ビットコインでスパイ行為をした韓国将校

陸軍

ビットコイン4800万ウォンで国機密情報を売ったそうな。

ビットコイン4800万ウォンに… 北朝鮮指導部除去作戦計画を買った

入力:2022.05.27 11:32:47 編集:2022.05.27 11:33:40

ビットコインに包まれ、北朝鮮工作員の指令を受け、国軍電算網をハッキングしようとした容疑で捕らえられた現役将校が機密資料の一つである北朝鮮首脳部除去作戦部隊の計画をすでに北側に渡したことが明らかになった。

「韓国語メディア」より

北朝鮮がハッキングを通じて大量のビットコインを手に入れているという噂はあるのだが、実際にビットコインを使って買収工作をしているところを見ると、本当っぽいな。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

単なる情報漏えい事件ではない

スマホでデータを盗撮

日本円に換算して500万円程度かね。4800万ウォンでスパイ行為か。バレないと思ったのだろうか?或いは、割とこういった行為は横行しているのだろうか。

26日、国会国防委員会所属のカン・デシク議員に国防部が提出した陸軍大尉A氏(29、男性)の公訴状を見ると、A氏は2月初め、地域大作戦計画を携帯電話で不法撮影して北朝鮮工作員に転送した。軍検察によると、A氏は約4800万ウォンほどのビットコインに買収され、このようなスパイ活動を行った。

「韓国語メディア」より

やらかしてしまったのは韓国陸軍の大尉らしく、斬首部隊のエリートだったようだ。

しかし、韓国軍はそんな簡単にスマホを基地内に持ち込んで、写真を撮影して外に持ちだることが出来るってことだろうか?

そういえば、数年前からスマホを部隊内で使えるようにしたとかなんとか。その理由が、徴兵制で入隊する若い兵士の士気が保てないからだとか。

しかし、そうだとしても、そう簡単にデータが持ち出せるようでは困るんじゃないだろうか。

シルミド再び

で、このスパイ行為を働いた陸軍大尉はどこの部隊所属だったかというと……。あー、うーん。あそこか。

A氏は特戦司令部の中でも北朝鮮首脳部除去作戦を遂行する特殊部隊所属で検挙直前まで勤めていた。斬首部隊と呼ばれるこの組織は、朝鮮半島の緊急状況で北朝鮮に浸透し、敵軍の指揮部を除去する任務を担当する。

「韓国語メディア」より

ちょっとだけ、同情してしまう話かもしれない。

韓国には、青瓦台襲撃未遂事件(1968年1月21日)という、北朝鮮の作戦部隊によって青瓦台の目の前にまで浸透される大失態をやらかした苦い記憶があって、その後、斬首作戦に拘りを見せるのだが……。今度は、韓国軍の兵士が実尾島事件(1971年8月23日)というクーデター未遂事件を引き起こす羽目になる(厳密に言うと兵士ではないそうだが)。

詳細はここでは割愛させてもらうが、いたたまれない話だ。

が、その後懲りずに再び斬首作戦をやろうという話になって韓国軍に部隊が立ち上げられ、現在に至るのだが、記事で取り上げた通り不遇の部隊である。

そこのエリートが、軍の機密情報を北朝鮮に売ってしまったというから、残念というか、なんというか。よっぽど斬首部隊にやりがいを感じていなかったのだろう。

機密情報の内容は、地域大作戦計画と呼ばれる斬首部隊の計画や、陸軍保安規則などの機密5件を流出させたのだとか。

KJCCS

更にこの人物、他のスパイ行為にも手を染めようとして、摘発されてしまった。欲をかいたんだねぇ。

またA氏は韓国軍合同指揮統制体系(KJCCS)ハッキングのための装備を設置する指令を履行して摘発され、未遂にとどまった。KJCCSは、合参議長が指揮命令や作戦命令などを下達する際に使用する戦場網だ。状況に応じて機密ソング・受信用途にも使われる。

「韓国語メディア」より

この韓国軍合同指揮統制体系(KJCCS)とは、陸海空軍に対する作成ん司令を出すための情報網らしく、ここの情報が抜かれたら、韓国軍の動きが筒抜けだな!

A氏は北朝鮮工作員と対面接触なしでテレグラムメッセンジャー連絡を交わした。北朝鮮工作員は名前の代わりにテレグラムID「ボリス」だけ露出した。ボリスは北朝鮮の対南工作部署である偵察総局傘下のサイバー戦担当部署に伝わる技術偵察局の下部組織だ。去る2009年政府機関などがDDoS攻撃を受けた時、国家情報院が背後で指摘した所でもある。

「韓国語メディア」より

作戦司令はロシア製のメッセンジャーアプリ、テレグラムを通じて受け取っていたというから、なかなか用意周到だね。

秘密紛失事例300件

そんな訳で、韓国軍は緊急点検をしたようなのだが、その結果がまた宜しくない。

その後、緊急保安点検を実施し、400以上の作戦部隊で秘密紛失事例300件を摘発した。軍当局は今後、類似事例防止のために補完対策を設ける方針だ。

「韓国語メディア」より

この「秘密紛失事例」というものが一体どのような事例なのかはさっぱりわからないが、400以上の作戦部隊で300件って、それはまだまだ氷山の一角ってことじゃないの?

ムン君が従北姿勢を貫いていたおかげで、上層部にも結構スパイが浸透しているようだけれど、韓国軍はこれ、大丈夫なのかな。

コメント

  1. >韓国軍はこれ、大丈夫なのかな。

    南の首長の首を取る部隊だからケンチョナヨ!

    ……実際、それが一番あり得そうなシナリオですが。

    ※多分、一番人的被害が少なくて済む:戦乱時。
    ※ただし、戦後の民間の被害は桁外れに大きくなると思う。

    • 実際に、シルミド事件では、そういう流れになっちゃいましたね。
      愚かしい事に、やっている事も何も変わらないという。