パワーパックだけドイツから、ってのが一番な感じなのですが、ドイツは色々あって(技術流出とか、政治的な問題とか)トルコにパワーパックを売ってくれないという事でしょうか。
    韓国製パワーパックでも、出力を抑え気味に使って、メンテを小まめにしてればまあ、もつんでしょうけれど。それだと、イザって時の不安が残りますよね。
    買えるんならそもそもレオパルト2A6とか7とか買うんでしょうから、買いたくても買えない事情がトルコにある、という事なんだと、お値段的に折り合いが付いたのがK2なんだと理解出来ます。
    安いもの買いの銭失いにならないと良いんですけど。トルコは親日国と言われますが、流石に10式を売ることは出来ないので……

    • トルコは一時期ドイツからのパワーパック調達をやっていたようです。
      ただ、表向きはシリア問題が影響して、その話は暗礁に乗り上げた模様。
      韓国製のパワーパックは……、正直性能的にも不安は残りますよね。韓国軍の出した条件もかなり過酷で実現が困難な条件のようには思えますが、その印象も報道ありきの話。現実はどうなのやら。

  2. エルドアン大統領による独裁状態ではドイツから買えない、切羽詰まって韓国製に手を出すのか。

    別ネタですが、イカゲームコイン運用者が逃亡しました、様式美すら感じる。

    • エルドアン大統領の主張も何となくは分かるのですが、独裁を貫くというのは中々共感を得られにくいものなのでしょう。

      イカゲームですか。映像作品は見たことありませんが、なかなか皮肉の利いた作品のようで。韓国では仮想通貨投資が盛んなようですが、キムチコインといい、厄介な代物が多いようですね。

  3. アルタイの場合、基本的にK2との共通部分は車体のみです。
    砲塔・火器管制・操縦・通信・指揮系統等々自国産としていて、エンジン(未完成)も自国開発しています。
    よって、アルタイは車体も含め純国産の戦車を作るための足がかり的な位置付けのようです。

    ところが、国産エンジン完成までもう少々時間がかかるのと、ユーロパックの入手がゴニョゴニョの影響で、完成車両はごく少数です。
    このままではテストも進まないので、韓国産のパワーパックを載せて、ということなのでしょう。

    もちろん、韓国産のパワーパックを参考に、国産パワーパックを完成させることも念頭にあると思われます。
    バイラクタルTB2といい、トルコの軍需産業は侮れません。

    • アルタイの車体部分は、確か基本的設計を韓国でやって、それをベースにトルコ内で作り上げたので、類似点の多い姉妹機というような作りだと聞いています。
      制御系は確かにトルコ御禁制の品らしいですが、例示されたバイラクタルTB2といい、それなりにやれる国のようですから、さほど問題なく動きそうな印象ではあります。
      エンジンの方は色々苦労したらしく、結局韓国の企業から技術を買う話になりましたね。
      しかし、トルコ、何が凄いって「できること」と「できないこと」をきちんと切り分けて、国産でできない奴は外国から調達すると割り切れるところでしょう。選んだ相手が韓国でしたから残念な気はしますが、国際的にに見れば武器を供給して食える国って、あまり多くないのですよね。