お笑い韓国軍(陸軍編第二部)

陸軍

悲哀の装備品

さても珍品揃いの韓国陸軍の兵器たちだが、兵士の装備もなかなかのものである。

アイアンマン計画!!

これは韓国陸軍に配備予定(仮)の、防弾装備である。ある意味究極の装備品であるが、残念なのは未だこれが予定の段階だってことだな。

「アイアンマン」型戦闘服、韓国軍が開発進める―韓国メディア

配信日時:2013年11月13日(水) 2時51分

2013年11月12日、韓国・中央日報(中国語電子版)によると、韓国軍はこのほど兵士が着用する「アイアンマン」型の新型戦闘服を開発していると発表した。26年ごろまでに完成させるとしている。今月ソウルで開かれた航空宇宙・防衛博覧会で明らかにした。人民日報(電子版)が伝えた。

「レコードチャイナ」より

韓国の妄想は脇に置いておくとして、実際に韓国陸軍が採用している防弾チョッキはかなりヤバイ。

貫通する防弾チョッキ

何しろ、北朝鮮の小銃「AK-74」の弾を「完全に貫通」させてしまう仕様の防弾チョッキを大量に保有しており、その上、兵士の数に対して防弾チョッキの数が全然足りないという笑えない現実が。

もちろん、アメリカ軍の採用する防弾チョッキだって、必要に応じて防弾用のセラミックプレートを追加する仕様になっていて、防弾チョッキだけで弾を防げると言う訳は無い。

だが、韓国のソレはレベルが違うのである。

冒頭でも紹介したが、韓国の陸軍兵士は50万人規模と、世界でも有数の人数を誇っている。これは徴兵制度を採用による恩恵で、北朝鮮と未だ戦争中という事情もある。

だが、陸軍には北朝鮮が採用するマシンガンの弾が貫通してしまう仕様の防弾チョッキが採用され、それすら必要な分を確保できない有り様なのである。防弾?

弾が貫通する防弾チョッキ2062着、廃棄・回収せず使用

記事入力 : 2014/10/23 08:44

 監査院が監査した結果、特殊戦司令部の兵士に支給された防弾チョッキは北朝鮮軍の銃弾が貫通してしまうなど、性能が劣ることが分かった。また、国防部(省に相当)はこのような事実を知りながら、この防弾チョッキを回収していなかった疑いが22日、浮上した。

「朝鮮日報」より:リンク切れ

その話が顕著になったのが、PKOで派兵することになって繰り出した部隊でのこと。

この報告書によると、特殊戦司令部に支給された多機能防弾チョッキ2062着が北朝鮮の小銃「AK-74」の弾を「完全に貫通」させてしまうことが分かったという。

「朝鮮日報」より:リンク切れ

多機能ベスト試験結果報告書 」という報告書の内容がねつ造されたおかげで、兵士達は自分たちが装備している防弾チョッキが高性能だと信じて任務に就かねばならないは目に。

穴空く防弾ベストに「適合」。現役大佐起訴

28面2段| 記事入力2015-02-24 17:12

特定のベンダーに軍隊ケブラー納品の権利を与えようと現役将校が北朝鮮ライフルに穴があいた防弾ベストに「適合」の判定を出して、パフォーマンス評価書を操作したことが分かった。 

「NAVER」より

軍隊としては最悪の話だな。

上に紹介したパワードスーツみたいな装備は夢の又夢だね。

服もヤバイ韓国陸軍

しかし、ヤバイのは防弾チョッキだけではない。

サウナスーツ!

これ、韓国陸軍が新たに採用した新型戦闘服と旧型戦闘服の比較なのだが、新型戦闘服は通気性を高めて発汗性を良くした代わりに、夏季用・冬季用という区別をやめてしまった。

その結果、夏は熱すぎ、冬は寒いという究極の進化を遂げてしまい「サウナ軍服」と揶揄される始末である。

ところが、もっと酷いニュースが。何と、戦闘服が「燃えやすい」ということが発覚しちゃった。

どーすんのよ、コレ。燃えやすい戦闘服って最悪でしょう。

靴もヤバイ韓国陸軍

もちろん、靴だってヤバイ。

韓国陸軍の新型靴は、予算不足で訓練兵士たちに供給が十分でないばかりか、使っているとかかとや靴の裏が剥がれる斬新な仕様であるそうな。

なんでも、水漏れも起こす水虫培養機能まで付いているらしい。

これ、後に不正が発覚して調達が見直される話が出ていた。

帽子もヤバイ

靴も問題だが、帽子にも問題が発覚。

韓国軍にまた不正納入、「弾が貫通する防弾チョッキ」の次は「汗吸わない帽子」=韓国ネット「国防の不正はエンドレスだな」「韓国は本当に国なの?」

7月11日(土)6時3分配信

2015年7月10日、韓国・ソウル経済によると、「弾が貫通する防弾チョッキ」や「1970年代のおんぼろ潜水艦装備」など、韓国軍への不良軍事用品の納入問題が続く中、今度は「いんちき軍帽」が納品されていたことが分かった。

~~略~~

ソウル中央地検は10日、品質評価書を捏造(ねつぞう)し、汗の吸水性などが基準に達しない軍帽を納品した容疑で、軍事用品専門衣料品業のJ社代表を起訴した

「レコードチャイナ」より:リンク切れ

開発段階で色々ケチったんだろうねぇ。

品質検査の結果が捏造されるのはいつものことだが、「汗の吸水性や速乾性」が仕様に満たない模様。

流石に帽子で命に関わるとも思えないが、「サウナ軍服」といい、蒸れる帽子といい、ダイエットには向いているんじゃあ(棒)

兵士が多いということはこうした問題も抱える事になるんだな。

ヘルメットはオモチャという噂

更に恐ろしい話が発覚。

といってもこれ、ニュース記事では無くて単なる噂に過ぎない。

おもちゃだと噂のヘルメット

これ、韓国軍の海兵隊探索隊という組織の練習風景の写真らしいのだが、このヘルメットがどうにもニセモノ臭いと。

見た目はアメリカのオスフコア(Ops-Core)社の製品の様に思えるが、細部を比べると支那のエマーソン社のオモチャでは無いかという疑いがあると言うのだ。Amazonでも買えるぜ!

まあ、隊員が趣味でオモチャを被っていた可能性も否定できないが、価格にして10倍以上の開きがある上に、オモチャでは防弾性能が無いので実践で使えば命に関わる。訓練でもホンモノを被って貰いたいね。

リストに戻る

エリコン対空砲

エリコンKDB35mm機関砲は、スイス製で旧エリコン社(現在のラインメタル社)が開発した対空機関砲だ。つまり、防空防衛網の一翼を担う兵器ということになる。

ニセモノの対空機関砲

が、どうやら韓国のソレは偽物のようで。

エリコンKD35mm機関砲

ソウル上空を防衛するための対空砲は36門。36門の対空砲に備えられた72個の砲身のうち、49個が不良品だった!って、すげー確率だな。

青瓦台(大統領府)上空防衛用の対空砲=「不良砲」 
  ~ 軍への不正納入で半数以上が作動せず … 訓練時に破損・亀裂現象 
  ~ 砲身を無資格国内業者が製作→香港→逆輸入 
2011/02/11 02:32

青瓦台(大統領府)などソウル都心の上空を防御する核心戦力である、我が軍の35mm対空砲(エリコン砲)が、軍への不正納入による不良部品のために最近まで正常に運営 されていなかったことが、10日明らかになった。国防部調査本部と警察がこの問題を共同捜査中であり、最終捜査結果次第では波紋が拡大するものと見られる。 

「朝鮮日報」より:リンク切れ

そして、やっていることがあくどい。

色々なパーツが韓国製の偽造品だったのだ。偽造品でも稼働できれば兵力としては問題無いんだが、正常作動しないらしい。

なお、韓国では偽物を無資格業者に作らせるのは正常運転なので、気にしてはいけない。

これってどうするつもりなんだろう?流石に、もう、対策されてるよね?

これから開発するぜ!

とはいえ、そもそもこの手の兵器は世界の軍隊では使われなくなりつつあり、対空自走砲やら誘導弾やらに置き換わりつつある。

韓国ではK30対空自走砲なる兵器が導入されているし、新たな30mm車輪型対空自走砲の開発が進められているとかなんとか。

30ミリ車輪型対空砲 18年までに開発へ=韓国軍

2014/05/26 20:37 KST

【ソウル聯合ニュース】韓国防衛事業庁は19日の防衛事業推進委員会で30ミリ車輪型対空砲を2018年までに開発することを決定した。
 陸軍と空軍、海兵隊が長期にわたり運用している旧型バルカン砲に代わるもので、北朝鮮による低高度奇襲攻撃への対応能力が大きく向上すると期待される。 

「総合ニュース」より

VADS対空機関砲システムも採用しているっぽいしね。

た、多分、エリコン対空砲自体を退役させる方向なんじゃ無いかな?この辺りは続報が出てきたらまたやりたいと思う。

リストに戻る

無敵の対砲兵レーダー

韓国の首都ソウルは、国境から僅か40kmの位置にある。

これが意味するところは、戦車部隊が1日で到達して首都を蹂躙でき、火砲が直接届き、焼け野原を作り出すことができるということである。

他にも、北朝鮮側のダムを決壊させれば、ソウルに壊滅的な被害を及ぼす事ができるという話もある。

そんな脅威がある中で、敵からの火砲による攻撃をいち早く発見することは、極めて大切である。

火砲の弾をいち早く発見せよ!

そんなわけで、この手の攻撃に対応する為に、こんな話が出ている。

【萬物相】レーザー砲

記事入力 : 2014/02/23 08:58

 ハリウッド映画『トランスフォーマー2』には次のような場面が出てくる。ピラミッドを破壊した巨大ロボットが、駆逐艦から発射された1発の光線で破壊されるのだ。これはレールガンと呼ばれる電磁気砲だが、実は空想の話ではなく、米海軍は2年以内の配備を目指して開発を進めている。さらにもう一つの未来の兵器がレーザー砲だ。秒速30万キロの光の速さで無人機(ドローン)、ミサイル、自爆高速艇などを迎撃する。

リンク切れ

レーザー砲が出来ると良いねぇ。アニメの見過ぎだな。

北朝鮮の長距離砲弾を迎撃 新対空防衛システム開発中=韓国軍

10/16(月) 11:25配信

【ソウル聯合ニュース】韓国軍当局がイスラエルの対空防衛システム「アイアンドーム」の韓国版として、北朝鮮の長距離砲の砲弾を迎撃するシステムの開発に取り組んでいることが16日、韓国軍合同参謀本部が国会国防委員会に提出した資料で明らかになった。

リンク切れ

イスラエルが開発した対空防衛システム「アイアンドーム」だが、これも作れという話になっている。

何というか、予算付けてやれよ。

もちろん、レーザー砲はアメリカ軍で研究が進んでいて、近い将来には実戦投入可能であるとされているし、アイアンドームはイスラエル開発の兵器ではあるが、ミサイル砲の迎撃などに効果を発揮しているという。ただそれは、無事に開発出来れば、の話だし、そもそも火砲が撃たれたことを早急に察知できないと話にならない。

そんなわけで、一応、韓国軍も、対法兵レーダーと呼ばれる装備を持っている。

AN/TPQ-37

AN/TPQ-37対法兵レーダー「アーサー」である。

韓国、北の「挑発原点」打撃するはずが…レーダー作動せず

2014年05月24日09時38分

  22日、北朝鮮軍が西海(ソヘ、黄海)北方限界線(NLL)付近で韓国海軍哨戒艦を砲撃する間、韓国軍の対砲兵レーダー「アーサー」(Artillery Hunting Radar)が作動していなかったことが確認された。23日にも韓国軍は北朝鮮の正確な砲撃位置を確認できなかった。ただ、艦砲射撃ではなく、北朝鮮の茂島や黄海道海岸に配置された海岸砲である可能性が高いと推定しているだけだ。

「中央日報」より

「些細なことで故障」対砲レーダー…「不良機器」の導入疑惑

記事入力2015-04-18 20:32

北朝鮮の奇襲砲撃に備えて、韓国軍が導入した新型レーダー装置がささいなことで故障することが確認されました。

「MBN]より

この対法兵レーダーは、スウェーデン製の装備らしく、世界でもそれなりに売れている装備のようだ。

もちろん、性能も折り紙付きのはずなのだが……、韓国軍が使うと何故か問題多発。

「過負荷のため、24時間監視ができない」とか、「故障が頻発する」とか。実際に大切なときに働いていなくて問題視されたケースもあり、割と深刻な問題ではあるようだ。

で、ここからいつものお得意のパターンが始まり、自主開発する流れになる。

もはや様式美と言わざるを得ない安定感である。

そりゃね、自主開発をし、自国で生産できるようになること事態は悪いことではない。だが、それにどれだけ時間とコストがかかるのやら。挙げ句の果てに失敗したのでは、目も当てられないぞ。まあ、失敗するところまでが様式美なのかもしれないが。

リストに戻る

コメント