今こそ韓国大統領専用機を買うニダ!

空軍

「エアフォースワン」という言葉を聞いたことがあるだろうか?アメリカ軍の保有する大統領専用機の事を指して使われることがあるが、実際にはコールサインで、アメリカ大統領が搭乗している機体に使われるものである。

で、現在のエアフォースワンに使われるのはVC-25(ベースはボーイング747)が該当する。なかなか高価な機体らしいけど、2021年までに後継機の導入が計画され、2023年までに納入される予定となっているが、現状ではVC-25が使われている。

一方、日本の場合は政府専用機が用意されていて、航空自衛隊が維持管理している。アメリカの大統領専用機とは少々運用が異なるのだが、日本の総理大臣も利用ができる。やっぱりボーイング747がベースになっている。いたが、2019年4月にB-777-300ERに更新されている。

ところが、韓国は政府専用機を持っていないんだよね。

韓国大統領専用機、今度は購買か…「ボーイングなどに資料要請」

2020.05.26 16:05

韓国政府が大統領専用機の購買を念頭に置いて主要航空機メーカーに関連資料を要請したことが25日、確認された。盧武鉉(ノ・ムヒョン)、李明博(イ・ミョンバク)政権で購買の動きがあったが実現しなかった「韓国版エアフォースワン」の購買を、現政権の任期内にまた推進するということだ。

複数の政府筋によると、政府は最近、ボーイングやエアバスなど航空機メーカーに大統領専用機に適した機種などに関する資料を非公開で要請した。

「中央日報」より

実は韓国大統領はリース品なのである。そういう意味では、「専用」というのはちょっと嘘だよね。

スポンサーリンク

大韓航空が貸す旅客機

長期リース契約

え?あるんだよね?と、思われる人も結構いると思う。

韓国大統領専用機でクルーズ船乗客が帰国、隔離生活へ

2020.2.19 07:31

新型コロナウイルスの感染が広がったクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に乗っていた韓国人乗客ら7人が19日、韓国政府が日本に派遣していた大統領専用機でソウル西方の金浦(キムポ)空港に到着した。

「SankeiBiz」より

なにしろ、今年の2月にもこんな記事があった。

ecb2002190731003-p1

こんな奴である。

現在、空軍1号機は2001年に製作されたB747-400機種で、大韓航空所属の旅客機を借りて改造したものだ。この専用機は李明博政権当時の2010年2月に5年間・1157億ウォンという長期リース契約で導入され、2015年にも5年間で1421億ウォンで再契約された。予定通りなら2020年3月に契約が満了するが、新しい事業者を決められず、現在は2021年3月まで契約が1年間延長した状態だ。

「中央日報」より

あれ?記事とちがくね?プロペラ付いてるんじゃん!

実は、上の武漢肺炎騒ぎで韓国政府が用意した大統領専用機は、CASA CN-235がベースとなった機体で、VCN-235と呼ばれる韓国空軍3号機である。実は、大統領専用機というのは誤報だったんだよね。

【コラム】コロナ避難の韓国民帰国便…中国には民航機・日本には軍用機、なぜ?(1)

2020.02.19 07:45

韓国政府が18日、日本に「空軍3号機」であるVCN-235を送った。新型コロナウイルス感染症(コロナ19)のために、横浜港に足止めされていたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」号の韓国国籍者を帰国させるためだ。空軍3号機は空軍の輸送機であるCN-235を主要要人(VIP)が座れるように改造した機体だ。「政府輸送機」とも呼ばれているが、厳密に言えば空軍所属の軍用機だ。

「中央日報」より

その辺りの事情は中央日報が報じている。要は、韓国の大統領専用機はリース品だし民間から借りてくることも出来ないから、直ぐに調達できるVCN-235を使ったよというお話なのだ。

繰り返される入札

でまあ、やっぱり専用機が欲しいよねと言う話になって、韓国大統領としてムン君が「欲しい!」と言い出したんだよね。

政府が購買を考慮し、今後5年間のリース事業者を決める作業も遅れている。昨年6回、今年1回の計7回実施された「空軍1号機第3次長期リースサービス」公開入札では入札者がなかった。18日の8回目の入札結果発表はまだ出ていない。

航空会社は採算が合わないという理由で専用機リース事業に消極的だ。軍関係者は「これまでの7回とは違い、今回は大型航空会社が参加の意思を表明したと聞いている」とし「政府内で購買案が議論され、開札を延ばして状況を眺めている」と話した。

「中央日報”韓国大統領専用機、今度は購買か…「ボーイングなどに資料要請」”」より

ただまあ、そこには止むに止まれぬ事情という奴もあるようだ。

何しろ、長期リースの入札を何度やっても金額的に折り合いが合わないらしいのだ。まあ、航空会社としてもやりたくはないだろうし、今、韓国の航空業界はかなりヤバい。

大韓航空640億円の赤字 1~3月期、入国制限響く

2020/5/15 18:47

大韓航空が15日発表した2020年1~3月期の連結最終損益は7368億ウォン(約640億円)の赤字だった。新型コロナウイルスに伴う入国制限で旅客数が減り、前年同期の1169億ウォンの赤字から赤字幅が拡大した。4月以降の運航便数は9割減の状態が続いており、4~6月期の業績は一層深刻になる見通しだ。

「日本経済新聞」より

大韓航空も例に漏れず赤字である。だから、安値で入札など以ての外なのだ。

買っちゃえば良いんじゃね?

そもそもリースのメリットと購入のメリットを天秤にかけると、購入の方が良い点もある。

別の政府筋は「政府が購買機種として現在の保有機種のB747の代わりにB777を導入することに大きな関心を見せている」と伝えた。

当初、政府は生産終了手続きを踏んでいる現在のB747-400の代わりに新しい専用機機種として規模が大きくて飛行距離が長いB747-8に注目したという。特にB747-8はエンジンが4つであり、1つが停止しても飛行できるという長所がある。しかしB747-8を収容できる空港が世界に多くないうえ、1機あたり価格が1兆ウォンを超えるという点で、中型機を導入する可能性が高い。

軍関係者は「B747がエンジン4つを搭載し、安全性の面で好まれた」とし「しかしB777のようなエンジン2つの双発機も長期間運用され、燃料の効率性はもちろん安全性が検証された」と話した。日本は昨年、B747からB777に首相専用機を変更している。

「中央日報”韓国大統領専用機、今度は購買か…「ボーイングなどに資料要請」”」より

何より、今がチャンスだ。

ボーイング20年1-3月期、2四半期連続で最終赤字 787は生産半減

2020年4月30日 06:11 JST

ボーイングが現地時間4月29日に発表した2020年1-3月期(第1四半期)決算は、純損益が6億4100万ドル(約684億円)の赤字(前年同期は21億4900万ドルの黒字)だった。売上高は26%減の169億800万ドル、営業損益は13億5300万ドルの赤字(同23億5000万ドルの黒字)、年金や退職金給付の経費を除外した中核営業損益は17億ドルの赤字(同19億8600万円の黒字)と、大幅な減収減益になった。最終赤字は2019年10-12月期から2四半期連続となった。

「Aviation Wire」より

お安く買えるかも知れない!

安全面には不安も残る

ただまあ、韓国軍はいつものケンチャナヨ精神を発揮して、整備に手抜きをする可能性は否定できない。

何より、空軍よりも民間の方が給料が良いので、優秀なパイロットは海外流出する有り様である。韓国空軍のパイロットが安全に航空機を運航できるかは若干不安が残るところである。

共に民主党の趙承來(チョ・スンレ)議員は10日、青瓦台に対する国会運営委の予算案上程全体会議で「2020年には大統領専用機賃借契約が満了する」とし「入札と企業選定に1年、実際の製作に2、3年かかることを考慮すれば、来年上半期までには購入するか賃借するか結論を出さなければいけない」と提案した。これに対し任鍾ソク(イム・ジョンソク)秘書室長は「この6カ月間経験した結果、非常に重要な問題だと考える。安全の問題だけでなく、動く事務室としても考えるべき」とし「自ら判断するのは非常に難しいため、国会で議論があれば積極的に検討する」と答えた。

「中央日報”文大統領は1機の「チャーター機」、安倍首相は2機の「専用機」使用”」より

そして、購入しても直ぐに使えると言うわけでも無い。将来を見越せば持っていても良いとは思うが、リースであるメリットもある。

果たして、ムン君は悲願である大統領専用機の購入を実現出来るのか?

追記

続報が出た。早かったなー。

韓国大統領専用機交代へ 約260億円で5年間賃借契約

2020.05.29 16:58

韓国の国防部は29日、大統領専用機の空軍1号機として、大韓航空と「ボーイング747―8i」を5年間(2021~26年)賃借する契約を結んだと発表した。

「朝鮮日報」より

えーっと、前回のが1421億ウォンで5年間契約だったのだが、今回は……。

5年間の賃借料は3003億ウォン(約260億円)だ。10年の1157億ウォン、15年の1421億ウォンに比べ、2倍以上増加した。国防部当局者は「新型航空機の機体価格が以前よりはるかに高い上、物価上昇率などが反映され、賃借料も上昇した」と説明した。

「朝鮮日報」より

ありゃ、値上がりしているね。やっぱり買った方が良かったんじゃ無いの?

一方、政府が大統領専用機の購入を検討しているとの報道については「現在、検討していない」と否定した。

専用機購入までは6~7年がかかるほか、国会での予算成立などをの手続きを考慮すれば、現実的に容易ではないとの見方が多い。過去の盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権と李明博(イ・ミョンバク)政権当時も大統領専用機の購入を検討したが、実現しなかった。

「朝鮮日報」より

どうやら、青瓦台は「大統領選僚機購入?アレは誤報」という主張のようだね。まあ、どちらにしてもムン君が乗れないのだから興味は無いということかもしれない。

……いや、そんな事を言っていると、未来永劫買うことは不可能なんだけどさ。

コメント

  1. ブログ本文の趣旨には、それほど影響しないと思いますが、昨年より日本政府専用機は『777-300E』が使用されていると思います。

    僭越ながら、ご指摘させていただきます。

    • ありゃ、すっかり忘れていました。
      そう言えば、787を買うか777を買うか、それともエアバスA350MAXを買うかとかいう話がありましたね。
      既に更新していたことをフォローできていませんでした。ご指摘感謝。

  2. 南朝鮮はこの際、COMAC C929を採用したらいいと思う

    • COMAC C929って何かと思ったら、ロシアと支那で作っている航空機でしたか。
      いやー、ボーイングもうかうかしていられませんね!
      韓国も、良い機体に目をつけ……、てはいないんでしょうけれど、売られるようになれば買いそうですね。

  3. >「エアフォースワン」という言葉を聞いたことがあるだろうか?アメリカ軍の保有する
    >大統領専用機の事を指して使われることがあるが、実際にはコールサインで、アメリカ
    >大統領が搭乗している機体に使われるものである。

    細かい話ですが・・・

    「エアフォースワン」は、アメリカ大統領が搭乗している空軍が運用する機体のコールサインです。
    昨年、トランプ大統領が国賓として来日したとき、ヘリコプターも持ち込まれました。そのヘリコプターは海兵隊が運用しています。なので、コールサインは、「エアフォースワン」ではなく、「マリーンワン」となります。

    なお、海軍運用の機体の場合は「ネイビーワン」、陸軍運用の機体の場合は「アーミーワン」となるそうです。

    • なんか、誤解が多いようなので、補足します。

      「大統領専用機=『エアフォースワン』」ではないです。

      「エアフォースワン」「マリーンワン」「ネイビーワン」「アーミーワン」は、「アメリカ大統領が搭乗している」場合にのみ使われます。
      同じ機体でも、アメリカ大統領が搭乗していない場合(=通常時)は、別のコールサインが使われます。

      ハリソン・フォードの主演の「エアフォースワン」という映画があります。
      (全編視たわけじゃないですが、最後の「オチ」だけ視ました)
      ザックリまとめると、大統領専用機がテロリストに襲われ不時着します。最終的には、MC-130に大統領(ハリソン・フォード)は救出されます。
      最後の台詞です。

      「今から、この機が『エアフォースワン』だ!」

      で、歓声があがって終わりというオチでした。
      (意味、説明しなくてもわかりますよね)

    • ご指摘感謝。
      そのつもりで書いたのですが、確かにその様には読み取れない表現ですよね。ちょいと改めたいと思います。

  4. 大統領専用機(エアフォースワン)は2機体制で、有事に大統領執務室の機能を備えているはずです。
    更新中のボーイング747-8は1機増え2013年から3機運用予定とか。
    さらに、「エアフォースツー」と呼ばれるC-32A(ボーイング757-200)をバックアップ用として6機運用しているはず。

    日本はボーイング777-300ER×2機に更新したばかりですが、既に運用中で指令室機能は極秘なんでしょうけど、アメリカに準じているんじゃないかな。

    つまり、定期整備期間や万一不測の事態に備え2機併用が原則だと思います。

    南朝鮮は大韓航空からのリース機B747-400×1機しかなく、B737-300×1機(航続距離不足)を予備機で運用してたと思いますが、単に座席が広く対空ミサイル機能だけで戦略機能がない人員輸送機って感じじゃないかなァ~。
    つまり、大統領専用機とは名ばかりで、いつもの見栄張り癖だけって事。

    本気でやるつもりなら空軍所属で2機を専用機に相応しい装備で調達するしかないのでは?
    しかし、ご指摘通り不安というかクリアするハードルは結構高い気がしますね。
      ↓
    >ただまあ、韓国軍はいつものケンチャナヨ精神を発揮して、整備に手抜きをする可能性は否定できない。
    >そして、購入しても直ぐに使えると言うわけでも無い。

    G20とか日程が決まっている会議に整備不良でフライトできず、民間機で移動なんて事になったら世界に大恥を晒すわけですもん。

    P.S.
    どうやらB747-8iの5年リース契約となるニュースが出ていましたね。

    • 韓国の大統領専用機は、空飛ぶ執務室ではなく、逃走用だから。
      ヤバくなったら国民ほったらかして逃げるのは伝統。