【迷う韓国】えー、F-35Aにする?F-35Bにする?どーしよっかな?→先送り

お笑い韓国軍
スポンサーリンク

追記

韓国に空母は必要無いし、F-35Bも必要無い

コメントでも突っ込みが入っているのだけれど、そもそもの話、韓国に空母は必要無く、したがってF-35Bも必要がない。

韓国海軍が導入希望のF-35B、超音速飛行時にステルスコーティング剥離

2019.06.14 16:27

米国のステルス戦闘機であるF-35ライトニングⅡが続々と配備されている中、致命的な問題点が明らかになった。垂直離着陸が可能なF-35Bと空母用のF-35Cが超音速で飛ぶ場合ステルス性能が低下する可能性が発見されたのだ。F-35Bは韓国海軍が軽空母に搭載することを念頭に置いている機種だ。また、日本がF-35Bの導入を決めた。

米国の軍事専門メディアのディフェンスニュースは12日(現地時間)、米国防総省のF-35開発計画の内部報告書を入手し公開した。報告書によると、F-35Bは高高度での飛行速度がマッハ1.2を超える場合、ステルスコーティングに気泡が生じることがあると記載されている。ステルスコーティングが均一でなく凹凸が生じた場合、容易にはがれるおそれがある。

「中央日報」より

2019年6月頃に騒ぎになったこの話、中央日報やレコードチャイナで大喜びして報じられていたニュースだ。

Both deficiencies were first observed in late 2011 following flutter tests where the F-35B and F-35C both flew at speeds of Mach 1.3 and Mach 1.4. During a post-flight inspection in November 2011, it was discovered the F-35B sustained “bubbling [and] blistering” of the stealth coating on both the right and left sides of the horizontal tail and the tail boom.

「DefenceNews」より

確かにディフェンスニュースでこの問題が指摘されていて、ステルスコーティングに付いての問題があるとされていた。

F-35B and F-35C Horizontal Tail Durability at Sustained Supersonic Flight

The F-35B and C deliver on all performance requirements. The potential for tailboom or horizontal tail damage during prolonged supersonic speeds was found in the highest extremes of flight testing conditions that are unlikely replicated in operational scenarios. In fact, there have been no cases of this issue occurring in the operational fleet. Additionally, this is not identified as a safety of flight concern.
We implemented a change to the coatings on the horizontal tails and tail boom beginning in Lot 8 that increases durability and resolves this concern. This update allows the F-35B and C to deliver on all performance requirements with no tail boom or horizontal tail damage concerns.

「ロッキード・マーティン社のサイト」より

ただし、ロッキード・マーティン社は自社のサイトでその問題は解決していると主張している。そもそも極端な飛行試験で起きた出来事であり、影響は少ないとも説明している。

したがって、中央日報などが騒ぐ場合にはこれのウラをとらねばならず、あくまでもF-35Bに問題が起きたのだ、ということを主張したい報道だと、その様に理解すべきなのだろう。レコードチャイナの方はともかくとして、中央日報など韓国メディアがこれを報じた背景には、F-35BやF-35Cはダメだけど、F-35Aなら問題無いよ、という論調にしたい意向が見え隠れする。

そもそもF-35系の戦闘機は韓国での運用が難しい

そもそもの話だが、F-35Aにしても韓国での運用は極めて困難である。

ステルス戦闘機がレーダー電波を避ける方法は大きく2種類だ。1つはレーダー波にかかるケースが少なくなるように形状を作成する方法と、もう1つはレーダー電波を吸収するレーダー吸収材料(RAM)を機体全体にペンキのように塗装するかタイルのように貼り付ける方法だ。

RAMは熱や寒さに弱い。そのためステルス戦闘機は恒温恒湿の特殊格納庫に別々に保管する必要があり、定期的にRAMを再度塗装または補修する。そのためステルス戦闘機は価格も高額だが維持費も多くかかる。

F-35プログラムの総責任者、マット・ウィンター提督は「ステルスコーティングの問題は当座の解決方法はない」としつつも「作戦中のステルスコーティングが剥がれる可能性は非常に低いものと見られる」と述べた。

しかし、軍事専門フリーランス・ライターのチェ・ヒョンホ氏は、「ステルスコーティングは敵機に探知される確率の問題もあるが、コーティング自体が機密であるため再度コーティングするためには韓国の場合、日本やオーストラリアの整備倉に行かなければならない」とし、「整備の頻度が多くなればコストも同時に急騰しかねない」と指摘した。

「中央日報」より

しかし、中央日報が後の方で説明するように、F-35戦闘機は、A型、B型、C型の何れに関してもステルスコーティングをし直さねばならない。

そして、韓国は国内でそれをすることができないのである。もちろん、その他のメンテナンスの問題もあるが、軽度のメンテナンスはともかく、部品交換をとも無くメンテナンスもできない模様。よって、日本かオーストラリアに整備のためにF-35系の戦闘機を定期的に持ち込む必要がある。しかし、日本と韓国の間で非常に険悪な状態になっているため、とても日本に戦闘機を持ち込むようなことはできない。じゃあ、オーストラリアに?という事になるのだが、どうやらそちらもかなり難しいというような噂を聞いている。

つまり、韓国にとってF-35シリーズを運用することそのものに問題があるという事になる。

F-35戦闘機を運用するメリット

韓国にとって第5世代戦闘機を手に入れる事は、自身の自尊心を満足させる上で重要だったのだとは思う。だが、戦略的な観点から考えるとそもそもステルス性の高い戦闘機を必要とするのかが疑問である。

まあそれでもF-35Aを持っていれば戦略の幅が広がるのは事実であり、周辺国への牽制になるのは事実だが、海上からF-35BやF-35Cを飛ばして対応するような戦略は対費用効果的にどうなの、と思ってしまう。

そして、韓国がF-35Aを運用する為には最低120機程度は保有していないと戦略的な運用が難しいと思われる。現在保有するのは40機だが、これに20機足して60機体制になったとしても、常に60機使える状態にすることは事実上不可能だ。

韓国のメンテナンス環境を考えると、1/3が使える程度にするのが精一杯だろうから、数を揃えないと話にならない。

ただ、「いつでも使えるステルス戦闘機がある」という状態になっていれば、レーダーに映らない戦闘機がいつでも対地攻撃ができるという意味で、有効だと思う。対空戦闘に関してはやれるけれどもF-35にそれほど大きな期待をかける必要はあるまい。F-35に対空戦闘させるのであれば、これも数を揃えないとその強みを発揮できない。残念な事に韓国は早期警戒管制機もかなり雑な扱いをしているようだしね。

結局、この一連のF-35AかF-35Bかという話は、韓国空軍と韓国海軍との主導権争いだった、というような話なのかも知れない。

コメント

  1. 「載せる艦載機がない」って、まぁ大丈夫でしょ。独島艦だって載せるヘリがないのですから。あれっ、マリンオンとかいうのは墜落後はどうなったんでしょうね。

    • マリンオンはどこへ行っちゃったんですかね?
      続報が出てきそうなものですが、一向にその様子はありません。
      そのうちに出てくるカモしれませんが、しれっと使っているかも知れませんね。

  2. 対北朝鮮だとF-35Bより航続距離の大きいF-35Aを運用するだけで十分なのですがね。
    ・F-35Aを20機の予算だとF-35Bだと16機分程度にしかならない。
    ・F-35Aのほうが航続距離が長いだけでなく兵装搭載量も大きいので戦力としては上。
    ・F-35Bの空母による運用だと特に着艦に時間がかかり出撃回数も陸上運用のF-35Aに比べて減るのでこれまた戦力としてはF-35Aが上。
    ・F-35Bのほうがメンテナンスの間隔も短く垂直離着陸機構のために時間も余計にかかる。

    空母は遠く離れた紛争地に出かけて戦闘に参加するとか日本のように守るべき領海が広いとか必要性がない限りただの無駄なんですがね
    対日本でも軽空母一隻では戦略、戦術的にも意味を持たないけど日本に対してウリも持ってるニダと自尊心だけは満足させることができるから韓国人としては満足なのかな。

    • 追記として書かせて頂きましたが、僕自身はそもそも韓国のF-35系の戦闘機が不要だと考えています。
      運用に関して大きなハードルがありますからね。

      しかしそうはいってもF-35Aを買っちゃったので、そうであるのであればF-35Aを一定数揃えるべきだというのは、ご指摘の通りであると思います。
      空母はそれこそ不要なんですが……、欲しいみたいですね。

  3. 木霊様、皆さま、今晩は。

    F35B,F35Cのステルスコーティングに問題が発生し得るならば、F35Aでも同様の問題が起こりそうに思えます。それともF35Aは別仕様のステルスコーティングなのでしょうか。B,CにはAと同仕様のステルスコーティングは使えない理由でもあるのでしょうか。
    どなたか詳しい方はいらっしゃいますか・・・機密のベールの向こう側なんで、一般人が知るわけないか・・・

    • F-35Aでも似たような問題は起こるような気はします。
      ただ、ロッキード・マーティン社の記事を読むと、どうやらA型にはない偏向をB型とC型に施している感じで、形状をちょっと変更したという事が書かれていましたから、色々条件が重なったのだと思います。
      ただまあ、ご指摘の様にハッキリした事は報じられないため分かりませんね。

  4. >韓国の防空防衛能力を考えると、2016年の時点でF-4E 71機、F-5E 158機、F-5F 36機という態勢であった(この他に、F-15KとKF-16を保有している)。この全てをF-35A 40機と未だに存在しないKF-Xで代替するというのには流石に無理がある話。

    F-5E/F(タイガーⅡ)は1972年初飛行ですから、10年後に南朝鮮に供給されたとしても40年近く、F-4E(ファントムⅡ)も1978年導入でやはり40年以上経過した機体で、合わせると250機以上が現役の様です。(ちなみに日本のF-4は50年近く現役)
    しかし、劣悪・手抜きかつ幼稚なメンテンナスで有名なんで、果たして飛べる機体が何機残っているか怪しいもんです。

    これに加え、F-15EK(スラムイーグル)×59機、F-16C/D(ファイティング・ファルコン)×169機を所有していますから合計420機、戦闘機の数だけなら空自の約350機の1.2倍って事ですね。
    実際は1/3程度と言われる稼働率では、戦闘能力は空自の半分以下だとは思いますが。

    アメリカがノー天気に気前よくF-35を売っていますが、レッドチーム入りした瞬間に塗装はもちろん複雑で機密の多い部品の供給やメンテンナスをストップすれば、ただの置物になる可能性大なんですよね。
    機密が支那に渡る一番大きなリスクがあるので安心してはいられませんけど。

    まあ、日本としては敵国と考え備える必要があるのは間違いないでしょう。

    • 自国開発に拘る理由が、部品の供給を含めたメンテナンスにあるとは良く言われます。
      ただ、韓国の場合は部品を1から作ると言うことはまず考えませんから、国産で作ってもあまり意味が無いんですよね、どんな製品も。

      レッドチームに入るとなれば、アメリカはどうするんでしょうか??爆撃して焦土化するんでしょうかね。