お笑い韓国軍(海軍編第一部)

海軍

艦対艦誘導弾 「海星」

ハープーンをベンチマーク

アメリカ製のミサイル、ハープーンを真似して作ったのがこの「海星」だ。

何故、海星(ヒトデ)なのか!と、突っ込みたい気持ちで一杯だ。だって、名前からして強そうじゃないんだけど。

対艦誘導弾「海星」

そして、気になるのがこのニュース。

韓国 米シーホークなど導入を推進=10億ドル相当

2012.05.25 10:26

【ワシントン聯合ニュース】韓国政府が米国から対潜ヘリコプターのシーホーク8機と、対艦用のハープーンミサイル18基の導入を推進している。
 米国防総省によると、同省の下部組織である国防安全保障協力局は先ごろ、韓国政府の要請を受けMH60Rシーホーク8機の輸出に向けた検討を連邦議会に求めた。金額ベースでは10億ドル(約800億円)に相当する。

「総合ニュース」より

あれ?このニュースの中で、ハープーン18基導入推進って書いてあるけど、海星はどーなったのよ?

尤も、ハープーンより後発で開発した海星の方が大型で性能もイマイチだって事は既に世間に公表されてる事実だったりするので、当たり前といえば、当たり前の結果なんだろうけど。

残念な命中率

で、その後のニュースを調べていたのだが、残念なニュースが。

韓国軍の誘導ミサイル、9発のうち4発命中せず
2016年09月26日07時30分 

~~略~~

  今年は現在まで実施した実際の射撃で命中率が半分水準に落ちたことが明らかになったと、金議員側は伝えた。金議員は「今年、わが軍は計6種類の誘導ミサイル9発を訓練で発射したが、うち5発だけが的中した」と明らかにした。命中率は55.6%と、2年前に比べ大幅に落ちた。 

「中央日報」より

これ、開発の噂が出ていたSSM-760Kの事じゃ無いかな?と、思う。

「海星1」は、射程が180kmである。それが、1000kmに延びているというのは、別のミサイルだと考えねばならない。

だとすると、「海星2」である可能性はあるよね。

開発は続けられていると言うことなんだろう。

韓国自慢の海外輸出用ミサイル、現地テストで命中“ゼロ”の屈辱=韓国ネットからは辛口コメント続出

配信日時:2018年7月19日(木) 12時20分

2018年7月18日、韓国・テレビ朝鮮は、最近南米の国に輸出された韓国の新型ミサイルが、現地テストで1度も標的に当てられなかったと報じた。 

韓国海軍が運用中の艦対艦ミサイル「海星」は06年に戦力化された。記事は海星について「これまで何度も試験評価や射撃で100%の命中率をたたき出したブランド武器」と説明している。射程距離は180キロ以上、海面すれすれを飛行することから敵のレーダーを避けられる能力を備えているという。 

製造社によると、最近同ミサイルの改良型10発余りを南米のある国に輸出したという。射程距離を伸ばし、周波数を現地に合わせた「アップグレードバージョン」だったそうだ。その後、輸出国の大統領が見つめる中、試験として2発を発射したというが、いずれも標的に命中させることができなかったとされる。 

「レコードチャイナ」より

そして、輸出した先の国、南米の某国ということになっているが、韓国と付き合いのある国で、兵器を買いそうなのは、ペルー、コロンビア、エクアドル、アルゼンチン辺りだろうか。ペルーにはFA-50軽戦闘機を売りつけていたはずだ。

しかし、これ「アップグレードバージョン」とか、余計なことをしたのが原因なのかも知れない。この後、どうなったかは知らないが。

輸出国の大統領の前で命中率0%とかなかなか恥ずかしいが、流石韓国製だな。

リストに戻る

艦対空ミサイル「海弓」

デタラメ判定で合格した「海弓」

魚雷があれば当然艦対空ミサイルだって必要である。

この艦対空ミサイル「海弓」は、VSL方式で発射することが想定されているようである。

艦対空ミサイルというと、アメリカ軍が配備しているのはスタンダードミサイルが有名かな。現状ではシースパローの発展型であるRAM-162 ESMM、或いは RIM-66/67 スタンダードSM-2MR/ER 辺りが使われるようだ。

こんな感じのアメリカの兵器を横目に、韓国も国産のヤツが欲しがったんだね。他国の兵器が欲しくなってしまう悪い癖であるが、欲しいならアメリカから素直に売って貰えば良いのだが、そうはしなかったようだ。

迎撃できるかは二の次

さて、韓国が敵対する北朝鮮だが、ソ連(現ロシア)製のミサイルを採用している。艦対艦ミサイルとしてはKh-35のコピー品である金星3号があるようなのだが、これ、記事でも言及されているが迎撃することは困難だという事になっている。

何故かというと、Kh-35ミサイルはマッハ0.8の速度で相手に向かっていくとされているのだが、「海弓」の迎撃テストではマッハ0.5の標的に対して行っているのだという。

しかし、国防科学研究所と防衛事業庁が同実験に使った標的の速力はマッハ0.5で、北朝鮮の「金星3号」など周辺国の海軍が運営する対艦ミサイルの速度マッハ0.9の半分以下であることが分かったという。また、実際のミサイルは迎撃を避けようと海面を這うように飛行するが、実験の標的のほとんどは高高度で飛行していたため撃墜しやすかったという。

「レコードチャイナ」より

まあ、取り敢えず揃っていれば良いという考え方はアリだ。

だけど、韓国は北朝鮮と戦争中なんだぜ?そのミサイルが「使い物にならない」と北朝鮮に宣伝してどうするつもりなんだろうな。

リストに戻る

コメント