【自衛隊国際観艦式】韓国、来るってよ

大韓民国

韓国防衛の観点から言って、この国際観艦式をキャンセルするという選択肢はないハズなのだ。だが、韓国にとってこの選択は苦渋の決断を伴うらしい。

韓国 自衛隊国際観艦式に艦艇派遣へ=旭日旗問題で波紋も

2022.10.27 21:24

韓国国防部と韓国海軍は27日、日本の海上自衛隊が来月6日に開催する国際観艦式に海軍の艦艇を派遣すると発表した。

「聯合ニュース」より

この話、ムン君の残した爪痕が大きかったと見るべきか、それ以前からの流れに逆らえないと見るべきか。決断力に乏しいユンユンには辛い決断なんだろうねぇ。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク

決定までの紆余曲折

回答期限は12日

さて、この国際観艦式だが、海上自衛隊が創設70周年を記念して11月に開くものであり、複数の国に声をかけて大々的に行う予定であった。

Just a moment...

海上自衛隊主催の国際観艦式は2回目。1回目は平成14年(2002年)で、海上自衛隊創設50周年という節目に行われている。

で、今回の70周年の開催にあたっては、12カ国18隻の艦船を揃えるということになった。

令和4年度国際観艦式について

1 目 的

自衛隊の最高指揮官である内閣総理大臣に海上自衛隊の部隊等を観閲していただき、 もって隊員の使命の自覚及び士気の高揚を図るとともに、西太平洋海軍シンポジウム加 盟国海軍間の信頼醸成や友好親善を促進し、地域の平和と安定を図る。

2 期 日

令和4年11月6日(日)

3 場 所

相模湾

4 参加規模

(1)海上自衛隊 艦艇20隻、航空機6機

(2)陸上自衛隊 航空機5機、車両等(輸送艦に積載)

(3)航空自衛隊 航空機16機(ブルーインパルス参加)

(4)海上保安庁 巡視船1隻

(5)外国海軍等(10月25日現在)

外国海軍等の参加状況については、変更の都度海自ホームページで更新予定

ア 艦 艇 12か国18隻

オーストラリア、ブルネイ、カナダ、インド、インドネシア、マレーシア、ニュージーランド、パキスタン、 シンガポール、タイ、英国、米国

イ 航空機 1か国5機

米国(海軍機及び海兵隊機)

「海上自衛隊プレスリリース」より

で、海上自衛隊のサイトで、こんなプレスリリースが為されたわけだが、これを見たメディアはザワザワした。何故か?それは、参加する国名の並びを見て、割と小さな国家から大国まで名を連ね、そのナインナップが、クワッドやAUKASを意識した感じになっていたからだ。

いや、メディアにとっては、国名の並びに韓国がいなかった事が衝撃だったのかも知れないが。

せんせー、韓国クンがいません!

当然、メディアとしては、「何故、韓国がいないのか!」「キムチは美味しいのに!」と、騒然となった。え?キムチは無関係だ?コレは失礼を。

国際観艦式、韓国から招待回答なし 海自トップ「ぎりぎりまで待つ」

2022年10月25日17時05分

海上自衛隊トップの酒井良海上幕僚長は25日の記者会見で、11月に海自創設70周年記念で行う相模湾での「国際観艦式」について、韓国側から招待状への回答がまだないと明らかにした。期限は今月12日だった。酒井海幕長は「不参加の連絡があったわけではない、ぎりぎりまで待つ」と話した。

「時事通信」より

記者会見では、海上自衛隊のトップ、酒井氏によって「招待状を送ったが、回答はなかった」との事情が明らかにされた。招待状を送って回答してこなかった国は、韓国だけだったようだ。日本は西太平洋海軍シンポジウム(WPNS)参加国(合計21ヵ国)のうち、ロシアを除くすべての国に招待状を発送している。

国際観艦式、ロシアを除くWPNS全加盟国を招待 韓国も含むと浜田防衛大臣・松野官房長官が公表

投稿日 : 2022年8月28日

浜田防衛大臣は2022年8月26日(金)、防衛省A棟で実施した定例記者会見の質疑応答において、国際観艦式の招待国について明らかにした。

浜田大臣の公表によれば、招待国は、ロシアを除く「西太平洋海軍シンポジウム(WPNS)」全ての加盟国としており、この中には韓国も含まれていることも明かした。

「FUNECO」より

まあ、色々な事情があるため、欠席を決めた国々は仕方がないと思う。遠方のフランスや、ペルー、チリ、小国のトンガ、カンボジアなどは、船を出すのも大変だという事なんだろうと思う。驚きなのはイギリスの名前がある事くらいだろうか。イギリス本国から出るのであれば、準備をして11月3日に間に合わせるには、時間的余裕が殆どなかったはずだ。

ともあれ、「ロシア以外の国」を招いたと言うところがポイントで、ロシア軍のウクライナ侵攻に抗議する意図が読み取れるわけだ。なお、ロシアも当初は招待してあったのだが、ウクライナ侵攻を決定した事が影響して6月に招待を取り消している。

当然、表向きは西側の一員だとしている韓国の名前がここにあって然るべきで、それに配慮して日本側は招待状を送ったわけだが、無回答だった。だから、プレスリリースは韓国の名前無しで出したのだ。

コレだけでも韓国は国際的には大恥なのだが、韓国側にもそれなりの言い分はあるらしい。それが政党かどうかは別にして、だが。

WPNSの開催を日本で

さて、今回の国際観艦式開催にあたって、日本の海上自衛隊は併せて西太平洋海軍シンポジウム(WPNS : Western Pacific Navy Symposium)の開催を宣言している。

第18回西太平洋海軍シンポジウム(WPNS)について

本年、海上自衛隊は、西太平洋海軍シンポジウム(WPNS:Western Pacific Navy Symposium)の議長国として、我が国において第18回WPNSを開催します。

「海上自衛隊プレスリリース」より

日本としては、WPNSの議長国でもあるので、国際観艦式の開催と併せて第18回WPNSの開催をやってしまおうというつもりであった。だからこそ、国際観艦式にもWPNS参加国に参加を打診したのだ。

ただ、WPNS議長国が国際観艦式を開催することは、過去にも何度かあったので「異例」というわけではない。WPNSは隔年で開催され、奇数年にはWPNSワークショップが開催される習わしになっている。

ところが、韓国にとってはこの事態が更に拙かった。

国際観艦式を欠席するのであれば、相当の理由が必要ではあっても、比較的容易に欠席を決定出来る。が、WPNSの開催に顔を出せないのはマズイ。

何しろ前科がある。

「旭日旗」不掲揚要求で日本不参加の観艦式 軍艦旗掲げた参加国も

2018/10/11 20:13

韓国南部の済州島で11日、観艦式の海上パレードが行われたが、パレード中は艦艇上に自国国旗と韓国国旗のみを掲げるよう求めていた韓国海軍の異例の通知には従わず、参加国のうち数カ国が自国の軍艦旗を掲げたとみられる。

「産経新聞」より

2018年のWPNS議長国は韓国で、この時も観艦式を行って複数の国を招待した。日本も招待されていたのだが、何故か「旭日旗を掲げてはならない」などとアホな事を言い始めたのである。海上自衛隊は、これに対して「承服できない」と韓国で開催された観艦式を欠席した。

国連海洋法条約上の船舶の国籍を示す標識に該当するため、軍艦旗を下ろさず航行することが国際常識とされているのだが、韓国はこれに「軍機を下ろして航行しろ」と要請したのである。意味がよく分からない。

ともあれ、観艦式を欠席するだけなら日本もやっている。ただWPNSの欠席となると重要な情報の共有ができなくなるという問題があって、出来れば避けたい。

問題の根底には何があるのか

韓国にとって、こうした国際常識に反する行動をするのには理由がある事は先にも触れた。それは何なのか?とえいば、2点程理由があるといわれている。

  • 過去の事件を切っ掛けに、旭日旗が国民の目に触れると拒否反応を示す。
  • 支那が怖い。だって、3NOに抵触するし。

あ、こちらは表向きの理由ではなくて本音の方だね。表向きは「戦犯旗がー」とか言っているが、損なのはこじつけである。

この旭日旗が問題であれば、2018年以前の合同軍事演習や観艦式でも何か言って然るべきなのだが、2008年に韓国で開催された国際観艦式では全く問題になっていなかった。2002年に日本で開催された国際観艦式でも同じである。

それもそのはず、この問題が作り上げられたのは、2011年1月25日のAFCアジアカップの日韓戦において、韓国選手の奇誠庸が日本を侮辱する猿真似パフォーマンスを行い、その理由について苦し紛れに「スタジアムの旭日旗を見てカッとなった」と言い訳をした述ことで、突如として浮上したものだからだ。

韓国にとって、反日の材料になれば理由は何だって良いのである。

韓国にとって反日は国是であり、それを利用する政権は極めて多い。反日教育を子供達に施して、反日報道をし、反日を口にさえすれば政権支持率は一気に上がる。実に便利なツールである。

我が国の基本的立場(2021年5月18日加藤官房長官記者会見午前(抜粋))

 「旭日旗の意匠は日章旗同様、太陽をかたどっており、大漁旗や出産・節句の祝い旗等、日本国内で現在までも広く使用されているものであり、特定の政治的・差別的主張である等の指摘は当たらない。政府として、韓国を含め国際社会に向けて、旭日旗の掲示が政治的宣伝にならないという考えを累次の機会に説明しており、今後ともそうした説明を継続していきたいと考えている。」

「外務省のサイト」より

日本側の説明としてはこんな感じになっているが、こんな説明をして韓国側が聞くはずもない。何しろ、政府主導でやっている反日工作なのだから。

なお、コレは過去にGoogle Trendsというツールを使って検索数の作った図で、明らかに2012年以降に使われ始めたワードだと言うことが見てとれる。この調査は当時複数の人がやったようで、その確からしさは確認出来るのだが、現在、同じ事をやっても同じ結果は得られない。

理由は分からないが、仕様変更が幾度かなされているようなので、その影響であった可能性は高い。

調査|韓国人はいつから旭日旗に抗議し始めたのか
2011年1月のサッカー日韓戦で猿真似を披露したキ・ソンヨン(奇誠庸)選手の虚偽の弁明をきっかけに、翌年には旭日旗の難癖名「戦犯旗/전범기」を発明した韓国人。以降、世界中の人々やズワイ蟹にまでありとあらゆる旭日模様に言いがかりをつけ始めました。本頁では旭日旗問題がいつどのように始まったのかを詳細に記録しています。

参考にしたサイトなので、興味があったらどうぞ。

なお、面白いことに、2015年に開催した観艦式には韓国艦が素知らぬふりで参加していて面白い。ダメだったんじゃないの?

[ルポ]自衛隊観艦式に参加した韓国の大祚栄艦に韓日国旗がはためく

登録:2015-10-19 00:02 修正:2015-10-19 08:02

「見ろ!韓国の船だ」

18日午前7時、日本海上自衛隊の観艦式が開かれる神奈川県の横須賀海上自衛隊地方総監部。 行事出席のために基地に集まった観覧客の人波に混じって搭乗予定艦船である「むらさめ」に向かおうとした時だった。 埠頭に到着すると、すぐ前を歩いていた日本の記者たちが急いでカメラを取り出しシャッターを切り始めた。 日本が誇るイージス艦「きりしま」の向い側に韓国の駆逐艦「大祚栄艦(テジョヨンハム)」がグレーの威容を見せていたからだ。 この日、大祚栄艦のマストには観艦式への参加を記念するように韓日両国の国旗が並んで掲揚され、甲板の周囲には黒い制服を着た若い水兵たちが緊張した様子で日本の観覧客に向かって微笑を浮かべていた。韓国海軍が日本の観艦式に艦船を派遣したのは、島根県の「竹島の日」指定(2005年)などのために韓日で独島(ドクト)葛藤が発生する以前の2002年以来13年ぶりだ。

ハンギョレより

いやはや。この時のメディアも旭日旗に関する問題を指摘はしていない。

この日の観艦式には米日と共に中国の海洋進出を牽制する動きに参加しているオーストラリアやインド、最近南シナ海で中国との領土紛争を体験しているベトナムも参加した。 中国を相手にした周辺国が共助を誇示したわけだ。 韓国海軍が今回の行事に艦船を派遣したのは、韓国軍が韓米日三角同盟の流れにますます深く引き込まれていることを示すものと読み取られる。

ハンギョレより

ハンギョレは韓国でもサヨク系の報道機関だが、この時は「日米韓の三角同盟の流れに深く引き込まれている」事が問題だという問題提起をしたのみである。

つまり、観艦式での騒ぎは平成30年(2018年)以降なのである。それを、さも過去から問題になっているということが言いたいらしいのだから、ある意味関心する。

参加を避けるわけにはいかない

で、冒頭に書いたのだが、実際の所、韓国にとってこの観艦式の欠席という選択肢を採ることは難しい。いや、できるのかも知れないけれども、国際的に更に恥の上塗りになる可能性は高い。

また「最近の北の相次ぐ挑発によって厳しくなった朝鮮半島周辺の安保状況を踏まえ、韓国海軍が今回の国際観艦式に参加することで生じる安保上の含意を最優先に考慮した」と強調した。

~~略~~

軍関係者は「さまざまな側面を考慮したが、北の挑発が続いていることを考慮せざるを得なかった」とし、「観艦式の側面だけを見れば誤解の余地があるが、シンポジウムに約30カ国が参加し、多様な議題について話し合うという側面もある」と説明した。

「聯合ニュース”韓国 自衛隊国際観艦式に艦艇派遣へ=旭日旗問題で波紋も”」より

苦し紛れにこんな理由を掲げているが、その実、参加拒否は不可能なのだ。

理由は、韓国の防衛を考えたら、他国との連携を「しない」という選択をすることは有り得ないのだ。韓国独自で国防を考える事ができない以上、アメリカやその他の国(日本)に手伝って貰うしかない。

韓国は国防費に巨額を投じているが、その軍隊の練度や機能はさほど高くは無い。それ以上に問題なのは、韓国には有事統制権(戦争になった時に指揮権がない)がなく、韓国はアメリカと合同でなければ有事に対応出来ないという特種な問題を抱えている。

コレまでこの有事統制権の返還問題は何度も指摘されたが、その度ごとに韓国側がその判断を延期した。故に、アメリカに頼らざるを得ないのだ。

アメリカを頼ることの意味は、補給を日本に頼るという意味であり、アメリカ軍の後方支援には日本の自衛隊の協力が不可欠となる。アメリカ軍のアジアにおける拠点は在日米軍基地であり、在日米軍基地の機能を生かす為には自衛隊の協力が欠かせない。

そうすると、日本からきた招待状を破り捨てることが出来なかったのも仕方が無いよね。

「ざ、暫定的だから」

興味深いのはこちら。

軍関係者は軍需支援艦を派遣する理由について、捜索・救難を目的とした訓練に戦闘艦を送る必要はないと判断したとし、「朝鮮半島の周辺状況を考慮した」と説明した。

「聯合ニュース”韓国 自衛隊国際観艦式に艦艇派遣へ=旭日旗問題で波紋も”」より

旗艦を出すのではなく、軍需支援艦という、戦闘艦が港に寄港せずに海上で燃料や弾薬、食糧を補給できるよう支援する「機動軍需支援」能力を備えている艦を出すようだ。

「あくまでサポートに徹するよ」感を出したいらしい。

観艦式への参加を決定した政府の判断に反発が起きる可能性と関連して軍の関係者は、「海上自衛隊旗は1953年から使われ、中国を含む国際社会がこれを正式に受け入れている点など国際慣例を考慮した」と説明した。

「聯合ニュース”韓国 自衛隊国際観艦式に艦艇派遣へ=旭日旗問題で波紋も”」より

面白いことに支那に配慮して、「支那を含む国際社会がこれを正式に受け入れている点」を考慮しているらしいのだが、この問題に支那が何の関係があるのかよく分からない。

大東亜戦争の際には、支那も同様に被害者になったということを言いたいのかも知れないが、それを言ったらフィリピンやマレーシア、インドなども無関係とは言えず、支那を筆頭に持ってくる意味がよく分からない。結局のところ、支那が怖いのだろう。

公式発表に先立ち政府高官は同日、聯合ニュースの取材に対し、午前に開かれた国家安全保障会議(NSC)常任委員会で観艦式への参加を暫定決定したと明らかにした。

「聯合ニュース”韓国 自衛隊国際観艦式に艦艇派遣へ=旭日旗問題で波紋も”」より

そして、「暫定決定」だから、という逃げ道を作っている。支那から問題視されたら、参加を取り止めるつもりなのだろうか?

つまるところ、未だに「来るらしい」というレベルなんだな、この話は。

バカバカしい話なので、余り追いかけるつもりはなかったのだが、ここまで悩む必要があったのかどうかはよく分からない。判断を27日にした意味は、恐らく支那の共産党大会の開催日程が10月16日から10月22日までだった事と関係があるのだろう。

「事大主義(時流や大勢に身を任せることで自身の安息を図ろうとする、自律性・主体性を欠いた人間の態度)もここに極まれり」といえるだろう。

コメント

  1. 旭日旗のハーケンクロイツ紐づけキャンペーンは失敗に終わったようで何よりですな。まぁ韓国内では洒落になってないようですが。韓国艦はムンムンが掲げてた誰だかの将軍旗をまた揚げるのかな?とワクワクしております。

    • 失敗に終わっていれば良いんですが、嘘を100回言い続ければ真実になると信じている人々なので、このまま継続するんじゃないでしょうかね。
      運動が下火になるまで、日本側も対応しなければなりませんが。

  2. 木霊さん
    キムチの隠し味は、大腸菌と昆虫です。
    美味しい関係ないです。

    • 辛辣ぅ。
      大丈夫ですよ、基本的には国産しか手を出しませんから。そもそも、キムチというものを余り好んで食べたいと思いませんしね。

  3. こんにちは。

    本件、
    「事の発端は、腐れサッカー選手の、その場凌ぎの苦し紛れの嘘八百が原因であり、個人の嘘が二国間関係を損なった例として、歴史の教科書に明記すべきである」
    とでも言えましょうか。

    というか、この発端を、まずは蒸し返して断罪しない事には、解決はあり得ないかと。

    ※個人的には解決しなくても良いけど、それだと「あの国or国民(ナショナリズム&イデオロギー的な意味で)」が居る限り面倒くさい……

    • 韓国の言い分など放置したいところですが、ここで成功体験を得てしまうと次に繋がってしまいます。
      時間とお金はかかりますが、対応するしかありませんね。

  4. 木霊さんみなさん こんばんは、

    >支那が怖い。だって、3NOに抵触するし。

    いや、WPESには支那も参加しますし(木霊さんリンクpdfより)それはカンケーなく、韓国人が信ずる以下2つのウリナラファンタジーを心から信じている異常性が原因でしょう。

    1.旭日旗は朝鮮半島での日帝の暴虐(実際にはなかった)を想起させられ精神的に苦痛
     (アジア諸国も共有する苦痛)

    2.朝鮮戦争は日帝の居座り関東軍の南下で引き起こされ、当然支那も関東軍の旭日旗を嫌っている
     (大うそ、朝鮮戦争は実質は、義勇軍と言う名の中共人民解放軍と米軍の戦い)

    ウソの規模がでか過ぎますが、韓国人はそう教育を受け信じています。なので支那は毛沢東が旭日模様大好きで
    大々的に使用した過去もあり、旗の模様を問題にするワケがない、ような現実の歴史も信じられず、
    本気でワケがわからなくなっているのでしょう。

    • いやしかし、そうだとすると自己矛盾に陥る気がするんですがね。
      そういう話は……、あー、だから火病なんていう病気があるんでしょうか。

      しかし、理屈なき盲信というのは困った事ですね。