お笑い韓国軍(海軍編第三部)

海軍

韓国のフリゲート艦事情

アメリカ軍から払い下げられたフリゲート艦が始まり

北朝鮮と戦争をしている韓国海軍にとって近海の防衛は特に重視しなければならない分野である。

朝鮮戦争(1950年~1953年)が勃発し、何とか休戦にまでは漕ぎ着けたものの、近海防衛は至上命題であったハズで。

そんな訳で、アメリカからタコマ級哨戒フリゲートを払い下げて貰う事になった。これが、豆満級フリゲートと呼ばれる船で1953年に就役し、現在は全艦退役済みである。5隻しかなかったんだけどね。

蔚山級フリゲート

豆満級フリゲートの次級として用意されたのが蔚山級フリゲートである。1,500t級のフリゲート艦であるので、豆満級フリゲートとほぼ同じ大きさなのだが、国内技術によって作りたかったという事情があったため、国産化に拘ったようだ。

若干「時代遅れ」という評価もあったが、9隻就役させて朝鮮半島周辺の海を防衛する任についた。

韓国発の国産フリゲート艦ということで、誇らしさの象徴といった印象もあるのだろう。韓国のフリゲート艦はこれ以降、バッチ2、バッチ3という形での発展が計画される。

仁川級フリゲート

さて、誇らしさの象徴である蔚山級フリゲートのバッチ2として計画されたのが仁川級フリゲートで、この辺りから現役の船という事になる。え? 蔚山級フリゲートも後期型はまだ就役中だ?いやまあ、そうなんだけど。

北朝鮮との休戦状態が長引く中で小さな戦闘は何度か行われていたため、フリゲート艦の拡充は急務であると考えられていた。で、2010年代までには世代交代を!ということで、小型のコルベットであった浦項級コルベットと、蔚山級フリゲートの次級として仁川級フリゲートが作られた。

仁川級フリゲートは2,300t級のサイズで前級よりも大型化されている。

そして、随分火力に力を入れたようで、「アジア最強の小型艦」などと揶揄されている。

韓国の仁川級フリゲートが「アジア最高火力の小型護衛艦」と呼ばれる理由=中国メディア

2019年5月28日 05:12

4月23日、中国人民解放軍の海軍創設70周年を記念して国際観艦式が行われ、韓国は仁川級フリゲートの「京畿」を派遣した。中国メディアの今日頭条はこのほど、仁川級フリゲートは「アジアでもっとも高火力の小型護衛艦」であると伝えて、そのように呼ばれる理由について考察する記事を掲載した。

「excite」より

なかなか皮肉な記事で、小型で高火力といえば聞こえは良いのだけれど、逆にいえば火力過多でトップヘビーな構造となり、操船性はどうにも心配というような出来上がりになってしまった。

他にも、本来ドイツ製であるべき操舵機のオイルポンプが、韓国製にすり替えられていたとか、本来フランス製であるべき電子機器冷却ファンなどが、台湾製にすり替えられていたとか、韓国STXグループから金を受け取って同社のディーゼルエンジンを採用する様便宜を図った汚職を起こしちゃったとか、色々な騒ぎがあった。が、その辺りは些細なことである。

次期護衛艦「江原」も欠陥=韓国

2015.03.28 12:12

昨年8月に進水式を終え、海軍に引き渡す手続きを踏んでいる次期護衛艦(FFX・2300トン)4番艦「江原(カンウォン)」の運航が中断された。海軍に引き渡すための試験運航中に欠陥が発見されたからだ。

防衛事業庁の関係者は27日、「艦艇を海軍に引き渡すための試験運航中にいかりが落ち、艦艇の下の部分に設置されていた音響探知機(HMS)が破損した。製作会社のSTXに補完を要求した」と述べた。防衛事業庁によると、「江原」は艦艇の底に設置された音響探知機のカバーが破損したという。

「中央日報」より

更にこんなショボイ話も、意外に最近引き起こしている。「センサーのカバーが壊れちゃった」という話なのだけれど、問題点はむしろ錨が落下したことだろうね。

こうした問題はあったのだけれども、仁川級フリゲートは6番艦までは作られた。

大邱級フリゲート

ところが「仁川級フリゲート」では小さいという声が根強く、「バッチ2」として計画された船は2,800t級の大きさであり、VSLが搭載されるモデルとなった。K-ASROCをぶっ放したかったらしい。

大型化したし、もはや別の船だ!ということらしく、作られてからこの船は「大邱級フリゲート」と呼ばれるに至る。

ところが、これ、失敗しちゃうんだよね、作る事に。

実は仁川級フリゲートから大邱級フリゲートに切り替えるにあたって、推進システムを変更しちゃったのだが、これが拙かった様なのだよね。

大邱級フリゲートは「ハイブリッドフリゲート艦」などと恥ずかしい呼ばれ方をしているが、低速では電気モータで駆動し、高速ではガスタービンエンジンで駆動する CODLOG方式とよばれる駆動方式を採用している。これが、韓国にとってハードルが高かったようで。残念な事に大邱級フリゲートは既に1隻就役・2隻進水しているのだけれど何れも見直しを余儀なくされている。

次期型フリゲート艦

で、このタイミングで3,500t級フリゲート艦を作るぜ!という発表があった。

残念な事に駆動方式に大邱級フリゲートで失敗したCODLOG方式を継承して大型化する気らしいのだけれども、 駆動装置における問題は解消していないようだ。大きくすれば良いってモンじゃないんだぜ?

まあ、期待しているんだけどね。

リストに戻る

コメント

  1. だいぶ前のエントリですが、テストがてら2014/10/14の「魚雷防衛システム」に関し、間違いがあるようですので書いておきます。
     こちらは以前ウィキでも間違って書かれていたのですが、韓国製のSLQ-261Kは射出型の魚雷防御システムでスクリュー音を欺瞞するデコイを射出するもので、日本のFAJに相当する物のようです。
     SLQ-261Kの開発開始は1993年で1999年完成とかなり早いです。日本は魚雷防御システムとして射出型のFAJ、自走型のMOD、潜水艦用もまとめて開発したようで、1998年開始で2011年完成です。フランスにもSLATという同じようなシステムがあります。米国は曳航式のAN/SLQ-25のみのようです。

     MK36 SRBOCはチャフ、フレアの発射装置で対艦ミサイルの妨害用です。韓国イージス艦では同等の欧州製のDAGAIE MK2をライセンス生産したKDAGAIE MK2を搭載しています。

    • 情報ありがとうございます。

      調べて修正しておきます。