韓国軍が開発する高威力弾道ミサイル!増える弾頭重量!

陸軍

マジっすか。

韓国軍、戦術核級の弾道ミサイルが完成段階へ

Posted September. 03, 2021 08:28, Updated September. 03, 2021 08:28

軍が、戦術核兵器級の破壊力を備えた弾道ミサイルを開発中であることが分かった。弾頭の重量が最大3トンに達する地対地弾道ミサイルの開発に着手し、ほぼ完成段階にあるという。この計画が実現する場合、昨年に開発が完了した弾頭重量2トンの「玄武4」より威力が強化された弾道ミサイルを保有することになる。

「東亜日報」より

韓国軍の保有する「玄武4」なんだが、これに関してはまともな情報が見当たらない。開発中だという話は聞いていたんだけどね。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ミサイルコピーの歴史

玄武4は玄武2を改良したバンカーバスター

玄武シリーズは、韓国が保有しているミサイルだが、玄武1はアメリカのMiM-14ナイキ・ハーキュリーズのコピー商品(リバースエンジニアリングして造ったとされている)。玄武2A、2Bはロシアのイスカンデルのコピー商品(ロシアからミサイル廃棄業務を請け負った際に盗み出したとされている)。玄武3はアメリカのトマホーク巡航ミサイルのコピー商品(詳細は不明)。 とまあ、玄武シリーズはもれなくどこかの国の兵器のパクリ疑惑が持ち上がっているうえに、「玄武」の名前がついているにもかかわらず技術体系に統一性が無いという実に不可思議な代物である。

そして玄武4だが……、これは玄武2の技術、つまりロシアの技術をベースに改良されたものであるとされている。

ただ、弾頭重量は2tで射程は800㎞、マッハ10まで加速して地下300mのバンカーを破壊できるという荒唐無稽なスペックになっている。

国防部は2日に発表した「2022~2026国防中期計画」で、「5月の韓米ミサイル指針の終了により、坑道および建物の破壊が可能で精度が向上したミサイルを開発する」とし、「破壊力が増大した地対地・艦対地など多様なミサイルを戦力化する」と明らかにした。今後、弾道ミサイルの発射実験が行われた後、5年以内に実戦配備されることを示唆したのだ。

「東亜日報」より

一説には実験に成功したという噂もでているが……。

バンカーバスターの性能

バンカーバスターは地下施設を破壊するために開発された地中貫通爆弾のことで、アメリカのGBU-28やらGBU-57辺りが知られている。

ただ、GBU-28は弾頭重量が2.2tで貫通力は30m程度とされている。GBU-57はこれをさらに強力に、大型化したもので、弾頭重量は13..5tで地下70m以上の貫通力があるとされている。

アメリカ軍はこれ以上の地下貫通性能を求めて核を利用するB61を開発する。

アメリカの兵器の性能の高さはよく知られた話だが、韓国の兵器もこれをコピーすることで貫通力を得たとされていて、実際に玄武4も貫通力のある弾道ミサイルであると報じられた。

韓国型バンカーバスター玄武4、地下300mの北朝鮮要塞も破壊

2020.05.29 10:24

今年3月に試験発射された玄武(ヒョンム)4(仮称)は運動エネルギーを利用した地下バンカー破壊用として開発されたものであることが28日、確認された。

~~略~~

関連事情に詳しい政府筋は「玄武4は外気圏(高度500-1000キロ)まで上がった後、マッハ10以上の速度で下降するよう設計された」とし「このミサイルが地上に落ちる瞬間、威力は戦術核水準のTNT1キロトン(1000トンのTNTを爆発させる時の威力)程度」と説明した。

「中央日報」より

ところが、韓国の玄武4は、弾頭重量が2t程度なのに、地下300mの目標を破壊できるというのである。

凄いな!

玄武4は米国の航空爆弾GBU-57と比較されたりもする。「バンカーバスター」と呼ばれるGBU-57は爆弾の重さが14トンであり、地下60メートルまで貫通する。玄武4は地盤に強い衝撃を与え、その力で地下の洞窟を崩す概念だ。

別の政府筋は「米国が一時開発を検討してあきらめた『神の杖』からアイデアを得た」と伝えた。「神の杖」とは、人工衛星から9.5トンのタングステン棒を地上に落とせば、そこから生じる運動エネルギーで目標を破壊する概念の武器だった。

「中央日報」より

運動エネルギーを用いて地下の施設を破壊する。高高度から重量物を落とせば地面にめり込むのは道理で、速度と質量がエネルギーを生むのは物理の基本だ。だから高高度まで重量物を打ち上げて落とす。それが弾道ミサイルなんだけれども、玄武4の威力はTNT1キロトン。弾頭重量2t程度でTNT換算1キロトンの威力が出せるのなら、原爆は不要だね。ちなみに、広島に落とされた原爆(リトルボーイ)は15キロトンだったといわれている。玄武4も大した威力だ。

韓国のロケット技術は未熟なれどミサイル発射は別?

しかし、韓国のロケット技術はこのブログでも触れているとおり、ヌリ号の打ち上げテストはこれからという状況である。韓国の固体燃料ロケットも、「まだこれから」というレベルだ。

その状況で、高度500km~1000km (液体燃料を使ったロケット、ヌリ号のテストで高度100 km以上に到達した記録はある)まで打ち上げてそこから目標を狙ってミサイルを打ち込むことが出来るとは何の冗談なのか。況してやヌリ号は低軌道投入能力は1.5tなんだぜ。

弾道ミサイルをここまで適切に制御できるのであれば、ロケット打ち上げであんなに苦労しないだろう。

素敵な命中動画だが、玄武4の動画と紹介されながら命中するシーンは玄武2の改造バージョンの絵になっているらしい。……玄武2の改良版が玄武4だったんじゃないんかい!

そして、何故、本物の映像を隠して、イメージ用の偽映像を使うのだろうか。

いかほどの極秘事項であれば…韓国軍公開「玄武-4」映像は別のミサイルだった

記事入力 : 2021/09/27 10:01

韓国軍当局が今月15日、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)などと共に初めて公開した高威力弾道ミサイル、いわゆる「玄武-4」ミサイルの映像は、実は玄武-4ではなく別のミサイル映像であることが明らかになった。セキュリティを維持するため玄武-4ではなく玄武-2弾頭強化型ミサイル(弾頭重量2トン)の映像を公開したというのだ。実際の玄武-4は文在寅(ムン・ジェイン)大統領も「世界最高水準の弾頭重量を持つミサイル」と言及しただけあり、重量4-5トン以上の弾頭を載せる「怪物ミサイル」だ。

「朝鮮日報:リンク切れ」より

更に重い弾頭(4~5t)も搭載可能と言うことらしいので、更に高威力のミサイル開発が完了していると言う情報もあるんだよね。

でもそれ、どうやって打ち上げるのよ……。理に合わないんだが。

韓国型バンカーバスター弾道ミサイル「玄武4」の荒唐無稽な噂の数字(JSF) - 個人 - Yahoo!ニュース
韓国軍が開発中の新型短距離弾道ミサイル「玄武4」に流れる怪しい噂のスペック数値を検証

距離や威力の疑問に関しては計算されていらっしゃる方もいて、理に合わない事は他にもあるようだが、参考にして欲しい。

韓国のミサイル関連報道が、国威発揚を狙ったプロパガンダであったとしても不思議はないが、そうだとすると何のためにスパイ行為をしてミサイル技術を盗んで配備したのかよく分からなくなってしまうな。口でいうだけならコストはさほどかからないからね。

追記

そういえば記事にあげる予定だったのに、紹介するのを忘れていたニュースが1つあった。これ、お笑い系だよね、完全に。

「北朝鮮の核バンカー」焦土化させる韓国の誘導弾開発現場…誤差範囲1メートルで精密打撃

2021.10.03 13:21

北朝鮮の核地下施設を精密に打撃する誘導弾開発現場に行ってきた。韓国軍当局がメディアに長距離空対地誘導弾を直接公開したのは今回が初めてだ。最近北朝鮮は新型ミサイルを相次いで発表した。誘導弾は北朝鮮の脅威を早期に除去する毒針だ。

「中央日報」より

これがなかなか衝撃のニュースであった。笑劇のニュースといえるかも?

なかなか素晴らしい写真だな!

国産誘導弾の外見はドイツのタウルスと似ている。韓国軍当局は北朝鮮の核とミサイルの脅威に対応し空軍F15K戦闘機に装着して運用するタウルス350Kを2016年から導入して実戦配備した。

タウルスの最大射程距離は500キロメートル水準で、亜音速の時速1000キロメートル近くで飛行した後、1~2メートルの誤差範囲内で精密に打撃が可能だ。最大で厚さ6メートルの強化コンクリートを貫通でき、敵の地下バンカー3フロアを突破して爆発する。

「中央日報」より

どうみてもタウルスだろう?と思ったのだけれど、これは、国産誘導弾らしい。名前は未だない?

チョンリョンは数倍多くの標的を保存できる。操縦士が空中で選べる選択が大きく増え作戦融通性が大きくなる。北朝鮮の核施設をリアルタイムで細かく調べて誘導弾発射最後の瞬間に最適な打撃場所を選ぶことができる。

チョンリョンはタウルスと同水準の重さだが、さらに遠くまで飛んで打撃できる。ジェットエンジンで飛行しタウルスよりさらに高い水準の亜音速でさらに速く飛行できる。

「中央日報」より

チョンリン??たしか玄武系のミサイルで天竜という名前のミサイルがあったハズだ。

で、このミサイルは亜音速で飛ぶらしいのだが、カメラにはバッチリ収まるという素晴らしさである。いやー、ハイスピードカメラでも使っていたんですかね?

新しく情報が出てきたらこの情報も別の記事にしたいな。

追記2

えーと、コメントを頂いたので紹介しておきたい。

米国も断念したのに韓国が開発…北の地下核施設破壊する「秘密兵器」(1)

2021.10.10 13:23

先月15日に忠清南道泰安(チュンチョンナムド・テアン)の国防科学研究所(ADD)総合試験場では文在寅(ムン・ジェイン)大統領が見守る中で多様な「韓国型戦略兵器」が公開された。核弾頭を搭載してはいないが北朝鮮の核使用を抑制できる戦力という点で戦略兵器と呼べるミサイルだった。

~~略~~

ところでミサイルの名称に高威力という単語を付けた理由について、匿名の消息筋は「戦術核に次ぐ威力を持ったため」と打ち明けた。複数の消息筋の話を総合すると、先月15日の試験発射で高威力弾道ミサイルの弾頭重量は8~9トンに達した。

「中央日報」より

だ、弾頭重量が8~9tに達しただと……。

高威力弾道ミサイルは途轍もなく重い弾頭を付けたが形は仮分数型でない。かなり鋭い形状という。韓国が開発したミサイルのうち最も長く最も太いという。そのため落下速度はマッハ10に近い。

「中央日報」より

い、意味が分からない。

「韓国が開発したミサイルの内最も長く最も重い」→「そのため落下速度はマッハ10に近い」

え?どのため?

ちなみに、皆さんご存じ物理の公式における自由落下の速度はv=g・tで表される。v(速度)、g(重力加速度)、t(時間)で、空気の抵抗を無視した場合の公式である為、実際にはミサイルが太くなると空気抵抗は増す。なお、重さは関係無い。

つまり、この部分、前の文と後の分で意味が繋がっていない。

高威力弾道ミサイルは最大射程距離が500キロメートルを超えないという。正常角度の30~45度より高い高角で撃つ。高角発射はミサイルの高度を高める代わりに飛行距離を減らす。代わりに落下速度を高め運動エネルギーを育てる。

「中央日報」より

にもかかわらず、ミサイルは運動エネルギーの法則に従うというから、驚きである。

自由落下ではなく加速しながらの落下であれば速度は上がるのだろうけれど、それだって無理があるような。あれか、液体燃料を使って落下時にも点火して地上目標を目指しますとかいうことかな?しかし、そんなことしたら制御不能になりそうなんだが……。

それなら韓国政府はなぜ高威力弾道ミサイルを見せないのだろうか。正確な本心はわからない。航空大学航空宇宙機械学部のチャン・ヨングン教授は「高威力弾道ミサイルが8~9トンの弾頭重量をマッハ10の速度で落とす推進力を持ったとすれば、弾頭重量を1トンに軽くすれば数千キロメートルを飛ぶ長距離ミサイル」と分析した。

「中央日報」より

???

えーと、8tの弾頭重量を持つミサイルをうち上げる能力があれば、1tの弾頭重量のミサイルで同じ燃料を積んでおけば、より高い場所まで打ち上げる事が可能って事か?到達距離も遠くなるよね。

ただ、「平常角度より高い高角で撃つ」って書いてあるんだが、ここも角度を変えるということだろうか?そうすると、速度は更に速くなるね!やったね!

コメント

  1. 木霊さんこんばんは!

     木霊さんが計算値示されたないのは「わざと」でしょうし、不粋かもですが、一応計算から、、、地下300m貫通威力 の計算方法は解らないのですが、TNT 1kトン なら計算カンタンですしね(笑)

     弾頭重量2トン、マッハ10 だと、運動エネルギー=1/2 × mv^2 からするとTNT1キロトンには、3〜4桁足りませんよね、でも軍事機密ですから(笑)  ホントウの値を推測してみます。

     仮にあと250倍の威力でTNT1キロトンになるとすると、、、、2トンは本当は10トン(5倍) 速度は本当はマッハ70 ((70/10)^2≒50倍)で辻褄あいますね。

     マッハ70の弾頭。。人類公知の耐熱技術だと、着弾前に流星よろしく燃え尽きちゃいますね。さすが世界最優秀民族の軍事機密技術。オーバーテクノロジー級ですね(笑)

     こうした細かい計算以前に

     質量・速度を破壊エネルギーとする「運動エネルギーミサイル」威力の理論上限は「ミサイルに与えられた推進エネルギー合計」となります。 すなわちTNT1キロトンの破壊力なら効率100%としてもTNT火薬1000トン分の推進エネルギーが必要です。

     現実システムの効率は良くて30%てとこですから大体TNT火薬3000トン相当の推進エネルギーかな?

     日本のHIII3段ロケットの総重量が600トン弱ですから。 「玄武4」は(恐らくHIIIより遥かに小さい?)人類公知の最大エネルギー密度燃料である液体水素+酸素より、5〜20倍のエネルギー密度の推進剤を積んでて。

     なんとも素晴らしい軍事機密・オーバーテクノロジーですね。公開すれば、ノーベル賞なんて両手でウハウハでしょうに。勿体ないことです(笑)

    • さーせん!
      計算をした数式と結果を示すべきだったんですが、JSFさんと結果が違ったので止めました。
      JFSさんの計算に寄れば、マッハ200で飛ぶらしいですよ!韓国のミサイルは。

      さておき、色々と辻褄があわないのは事実ですが、それよりもロケットのエンジンがそもそも「使えない」というところが問題だという記事にしました。
      数字を並べるよりも分かり易いですからね。
      打ち上げできないエンジンを抱えながら、的のど真ん中を射貫くミサイルの映像を作って見せちゃう辺りがポイントですよねぇ。プロパガンダにしても、もうちょっと説得力のある数字を並べてほしいものですね。

  2. 木霊さん、おはようございます。

    今度は荒唐無稽を遥かに通り越して、宇宙の彼方までワープしちゃった様な「超新兵器」ですかァ~。(冷笑)
    誇らしげに公開しているトンデモな破壊力を得るには、BOOKさんの仮計算ではそれこそ念願のノーベル賞を何度も獲れる様な、人類未知の燃料推進剤とロケット部の耐熱技術が必要みたいですね。

    さて、南朝鮮の戯言・妄言はさておき、バンカーバスターは日本が敵地攻撃能力で要求される、いくつかのミサイル兵器体系のひとつに考えて欲しいと思います。
    まずは、北朝鮮の地下基地や核施設を叩き緒戦を攪乱するが目的で、対支那用には司令部攻撃用で使用できるんじゃないかな。(打ち込む数は増えるでしょうけど)

    それと基本的な事ですが「敵基地攻撃」ではなく、幅を広げて「敵地攻撃能力=都市部・重要インフラ含む」を堂々と表明すればいい。
    有事を引き起こす悪の権化支那は軍事施設の無い都市部へも容赦なくやってくるのですから、防御が弱い所を突き相手国人民をパニックに陥れ戦闘を有利に進める...、厳しい現実ですがこれが残酷な戦争というものです。

    敵地攻撃能力はミサイル兵器がまず頭に浮かびますが、監視衛星と連動させたサイバー空間での攻防戦・錯乱戦なども重要だと考えますので、統合された参謀司令部をしっかりと持ち、リアルタイムかつ速攻の時間的対応が重要という認識で整備を急いで欲しいもんです。

    攻撃ミサイルは即発射可能で破壊力を有す地対地超高速巡航型は、空軍基地・レーダーサイト用の緒戦反撃と制空権確保任務。
    プラットホームが戦闘機搭載型は敵領空侵入しロングレンジからでも可能な、発見したTEL基地・ドローン基地となる艦船のピンポイント破壊任務。
    護衛艦のVLSからはトマホークの様な長躯でき破壊力を増加した精密巡航ミサイル型で海軍基地・陸軍駐屯基地・武器&燃料貯蔵施設など固定化施設攻撃任務。
    そういう攻撃目的別の体系化が必須と考えますが、バンカーバスターも是非そのファミリーに加えれればと期待します。

    もはや敵地攻撃能力の必要是非を議論する時間も猶予もありません、個別自衛権の範囲内でもあり「専守防衛」とも矛盾しないと僕は考えます。
    高度なレトリックを駆使し国民を説得できる、真に有能な政治家=指導者が求められますね。

    • 日本の獲得すべき敵基地攻撃能力というのは、なかなか悩ましいところであります。
      例えば、ミサイル発射基地を攻撃といっても、ご指摘の様な地下施設ともなると攻撃が難しい。場所を特定することも大変ですからね。
      見せしめ的に空港を破壊するとか、都市を破壊するとか、そういう「覚悟」を示せることが重要であります。

      バンカーバスターみたいな兵器を導入する事も大切ですが、それを撃つためには場所の特定が必要で、情報収集のための諜報員を養成して各国に派遣する必要があります。
      単にミサイルを配備するだけでは、足りないんですよねぇ。

      ……え?韓国?GPSすら自前で持っていないのに、どうやって誘導するつもりでしょうかね?謎技術で実現するのでしょうか。

  3. 着弾画像はどう見ても空力制御の巡航ミサイルというか…ちょっと空力もクソもない宇宙まで行って加速してきた。スタイルでは無いのもツッコミどころでしょうか。

    • 動画を見て頂ければ、その素晴らしさが分かると思いますよ!
      超高高度まで上がったミサイルが着弾する際に実に綺麗なボディで砂地に突き刺さりましたから。とても素晴らしい技術であります。

  4. ごめんなさい 途中で逝ってしたいまいましたorz

    中央日報に続報?がありました。今度は弾頭重量が8〜9トンだそうですよ。
    https://japanese.joins.com/JArticle/283716
    速度は相変わらずマッハ10だそうなので、まだ威力不足かと思われますが、徐々に辻褄を合わせて来ているのでしょうか。次は弾頭が20トンになるのか、速度がマッハ30くらいになるのか、楽しみにしています。

    • ありがとうございます。
      本当に8~9tになっていますね!
      そして、文系の方が記事を書いたようで、物理学的な話が何だかおかしな事になっちゃっていますね。
      弾頭重量がどんどん増えていくことを期待していますが、どうなりますかねー。いうだけタダですから、幾らでも膨らみますよね、重量が。

  5. 木霊さんこんばんは!

    雑な計算で混乱させてすみません。言い訳すると暗算・オーダー計算で有利めに見積もってもトンデモ数字が出てきて詳細計算の必要性を感じなかったので、、、、まあ中学物理計算を今更示すのも不粋かもですが罪滅ぼしに真面目に計算。

     運動エネルギーの法則 E=1/2 mv^2 (E:J、m:kg、v: m/sec)と NIST定義TNTキロトン≒4.184e12J、ISA海面マッハ1≒340m/sec を使いますと、着弾時の弾頭のエネルギーは

     弾頭重量 2トン 
      マッハ10  1/2*2000*3400^2 / 4.182e12 ≒ 0.00028 キロトン 全然たりませんね
      マッハ190 1/2*2000*64600^2/4.182e12 ≒ 0.9974キロトン   JFSさんの計算?

     弾頭重量4〜5トン(追記前情報より、計算は4.5トンとして)
      マッハ10  1/2*4500*3400^2 / 4.182e12 ≒ 0.0062 キロトン まだ 全然たりません
      マッハ127 1/2*4500*43180^2 / 4.182e12 ≒ 1.003 キロトン   少し遅くてすみます

     弾頭重量8〜9トン(追記情報より、計算は8.5トンとして)
      マッハ10  1/2*8500*3400^2 / 4.182e12 ≒ 0.0117 キロトン あと100倍ガンバレ!
      マッハ92  1/2*8500*31280^2 / 4.182e12 ≒ 0.9939 キロトン 

     弾頭重量10トン(前回の私の計算)
      マッハ10  1/2*10000*3400^2 / 4.182e12 ≒ 0.0138 キロトン 
      マッハ85  1/2*10000*28900^2 / 4.182e12 ≒ 0.9981 キロトン マッハ70は15も違ってたm(__)m

    おまけ、
     打上げ能力:マッハ10で威力1キロトンとするための必要弾頭重量 724トン。米国サターンV:118トンの6.14倍、ISS打上質量419.7トンの1.73倍を1台で打上げ可能な超ロケット。

     飛距離:地球周回軌道に乗せるための最低速度=第1宇宙速度7.9kmプラスαとしてマッハ24が必要ですが、どの計算でも地球周回は楽々可能(第3宇宙速度マッハ49.12も超えてるので太陽系どこでも届く)。
     1キロトン相当威力を保ち、地球周回させられる弾頭重量の最大値は125.7トンの超兵器。 木霊さんが仰るようにヌリ号打上実験する必要などどこにもない。

     とまあ、、中学物理期末試験レベルの計算で多数の矛盾が出てカンタンにウソがばれるようなプレスリリースを連発してますが、、、かの国は理系教育の比重が日本より遥かに高いらしいので更に、、、、カンタンにばれるウソを連発しても高支持率を維持する大統領とか、我々には理解できない思考様式ですね。

    • わざわざ計算頂いてありがとうございました。
      非常に参考になりました。僕の杜撰な計算の間違いもこれで明らかに(汗

      通常であれば、運動エネルギーだけではなくて弾頭に積んだ火薬の威力なども勘案する必要があることと、空気抵抗を考慮する必要があることなど、色々勘案していく必要があるでしょうが、韓国メディアは、運動エネルギーで解決する旨を示唆しているんですよねぇ。
      実際に、アメリカはブラックバード計画など超音速兵器のコントロールの問題で苦労しているようですが、ミサイルの速度が上がれば上がるほどコントロールに難があるという話も……。

      韓国式の露骨なプロパガンダ記事はどうしようもありませんが、ある程度の情報操作によって、「アノ国は、もしかしてミサイル撃ってくるんじゃね」と思わせることは一定の抑止力になる様に思います。したがって、勧告政府の戦略も完全に間違いだとは言い難い面はありますね。

      • 木霊さんこんばんは!

        なるほど、抑止力ってのは要するにハッタリですから「コトバのハッタリ」は隣国の最も得意とするところで、あるいみ戦略的に正しいと言うのは納得です。

         残念ながら日本はこの手使いにくい。日本が似たようなハッタリかましたとしても、宇宙技術で数十億km先の直径60cmの的に宇宙船命中させるようなギネス記録もってますし。。。
         米欧からは「オイオイそれシャレになんねえぞ」  半島は喜んで「日本の新兵器は世界の脅威!」 とか、逆宣伝されそうです。