韓国の江陵で後ろに飛んだ玄武ミサイル、失敗の原因究明……せず

陸軍

原因特定できた、……訳ではないようだ。

韓国の江陵で後ろに飛んだ玄武ミサイル、原因は「ミサイル姿勢測定装置のエラー」

登録:2022-12-16 19:52 修正:2022-12-17 09:58

10月4日、韓国軍が江原道江陵(カンヌン)で発射した弾道ミサイル「玄武-2C」が後方に落ちたのは、ミサイルの姿勢を測定する装置である「ジャイロスコープ」にエラーが発生したためとの分析結果が16日に出た。軍は該当するミサイルを全数調査し、飛行の安全性を高める装置を開発し適用する計画だ。

ハンギョレより

韓国では時々、ミサイル迷子事件が発生する。こうした事例は1度や2度ではなく発生しているのだが、その原因を特定できたという話は聞いたことがない。

今回は一応、ジャイロスコープが原因らしいということは判明したようなのだが、その対策は何故か新たに飛行の安全性を高める装置の開発を進めて取り付けることらしい。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク

ジャイロスコープって?

先ずは、どんな事故だったか、と言うことなんだけど、以前にこのブログでも言及している。

短距離弾道ミサイル「玄武2号」が発射直後に明後日の方向にすっ飛んでいって、目標とは真逆にあるゴルフ場にホールインワンしたというような事故だった。で、その原因が搭載していたジャイロスコープだというのだ。

そもそも、ジャイロスコープとは何か?というと、今やスマホやカメラに搭載される程身近な姿勢検出装置で、自分自身が傾いているかどうかを検出する部品である。

img

原理的には、高速自転する内部のコマに対して、コマの運動に対して作用する回転軸の方向を保とうとする性質(ジャイロ効果)によって、回転軸が地球の地軸と平行に向こうとする作用を生じるもので、これによってコンパスのように北の方角を正確に知ることができる。

コンパスと違うのは、二次元で北の方角を知るのでは無く、三次元で北の方角を知ることができる点だ。

このジャイロによって、角速度や慣性力を検出することができるワケなんだけど……、今、機械に搭載されるタイプのジャイロスコープは、ジャイロ効果を利用した機械式のものではなく、どちらかというとコリオリ力を利用したものやサニャック効果を利用したものが主流である。慣性航法装置に用いられるのはリングレーザージャイロスコープという種類のサニャック効果を利用したタイプだ。

で、リングレーザージャイロスコープには超低速回転時にロックイン現象を生じて回転を正しく検出できない状況が生じる事が知られている。

そんな訳で、自身の姿勢を検出する為に使うジャイロスコープだが、コレがエラーを吐くと自身の姿勢を見失うことになる。

エラーが問題

で、そのジャイロスコープがエラーを出したということらしい。

韓国国防部の関係者は15日、記者団に対しこのような内容の事故調査結果を説明した。これに先立ち、軍は10月に北朝鮮の中距離弾道ミサイル(IRBM)発射に対応して発射した玄武-2Cが後方に飛んで墜落し、90人余りを投入して約2カ月かけて調査を進めた。調査チームは、ミサイルの発射過程で起こりうる故障類型を分類し、3万回以上のシミュレーションを経て欠陥が発生した原因を追跡した。軍はこれを通じて、ジャイロスコープのエラーが事故の原因だという暫定結論を下した。

ただし、調査に関与した軍関係者は「ジャイロスコープの中にも非常に多くの部品があり、どこが故障したのかは分からない。長年ミサイルを開発してきたが、このように(ミサイルが)後ろに飛ぶケースはなかった」とし、ジャイロスコープの欠陥は「異例のこと」だと述べた。

ハンギョレ「韓国の江陵で後ろに飛んだ玄武ミサイル、原因は「ミサイル姿勢測定装置のエラー」」より

シミュレーションをやって原因特定って、ジャイロスコープが壊れていたかどうかという調査はやっていないので、ハッキリとは分からないらしい。ただ、ジャイロスコープがエラーを出した、と言うことらしい。

……そりゃ、エラー出す事はあるよね。上述したようなロックイン現象が生じれば、自身の姿勢の把握はできないのだから。

ところが、韓国軍は「どこかの故障」が原因で、その詳細を把握できないとのこと。それどころか、ジャイロスコープの欠陥は「異例のこと」らしい。

飛行安全装置の開発

で、韓国軍が採る対策が、飛行安全装置を開発することらしい。

軍は「訓練不備」が墜落事故の原因ではないかとの指摘に対しては否定した。軍関係者は「正確な回数を言うのは難しいが、玄武-2Cを今年初めて撃ったわけではなく、(以前は)すべて成功した」とし「発射ボタンを押す直前まで多くの訓練を行っている」と話した。

軍は同様の事故が発生した場合に備える飛行安全装置を開発し、玄武-2Cに装着する計画だ。飛行安全装置は、ミサイルが意図した軌道から脱した場合、弾頭部が推進体から分離されるようにして、遠くに飛ばず最大限近くに落ちるようにする装置だ。

ハンギョレ「韓国の江陵で後ろに飛んだ玄武ミサイル、原因は「ミサイル姿勢測定装置のエラー」」より

訓練は問題なかった、装置の問題だ、ということのようで、しかし恐らくだが韓国国内でジャイロスコープの生産を行ってはいない。だから、問題に対処することが出来ない。

発射ボタンを押す直前までの訓練、が一体何のことを指すのかは分からないが、人為的エラーも否定し、ジャイロスコープの改良という事もやらない模様。

で、何をするかと言えば、「ミサイルが意図した軌道から脱した場合、弾頭部が推進体から分離」するらしい。えーと、予定した軌道に乗っているかどうかを検出するのは、どうやってやるの?それ、ジャイロスコープの仕事じゃないの?GPS信号でも受信してチェックするのだろうか?

原理的にはGPS信号のチェックは恐らく可能なんだけど、恐らく発射直後の事故には対応が難しい。今回の事故は目標に対して「発射地点から後方約1km」飛んだ。

恐らく、発射から数秒で着弾したハズだ。何十kmも先の目標であれば軌道チェックもできそうなんだけど、発射直後の事故に果たして飛行安全装置が働くものかどうか。

全数調査をするぜ!

で、今月末から来年3月までに玄武2号の全数調査をやるらしい。

……再現性のあるエラーだったんですかね?報道の内容を見ると、未だ「原因不明」の段階のように思えるんだけど。だって、シミュレーションの結果に基づく判断ですよね。

また、軍は玄武-2Cを今月末から来年3月までに全数調査し、安定性を再確認する方針だ。墜落原因と推定された制御系統を重点的に調べ、特に事故ミサイルと同時期に生産されたミサイルは詳細に分解して点検する計画だ。

ハンギョレ「韓国の江陵で後ろに飛んだ玄武ミサイル、原因は「ミサイル姿勢測定装置のエラー」」より

同一ロットの製品を分解点検をするのは不可避なんだろうけれど、原因特定が先だと思うんだ。再現性のあるエラーだったら、対策も然程難しくないと思うのだが。

詳細が分かる前に行うのは無駄な全数調査になるような気がするんだけど、本当に大丈夫だろうか。

可能性としては、本当は原因をしっかり把握しているのだけれど、報道できない情報だからおかしな内容で報道している可能性もある。あるんだけど、それならそれでこんな雑な内容では韓国民をバカにするだけである。「原因判明しました!対策品を組み込みます」で済む話じゃないか。

どちらにしても、意味がよく分からないね。

コメント

  1. こんにちは。

    ジャイロと言えば。
    ・七面鳥が新入社員だった頃。当時の自動運転車の開発で、三軸の計測にジャイロを使ったのですが、「コマの回転が安定するまで10分待ってから測定開始せよ」って代物だった事を思い出しました。
    ・そう言えば、真珠湾攻撃で座礁し捕虜になった甲標的酒巻艇も、その原因はジャイロの故障だとされてますね。

    ミサイルですから、一定の故障確率で失敗すること自体は問題にすべきではないのですが……どうも韓国軍はこの手の失敗が目立つ気がしますね。冗長化してないのか、エラー検出が間抜けなのか……ミッションクリチカルなセンサー系は、少なくとも二重化が常識だと思っているのですが、ミサイルはそうでもないのかな?
    CCV機などのフライトコントロールは少なくとも三重の多数決、だったはず。

    こういう、基礎的なところで馬脚を現す、しかも対応がお粗末、というのが、「お笑い韓国軍」の真骨頂なのですが、隣国で一応は「まだ」ブルーチーム扱いですから、笑えませんよね……

    • 共同戦線をはってミサイルが味方に飛んできたら洒落になりません。
      ある程度は情報をかく乱する目的があるだろうと割り引いて考えても、ちょっと韓国軍のトラブルは笑えないものが多い様に思います。いや、寧ろ笑えるものが多いと言うべきか。

      そもそもジャイロのエラーという判定からして、ちょーっと怪しいと思うんですよね。まあ、真っ当な対策が行われる事を願うばかりであります。

  2. ジャイロというと、自力でエアガン用のHUDサイト開発しちゃった奇特な某氏のお話なんかも思い出すところですが…半島にしろ大陸にしろ、少数発注だとちゃんとしたモノが届くのだけど、大量発注すると途端に不良率が跳ね上がるのは、割とあちらの工場あるあるのようですね。
    それにしても新しく付ける安全装置とやらは、自爆装置じゃいかんのかな。とも、ちょっと思うところで。切り離した弾頭が丸ごと落ちてくるのと、爆破した破片が降るのとでは、どっちがマシかは…弾頭の種類次第になるんでしょうか。フレシェットとか詰めてるの自爆さすと余計酷いことにはなるんでしょうし…

    • 自爆装置は漢の浪漫ですよね!(違
      本体と弾頭を切り離すという発想は、なかなか面白いと思いますよ。流石に核兵器を使うわけでは無いので、弾頭が危険というケースを想定しなくとも良いとは思います。信管が起動してしまうようなリスクがあるとも思えませんし。……破壊で良さそうですね。(フレシェットって何かと思ったら、圧力釜爆弾に詰め込むクギみたいな発想なんですね)

      まあ、ジャイロスコープ問題が解決することを願っております、ハイ。