韓国製の多連装ロケットをポーランドが爆買い

陸軍

ポーランドの勇気を褒め称えるべきか、韓国のセールスの巧さを褒め称えるべきか。

米の高機動ロケット砲より強力…韓国製多連装ロケット砲、ポーランドに300門輸出

記事入力 : 2022/10/17 10:34

米国の高機動ロケット砲システム(HIMARS)がウクライナ戦争でロシア軍に正確な攻撃を加えているが、これよりも強力とされる韓国製多連装ロケット砲「天舞」約300門がポーランドに輸出される。輸出額は発射車両とロケット弾やミサイルなどを合わせて50億ドル(約7400億円)に達するとみられる。ポーランドとは先日戦車「K2」、自走砲「K9」、軽攻撃機「FA50」など総額25兆ウォン(約2兆5700億円)の輸出契約を結んだばかりで、軍需物資などを含めると輸出額は40兆ウォン(約4兆1000億円)以上となる。ポーランドは韓国の防衛産業にとって最大の輸出市場になりつつある。

「朝鮮日報」より

タイトルにあるアメリカ製HIMARSより強力という煽り言葉が本当に適切かどうかは知らないが、韓国製のK-239多連装ロケット砲「天舞」の購入にメリットがあると、ポーランドが判断したのは事実だろう。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク

ポーランドは300輌を購入予定

「天舞」なのか「天武」なのか

さて、このブログでも韓国製の多連装ロケット砲に関しては取り扱っている。

この時は、韓国メディアが「アメリカ製のM270MLRSより高性能」とホルホルしていたが、イマイチ表記の揺れがあって、「天舞」なのか「天武」なのか「天橆」なのかよく分からなかった。読みは「チョンム」らしいが。

注:「橆」という漢字は、常用漢字ではないので「舞」が当て字として使われているという理解で良いのかな。「橆」の読みは音が「ぶ」「む」で訓が「しげ・る」。木々が茂る様を表すようだ。ミサイルをばらまくという意味では適当な当て字かもしれない

さておき、ここでは多連装ロケット砲K-239「天舞」と言うことにしておこう。

車体はハンファの8×8トラックのシャシーをベースにした装甲キャブを採用し、GPS誘導の239mmロケット弾(射程80km)と、KTSSM-I(400mm弾道ミサイル/射程180km)と、KTSSM-II(600mm弾道ミサイル/射程290km)が発射出来る2種類のポットが用意されているとのこと。

この3種類のミサイルだね、発射可能なのは。

この他にも新型誘導弾の開発を続けているようなので、HIMARS同様に多様な攻撃が可能であるというシステムになっている。

img

あと、K136多連装ロケット砲に搭載されていたK33無誘導ロケットも発射可能らしい。

コストメリットと導入スピードが決め手

ポーランドとしては、HIMARSが欲しかったようなのだが、アメリカ側が対応出来ない状況になっていて、韓国製の多連装ロケット砲をチョイスすることになったとのこと。

ポーランドは2019年、米国にHIMARSを20門(戦闘用18門、訓練用2門)発注し、来年度から導入する予定だ。しかしHIMARSの追加導入は早期には難しいため、来年中に確保できる天舞の導入を決めたという。

「朝鮮日報”米の高機動ロケット砲より強力…韓国製多連装ロケット砲、ポーランドに300門輸出”」より

価格は1輌あたり30億ウォン(約2.6億円)程度だとされているため、アメリカ製のM270MLRS(1輌約19億円程度:自衛隊調達価格)やHIMARS(380万ドル:5.6億円相当)よりは安いようだ。

まあ、MLRSやHIMARSの価格は正確には分からなかったので、あくまで参考値ではあるが。何れにしても半額程度で高性能(カタログスペック)の製品が入手出来るのであれば、文句はないのかも知れない。

239ミリ誘導ロケットは最大で80キロ離れた標的を正確に攻撃できる。分散弾を使用すれば300個の子弾が空中から投下され、最大でサッカー場の約3倍の広さを掃討できるという。ウクライナ戦争で活躍している米国製のHIMARSは6発の227ミリロケットを搭載しているが、天舞は12発でHIMARSの約2倍の火力を誇る。

「朝鮮日報”米の高機動ロケット砲より強力…韓国製多連装ロケット砲、ポーランドに300門輸出”」より

優秀なんじゃないかな?韓国政府のセールストークを信用するのであれば、だが。

ある韓国政府筋は16日「ポーランドと約300門の『天舞』を輸出する基本契約を今週中に締結する予定」「今年中に細かい契約を締結し、来年からポーランドに天舞を段階的に引き渡す計画だ」と明らかにした。ポーランドのマリウス・ブワシチャク副首相兼国防相は今月14日に現地メディアとのインタビューで「ハンファ・ディフェンス製多連装ロケット砲の天舞を約300門導入するための基本契約を締結する」と伝えた。ブワシチャク国防相は天舞を選択した理由について「天舞は最高の品質と効率性を兼ね備えた兵器だ」「天舞は米国の高機動ロケット砲HIMARSと同じレベルの機能を持つだけでなく、最大で300キロ離れた目標を攻撃でき、国防力の強化にプラスになるだろう」と期待を示した。

「朝鮮日報”米の高機動ロケット砲より強力…韓国製多連装ロケット砲、ポーランドに300門輸出”」より

ちょっとエジプト向けK9自走砲の話もあった後なので、若干本契約に至るまでは不安要素は大きいのだが、スピード対応出来るところは評価できる。

性能に関しては、評価段階で紆余曲折はあったようだが……、まあ、おそらく解決しているだろうと思われる。ロシアに対抗する為にはポーランドにとって大切な装備となるからね。

開発するまでの紆余曲折(追記)

追記要素になるけれども、話の流れで途中に入れておく方が良いと思ったのでここで説明したい。

開発期間は2009年から2013年となっているが、実は「使える」様になるまでには少し時間を要したようだ。K136自走多連装ロケット砲の老朽化に伴って開発されたのだが、K136が人力で次弾を装填する仕様だったことなどもあって、M270MRLSを真似てモジュラーコンテナを交換することで素早く次弾装填が出来る様にしたかったのが本音のようだ。1,314億ウォン(約1億1240万ドル)を投じて開発が行われた。

で、「開発完了した!」という段になったが、国内で試射を行う事が難しかったので、2013年に開発が終わった段階で何故かイスラエルに持ち込んでテストを行う。どういう経緯でそうなったのかは不明だ。イスラエルの地上試験場で発射テストを行い、ADDの海上発射テストを行い、合格基準を獲得したらしい。

そして、このテスト結果を以て2014 年 10 月に韓国陸軍は58輌のK-239「天舞」を購入する事を決定し、量産が始まった。2015 年 8 月には韓国軍に配備されている。

ただし、イスラエルに持ち込めたのはモジュラーコンテナを含むロケット弾部分だけだったようで。2015年3月以降に、車両ごとアメリカに持ち込んでテストをし、見事に失格。どうやらアメリカ軍にも採用を持ちかけたっぽい。失格の理由は弾頭の不発率がアメリカの基準を満たさなかったからということらしい。

更に2020年になって問題が発覚する。

[単独]天武新型ロケット弾実射撃で「発射障害」を確認

入力2020.08.30. 午後8時35分 修正2020.08.30. 午後9時10分

北朝鮮の長射程砲に対抗する我が軍の天武です。

一度に複数の足を撃つことができる多連装ロケットですが、私たちの技術で開発して実戦配置しました。

ところが2ヶ月前、試験発射だけ荒い新型弾を実際に撮影したところ発射中に障害が起きたことが確認されました。

なんと3兆ウォン入りの武器に問題があれば正確に明らかにしなければなりません。

「NEVER」より

機械翻訳なので内容が少々怪しいが、テストが不十分で230mm新型弾の発射が行えなかったらしいことを伝えている。

記事によると、韓国内には80km以上の長距離射撃試験を行う事のできる場所がなく、海外に持ち出す場合には誘導武器システム技術の流出が懸念されるので行えなかったということらしい。いやいや、アメリカでテストしてますよね?

韓国経済にプラスになるか

というわけで、不安要素があるにはあるんだけれど、ポーランド向けに巨額の輸出が実現できる運びになっているので、素直に「機を掴んだセールスを実現した」という点では評価してイイと思う。

ただ、これが韓国経済にプラスになるのかと言われると、不安要素は残る。

世界的に韓国製の兵器が売れることは、おそらく韓国政府にとっても韓国軍にとってもメリットがある。問題は、外国でこれらの兵器が活躍できるのか?という点と、技術的トラブルが発生して韓国企業が振り回されるような事態を招くリスクがあるという点はある。

何しろ、韓国製の兵器は自国開発と発表しながら、他国からの部品輸入に頼む部分が多く、ウォン安傾向にある韓国にとっては利の薄い商品になる可能性が高くなってきている。

そして、政治的にもロシアに敵対する国に兵器を売ると言うことは、ロシアに兵器を供給する支那に敵対する可能性が高く、ロシアがウクライナとの戦いに疲れて没落すれば、必然的に支那政府のヘイトは韓国に向かう。支那との貿易に依存している韓国にとって、それが良いことなのかは悩ましいところだ。

上手いこと乗りきっていく可能性はもちろんあるのだが、楽観視は出来ないのかなぁと。この辺は今後も注視して行くべきだと思う。武器輸出に関しては日本の先輩になるからね、韓国は。

コメント

  1. 純韓国製だと民生用GPSに成るかと思ったが、韓国にGPS機器製造企業在ったっけ?

    • GPSの技術って、どうなんでしょうか?
      韓国の兵器は一時期軍事用のGPSが使えないという時期があったみたいですが、流石に今は解消しているのかと。
      案外北斗システム使っているかもしれませんし。

  2. 韓国(に、限った話でもないですが)の生産現場にとってはどうなるか。も、ちょっと読めないところで。ウクライナ戦をして、軍需産業だけは儲かっている。などと宣うコメンテーターとか普通に居ますが、儲かるは儲かってても、何処も彼処もオーバーワークの真っ最中で、仕事量の割にあっては無さそうですけども。他所の手が足りないから回ってきた仕事。弩ブラックフラグでは…まぁそれでも必要な仕事ですし、そこを請けたのは素直に評価したいとこですが。

    • 軍需産業は儲かるという噂は色々聞きますが、現実はそんなに甘くないようですね。
      韓国の軍需産業がどうなっているのか僕も知りませんが、デスマーチになっているんじゃないでしょうか?
      別の方のコメントでもいただきましたが、既にポーランド向けが一部ロールアウトしているようですし。

  3. こんばんわ、

    韓国がまたもポーランドとの大口契約をものにしました。ポーランドによる韓国産兵器の爆買いにはさすがに引きますが、それもポーランドにとっては戦略(遠慮深謀)なんでしょう。ロシアは面白くないでしょうね。

    別件ですが、ポーランド仕向けのK2戦車とK9自走砲の初回出荷分が、もう韓国内の工場でロールアウトするそうです。韓国軍仕向けのロットをポーランドに優先提供するみたいですね。
    https://www.reddit.com/r/LessCredibleDefence/comments/y7v6rb/polands_first_batch_of_k2_black_panther_tanks_and/

    • ポーランドはどうなっているんでしょうね。
      ロシアの近くにいるために、危機感が強いということはあるかもしれませんが、それにしたってちょっと大盤振る舞いすぎですよ。
      自国の軍の分をポーランド用に回すと言いますが、確かポーランド用はポーランドスペシャルに仕様変更をする話だった気がします。あれは次のロットからなんでしょうかね?

      • おはようございます、

        ご指摘の点、自分は不案内ですみません。
        ↓のツイートに、まず180輌のK2戦車を韓国から購入し、820輌のK2PL戦車をポーランドで現地生産するとあります。韓国出荷分もポーランド引渡し後、PLスペシャルに仕様変更になるのではないでしょうか。
        https://twitter.com/visegrad24/status/1582645297146392583

        これは別件ですが、ポーランドの国防大臣が多連装ロケットシステム契約の調印式のために、韓国に出向こうとしたところ、支那が特別機の領空通過を拒否したため、国防大臣はポーランドからオンライン参加したそうです。ロシアの意向がはたらいていそうですね。

      • ゴメンなさい、特に質問を投げ返した積もりはなくって、おぼろげながらそんな記憶があったと、そういう事を書いた次第であります。

        そして、ポーランドの国防大臣の訪韓を支那が邪魔した話、やっぱりロシアも関係しているんでしょうね。

  4. 浅学の身だけど、南朝鮮の誘導弾って結構ケチが付いて回っていたような。
    魚雷しかり対戦車ミサイルしかり対艦ミサイルだったり。
    原因が整備なのか設計なのか製造なのかは知らぬ。
    全部だったら流石にポーランドも買わないから製造か整備なんじゃないかな。

    • いや、過去に書いた記事にも言及されていましたが、韓国製の多連装ロケット砲は、アメリカでテストをして基準を満たせないほどお粗末な結果がでていたようで、開発に随分と苦労をしていたみたいですよ。あの国の恐ろしいところは、問題修正する前に、軍に納入しちゃうところなんですけどね。
      それでも流石に問題は修正していると思いますけど。

  5. 落ちぶれ日本を越えた(と狂喜していた)造船のことを思い出しました。
    技術力で日本を抜いて「日本には作れない船」を受注したんでしたよね(彼らの言い分だと)。
    こんなことを思い出したけれど、今回の契約の話とは(多分)全く関係なくてすみません。

    • 造船業も、受注量において日本を抜いたのは間違い無いんですけど、利益が出る体質だったかというところは議論の余地があるわけですね。
      ご指摘の点は、実は大いに関係していて、おそらく韓国は今回も利益を度外視して受注を目指した可能性が高いです。まあ、詐欺みたいな話ですけど、上手いことやればそれでも後々利益は出るハズなんですが、それが巧く行かないのは原発輸出の時にもハッキリしてしまいました。造船の話と同じですよ、本質は。