日米韓で安保協力の正常化を目指す?無理じゃないかなぁ

外交

タイトルで、この記事で言いたいことは終了である。

日米韓、安保協力を正常化 ミサイル情報も共有

2022/11/14 21:24

日米韓首脳は13日に採択した共同声明に、北朝鮮のミサイル発射情報をリアルタイムで共有する意向や、経済安全保障を巡る対話機構新設を盛り込んだ。北朝鮮の相次ぐミサイル発射など東アジアの安保環境悪化を受け、トランプ前米大統領の「米国第一主義」や韓国の文在寅(ムンジェイン)前大統領の親北・親中路線で崩れた3カ国安保協力は強化されつつある。

産経新聞より

この記事を読んで、岸田氏は随分とアメリカに対して妥協したんだなぁという感想を持った。でも、これまでの岸田氏の事を考えたら、外交を随分と頑張った印象ではある。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク

対支那政策はどうなる?

日米韓首脳会談が開催される

先日、日米韓での首脳会談が行われた。

日米韓、異例の連続首脳会談 東アジア安保の基盤構築

2022年11月14日 5:00

岸田文雄首相が3年ぶりの日韓首脳会談に踏み切ったのは日米韓の協調が東アジアの安全保障の基盤になるとみるためだ。東アジアには北大西洋条約機構(NATO)のような集団安全保障の枠組みはない。関係悪化が続いた日韓の傷の修復が急務となる。

日本経済新聞より

といっても、たったの15分程度だったので、3カ国首脳会談で通訳を介在させることを考えると、5分程度の内容となり、実際に共同声明の内容は薄い。

  • 北朝鮮に対しての非難声明
  • 3カ国で北朝鮮のミサイルに関するデータについてリアルタイム共有をする
  • 核拡散抑止について協力する
  • 台湾海峡問題について平和と安定の維持の重要性に言及
  • ロシアのウクライナ侵攻に対する批判
  • 日米韓3カ国のサプライチェーンの強化

それでも内容を列挙してみると、一見充実した内容に思える。が、内容をよく読むと、コレまでの方針を確認した程度で、更に支那に対する方針については避けているのが情けない。

バイデン氏としても、積極的には批判したくはなかっただろうし、特に韓国のユンユンが嫌がったのではないかと。岸田君は恐らくバイデン氏が頑張れば賛同した気はする。

岸田首相、中国を名指し批判「日本の主権を侵害する活動が継続・強化」

2022/11/13 19:52

カンボジア訪問中の岸田首相は13日、東南アジア諸国連合(ASEAN)に日中韓や米国、ロシアなどを加えた東アジア首脳会議(EAS)に出席した。首相は「東シナ海では中国による日本の主権を侵害する活動が継続・強化されている」と非難し、名指しで中国を批判した。

讀賣新聞より

実際に単独でも批判しているしね。この点は当たり前の事を言っただけとはいえ、岸田氏を評価したいところではある。ただ、本命である支那の人権問題を避けたのは頂けないな。

ミサイル情報のリアルタイム共有

ところで、日米韓の共同声明の中で、「ミサイル情報のリアルタイム共有」というような話が出ていて、これが結構な勢いで韓国野党から噛みつかれていて面白い。

韓米日でミサイル警報情報共有、共に民主が「バラマキ外交、屈辱外交」と批判

2022/11/15 10:01

韓国、米国、日本の首脳が北朝鮮の核とミサイルの脅威に対抗するためミサイル警報情報のリアルタイム共有に合意したが、これに対して韓国野党・共に民主党は14日「GSOMIA(韓日軍事情報包括保護協定)の事実上の復活」とした上で「バラマキ外交であり屈辱外交だ」と批判した。

朝鮮日報より

ムン君の所属していた共に民主党が「バラマキ外交だ!」と批判しているのだが、なかなか的ハズレだ。

何より、「日韓GSOMIAの事実上の復活」というのは意味の分からない話。だって、日韓GSOMIAは更新されて継続しているので、今も形式上は機能はしているのだ。

ただ、日本側から積極的に利用する事はこれまでもなく、恐らくこれからも無いだろうと思われていた。今回、ミサイル警報情報をリアルタイムで共有する話は、日米韓の参加国での合意であり、日韓GSOMIAと関係があるといえばあるのだが、別次元での約束であるとも言える。だって、まだこれから内容を詰める話だからね。

なお、共に民主党はもっとおかしなことも言っている。

共に民主党の安豪栄首席スポークスマンはこの日朝「GSOMIAを復活させるのなら輸出規制はどうなりますか」という題目の論評を出し上記のように主張した。安スポークスマンは「(韓国)政府は無条件でGSOMIA復活を進めているが、これは国益を害するのはもちろん、韓国国民にとって容認できないこと」と指摘した。

朝鮮日報「韓米日でミサイル警報情報共有、共に民主が「バラマキ外交、屈辱外交」と批判」より

輸出規制?何かあったっけ?

韓国政府はMD構想に参加ではないと否定

「輸出規制」なる寝言はさておき、これについて韓国政府側もちょっと興味深い事を言っている。

国防部「韓日米ミサイル情報の共有はMD導入ではない」

Write: 2022-11-15 10:16:14/Update: 2022-11-15 11:23:40

韓日米首脳会談で採択された共同声明で、北韓のミサイルに関する情報をリアルタイムで共有するとの内容が盛り込まれたことについて、国防部は、アメリカのミサイル防衛(MD)システムの導入を意味するものではないと説明しました。

KBS WORLDより

韓国政府はアメリカのミサイル防衛システムに組み込まれる事は無いと、その様に否定している。

確かに、ミサイル警戒情報だけ共有するというのであれば、それはミサイル防衛のシステムに組み込まれることを意味しないのだが、態々コレを口にしたという事は、支那に配慮しているという意味でもある。

つまり、日米韓の連携は対北朝鮮に関して「のみ」だと、そういう事が言いたいらしい。

恐らくだが、日本側としてもデータのリアルタイム共有というのは、さほどメリットのある話では無いと思う。日本としてはアメリカ軍からの情報を得られれば良いのであって、韓国からの精度の悪い情報をリアルタイムで貰ったところであまり嬉しくはない。

海上幕僚長「ボールは韓国側に」 レーダー照射問題

2022/11/15 15:39

海上自衛隊トップの酒井良海上幕僚長は15日の記者会見で、平成30年12月に起きた韓国海軍駆逐艦による海自哨戒機へのレーダー照射問題に関し「ボールは韓国側にあると認識している。今後、韓国側から整理された回答があると認識している」と述べた。

産経新聞より

日本としても「韓国軍が解決する事だ」と、懸案事項について言及していて、このデータ共有が本当に実現するかもよく分からない。

恐らく、韓国内の世論も共に民主党も頑張っているし、日本との連携を許す雰囲気ではないだろう。だから、口約束はしたけれど、じゃあ本当に話を進める事ができるのか?というと、すんなりは行かないんだろうなと、そんな風に思った次第。

コメント