F-15Jの改修計画を全面見直し

防衛政策

うーん、このタイミングでコレはかなり痛い。

F15戦闘機の改修、全面見直し 費用膨れ日米協議難航

2021年4月7日 5時00分

航空自衛隊のF15戦闘機に対地攻撃用巡航ミサイルなどを搭載する改修をめぐり、防衛省が現計画の全面的な見直しを決めたことが分かった。2027年度までに20機を改修する計画だったが、改修に先立つ初期経費が高騰するなど、費用をめぐって日米間の協議が難航。岸信夫防衛相が改修計画の精査を指示した。

「朝日新聞」より

なかなか自衛隊関連の記事を書くのは体力が必要になる。何しろ、お笑い韓国軍カテゴリーに分類する記事のように「興味深い」と言っていれば良いわけでは無いのだ。国防に関わる話となるからね。

そして、知識不足が大きく影響してしまう話でもあり、正直、余り気は進まない。

でも、重要な事なんだよね。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

近代改修に待った

航空自衛隊の保有するF-15戦闘機

航空自衛隊が誇る主力戦闘機F-15は、2020年7月までの数字で201機が運用されている。

しかし調達時期などから様々なバージョンが存在している。これを大雑把に分けると、J-MSIP機とRre-MSIP機というものに分類できる。

  • J-MSIP機 : 102機(中後期生産型)近代改修の余地が大きい
  • Pre-MSIP機 : 99機(初期生産型)近代改修の余地が少ない

若干、見る資料によって数字が異なるので、細かい数字が違う可能性があるが、大雑把な数はこんな感じである。

J-MSIP機の近代改修に関しては、大雑把に形態一型と形態二型に分けられ(正式ではないようだが)、改修が進められた。紆余曲折はあったものの、概ね改修を終えてF-15MJという風に呼ばれる仕様となった。

残念ながらPre-MSIP機の近代改修はかなりハードルが高く、それの代わりにF-35A戦闘機を100機調達する話になって、多分順次退役させていく流れになるのではないかとされている。

更に近代化してF-15EX相当に

そして、F-15MJに関しては更に近代改修が計画される。

The Air Force prepares to welcome the first new F-15s since 2004.

Nov. 1, 2020

Early next year, two Boeing F-15EXs will arrive at Eglin Air Force Base, Fla., for testing. The most tricked-out, advanced Eagles ever built, and the first factory-fresh F-15s acquired by the Air Force since 2004, they’re the lead aircraft in a planned fleet of up to 200 F-15EX fighters to be added over the next 15 years.

~~略~~

“The world watches what the U.S. Air Force buys,” Kumar said. “So clearly there’s interest in our existing customer base across the world.” Israel is “taking a look” at the new F-15, he said, while Japan is planning to incorporate many of the EX features except the fly-by-wire system.

「AIR FORCE」より

この記事では、日本のF-15Jの近代改修によってF-15EX相当の能力を手に入れるというような事に言及されている。

F-15MJでスタンドオフミサイルの搭載ができる様になれば、空対空性能も空対艦性能も向上させることが出来る。

敵の上陸部隊に離島が占拠された状況などを想定し、同省は17年12月、F15に巡航ミサイル「JASSM―ER」(射程約900キロ)などを搭載することを決めた。中期防衛力整備計画(中期防、19~23年度の5年間)に改修機数を20機と明記。予算の計上から納入までに約5年間かかる想定で、27年度までに順次改修を終える計画だった。

「朝日新聞”F15戦闘機の改修、全面見直し 費用膨れ日米協議難航”」より

実際に、日本政府はこの近代改修によって、島嶼防衛の要にF-15MJを据えようと計画していたようだ。

ただ、当初の費用を800億円と見積もっていた日本側に対して、アメリカ側は2,400億円に近い数字を提示してきたようだ。韓国政府ではないが、「足下を見やがって!」とガチギレしてい良いレベルである。

勝手に近代改修は出来ない

しかし、F-15J戦闘機を勝手に近代改修するというのは難しい。

F15改修、米の言い値にNO 画期的だが…代替策は

2021年4月7日 5時00分

政府が「南西諸島の防衛力強化の柱」と位置づけていたF15戦闘機の改修計画について、全面的に見直すことがわかった。どんな影響や意味合いがあるのか。

~~略~~

だが、F15は米国開発でライセンス生産されているため、日本独自の改修には大きな制約がある。

「朝日新聞」より

航空自衛隊が保有するF-15Jは、アメリカ政府が窓口となって購入するタイプの契約、FMSプログラムによって購入しているらしく、勝手に手を加えることはできない。

だから、アメリカ側の要求に従って3倍に増えてしまった費用を出してまで改修をお願いするというのがいつものパターンだったのだが、今回はコレを止めてしまったというのが冒頭のニュースである。朝日新聞をして「画期的だ」というから、今まで如何に日本政府がアメリカ側の要求に対して言いなりだったかが分かる。

しかしながら、朝日新聞が指摘するように「代替策があるのか」という点についても疑念が出て当然である。何故ならば、離島防衛の強化の柱に位置づけていたからである。

……日本共産党とかはこの事態を大喜びしそうだけどね。

F-35A追加購入で代替できるか?

F-35Aの購入数を増やすのは好ましくない

正確に言うのであれば、F-35Aの追加購入によって、F-15MJの近代改修を代替するという考えは好ましくない、と、そういう意味だ。

現在航空自衛隊が運用している戦闘機は、F-4J爺さんが退役した今となっては、F-15J戦闘機、F-2戦闘機、そして、万全な状態とは言い難いF-35A戦闘機だ。

Japan scrambling jets less against China as more F-35 deployment eyed

Mar 3, 2021 – 02:06

Japan has restricted the scrambling of fighter jets against Chinese military aircraft to only those threatening to violate the country’s airspace, Japanese government sources said Tuesday.

The change in policy comes as the Defense Ministry seeks to shift from reactively mobilizing aircraft to proactive surveillance, freeing up resources to concentrate on more high-level training using its latest F-35 stealth fighters, the sources said.

「共同通信」より

この記事では、F-35Aでアラート任務をするのは好ましくないということを言及している。

実のところ、F-35Aは非常のメンテナンスコストの高い機体であり、F-15Jと同じ頻度で運用すると、スクランブルが日本の国防費をすり減らすことになる。

対中緊急発進「総量抑制」

2021/3/3 06:00

東シナ海などの中国機に対する航空自衛隊戦闘機の緊急発進(スクランブル)に関し、防衛省が日本領空に侵入される恐れがより高い機体に対象を絞り、総量を抑制していることが2日、政府関係者への取材で分かった。

「富山新聞」より

実際に、スクランブルの基準を見直して総量を抑制する方向に転換している。どのような見直しがかけられたのか?安全性に対して問題はないのか?といった点は気になるところだ。

実際に、支那からの戦闘機の飛来頻度は変わってはいないどころか増えている。もちろん、やり方を変えたらマズイというわけではないのだろうが、メンテナンスにコストのかかるF-35Aでスクランブルさせることは余り合理的ではないのは事実だ。

F-15EX調達が響いている可能性

日本政府が方針転換を決断したのは、思い起こしてみればイージス・アショアの時も似たような事があったように思う。

つまり、アメリカ側の事情が大きく絡んでいる可能性があるということだ。

実は、アメリカ軍もF-35Aの調達が遅れていることなどが影響し、F-15を近代改修してF-15EXを調達する方向で動いている。

ボーイング F-15EX戦闘機が初飛行 アメリカ空軍への納入は2021年前半

2021.02.03

ボーイングは2021年2月2日(火)、F-15「イーグル」戦闘機の最新型であるF-15EXが、アメリカ中西部ミズーリ州にあるセントルイス・ランバート国際空港で初飛行に成功したと発表しました。

F-15EXは空港を離陸したのち、約90分間飛行し、アビオニクスや飛行制御システム、ソフトウェアなどの確認を行ったとのことです。初飛行の成功により、アメリカ空軍に対してF-15EXの最初の2機は、2021年第1四半期後半に引き渡すとしています。

~~略~~

なお、今回の初飛行に先立ち、アメリカ空軍は2020年7月、ボーイングとF-15EX戦闘機8機の納入契約を結んでいますが、将来的には144機まで機数を増やす計画です。

「乗り物ニュース」より

このアメリカ空軍のF-15EXに関するプログラムがどう影響しているかはよく分からないものの、確実に製造ラインが喰われているのは事実だ。

したがって、アメリカ側が巨額の費用を上乗せしてきた背景には、F-15EX用のラインを1つ新設しなければ対応出来ないというような話があり、かつ部品調達にも問題がありそうだという事情が関連しているのではないかと僕は疑っている。

F-16Vのセールス

そして、そうなってくると俄然可能性が高まってくるのが、F-16V戦闘機の採用である。

【軍事ワールド】中国が「断固反対」する台湾新戦闘機「F-16V」の実力は

2019.9.3 06:30

トランプ米政権が20日、台湾に対し米国製戦闘機「F-16ファイティング・ファルコン」の最新型を66機売却することを決めた。中国は「断固として反対する」「内政干渉だ」(外務省の華春瑩(か・しゅんえい)報道局長)と強く反発したが、裏を返すとF-16Vの高性能に対する警戒の現れでもある。その実力は、生粋のガンファイターという素質に負うところが大きい。

「産経新聞」より

台湾が66機のF-16Vを調達するという報道がなされたのは記憶に新しいが、このF-16Vはかなりセールス的にも成功している。そして、機体の性能としても航空自衛隊が求めているものに近い。

もともと、運用していたF-2戦闘機は対艦番長と呼ばれる程、対艦性能に特化した仕様だが、F-16をベースとして作られた機体である。

台湾がF-16Vを運用するのであれば、或いは共同歩調を採るという意味でもF-16Vの採用にメリットはあるだろう。

……だが、既に生産ラインを閉じてしまったとはいえ、日本にはF-2戦闘機がある。F-15Jとは事なり、比較的改造自由度の高い機体であり、製造経験のある機体でもある。

今からF-2戦闘機の製造ラインを立ち上げると、1から構築するのと似たようなコストがかかるとも言われてはいるが、F-2戦闘機を近代改修した最終仕様のものを作り上げるラインを立ち上げたら、どうなのだろう。4.5世代戦闘機の性能を有するとも言われているが、「拡張性が低い」という理由で調達は平成19年以降行われていない。

実際問題、F-3戦闘機まで待てるのか?といえばかなり厳しいのである。既にF-2製造ラインは閉じ、金型も残ってはいないと言われている。だが、アメリカからF-16Vを購入するくらいなら、というのは、ちょっと夢を見すぎだろうか?作れば確実に海外にも売れる、そして、KFXの潜在的な顧客も喰える。

尤も、もっと他に良い手があれば良いんだけど。

追記

KFX改めKF21の関連ニュースでも触れたが、F-15J近代改修は難航している。で、新しい情報が出てきたので追記しておきたい。

F15の改修経費膨張を説明 防衛相「米と減額交渉」

4/12(月) 20:27配信

岸信夫防衛相は12日の参院決算委員会で、航空自衛隊のF15戦闘機に長距離巡航ミサイルを搭載する改修の準備に必要な初期費用について「昨年末時点で当初見積もりの807億円から3倍近くまで増加した」と明らかにした。「米側と減額交渉をした上で、事業継続(の可否)を検討する必要がある」とも語った。

~~略~~

防衛省の土本英樹整備計画局長は、電子戦装置とレーダーに関する部品が枯渇していることに加え、ソフトウエアの改修が必要になったためと説明した。

「yahooニュース」より

F-15Jが搭載予定のレーダーは、AN/APG-82(V)1である。電子戦装置は、電子妨害システムAN/ALQ-239(DEWS)かな。

何れもF-15EXと被る可能性の高い部品だとされている。そこで、F-15EXが採用する電子妨害システム「EPAWSS」をAN/ALQ-239(DEWS)に替えて採用する事を予定しているようだ。ただ、そうであっても製造ライン増強が必要となるために、予算増額は避けられないということらしい。

ただ……、それにしたって807億円から2,400億円まで予算が膨れあがるのはどうかと思うのだ。当初の見積もりが甘かったのか、或いは別の理由なのか。

いずれにせよ、98機のF-15Jを近代改修するのに2400億円必要だとすると、1機あたり78億円程度が必要な計算になる。F-16Vが購入可能な値段だ。F-16Vが購入可能かどうかはまた別の話だろうが、F-16VでF-15Jの

コメント

  1. これは難しい問題です。
     元々空自のF-15J近代化計画はF-15EXあってのことで、米国がF-15の近代化を
    やるのでそれに便乗したところがあり、もしF-15EXがなかったらF-15Jの近代化
    もなかったことでしょう。
     で、F-35が遅れているからF-15EXの調達機数が増え、日本に回す部品がない、
    欲しかったら生産ラインを増強するからカネ寄こせ、という話のようで。

     F-2の再生産は無理です。F-2は日米共同開発で、40%は米国の分担です。
    F-2はF-16CのBlock40がベースで、ロッキード社にある生産ラインが閉じる
    ことになったことも調達打ち切りの理由です。これからF-2再生産となると、
    国内はもとより米国のラインも戻して、というのはどう考えても無理ですね。

     代替案というF-16Vもかなりのバックオーダを抱えているので、決めたとしても
    納期はいつになることやら。なかなか難しい綱渡りを強いられそうです。

    • F-15EXが欲しいので、専用ラインを日本に作ります!じゃ、ダメなんですかねぇ。
      正直、今更F-2というのはやり夢物語で、今更アメリカ側もF-2の製造に関する許可を渋ることは予想されます。ご指摘の通り、アメリカの協力なくしてはF2の生産がままならないのが実情ですし、その分まで日本で作りますというわけにも行かないでしょう。

      F-16Vも台湾が整備工場を誘致するなんて言う話もありましたが、製造拠点ではないんですよね、あれも。
      なんとも、難しい選択を迫られそうです。

      • 米国内でも「今更F-15?」みたいなところはあるようで。ただボーイングも737MAXが
        こけ、F-18 Block3がうまくいってなさそう、とにかくF-15EXは予定通り仕上げて納品
        できます、をアピールする必要があり、日本向けの部品を転用するなど強引なことを
        やっているようです。F-35が完全に軌道に乗ってしまえば、50年近く前に初飛行した
        F-15はこれ以は不要、になるでしょうから。

      • ボーイング社は一体何がいけなかったのか。
        最近は踏んだり蹴ったりという感じですよね。

        F-35Aは確かに良い機体のようですが、アラート任務向きじゃないんですよね。まだ、任務を行うのに十分な機能を持っていると言うところまで至っていないようですし。
        F-15Jが未だに重用される理由もその辺りにあるのでしょう。

  2. 木霊さん、おはようございます。

    FMSという元凶のなせる結果というか経緯ですね。
    人の好い日本は一番の食い物にされてきたように思っています、今後はこれにメスを入れてアメリカ主導に歯止めを掛ける教訓として欲しいもんです。

    とはいえ、ライセンス生産されたF-15Jがいかに優れた戦闘機で、現在も実戦実績で最強を誇る証明でもありますね。(F-22を除き)
    何しろアメリカで初号機から45年以上経過してキルレシオ100対0であり、強化型のF-15Eを含めると約1700機が生産された傑作機ですから。

    能力の検証がこれからというF-35Aをこれ以上増やすのはおっしゃる通り悪手ですから、改修不可ならF-3就役まで繋ぎでF-16Vを調達するしかないんじゃないかなァ~。
    F-15J改修にかかる2400億を廻せば最低20機は買えるでしょうから、2027年度調達計画の20機を賄えます。
    F-16Vの機体価格は70億程度の様です。(もっとも、運用費を加えるともっと予算が必要でしょうけどね)

    航続距離・作戦半径・搭載兵器などF-15Jには及びませんが、台湾付近を含む防空圏のスクランブルと有事の空対艦・空対地攻撃の用件は持っていると考えます。

    しかし、F-2の生産ラインを廃止したのがあの石破氏らしいですが、日本にとって本当に悔やまれるお莫迦で超マヌケな失政でした。

    • FMSは悪い方法ではないと思うのですけど、いろいろな面で制約が大きく作用するのも事実。
      ライセンス生産を、といってもF-16Vあたりを作るのは中々ハードルが高そうです。

      なにかいい方法がないのでしょうかね。

  3. これまでの調達方式は対米貿易黒字(米国にとっての巨額の貿易赤字)の不均衡是正という側面もありましたね。
    そういう点でF35Aの追加調達や過去のイージスシステムなども単純に必要という意味以外にも目的があったわけですけども。

    とはいえ、予定の3倍超というのは流石にしんどい額になりますね。
    このあたり、国産機がないと足元見られるのはやむを得ない。
    多少、ステルス性が落ちてもいいからスクランブル中心に使える使い勝手のいいM2レベルの、というのは世界的なトレンドではないですが、何とか自前で作ってほしいところ。

    • F-35Aの調達が失敗だったとは思いません。
      ただ、アレがスクランブル向きの機体か?と言われると、当初から懸念されたとおりなかなか難しいようで。

      自前で作るならF-3戦闘機ということになるのでしょうけれど、時間は必要ですからね。繋はどうしても欲しい。

  4. FMSはメリットもある、米政府が納品に責任を持つということだから
    手数料もそこまで法外なものではない

    F2再生産しても輸出時にはF16Vにまず勝てないし
    F16V買っても行列の最後に並ぶのだから配備は何年先になるやら

    結局、スクランブルの頻度をさらに下げるよう基準を再度見直すか、無人機配備を急ぐか
    しかないかね

    • FMSでふっかけられる事はままありますが、法外な値段かというとそれなりの理由があるわけで。
      選択肢としては、今後もFMSを利用して兵器を購入するというのは悪い話ではないと思います。

      F2再生産の話は現実的ではないのは理解しています。
      ただ、F3まで待てるか?というとなかなか。
      スクランブル頻度を下げるのにも限界はありますし、無人機配備を急ぐといっても、随伴タイプの無人機実用化はまだもうちょっと先になりそうですから、なんとも悩ましいところです。

  5. 木霊さんおはようございます。
    まずF3は、まだスケジュールも定かではなく、大抵遅れるものですし、かつ今から第五世代機を設計するのもF35があるので、第六世代要素を含んだものに成らざるを得ないと思っています。ますます完成が遠のきます。
    F2改修型を再生産するのは望ましいと思います。F16Cをベースに機体拡張をおこなったので、余裕が乏しいのも事実でしょう。しかし再設計にしても現F2にアビオニクスなどのアップグレードを反映させるならゴールが見えているので比較的難度は低いと考えます。生産設備はどのみち消耗品と割り切れば。
    現実的にはF16V辺りの採用ですがね。

    • F2改修型の再生産というのは、提案しては見たものの実際のハードルはかなり高いのですよね。
      ロッキードマーティン社に製造依頼していた部分も結構多いですし、ワークシェアしていた部分が裏目に出て、その部分のラインは完全に1から作らないとという状況のようです。
      日本国内で作っていた分ですら、もう一度作るとなるとやっぱり最初からラインを作らなければダメなようですし。
      出来上がったとしても、設計コンセプトは古いですし、長期にわたって使うというのは現実的では無いのかも。
      それでも、仕様が固まっていない戦闘機を作るよりはマシなわけで。悩ましいですな。