お笑い韓国軍(海軍編第二部)

海軍

スリオン派生のマリンオンを導入

韓国海軍の傘下にいる韓国海兵隊向けの水陸両用型がマリオンオンと呼ばれるヘリコプターで、2023年までに40機調達される予定になっている。

UH-60「ブラックホーク」を超える性能のマリンオン

初飛行は2015年ということらしい。

Amphibious version of Surion completes first flight

Posted on January 26, 2015; KAI Press Release

Korea Aerospace Industries has announced that its Korean Utility Helicopter for Korean Marine Corps has completed a first test flight successfully on Jan. 19 in Sacheon, South Gyeongsang Province.

「vertical」より

このベースになっている韓国型機動ヘリKUH-1「スリオン」だが、陸軍に既に納入されている。スリオン自身にもトラブルも色々あったけどね。

それから2年の歳月をかけて海兵隊用に使える「マリンオン」を開発したのである。

海兵隊用ヘリコプターMUH-1 マリンオン

ところが、これが大変なことになってしまう。

10メートル上空からの墜落で5人死亡…韓国産ヘリ改造「マリンオンの悲劇」

2018年07月18日07時20分 

  韓国海兵隊のヘリコプターが17日に墜落して5人が死亡し1人が重傷を負った。海兵隊によると、この日午後4時46分ごろ、慶尚北道浦項南区(キョンサンブクド・ポハン・ナムグ)の飛行場で海兵隊の上陸機動ヘリコプター「マリンオン」が地上約10メートル上空から滑走路に墜落した。 

「中央日報」より

痛ましい事故ではあるが、決定的瞬間を見るとどうにも苦笑してしまう。

衝撃の事件

竹とんぼかよ!

とはいえ、メインローターが吹き飛ぶような事になると、搭乗員はどうしようもない。だからこそ、一から設計を見直すくらいの調査をしなければならないはずなのだが、これをやった形跡が無いのである。

韓国海兵隊将兵5人が犠牲になったマリンオン墜落原因は部品の欠陥

2018年09月21日16時05分 

  今年7月、5人の将兵の命が奪われた海兵隊ヘリコプター「マリンオン」(MUH-1)墜落事故の原因は「ローター・マスト」という部品の欠陥であることが分かった。ローター・マストはエンジンからの動力を受けてヘリコプターのプロペラを回転させる中心軸だ。 

「中央日報」より

外国の部品のせいにしちゃった。

いや、もちろんこの調査の結果がおかしかったとは思わない。ただし、フランスのAubert&Duval社は大手の部品販売会社で、高性能な部品を提供していて、世界各国に支社があるようなところである。どこの工場で作った部品なのかなーと。

邪推はともかくとして、この後の対応がすごい。

青瓦台「韓国産ヘリの性能・技量は世界最高…指摘事項は完ぺき改良」

2018年07月18日14時37分 
浦項(ポハン)で発生した海兵隊所属「マリンオン」(MUH-1)ヘリコプター墜落事故に関連し、一部で機体欠陥の可能性が提起されていることに対し、青瓦台(チョンワデ、大統領府)が「現在、我々のスリオン(KUH-1、マリンオンの原型モデル)の性能と技量は世界最高水準」と述べた。 

「中央日報」より

事故直後の発表がこれである。そして、同年12月には軍の指揮ヘリコプターがスリオンになってしまう。今のところ発表は無いが、海軍はマリンオンになるだろう。ええんか?それで。

軍指揮ヘリコプター米国産UH-60で国産スリオンに変わる

送稿時間| 2018-12-02 07:00

韓国軍の指揮ヘリコプターが既存の米国産UH-60で、国産機動ヘリのスリオンに変わる見込みだ。

「総合ニュース」より

そもそもUH-60を保有していた韓国だったが、同系列のSH-60シーホークなどを検討しなかった理由が謎だ。

なお、韓国海軍にはUH-60ブラックホークが配備されているようだが、防錆仕様ではないので海では使えないのだとか。無念。

リストに戻る

コメント