お笑い韓国軍(海軍編第二部)

海軍

対潜水艦哨戒能力が欲しい

今はP-3CK対潜哨戒機16機体制

P-3CK

一応、韓国にも対潜哨戒機ってのはある。対潜哨戒機P-3C、P-3CK「オライオン」がそれにあたる。

P-3CKはP-3Cの韓国版である。韓国海軍は、P-3CとP-3Cを合計16機保有しているのだが、最初の8機は1995年頃迄に、後の8機はP-3Bを改修した上で2010年に取得したもの。ここではP-3CKもP-3Cとして説明していこう。

もちろん、P-3Cの能力自体はけっして侮れるものではない。最近になって台湾も導入したしね。ただ、適切に運用できれば、という条件付きだが。

ところが、韓国海軍は現状のP-3Cだけでは不十分だと考えているようだ。

韓日間の哨戒機戦力格差はどれほどなのか?

2019年02月07日10時12分 

韓日は昨年12月から哨戒機をめぐる軍事的問題が生じている。哨戒機は海上で偵察と警戒業務を遂行し、場合によっては攻撃任務まで遂行できる。この哨戒機の戦力規模は日本が韓国の7倍と明らかになった。 

「中央日報、アーカイブ」より

先日、こんな記事が中央日報に紹介されていた。

韓日は昨年12月から哨戒機をめぐる軍事的問題が生じている。哨戒機は海上で偵察と警戒業務を遂行し、場合によっては攻撃任務まで遂行できる。この哨戒機の戦力規模は日本が韓国の7倍と明らかになった。

3日付の韓国の日刊紙・韓国日報の報道によると、韓国軍は1995年からロッキード・マーティン社のP-3C哨戒機を導入し、現在16機の哨戒機を運用中だ。 

https://japanese.joins.com/article/960/249960.html

書いている意味はよく分からないが、とにかく戦力不足だとは感じているようだ。でも、「戦力」って、哨戒機に求めてはいけないカテゴリーだと思うんだ。数を増やせば良いってモノでも無い。

P-3C哨戒機の能力で重要なのは、むしろ「データ」の方だと思う。潜水艦の音紋や、分析パターンなどのノウハウの蓄積こそが力になるハズなんだけど、航続距離とか、上昇能力とか、気にするところが違うんだよね。

P-8ポセイドンが欲しい!

そんな中、取り敢えずは哨戒機を増やしたいという希望はある様だ。

北朝鮮潜水艦対応の海上哨戒機 20台導入へ=韓国軍

2013.05.26 09:55
【ソウル聯合ニュース】韓国軍の消息筋は26日までに、海軍が北朝鮮潜水艦の探知能力強化のために要請していた海上哨戒機20台の戦力化を決めたと明らかにした。防衛事業庁で事業推進戦略を立てているが、海外から導入する方向で検討に入ったという。
 海軍はP3C哨戒機を16台保有しているが、不足しているとの見方が出ていた。日本は100台以上のP3Cを保有しているほか、米国は同機からボーイングのP8を新たに導入している。

「総合ニュース」

20機の海上哨戒機を導入か、いやー、金持ちだね。

海上哨戒機20機は、次期海上哨戒機という位置づけて、総事業費は1兆ウォン……。って、あれ?900億円程度で何を買うつもりなんだろ??

どうやら、「P-8ポセイドン(1機あたり2億USドル)」、「エアバス製C-295」、「ロッキードマーティン製SC-130J」を候補と考えているみたい。

P-8 ポセイドン

ポセイドンといえば、アメリカ海軍が運用する対潜哨戒機だが、ベースはボーイング737で、小回りがきかない仕様。だから、前提として MQ-4C トライトン海上無人航空機など、子機を一緒に運用する必要がある。

EADS CASA C-295

では、エアバスからC-295を買うか?というとこれまた悩ましい。実績はあるのだが、いかんせんP-3Cの後継機となると、こいつはむしろ輸送機として設計されてきているので、色々と手を加える必要がある。価格的にお安くはならないだろう。

C-130 ハーキュリーズ

SC-130というのは、C-130の派生のモデルなのだが、今のところプラン売り込み中のモデルで影も形も無い。C-130がベストセラーであることと、既に韓国空軍での運用実績があることを考えれば、運用面ではメリットがあると思うが、SC-130作るとなると、納期も価格も読みにくい。

そんなわけで、どれを買うにしろ20機はちょっと予算的に無理かも?

韓国海軍、S-3バイキング再生機導入を検討

2015/09/10 12:25

韓国海軍は、アメリカ海軍から退役してモスボール保管されているロッキードS-3バイキング12機を、再生して導入することを検討しています。韓国のYonhap Newsが2015年9月6日付で、軍関係者の発言として報じています。  

「Fly Team」より

スペック的にはS-3バイキングがイイと思うんだ。……というか、何故P-3CなりP-3CKを買い増さないのかよく分からない。生産は終了しているとは言え、程度の良い個体はまだ中古で手に入るだろうに。

日本でも台湾でもP3Cを主力の対潜哨戒機として、まだまだ運用していく予定だ。日本は順次P-1を導入しているみたいだけど。

で、韓国はP-8ポセイドンが一番欲しいらしいんだけど、アメリカが売ってくれるかどうか……。

韓国軍、北潜水艦攻撃用の最新哨戒機P-8導入を検討

2016年09月01日11時15分

  軍当局が北朝鮮の潜水艦探知能力を高めるため、最新型対潜哨戒機の導入を検討することにしたと、政府当局者が30日明らかにした。この当局者は「北が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)開発だけでなく、最近、潜水艦を利用したさまざまな攻撃戦術を開発中」とし「北の潜水艦を識別して攻撃を遮断するための最新型海上哨戒機の導入を検討中」と述べた。

中央日報」より

そして、買おうとしているのはたったの4機。いやはや、どうするんだよ、それ。

ハープーンを間違って海洋投棄

そもそもである、ちゃんとP-3Cを運用しろよと言う話。

韓国軍の武器部品11兆ウォン在庫…9億ウォン台レーダー使わず捨てる状況

2015年09月09日10時55分

海上哨戒機P3-Cは、海軍で最も使い道が多様な武器の1つだ。1995年に8台が導入され現在まで海上監視活動や早期警報、情報収集などの任務を遂行している。最近、北朝鮮の潜水艦威嚇が増大しながら「潜水艦キラー」として注目されており、済州(チェジュ)の湫子島(チュジャド)近海で沈没した釣り船「トルゴレ(イルカ)号」の救助現場にも動員された。

「中央日報」より

なかなか興味深い記事だが、タイトルのトコロで嘆いているのはこちらの部分の話である。

海軍がレーダーセットを購入しておいても10年以上にわたり一度も使わず、廃棄したり海外売却を推進したりしていることが8日明らかになった。高価な装備を購入する際に綿密な需要調査を経ず、必要以上に買い入れて血税を浪費したという指摘が出ている。 

「中央日報」より

いや、これ、予備だろ?海外売却推進して大丈夫なのか?

海上哨戒機で誤ってハープーンミサイルなど6発を海に投棄(総合)

記事入力2017-01-01 15:27 | 最終的な修正2017-01-02 05:26 

海軍は1日午前、東海上空で哨戒任務を遂行していた海上哨戒機(P- 3 CK)で乗組員のミスでハープーン対艦ミサイルなどの武器3種類6発が海上に投下されたと明らかにした。

「NEVER」より

そもそも上手いことP3CK哨戒機をちゃんと使えているのか、という話。

装備していたミサイル6発を海に投棄しちゃったんだけど、意味が分からないのは「間違ってスイッチ押しちゃった」って理由だ。通常はこの手のスイッチはカバーがついているはずなのだが、これを何らかの理由で外しちゃっていると言う事だろう。

韓国の整備とは、「必要なものを外す」ということを含むらしい。ダメだコリア。

コメント