お笑い韓国軍(海軍編第二部)

海軍

回転翼機も欲しい

んで、対潜哨戒機としてはヘリコプターも含む。

韓国も流石にこれも持ってはいる。

対潜哨戒ヘリを導入する

そして更に、新たに対潜哨戒ヘリを導入する決定をする。それがこのAW159「ワイルドキャット」だ。

あれ?韓国海軍ってUH-60[ブラックホーク」持ってるじゃん?アレじゃだめなん?と、思ったら、回転翼の折りたたみ機構はケチるわ、防錆仕様になっていないわと、何のために買ったのかがイマイチよく分からない状態で、海上では運用できない模様。

……だから「ワイルドキャット」なのか。

AW159 ワイルドキャット

しかし、このワイルドキャット「AW159」を購入するにあたって、又韓国の悪い癖が出てしまった。

次期対潜ヘリコプター ・ワイルドキャットは作戦可能時間30分

入力:2013.10.17 13:09 |修正:2013.10.17 14:21

海軍の次期海上作戦ヘリコプターで導入することにした”ワイルドキャット(AW-159)”の对潜可能時間が38分もならないことが分かった。

「chosen.com」より

なんと、兵装を詰め込みすぎで、作戦時間が30分程度しかとれないというのだ。僕の計算では片道10分程度しか使えないが(苦笑

韓国軍:海上作戦ヘリにスパイク・ミサイル搭載

記事入力 : 2014/01/04 08:58

 韓国軍は、最大射程が25キロあるイスラエル製のスパイク・ミサイルを追加配備し、来年実戦投入予定の海上作戦ヘリに搭載することとした。北朝鮮の海岸砲を精密攻撃するため、昨年韓国の西北島しょ(西海〈黄海〉沖の北方限界線〈NLL〉近くにある島々)地域に配備されたスパイク・ミサイルは、全て車両に搭載されている。

リンク切れ

そして、その状況で更にスパイクミサイルを搭載する予定と。何故、対潜能力だけに絞れないのか(苦笑

噂によると、スリオンを改良して防錆機能を持たせようなんていう計画もあるみたいなんだけど、出来たという話は今のところ聞かない。

……んでも、北朝鮮相手に本当にそれだけの装備を揃える必要が本当に必要なのかな?(棒)

配備前に不正が次々と発覚

もう、この手の不正は韓国のお家芸といっても過言では無い。

韓国海軍、別機種に砂袋載せて実物評価?…次世代ヘリに選定

2015年05月22日10時06分

  海軍が最新型海上作戦ヘリコプター「ワイルドキャット」(AW-159)を導入する過程で、実物を見ていない状態で虚偽の試験評価結果書を作成した後、ヘリコプター機種を選定したことが調査で分かった。

「中央日報」より

いつもの得意技だな。机上の空論、韓国軍は大好きだから。ただ、比較対象としてMH-60Rが上がったらしいんだけど、そっち買っておけば良かったんじゃないのかい?

具体的な性能比較はこちら。

AW-159MH-60R
乗員2名3-4名
兵員7名11名
全長15.22 m19.75m
全高3.73 m5.2m
最大離陸重量6t9.927t
最大速度296 km/h333km/h
フェリー飛行時航続距離963 km834km(航続距離)
高度限度3,050m(IGE)3,580m

簡単に言うと、MH-60Rの方が大きくて性能も良いのである。いや、もちろんAW-159だって良い面は沢山あり、運用に合わせて選択すべきと言うのが正しいのだけれど、韓国軍の運用ケースだと、より最大離陸重量の大きい方を選ぶべきじゃ無かったのかなぁ。韓国軍は武器満載が大好きだから、少しでも余裕があった方が良い。

まともに比較すれば、AW-159が選ばれない可能性が高いので、偽装した書類審査家で通しちゃったというのがこの話。

韓国軍「ワイルドキャット」、性能不足で導入の危機=「国防関連の問題には終わりがない」「こんな状態で日本に勝とうなどとは…」―韓国ネット

配信日時:2015年9月10日(木) 6時57分 

2015年9月9日、韓国・ノーカットニュースによると、海軍の海上作戦ヘリコプター「ワイルドキャット」(AW159)導入事業に関連する不正で、前・現職の海軍将校など8人が拘束起訴された中、今度はワイルドキャットの性能自体が契約上の要求条件を満たしていなかったことが分かった。

「レコードチャイナ」より

で、性能不足が指摘されて大問題に発展したものの、購入はするらしい。

まあ、対潜哨戒能力向上は必須なので、AW-159「ワイルドキャット」でも数を揃えて運用が出来るのであれば良いような気はするけれど、そもそもちゃんと運用できるかは怪しいのが韓国軍である。

リストに戻る

コメント