F35は国内生産に切り替えたとの噂

防衛政策

そうか、本当ならばそれは朗報だね。

「F35」国内組み立て継続へ 完成品輸入を転換

2019/12/10 17:31

政府は最新鋭ステルス戦闘機「F35」の取得をめぐり、2019年度以降も国内での最終組み立てを続ける方針を固めた。米国から完成品を輸入する方針を転換する。当初、完成品輸入の方が費用が抑えられるとみていたが、国内での工程を見直して単価が下がり、継続しても問題がないと判断した。近く調達方法の変更を閣議了解する。

「日本経済新聞」より

以前は、完成品輸入するぜ!と言う話だったんだけど。

ただ、ソースが日本経済新聞だけというのがちょっと不安だな。主語に「政府が」という風に書かれているのが更に不安に拍車をかける。

スポンサーリンク

完全海外生産へ

三菱重工が作るF-35

去年の今頃に報道されたニュースがこちら。

F35を105機追加取得 F15後継 国内組み立ても取りやめ 閣議了解

2018.12.18 11:38

政府は18日午前の閣議で、旧型で能力向上が困難なF15戦闘機99機の後継として、最新鋭ステルス戦闘機F35Aと短距離滑走での離陸と垂直離着陸が可能なF35Bを計105機調達する方針を了承した。内訳はF35Aが63機、F35Bが42機。すでに導入を決めているF35A42機と合わせ、F35は計147機態勢となる。

~~略~~

また、国内で行っているF35Aの最終組み立てを取りやめ、平成31年度以降の取得は完成機輸入に切り替える方針も了承した。調達コストを1機あたり30億~40億円削減する狙いがある。

「産経新聞」より

この最後のところに書いてある一文だが、閣議決定で平成31年度以降の取得について、完全輸入切り替えという話になった。

理由はコストなんだとか。

コレに大喜びしていた軍事評論家(笑)もいたのだが、この人の分析がどれだけ正しかろうと、一段上から見てバカにするような論調は非常に気分が悪い。……正しかったことは少ない気がするけどね。

まあ、彼の話はさておき、国内で作るとお金がかかるのは事実である。

F35A国内組み立て撤退 1機30億~40億円コストカット

2018.12.5

防衛省は、航空自衛隊のF35A最新鋭ステルス戦闘機について、国内で行っている最終組み立てから撤退する方針を固めた。完成した機体の輸入に切り替えることで、調達コストを1機当たり30億~40億円削減する狙いがある。複数の政府関係者が5日、明らかにした。

「産経新聞」より

1機あたり30億円から40億円程の差額が出るらしいというのが防衛省の見解だったようなのだが、冒頭のニュースではこの金額を圧縮できるんだとか。

F-35Bの購入

そういえば、夏頃にはF-35Bを買おうと決めたぜ!と言う報道もあったな。

垂直離着陸機に米F35B 防衛省が正式決定

2019/8/16 18:32

防衛省は16日、航空自衛隊に新たに導入する垂直離着陸戦闘機に米ロッキード・マーチン社製の最新ステルス戦闘機「F35B」を選定したと発表した。2018年12月に閣議決定した中期防衛力整備計画(中期防)に短い滑走で離陸し垂直離着陸できる戦闘機の導入を盛り込んでいた。42機を購入する計画で、20年度予算から順次、必要な経費を計上する方針だ。

「日本経済新聞」より

同じ日経新聞の記事でも、主語のところに「防衛省は」とあり、中期防を根拠に記事になっているのでこちらは割と信頼がおける記事といえよう。実際に別の新聞社も後追いで記事を出していたので尚更である。

F35Bは垂直離着陸の機能を備えた戦闘機で、これを買うと言うことは即ち将来的には空母運用を前提にしているという事になる。

この話自体は去年の12月に出ていた話で、F-35を105機追加購入して、うち42機はF-35Bにするぜと言うニュースだった。上で産経新聞の記事を紹介しているがその中で触れられている内容だね。

で、産経新聞の記事も主語が「政府は」となっていた。つまり、「防衛省が」という主語になればほぼ確定と考えて良いが、今回のニュースは、その前段階の報道ということになる。数ヶ月語に防衛省も国内生産を認めれば、これは本格的に決定したと見て良いだろう。

ただ、現段階では未だ日経のトバし記事の可能性は排除出来ない。

ノックダウン方式での国内生産

国内生産(ノックダウン生産)のメリット

とはいえ、国内で生産するメリットというのは当然にある。

先ずは、FACO(最終組立・検査)が日本で行える体制を整えており、F-35の国内生産をする上でも国内のFACOにて行うことが可能である点だ。

日本国内のFACOは愛知県の小牧南工場に置かれており、MRO&U(メンテナンス・修理、オーバーホールなどを行う)拠点としても機能する。

F35国内生産初号機公開、技術基盤の向上が課題

2017.6.5 22:54

F35ステルス戦闘機は日本企業が製造に参画しているが、戦闘機生産技術基盤の維持・向上が今後の課題だ。

~~略~~

レーダーなどの部品製造も全体のごく一部に限られる。これでは空自のF15やF4のようにライセンス料を支払い、部品の大半を製造する「ライセンス国産」とは異なり、技術基盤の向上にはつながりにくい。

「産経新聞」より

ただまあ、この話が持ち上がった当初のニュースにもあるように、製造に参画するとはいってもノックダウン生産方式を採り、「技術基盤の向上」という点に関しては望むべくもないとされていた。

その後の話で、何とか国内生産可能なレベルになったという事なのかも知れない。実際にAX-5とAX-6は三菱重工の国内FACOで完成したと報道されているからね。ただ、実際に国内で生産可能になったと言う話に結びつくかどうかは微妙なところだ。どちらに転んでもノックダウン生産だろうし、AX-5はテスト飛行中に墜落している。

墜落原因はパイロットの空間識失調であるとも言われているが、生産体制に問題があった可能性は否定しきれないのである。

アメリカでは更に安値で調達

驚くべき事に、ロッキード・マーティン社は更に価格を下げることが出来たという報道があった。

Pentagon and Lockheed Martin Reach Handshake Agreement on F-35 Production Contract

June 10, 2019

The Pentagon and Lockheed Martin have reached a handshake agreement for the F-35 Lot 12 production contract, with options for Lots 13 and 14. Further information and quotes from senior leadership are below.

~~略~~

When the statutory certification is completed, we will be able to formally announce the final Unit Recurring Flyaway (URF) prices for each variant in each Lot. Until that time, I am proud to state that this agreement has achieved an estimated 8.8 % savings from Lot 11 to Lot 12 F-35A’s, and an approximate average of 15% URF reduction across all variants from Lot 11 to Lot 14. This framework estimates the delivery of an F-35A for less than $80M in Lot 13, one year earlier than planned. This agreement symbolizes my commitment to aggressively reduce F-35 cost, incentivize Industry to meet required performance, and to deliver the greatest capabilities to our warfighters at the best value to our taxpayers.

「ロッキード・マーティン社サイト」より

アメリカでの生産体制が整って、A型の単価が8000万ドルを切ると報じられているが、本当だろうか?ロッキード・マーティン社のサイトのアナウンスなので、もうちょっと高くなる可能性はあるが……、まあ、多少はコストダウン出来たというのは事実かも知れない。

この価格、日本円換算で90億円弱なので、第4世代機並みのコストで作る事が可能になることを意味する。

日本での調達は高コスト

尤も、日本がこの価格で購入可能であるか?というとそんな訳は無いのだが、それでも現在、日本の防衛省が概算要求で1機あたり152億6000万円程度の価格を支払っているが、これが更にコストダウン出来る可能性があることになる。

国内で生産すると以前は200億円を超えると言われていただけに、ロッキード・マーティン社のコストダウンの話がでた段階で、国内では無理だろうと思った。

だが、その矢先に冒頭のニュースである。事実であれば喜ぶべき話だが、どうにも信頼できない。

ただ、ある程度高くても国内生産出来ることにメリットはある。製造ノウハウが手に入れられるとまでは言わないまでも、メンテナンスのノウハウが蓄積できることに繋がるからだ。

ある程度部品ストックが可能となるはずなので、国内でF-35Aを運用して行く上では、確実なメンテナンス体制の構築はメリットといえるだろう。ただし……、FACOの場合、最終的なチェックはロッキード・マーティン社にて行うワケで、肝心な部分はブラックボックスだと言われているんだけどね。

ライセンス生産出来れば良いのだけれど……。

ともあれ、これが本当であれば良いのだけれど、色々と課題もあるワケで。別の報道で確認できたらまだ追記していきたい。冒頭のニュースでも「近く調達方法の変更を閣議了解 」とあるので、続報が出てくる可能性は高そうだ。

もう1つ、F-35に関しては、未だに作戦能力未達などという報道も出ているだけに、果たしてこれが任務に堪えうる機体になるかは、未だ不透明な部分はある。その辺りも気にはなっているんだけど、流石に見込みが無い機体をアメリカ軍が大量採用することは無いだろうから、ある程度目処は付いているんだろうね。その辺りも気にはしていきたい。

コメント

  1. マスメディア反乱軍 より:

    木霊さん、おはようございます。

    >国内で生産すると以前は200億円を超えると言われていただけに、ロッキード・マーティン社のコストダウンの話がでた段階で、国内では無理だろうと思った。
    >だが、その矢先に冒頭のニュースである。事実であれば喜ぶべき話だが、どうにも信頼できない。

    1機当たりのコスト(初期費用)が例えば150億円として、最短の30年運用とするなら5億円/1年になります。→実際は延命改修とかで40年位かな。
    原価計算的にはF35調達予定数147機で年間750億円の負担ですから、防衛予算の限られている調達費からするとバカにはできない金額です。
    実際にはメンテ費はもちろんバージョンアップ時の一時的コストなどがかかりますから、僕は完成品輸入→メンテだけのショボい経済効果&技術取得では割に合わないと考えていました。

    「転んでもタダでは起きない」根性で最大限のプラスメリットが出る様に、上手に運用する知恵を絞って欲しいもんです。

    >だが、その矢先に冒頭のニュースである。事実であれば喜ぶべき話だが、どうにも信頼できない。

    ご指摘の様に、主語が「政府関係者」から「防衛省」となる続報待ちでしょうね。

    P.S.
    記事とは外れますが秋田のイージスアショア配備計画で、別の19箇所候補地の調査をやるらしいニュースがチラホラ...。
    揉めた原因を作った防衛省の杜撰さは非難されて当然なんですが、早期配備が最優先なんで(事実核心のレーダーは契約完了)僕はややこしい秋田切るべし!! と考えています。
    見返りに自衛官の増員配備や付近のインフラへの経済効果が見込めるはずなんですが、こんな首長がいる県&市にゴネ得で優遇してやる価値はありませんね。

    僕は車力分屯地(青森県)がいいんじゃないかと思いますけどね。
    すでにTHAAD用のAN/TPY-2レーダーがアメリカ軍によって配備されていますから、これを思い切って対馬に移転し後は射手(THAADミサイルorVLS搭載ミサイルでもいい)をチョイスするだけです。
    米軍在留で対馬の経済効果も見込めるし、何より防衛ラインが対馬海峡となった時の先手を打てます。

    そして後継としてイージスアショアを車力に配備すれば、元々山口県萩市と被り過ぎていた無駄な範囲も縮小できます。

    F35の件も含めて今は何よりも時間が一番大切だと思います。(他にも急がなければいけない装備案件は山盛り)
    何しろ、南朝鮮のレッドチーム入り(=敵国一番手は日本)が目前なんですから。

    P.S.のほうが長くなっちゃってすみません。(苦笑)

    • 木霊 より:

      イージス・アショアの話ですか。
      報道によればかなりしょっぱい感じの動きのように思いますが、メディアが本当に正確な取材が出来ているか、最近、信用出来ないのですよね。
      ただまあ、その分差し引いたとしても、防衛省がやらかした話しはかなり残念なもので。
      上手いこと決まってくれれば良いのですが、アレも随分急いで結論を出しちゃったので、事前準備はあんな感じで杜撰なものになったのでしょう。政治案件だけに、防衛省の人達も可哀想な事になっていたのだとは思いますよ。

  2. あるけむ(R.K.M)@fwbc1965_3 より:

    >FACOの場合、最終的なチェックはロッキード・マーティン社にて行うワケで

    3年ほど前かな。
    三菱重工小牧南工場の近くのショッピングモール(旧名古屋空港国際線ターミナル)に、ロッキード・マーティン社の関係者と思われる外国人がいましたので、最終的なチェックを(量産機でも)米国で行なうとは考えにくいです。

  3. マスメディア反乱軍 より:

    木霊さん、おはようございます。

    F-3(仮称)の開発がスタートするニュースの中で、アメリカ軍との戦術データーリンクと敵味方識別装置をアメリカから提供し共同運用を重視するとか...。

    多量購入予定の(国内生産としても)F-35のこういう部分はやはりブラックボックス化されてんでしょうかねェ~。
    現代戦・近未来戦に必須のデーターリンクと思いますが、F-35もF-3もF-2の時の様にアメリカにいいようにされてはなりません。
    とはいえ、多数の鍵穴に適合する万能鍵みたいなもんですから、情報漏洩などないように取り扱いも大事ですしイーブンを条件にしたアメリカ参入でないと、バーションアップ等に禍根を残す恐れがあります。
    まずF-35のFACOでそういう条件を引き出せたのならいいのですが...。

    イギリスの参入も噂されていますので交渉材料として賢く利用しながら、今度こそしたたかな交渉で日本ファーストで開発が進む事を期待しています。
    そしてアビオニクスだけはアメリカ戦闘機を凌駕する様な、あっと驚く性能を有した純国産を実現して欲しいですね。

    P.S.
    F-35Aは南朝鮮への配備が進んでいますが、メンテナンンス・改修もアメリカが規制し核心技術は全てブラックボックスで固められているんじゃないかな。
    本当に支那に寝返った時には機体ごとプレゼントしちゃうリスクはありますし、当然南朝鮮に要求してくるでしょうから油断は禁物ですけどね。
    案外、遠隔自爆装置付きだったりして。(笑)