お笑い韓国軍(陸軍編第一部)

陸軍

K-9 155mm自走榴弾砲

K-9 155mm自走榴弾砲「雷鳴」は、韓国陸軍歩兵隊の主力兵器である。もちろん、韓国の名品武器でもある(笑)

K-9自走榴弾砲

自走榴弾砲のキホン

自走榴弾砲というのは、戦車に似てはいるけど、装甲で防御力を重視した戦車よりも移動する砲台、という位置づけで使用されることが多い。

戦車が前線で相手を蹂躙するのに使われるのに対し、自走榴弾砲はロングレンジで榴弾をぶっ放すのに使われる。よって、戦車よりはその重量も軽いことが多いようだ。

が、韓国製のこの自走榴弾砲は、車重が比較的軽いと思われるにもかかわらず、パワーパックに問題有り。困ったものだね。

それでもまあ、韓国軍の中では比較的成功した部類の兵器と言って良いだろう。

役に立たない榴弾砲

2010年11月、韓国軍を震撼させる事件が発生する。北朝鮮が、韓国側の領土である延坪島を砲撃してきたのである。この時さっそく配備されていたK-9が駆り出されたのだが、6門のうち3門が故障して使い物にならなかった。

なにしてたん!

更に、その時の実績が、砲の命中率、80発中3発命中という、素晴らしい実績。うわー、凄いなー(棒)

韓国軍“名品武器”K-9、80発中わずか3発命中

2010年12月03日09時52分

先月23日の北朝鮮による延坪島(ヨンピョンド)攻撃に対応して、韓国軍が発射したK-9自走砲80発の砲弾の相当数が、北朝鮮の軍事施設でないところに落ちたことが明らかになり、論議を呼んでいる。 

~~略~~

  しかし延坪島海兵部隊のK-9自走砲対応射撃は期待に及ばなかったという指摘が出ている。全体80発を発射し、商業衛星を通して現在まで命中したと判読されたのは3発にすぎないからだ。対砲兵レーダー(AN/TPQ-37)が正常に作動しない点まで考えると、批判は避けがたい。K-9自走砲は韓国軍が‘名品’武器に選定し、海外輸出を推進してきた武器だ。北朝鮮軍もK-9自走砲の威力を警戒してきた。

「中央日報」より

そして、その後、サムスンテックウィンというK-9を生産している会社が、パワーパックの中古品を新品に見せかけて軍に納品したとして家宅捜索されたそうな。

砲の中核部品は、規格外の材質で作られているそうだ。強そうだな!規格外(笑) 

 上陸作戦で使うはずが池で浸水して沈没し、死者1人を出す事故を起こした水陸両用装甲車K-21で268件の偽造が見つかったのをはじめ、K-9自走砲で197件、新型のK-2戦車で146件など、同院の摘発は2749件にものぼった。チェ・チャンゴン同院院長は「これらの業者は公認機関が発行する試験成績書を偽造したり、すでに発行した試験成績書の点数や日付を変造して提出した」と説明。まるで正規部品の方が少ないのではと思わせるような実態だった。

「産経新聞」より

偽装品だけで作り上げられた自走砲って……。

規格外の材質で製造、兵器品質管理監査で明らか

2011-5-5 17:32:48

監査院が韓国軍の主要兵器を対象に最近行った品質管理実態監査によると、韓国製のK9自走砲とK10弾薬運搬車の動力伝達装置に使用されるギアの部品が、国防規格とは異なる材質で製造されていたことが分かった。これは監査院が4日に発表した。
 監査院はこの結果に基づき、計490台以上のK9とK10に使 われている問題の部品1960個以上を全て交換するよう指示した。また、当局の承認がないまま勝手に部品の材質を変更したメーカーS社については、検察に 捜査を依頼した。防衛事業庁に対しても監督を怠った責任を追及し、注意措置が下された。今回の監査は、最近になって国産のK系列兵器の不良報告が相次いで いることから、それに伴う特別監査として行われたという。

ctia.com|リンク切れ

記事では「メーカーS」と書かれているんだけど、これがサムスン・テックウインのこと。

ピニオンギアの素材に安いモノを使ったという話なのだけれど、これが原因で事故が発生した疑いもあるだけに、しゃれでは済まされない。

CPUは386

また、搭載されるCPUは、インテルの386だとかいうニュースもあった(笑)

韓国軍のK-9自走砲は時代遅れ?10年前のCPU搭載=韓国

2011/09/21(水) 10:11

韓国産の最新式K-9自走砲に内蔵されているCPUが10年前のものであることが分かった。韓国国会国防委員会のキム・ジャンス議員が19日に明かした。韓国メディアは相次いで報道し、維持補修や海外輸出に懸念を示した。

archive.todayで保存された「サーチナ」より

ああ、もちろん古いCPUだからって馬鹿にしてはいけない。昔のCPUは今のCPUに比べて配線が太い分熱や振動に強いし、複雑な計算をさせないのであれば十分にそれで性能は足りる。でも、韓国だからなぁ……。

ちなみに、 延坪島を砲撃 事件の後に分かったことだが、K-9のカタログスペック的には1分間に6発の榴弾が撃てる事になっているが、実際には3分も使うと砲身が熱くなりすぎて1分間に1発しか撃てなくなる特殊仕様であることが判明。なんと!計算が遅くても大丈夫だった?!

もちろん、榴弾を発射すれば砲身が炸薬や摩擦の影響などで熱くなるのは道理なんだけど、冷却が追いついていないからこんな事になる。カタログスペック詐欺はダメだよね。

K-9にはK-10装甲弾薬運搬車というのがお供についてくるが、K-9同様にパワーパックに欠陥を持っているというお粗末さ。いやはや。

弾のストックも少ないことが問題視される

しかし、問題はそれだけでは無かった!

韓国軍:「K9自走砲の予備弾薬、戦時には6日で在庫切れ」

記事入力 : 2014/10/15 11:31

韓国陸軍の主力自走砲K9は、実際に戦争が起こった場合、特殊目的弾の予備弾薬が足りず、戦争開始から1週間以内に無用の長物と化すとの指摘がなされた。

~~略~~

韓国陸軍砲兵の最新型自走砲K9の「HE-BB(低抵抗〈ベースブリード〉榴弾〈りゅうだん〉)」と「DPICM-BB(低抵抗2用途改良型通常弾)」は、戦争開始から5-6日で在庫が底を突くことが分かった。

リンク切れ

K-9用の特殊砲弾はクラスター方式の弾だ。韓国はクラスター爆弾禁止条約を批准していないので、この手の兵器は沢山持っているようだ。が、なかなか試射できる訓練場の確保は難しいらしい。

60万発配備した自走砲用特殊目的弾、1発も射撃訓練できず

記事入力 : 2014/10/21 10:23 

およそ2兆ウォン(現在のレートで約2019億円)を投じてK9自走砲用のDPICM弾(2用途改良型通常弾)「K310」を約60万発配備した韓国陸軍が、「射撃場がない」との理由で、10年以上にわたり1発もK310を使用していないことが明らかになった。

リンク切れ

さらに、実践でも使いドコロが難しいの分かるんだけど、そもそも予備弾薬が少ないって言うのはかなり致命的なような……。

とまあ、K-9はどこからどう突っ込んで良いか分からないほどネタ満載の武器。

K-9輸出される

ところが、こんな武器を輸入したいという国が現れたからビックリである。世の中分からないものだな。

その奇特な国はポーランドだ。

ポーランド軍、最初はもっと高性能なドイツ製の自走砲を購入するつもりだったらしいのだけれど、数を揃えたかったらしい。何しろ、K-9は他国の自走砲と比べて価格が安い。韓国国内で800輌も作られ、1台あたり37億ウォンと、日本やドイツの自走砲に比べても半額以下とお買い得(笑)である。

韓国型K9自走砲 ポーランドに輸出へ

2014.12.11 10:24

【ソウル聯合ニュース】韓国が独自開発したK9自走砲をポーランドに輸出する計画が推進されている。軍消息筋の話で11日、分かった。
 同筋は「このほどサムスングループからハンファグループに売却されたサムスンテックウィンが、今月中にポーランドとK9の輸出契約を締結する予定だ」と明らかにした。

聯合ニュース 」より

K-9自走砲40台フィンランドの輸出迫る

入力2016.06.02 04:40

国内技術で開発されたK-9自走砲40台がフィンランドに輸出される。
両国はこれを含む軍事協力案を盛り込んだ覚書(MOU)を1日に締結しました。
軍消息筋はこの日、「フィンランド約40お問い合わせ中古K-9自走砲を輸出する契約件ほぼ終わりに達した」とし「近いうちに契約が成立する予定」と話した。

「韓国日報」より

ただ、この話も順調に輸出されれば問題は無かったのだが、いざポーランドに輸出されたら、何故か韓国から砲台を備えない状態で輸出されたと報じられた。そして、ポーランドでは自走砲がトルコから輸入したと報じられる

実は、トルコは韓国からK-9のライセンス生産の許可を受けたうえで、トルコ陸軍の仕様に合うように改良されT-155Firtinaと呼ばれる自走榴弾砲を生産している。

トルコ製の自走砲T-155は、原型K9よりも10t以上重いものの、信頼性は向上し価格面での恩恵もあったのだとか。T-155はパワーパック以外のサブシステムは全てトルコで生産され、パワーパックは独MTU社製のMT881KA-500を韓国STX社がライセンス生産して供給と言う事になっているとされる。

……つまり、ポーランドに輸出されたのはK-9ではなく、実質T-155だったのではというお話。

流石のポーランドも、安くても的に当てられないようなショボイシステムは欲しくなかったってことかな?

韓国のK9ミサイル インド軍が大量注文

Japanese.china.org.cn | 13. 10. 2015

イギリスの『ジェーン・ディフェンス・ウィークリー』の10月8日の報道によると、インド国防部は、インド陸軍に8億ドル相当の韓国サムスン製のキャタピラ式自走榴弾砲を導入することを決めた。

「china.org.cn」より

なお、インドが2015年にこのK9を大量購入する予定というニュースが報じられていたが、2019年現在、色々な報道を見ているとどうやら現地生産という事になったようだ。続報はまた記事にしておこう。

他にもフィンランドとエストニアも買ったとか何とか。でも、何故か中古品を売っているんだよね。

K-9絡みの不正発覚

そして、韓国ではもはやお約束というか伝統芸能的な不祥事が発覚する。

韓国陸海軍の主力砲に米国製に偽装した部品の納品疑惑

2016年04月05日13時28分

 北朝鮮の挑発に対応する陸軍と海軍の主力砲に原産地を偽装した部品が納品された端緒を捉え検察が捜査中だ。

「中央日報」より

アメリカ製と偽った部品がK9にも使われていたというのである。この程度のことは、韓国軍では日常茶飯事で、その他、多くの兵器にも使われているので騒ぐような話でも無いかもしれないが、前線に立たされる兵士にとってはたまったものではないよね。

……そして、とんでもない事件が起きる。

K-9自走砲爆発事故で7人死傷…死亡2人に=韓国

2017年08月19日11時24分

 中部戦線最前方でのK-9自走砲射撃訓練中に発生した18日の爆発事故の死亡者が2人に増えた。軍当局は爆発事故で負傷して国軍首都病院で治療中だったチョン一等兵(22)が19日午前3時8分ごろ死亡したと伝えた。死亡したのはイ中士(27)に続いて2人目で、5人は国軍首都病院で治療を受けている。 

「中央日報」より

これさぁ、偽装部品の影響とか無かったの?

ニュースを読む限りでは、薬室内に装薬(砲弾を飛ばす推進火薬)のカスに火が付いたとあるので、ネジが影響する話では無いのかも知れない。

でも、こんな話があったら輸出にも影響が出そうなんだけど、どうなんだろ?

K9A1にアップグレードされる

さーて、こんな感じの大活躍をしているK9戦車だが、流石に型遅れであることが気になるらしく、近代化を進めたこともあってK9A1戦車にアップグレードされたようだ。

ザックリ説明しておくと、以下の項目を手に付けたんだという報道だった。

  • 自動消防システムの改善 INS + GPS(位置確認装置)
  • ドライバーサーマルペリスコープ(操縦手夜間潜望鏡)
  • 補助電源ユニット(補助動力装置)
  • 自動射撃統制装置のOS交換(Windowsへ)
  • リアカメラ

おっと、Windowsを搭載しちゃったぜ!

……にしても、この項目にはデータリンクに関わる話が書かれていないんだけど、データリンクに関しては相変わらず採用していないのだろうか。

そこが一番近代化で大切な気がするんだけど、次回に先送りかな?なにやら、次回は部分的に無人化するとかいう話があるらしいけど、本当に出来るの?

リストに戻る

コメント

  1. 7743 より:

    飛虎のセンスに共感を感じることができないのは同意ですが、
    「神弓」を笑うのはどうかと。
    日本もX-2に神心と愛称つけましたし、西洋側も結構やらかしてますし(イージスシステムなんてもろギリシャ神話からですし)

    とはいえ、古事記の時代から神話が伝え続けられ、宗教ではなく文化として浸透してる日本と、その辺すっぽり抜けてて大半が自称キリスト教なあちらさんでは名付けの根拠や重みも違うのかもしれませんが…

    • 7743 より:

      あ、すみません
      K-30のところに書こうとして間違えました

      • 木霊 より:

        えーっと、まあ、コメントの中身からしてもその趣旨は理解出来ると思いますので、このままで。

    • 木霊 より:

      「神弓」というセンスに関して、「心神」という愛称を引き合いに出すのは違和感を覚えます。「心神」は、公式のものではなく、部内の一部で使われたものらしいですから。
      さておき、個人の感性に関してこれ以上言及するのは詮無きことです。
      そういう意味では、韓国のセンスに言及すべきでは無かったのですが……。

      すべきではないのですが、「神弓」の名を冠しているにもかかわらず、この微妙な感じの性能というのが、正直な感想です。頑張って性能を磨いて欲しいですね。