ドイツ、多数の移民と多数のデモ

欧州ニュース

先日、71歳のハインリッヒ13世が逮捕されるという衝撃のニュースが世界を駆け巡った。僕もこのブログでその事を記事にしたのだが、その記事についてドイツのデモに関するコメントを頂いた。

気になって調べて見たが、ドイツが抱える問題の根っこはかなり深いところにある気がする。

71歳「ハインリッヒ13世」、ドイツでクーデター準備…「帝国臣民」の関与も捜査

2022/12/08 10:01

ドイツ連邦検察庁は7日、政権転覆を企てたなどとして、極右勢力メンバーら22人とロシア人1人を含む支援者3人を拘束したと発表した。一部は武装して連邦議会襲撃を準備した疑いがある。独当局は7日、国内16州中11州に3000人以上を投入し、関係先130か所以上の捜索に入るなど強制捜査に踏み切った。

讀賣新聞より

ところで、讀賣新聞ではライヒスビュルガーについて「帝国臣民」という漢字を当てているが、ドイツ語で「ライヒ」は国家を表す言葉で、帝国と邦訳される事が多いようだ。「ビュルガー」は住人なので、帝国臣民とは言い得て妙だと思う。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク

政治的な逮捕劇

変わり者達の集まり

さて、先ずは先日の記事のリンクを張っておく。

ドイツではこのライヒスビュルガー達について「変人」という認定で扱っていたようだ。

【解説】 「ライヒスビュルガー」とは ドイツの「変わり者集団」が陰謀論の過激派に

2022年12月8日

「ライヒスビュルガー」は長年、ドイツ中の笑いもので、変わり者たちの集まりだと一蹴されていた。

しかし、急激に治安当局の懸念材料となった。当局は、「ライヒスビュルガー」がさらに過激で危険になっていると話している。

メンバーは第2次世界大戦後のドイツを認めず、政府の権限を否定している。その名前は「帝国の住民」と訳せるが、これは組織だった全国的な運動ではない。どちらかと言えば、ドイツ各地に散らばる全く異なる少数派グループや個人が、共通の信念の下に集まっている格好だ。

BBCより

どうにも宗教的な集まりではないようなのだが、しかしこの集団の本質は帝国崇拝にあるように思う。つまり宗教に相違無いというわけだ。そして、この様な願望が膨らむ理由は現状に満足出来ない人達を多く抱えているということなのだろう。

中には自分たちだけの通貨や身分証明書を印刷し、自治国の創設を夢見ているメンバーもいる。

たとえば今年初めには、「ドイツ王国」を名乗るグループが、自治州を作ろうとしてザクセン州の2カ所の土地を購入した。

他にも、納税を拒否したり、中傷的な内容の手紙を地方自治体などに大量に送って意図的にその機能を停止させたりしようとする者もいる。

そして多くのメンバーが、合法または非合法に銃を持っている。

BBC「【解説】 「ライヒスビュルガー」とは ドイツの「変わり者集団」が陰謀論の過激派に」より

彼らは、ドイツ帝国として独立を目指し、好き勝手に振る舞って、少なくない違法行為を犯しているようだ。自治州を作ろうとして土地を購入するという大掛かりなことをやっていることからも、経済的に裕福な人達も少なからずその構成員に含まれるのだろう。

実際に元貴族や元議員、そして元軍人など政治に関する影響力のある人物が加わっていたという事実が、ちょいちょいと報道に散見される。

その神輿に担がれたのが、貴族の末裔であるハインリッヒ13世なのである。

政府統計によると、2021年に「ライヒスビュルガー」やいわゆる「自治主義者」らが起こした過激主義犯罪は1000件超に上り、前年から2倍に増えている。

2万1000人ほどいるとされるライヒスビュルガー「界隈」では、5%が極右の過激派で、10%が暴力をふるう可能性があるとされている。

BBC「【解説】 「ライヒスビュルガー」とは ドイツの「変わり者集団」が陰謀論の過激派に」より

そして、深刻なのはその帝国臣民達の数は2万人を超すと言うのだから恐れ入る。ちょっと変人多すぎないか?

ドイツ連邦共和国を認めない

ところで、コメントでも話題になったのだが、彼らは「第二帝国」の設立を目指しているようである。何故、第二帝国だったのか?が不思議に思われたのだ。僕自身も不思議に思っていた。

何故なら、ナチス党のヒトラーは「Drittes Reich(第三帝国)」の建国を目指していたからだ。面白いことに、「第三帝国」で調べて見ると、ヒトラー以前にも第三帝国を志向した人物は複数いたようで、意味合いとしては理想国家というような使われ方をした様である。「罪と罰」で有名になったロシア帝国の小説家フョードル・ドストエフスキーも、「第三帝国」という言葉を使って理想の体現を論じたらしい。

そんな訳で、ライヒスビュルガーは「第三帝国」を目指すか、その次の「第四帝国」とするかと思ったのだけれど、彼らが目指すのは「第二帝国」の復興だというのである。

ドイツにとっての「第一帝国」は神聖ローマ帝国(962年~1806年)で揺るがず、「第二帝国」はビスマルクが建国したドイツ帝国(1871年~1918年)となる。

ドイツ帝国はドイツ革命(1918年~1919年)の勃発によって終了したことになっており、ドイツは共和国として再出発してヴァイマール共和制をスタートさせている。かの有名なヴァイマール憲法は日本国憲法にも大きく影響していた事でも知られている。教科書にも書かれていたよね。

で、どうやらライヒスビュルガーの「第二帝国」の根拠がこのヴァイマール憲法にあるということらしい。

ドイツ帝国が有効である根拠は、第1次世界大戦後、世界で一番民主的と言われたワイマール憲法が、ナチにも、また、戦後の占領軍にも停止されなかったこと。ワイマール憲法ができた時の国家はワイマール共和国と言われているが、実はこれは俗称で、正式にはドイツ帝国が続いていた。

国家は憲法を持つことで初めて成立するから、ワイマール憲法が停止されない限り、ドイツ帝国も生きているという理屈だ。ただし、彼らが掲げる憲法はワイマール憲法ではなく、1871年にドイツ帝国ができたときのもの。つまり、日本の明治憲法のお手本となったドイツ帝国憲法である。

アゴラ「ドイツ・クーデター騒ぎの中身:ライヒスビュルガー(帝国臣民)とは」より

……??

ヴァイマール憲法の前、ドイツ帝国の採用していた憲法はビスマルク憲法(1871年4月発布)である。ビスマルク憲法は1919年にヴァイマール憲法が発布されたことで効力を失ったのだから、ドイツ帝国が生きているというのは無理があるような……。

そして、彼らは今もその帝国の臣民として生きている。当然、現在の基本法(ドイツ憲法に相当)など無効で、それに基づく国家も無効。彼らに言わせれば、現在のドイツ政府はいわゆる有限会社に過ぎない。

また、帝国はいまだに戦時下にある。帝国内に米軍基地があるということが、連合軍による占領が続いている何よりの証拠だ。そして、もう一つの証拠は、国連に今なお残る敵国条項。ここには「第二次世界大戦中に連合国の敵国だった国」が良からぬ行為に走った場合は、国連加盟国はその国に対し、安保理の許可なしに制裁戦争を始めることができると記されている(ちなみに日本もドイツと並び、いまだに敵国)。

アゴラ「ドイツ・クーデター騒ぎの中身:ライヒスビュルガー(帝国臣民)とは」より

よく分からない理屈ではあるが、彼らにとってはビスマルク憲法を掲げた第二帝国こそが、自分達の祖国であるということのようだ。そして、その第二帝国は終わってはいないと。

それ故、ドイツ連邦共和国も認めないという事に繋がって、だから法律を守らなくても良いというロジックに繋がるらしい。

恐らく、ナチス・ドイツの建国したとする第三帝国では、世界的にウケが悪いので、ソレを認めず、第二帝国が続いているのだということにしたいらしい。

確かにソレだけ見ると「変わり者」という評価もできるワケだが、何となく目指したい部分は理解出来る部分もある。だけど、どう考えても建設的じゃない。現実を否定しても意味が無いのだ。

AfDの駆逐が目的か

で、アゴラで川口氏が指摘しているのは、こうした動きが「今」行われた理由として疑われるのがAfDの存在らしい。極右政党「ドイツのための選択肢(AfD)」は、過激な主張で知られているが、一定の支持を集めている。

ただ、政府とメディアが一番報道したかったことは、実は他にもあると思われる。逮捕者の一人がAf D(ドイツのための選択肢)の元議員なのだ。ドイツの全党が一丸になって、何年も前からAf Dを潰そうとあらゆる試みをしていることはすでに知られているが、それでも潰せないため、政府がこの荒療治に出たのではないかという疑いを持つのは、私だけではないだろう。

実際、「Die Zeit」紙は翌日すぐに、「Af Dと帝国市民は切り離せない」というタイトルの記事を載せ、CSU(キリスト教社会同盟)のゼーダー党首は、「これは民主主義にとっての真の危険だ。この運動と深く関わりを持つAf Dの役割について究明すべき」と言い、緑の党のミハリック議員団長は、「帝国臣民とその他の極右勢力による民主主義に対する脅迫」を強調した。狙いはやはりAf Dだ。

アゴラ「ドイツ・クーデター騒ぎの中身:ライヒスビュルガー(帝国臣民)とは」より

しかし、ポピュリズム政党が台頭しているドイツに政府にとっては、AfDの主張は極めて危険である。CSUにしても緑の党にしても、左派政党にとってAfDの勢力拡大はなんとか抑えなければならない。

何故ならば、AfDの主張を通してしまうと、EUの枠組みが崩壊しかねないからだ。

例えば、先日こんなニュースがあった。

独憲法裁、7500億ユーロのEU復興基金巡る訴え退け

2022年12月6日8:06 午後

ドイツ連邦憲法裁判所は6日、新型コロナウイルス危機を乗り切るために欧州連合(EU)が創設した7500億ユーロ(7860億ドル)規模の復興基金を巡る訴えを退けた。

ロイターより

ドイツの司法が、「復興基金」は合法だという判断をしたというのだ。この復興基金はEUによって設立され、最大7500億ユーロを調達するにあたってドイツに大きな負担を強いることになっている。

2021年に連邦議会が可決した資金調達プログラムを承認する法案を巡り、極右政党「ドイツのための選択肢(AfD)」の共同創設者ベルント・ルッケ氏らが2件の憲法上の訴えを起こした。

ロイター「独憲法裁、7500億ユーロのEU復興基金巡る訴え退け」より

AfDはこの資金調達プログラムに関して疑問を呈しており、憲法に反するという訴えを起こしたが、めでたく棄却されたと言うことらしい。誰にとってめでたいか?といえば、ドイツ政府にとって、である。

確かに、AfDが主張する政策は極端である。同党は徴兵制度の復活を求めている。反EU政党であるAfDは、ドイツがユーロ圏から脱退し、マルクを復活させることを望んでいる。さらにテレビやラジオの受信料支払い義務に反対し、公共放送局の数を減らすべきだと主張している。また「メルケル政権のエネルギー転換、特に再生可能エネルギーの振興によって電力料金が高くなっていることは受け入れがたい」として、再生可能エネルギー拡張政策を見直して、原子力発電所の再稼働を求めている。

興味深いのは、これまでAfDの主張を大きく取り上げてこなかったドイツの大手メディアが、今年春以降はAfDの提案を具体的に報じ始めたことである。その背景には、報道関係者の間で、「難民危機を追い風にして、ドイツでは中間階層にもAfDの支持者が増えている。このため、AfDについて、極右政党という烙印を押すだけでは、もはや問題を解決できない。AfDの主張を詳しく報道・分析して、その誤りを暴くことにより、市民にAfDの危険性を伝える必要がある」という意見が強まっているからだ。

NewsDigestより

しかし、ドイツ国民にとってEUに留まり続ける事にメリットがあるのかは、ちょっとよく分からない。AfDの主張はそういった点に疑問を持つ方々に刺さる主張だといえる。

ドイツの目指した極端な再生可能エネルギー推進政策によって、ドイツ経済はかなり疲弊している。ドイツ経済がそれでも未だマシなのは、EUに所属する他の国の経済を食い物にしているからである。

ドイツのデモ

さて、こういった状況にあって、ドイツ国民はどんなことを考えているのか?という事を拾うために、デモのニュースを幾つかピックアップしてみよう。

ドイツ ウクライナ避難民ら反戦デモ エネルギー輸入禁止も訴え

2022年4月17日 6時31分

ロシアによるウクライナへの軍事侵攻に抗議するデモがドイツで行われ、大勢の人たちが戦闘の停止を求めるとともにドイツはロシアからのエネルギーの輸入をやめるべきだと訴えました。

NHKニュースより

旧東独で親ロシアのデモ多発 西側に不満、物価高騰に怒り

2022年11月04日07時09

旧東ドイツ地域で、ウクライナに侵攻したロシアとの融和を求めるデモが多発している。旧ソ連の衛星国だった歴史からロシアに友好的な層が多いことに加え、ロシアとの対立でエネルギー価格高騰が加速し、西側より所得の低い東側の住民が特に打撃を受けていることへの怒りが背景にある。こうした不満を極右政党がすくい上げ、勢力拡大を狙う構図もある。

時事通信より

8万人が「自由を!」 22歳女性の急死、ドイツで大規模抗議デモ

2022年10月23日 18時00分

イランで22歳の女性が髪を隠す布「ヒジャブ(ヘジャブ)」をめぐり逮捕された後に急死した事件を受け、ドイツの首都ベルリンで22日、イラン人らによる大規模な抗議デモが開かれた。

朝日新聞より

親ロシア支持者がドイツで集結、反対デモ参加者と対決

2022 年 4 月 10 日

親モスクワの支持者たちは、4月10日にドイツのいくつかの都市で街頭に出て、ロシア人に対する差別と彼らが呼ぶものに抗議した.

彼らは、ロシアの残忍なウクライナ侵略に抗議するデモ隊と対決した。

rferlより

まあ、色々なデモが行われていて、「親ロシア派」なる方々が居るのにも驚きだが、ロシア人に対する差別に対する抗議をしたというのである。

確かにロシア人が謂われのない差別をされる事は、宜しくないことではあるが……。ロシアの脅威を感じているドイツ人達にとって響くかどうかはちょっと怪しい。

さておき、この他にも更に少し前のデモのニュースなのだが、「扇動者」の存在を示唆していたので取り上げてみた。

ドイツで「反コロナ」デモ 新型ウイルス規制などに抗議、300人逮捕

2020年8月30日

ドイツ・ベルリンで29日、政府の新型コロナウイルス対策に抗議する大規模デモがあり、警察は参加者約300人を逮捕した。

デモには約3万8000人が参加。ほとんどは平和的に、大通りを行進するなどした。

集会の1つでは約200人が逮捕された。当局は、右派の扇動者たちが石や瓶を投げていたとしている。

欧州の他都市でもこの日、新型ウイルスはでっち上げだと主張する同様のデモが開かれた。

BBCより

デモに参加した3万8000人のうちに、200人の逮捕者が出ている。

ベルリン市のアンドレアス・ガイゼル内相は、大通りのウンター・デン・リンデンにあるロシア大使館前に集まったデモ参加者らを「右派の過激派」とし、警官7人が負傷したと述べた。

国会議事堂前では、デモ参加者の一部が警戒線を突破。警官隊は催涙スプレーを使って追いやった。

BBC「ドイツで「反コロナ」デモ 新型ウイルス規制などに抗議、300人逮捕」より

で、その正体が右派の過激派という事を、行政側が主張している。

戦勝記念塔の西側で開かれたデモは、シュツットガルトを基盤とした運動団体Querdenken 711(水平思考711)が主催した。同団体はフェイスブックで1万6000人以上の支持者がおり、暗号メッセージサービスを利用して連絡を取ることが多い。

BBC「ドイツで「反コロナ」デモ 新型ウイルス規制などに抗議、300人逮捕」より

ココに出てくる運動団体は、今回のライヒスビュルガーとの関連があったようだ。

And the protests were also a boon for the Reichsbürger movement, allowing it to reach a new high point. Reichsbürger appear to have been deeply enmeshed within a key organization behind the protests, Querdenken 711. Prominent figures from Querdenken 711 met with Peter Fitzek, a Reichsbürger who refers to himself as “his royal highness Peter the First,” in November 2020 to discuss “new possibilities and other strategies.” An alleged Reichsbürger, Stephan Bergmann, served as the press speaker of Querdenken 711. Another, Frank Schreibmüller, claimed to have taught the movement how to use Telegram, the platform that would serve as the protests’ digital backbone.

~~対訳~~

そして、この抗議行動は、帝国臣民運動にとっても好都合で、新たな高みに到達することができた。帝国臣民は、抗議行動の背後にある重要な組織であるクエルデンケン711に深く入り込んでいたようだ。クエルデンケン711の有力者は2020年11月、自らを「第一ペーター殿下」と称する帝国臣民、ペーター・フィツェックと会い、”新しい可能性と他の戦略 “について議論した。帝国臣民とされるステファン・バーグマンは、クエルデンケン711の報道演説者を務めていた。もう一人のフランク・シュライブミュラーは、抗議運動のデジタル・バックボーンとして機能するプラットフォームであるテレグラムの使い方を運動に教えたと主張した。

lawfareblog.comより

なるほど。確かに関係はありそうだ。

政治的不満はAfDへの支持拡大へ

とまあ、色々ピックアップしていったが、結局のところ、今回のライヒスビュルガー逮捕劇は政治的なパフォーマンスの側面が強く、左派政党が右派を弾圧するという色が見え隠れするようだ。

尤も、右派が正しい主張をしているかというと、まあ、ライヒスビュルガーの主張を見るようにかなり荒唐無稽な部分が大きい。では左派が正しいかというと、こちらもかなり怪しい。

その点は川口氏がこんな指摘をしている。

さらにいうなら、この日はもう一つ、ドイツ政府が是非とも国民の目を逸らせたかった出来事があった。実は、その3日前の朝、エリトリア出身の難民が、通学途上の13歳と14歳の女の子を襲い、ナイフでめった刺しにし、一人を殺し、もう一人に重症を負わせた。ドイツは現在、緑の党と社民党の政策のせいで、難民の数が収容能力を超えており、全国的に不穏なことになっている。つまり、この殺人事件ほど、政府にとって都合が悪いことはなかった。

しかも、この女の子は二人ともトルコ移民で、ドイツのトルコ人コミュニティはもちろん、トルコ本国でも悲惨な事件として大問題となっていた。ところがドイツでは、政府に忠実な公共メディアは、犯行当日以外、ほとんどこの事件を報道しなかった。

アゴラ「ドイツ・クーデター騒ぎの中身:ライヒスビュルガー(帝国臣民)とは」より

この指摘は荒唐無稽な主張かというと、実のところそうでは無い。過去にも同じ様な事があったのだ。

それはケルン大晦日集団暴行事件(2015年12月31日~2016年1月1日)というドイツの黒歴史が証明している。この時も、ドイツメディアはこの事件を取り扱わず、ケルン警察も1月8日になるまで公表を行わなかった。多数の被害者が出たにも関わらず、一週間以上事件発生を隠蔽したのである。

構図は、エルトリア出身の難民が中学途中の女児を襲った事件と似ている。

結局のところ、AfDが主張する移民政策の否定を、ドイツ国民も受け入れつつあって、そのことがEUやドイツ政府にとっては都合が悪いのである。

左派の活動もかなり怪しい

ただ、左派政党が牛耳るドイツにあって、左派に都合が悪い事件もいろいろ発生するわけで。上に紹介した事件の他にもこんな事があった。

環境活動家がフェンスを破って不法侵入 ドイツ、ベルリン国際空港の滑走路に手を接着して座り込む 多数の利用客に影響

11/26(土) 18:05配信

ドイツの主要な空港の1つである「ベルリン・ブランデンブルク国際空港」で、不法侵入した環境活動家による抗議活動で行われ、滑走路が一時閉鎖される騒動が起きました。

yahooニュースより

ヨーロッパを中心にして左派環境活動家たちもかなりおかしな主張をしながらおかしな活動をやっている。かなり極端で、破壊的な活動をする人達もいるのだ、左派にも。

こうした流れになっている背景にあるのが武漢ウイルスによって抑圧されたり、ロシアのウクライナ侵攻によってエネルギー価格が高騰して生活に影響が出たり、ドイツ政府のエネルギー政策の失敗によって電力の安定供給が守れなくなっていたり、移民増大による国内の摩擦増大があることなど、社会的背景による不満の増大である。

特に、移民政策による失敗は文化的軋轢を生んでいて、ドイツ政府はこれを隠そうとする傾向にある。

そういった不満の受け皿になっているのがAfDであり、一定の層にはその主張が刺さるという状態になっているわけだ。

外務省の出す安全情報

で、最後にこちらを紹介しておきたい。

【安全情報】ベルリンにおける大規模デモに関する注意喚起(7月24日)

2021/7/23

(ポイント)
◯7月24日(土)、ベルリン市内中心部において、2万人が参加する大規模なデモが予定されています。
◯デモに伴い多くの通りが通行止めになるなど、交通機関に影響が出ることが予想されますので、時間に余裕をもった行動を心掛けてください。
◯人が多く集まる場所では、スリ、置き引き等の犯罪が発生する危険性があるほか、テロの標的となる可能性もありますので、不測の事態に巻き込まれないよう十分注意してください。
◯対人間隔の確保やマスクの着用などの衛生措置についても十分にご留意願います。

外務省のサイトより

注意して欲しいのは、この情報は去年のもので、今年の状況ではないことである。現在、ドイツに対してスポット情報は出ていない。

外務省 海外安全ホームページ
海外に渡航・滞在される方々が自分自身で安全を確保していただくための参考情報を公開しております。

ただ、テロに対する情報喚起は出ている。

欧州でのテロ等に対する注意喚起

2021年12月16日

1 欧州では、近年、単独犯によるテロや一般市民が多く集まる場所(ソフトターゲット)を標的としたテロが頻発しており、今後も引き続きテロの発生が懸念されます。

2020年以降の新型コロナウイルス感染症の感染拡大による社会・経済の不安定化の影響により、過激派の影響を受ける者が増える懸念があるとの見方があるほか、近年は、イスラム教過激主義に影響を受けた者によるテロに加え、極右思想に影響を受けた者によるテロも増加傾向にあるといわれています。

外務省のサイトより

こちらの情報は現時点でも有効だ。

先進国であるドイツが、国内の情勢不安を抱えているというのは、日本人にとってあまり理解し難い事であろうとは思うのだが、コレが現実なのだ。

コメント

  1. こんにちは。

    ……ドイツさぁ……

    こんな感想しか出てこないですね。
    日本における一般的なドイツの印象は、「ヘタリア」におけるそれだと思うのですが、知れば知るほど「あれ?ドイツって、イタリア以下じゃね?」ってなるのがなんとも。
    そのドイツとFCASその他で組んでるフランスもたいがいですが。なんで火を見るより明らかな負け戦を選択するのか。

    持論ですが、色々な面で、日本は世界の10年先を行っている(世界は10年後に同じ事をする)と思ってます。先進的という意味ではなく、何故か、歴史的事実として。
    日本の民主党政権(≒左派政権)は有り難い事に比較的短期間で終わりましたが、世界中の左派政権は皆、もっと長持ちしちゃってるので、影響は10年じゃ済みそうに無いし、破壊力もあの比じゃなさそうですね(日本もかなり致命的な被害でしたが)。

    • 驚きの状況ですよね。
      ドイツの左派政権は一体何処に向かっているのやら。メルケル氏が随分と左の方によってしまったので、現在は寧ろ右寄りなんですが、それでもショルツ氏はSPD所属。社会民主党なので、中道左派と呼ばれる位置づけです。日本から見ても随分左側ですよね。
      世界一の技術大国だと持ち上げられていても、政治がダメだとどんどん腐敗していく……。あ、日本も同じ構図ですわ。
      日本とドイツの違いは、極左から左派に政権が移ったってところだと思ったのですが、日本の自民党も中道より左寄りなんだという実態を考えれば、民主党(極左?)から自民党(左派)に移った構図に見えて、結局同じですな。

      • >日本の自民党も中道より左寄り

        そうなんですよね。
        みんな勘違いしてますが、「大日本株式会社」は「会社主義」なので、中道左派かも知れないけど右派では決してナイ(自民党内には、左右適度にバラついて存在しているが)のですよね……