お笑い韓国軍(空軍編第一部)

空軍

KT-1「雄飛」

最初に紹介するのは、韓国で開発された初等訓練機である。

初等訓練機は高性能?!

初等訓練機KT-1「雄飛」

パイロット養成には訓練機と呼ばれる飛行機が使われる。実際、民間でもセスナから練習するなんて話は聞く。当然、空軍にも初等訓練機は必要だ。

そこで、開発されたのがこのTK-1「雄飛」だ。

この飛行機、韓国にしては珍しく韓国国内で設計が行われた事になっているのだが、韓国初の航空機という事もあって、当初は「スイスのピタラス・エアクラフト社のPC-9をライセンス生産しよう」という話が持ち上がっていた。

ところが、何故か国内設計に切り替わって、その設計は韓国国防科学研究所(ADD)がやる話になる。

愛国心に設計されたT-50、1000台「輸出可能」

登録2015.03.01 23:42:14

韓国が初めて航空機開発をしようと準備したとき、大韓民国に航空機の設計をして見た人がいなかった。だから、スイスのP 社の航空機設計技術を学んで来い技術者を送った。これ大韓民国航空機独自開発の始まりだった。

「gdnews」より

この記事ではT-50高等練習機との開発秘話に絡めてKT-1初等練習機の設計に苦心した事も書かれている。

スイスに飛んだ私たちの技術陣は、技術流出を懸念したスイスのP社が工場に入場する際にメモが出来ないように筆記具持参を禁止した。すると、我々の技術者はタバコを「メジャー」の代わりに使用して、様々な大きさを測定した。各穴にタバコを入れておおよそのサイズを測って、休み時間にトイレで手帳に記録し、これを夜にホテルに戻ってきて韓国にファックスで送って設計に反映させたものである。

「gdnews」より

これ、もしかして「スイスP社から学んだ」じゃなくて「スイスP社から盗んだ」だよね?!「おおよそのサイズ」でOKという辺りも実に韓国らしい。

そんな感じで苦心して設計した上で、大宇工業が試作をした。そして、練習機としては高性能と評判らしい。試作機段階で、アメリカ人パイロットが「操縦するのが不可能な、キチガイ飛行機」という感想を述べたという逸話があるくらいだ(2007年8月7日付朝鮮日報紙:ソースは見つからず)けどね!

また、このTK-1、初等練習機としては性能が高く設定されているようで、韓国空軍ではロシア製の練習機を前段階の初等訓練に使っているのだとか。

何のための「初等訓練機」かと(苦笑

COIN機として輸出される初等訓練機

さて、このKT-1は性能が高めに設定されているお陰で、中南米にはCOIN機(対暴動用に使われる)として使う為に輸出されるケースもある模様。

まあ、COIN機とはいえロケット砲くらいは装備できるらしいから、使い勝手は良いのかも知れない。

韓国が生産のKT-1訓練機20機をペルーに輸出

2012年11月07日09時11分

韓国の技術で生産した空軍基本訓練機のKT-1がペルーに輸出される。韓国航空宇宙産業(KAI)関係者は6日、「ペルー空軍の訓練機交替事業にKAIが生産するKT-1基本訓練機20機を輸出する契約をした」と明らかにした。KT-1が10機と、KT-1に機銃を装着し軽攻撃が可能なKA-1が10機輸出される。金額は総額2億ドルに上る。 

「中央日報」より

どうやら、輸出先で製造するプランを含めて提供するパターンが多い様で、その辺りに旨味を感じての採用という事のようだな。袖の下も渡っているかも知れない。

韓国・ペルー国防相 練習機KT1事業など協議

2013.11.27 18:10

韓国の金寛鎮(キム・グァンジン)国防部長官は27日、ソウルの同部庁舎でペルーのカテリアノ国防相と会談し、国防分野での交流や防衛産業の協力策について協議した。

~~略~~

 金長官は会談後に行われた記者会見で「KT1事業は両国が初めて進める大型の防衛産業協力事業。販売だけでなくペルーでの部品組み立てや技術移転まで行う共同協力事業だ」と述べた。

聯合ニュース 」より

正直、韓国軍との防衛協力と言われても、ペルーに旨味があるとは思えない。どちらかというと技術が欲しいのだろう。

韓国の訓練機KT-1、トルコに15機を追加輸出

2014年11月26日08時54分

 トルコに向けて、韓国の技術で作った空軍訓練機KT-1(トルコ名:KT-1T)を追加輸出することになった。 

~~略~~

 トルコが再購買を決めたのは、また別の理由がある。防衛産業業者の消息筋によればトルコは2010年にKT-1を40機輸入しながら現地の組み立て生産を条件に掲げた。今後、自国での製作を念頭にした契約だった。空軍関係者は「何回か試みた末に生産に失敗するとトルコ政府は結局、KT-1を再び購買する結論を出したという」と伝えた。 

「中央日報」より

しかし、何と言っても韓国製である。

ペルーやトルコは、高い勉強代を支払うことにならなければ良いんだけどな。

[取材ファイル]空軍KT-1エンジンの火災… 購入国に徹底閉口

2016.04.02 11:57

先月9日、空軍第3訓練飛行団所属国産基本訓練機KT-1が順天湾上空を飛行していた際にエンジン故障を引き起こした。パイロットが上手に無動力滑空して四川省飛行場に緊急着陸させたからよかったものの、人命被害が発生しかねない状況でした。

韓国メディア「SBS news]より

……早速、この調子なのだから先が思いやられる。

スペインへの輸出話は頓挫した模様

実際に、「冒険しちゃう?」というノリで選んだスペインも、どうやら躊躇している模様。その辺りはこちらの記事で。

たかだか20機程度の話なんだけど、競合他社の方が優秀な練習機を作っているんだから、スペインは選ぶメリットが薄い。

そこへ来て製造ラインに不安があるというのだから、まあ、流石のスペインも躊躇しているみたいだね。

KT-100「ラナオン」

で、こちらは正真正銘の入門機らしい。

初頭訓練の前の入門機

KT-1「雄飛」は初等練習機という位置づけでありながら性能が高く入門機では無い。そんな理由から、これまでは軽訓練機としてロシアのT-103(II-103)を運用していたらしいのだけれど、これも国産化したいとして、韓国初の国産民間機KC-100を改良して作ったのがKT-100である。

しかし入門訓練機なのに「何故か4人乗り」の仕様である。二人乗りじゃダメなの??

この飛行機、初飛行が2015年で、空軍に引き渡されたのは2016年4月のこと。

これで、KT-100 > KT-1 > T-50という流れで全て韓国産練習機による訓練ができる!と、そういう話だった……ハズなのだが、そこは韓国である。

なお、国産とは言いつつ、エンジンはKC-100、KT-100共にTSIOF-550というコンチネンタルIO-550シリーズのターボチャージャー仕様を採用している。エンジンを外国産のものにしたというのは堅実な判断ではあるけれど、相変わらず「韓国国内で組み立てただけ」という仕様なんだな。

トラブル続出だけど大丈夫

ただ……、満を持して作られたKT-100練習機も、軍に納品されてからトラブル続出という状況らしい。

韓国空軍の新入門コース用練習機、KT-100が初飛行

配信日:2015/10/06 21:25

コリア・エアロスペース・インダストリーズ(KAI)は、2015年10月5日、慶尚南道泗川空港で、KT-100練習機初号機が初飛行したと発表しました。

「 FlyTeam 」より

たった3ヶ月でこの始末だ。

欠陥だらけの韓国産訓練機に「テスト段階なので」とメーカー=韓国ネット「『国産』と付いた途端すべてがごみに」「この国はどこから間違った?」

配信日時:2016年7月28日(木) 8時0分

2016年7月27日、韓国・イーデイリーは、韓国のメーカーが開発した空軍士官学校の飛行訓練機「KT−100」について、オイル漏れやエンジン始動の不具合など安全を脅かす欠陥がいくつも見つかったと報じた。 

「 Record china 」より

まあ、もともと民間国産機だったKC-100からして、セスナのパクリと言われ、海外輸出がふるわず、仕方なく空軍に下ろしたみたいな所がある。元になったのはシーラスのSR-22という機体だという噂はあるけど、何れにしてもバグ出しが不十分だったんだな。

オイル漏れ、エンジン始動不良、エンジン不安定、ブレーキの異常加熱などなど。エンジン周りのトラブルやブレーキ関連のトラブルは安全性に大きな影響がある。詳細については不明だが、どう考えても「初心者」に飛ばせる機体としては不十分に思える。

最初に納入した4機全てにトラブルが発生したのも見事としか言いようが無いが、2016年度注には23機が予定通り導入される予定の模様。

不安しか無いな。

コメント