那覇市長選挙に自民系候補者の知念氏が当選

沖縄

言っちゃあ悪いが、この選挙の結果は最初から明白だった。

那覇市長に自公系の知念氏 オール沖縄に打撃

2022/10/24 00:24

任期満了に伴う那覇市長選は23日投開票され、岸田文雄政権が推す無所属新人の元副市長、知念覚(さとる)氏(59)=自民、公明推薦=が、玉城デニー沖縄県知事が支援する無所属新人の元県議、翁長雄治(おながたけはる)氏(35)=立民、共産、れいわ、社民、沖縄社大推薦=を破り、初当選を果たした。投票率は47・05%で、前回を1・14ポイント下回った。

「産経新聞」より

このブログでは取り上げもしなかったが、那覇市長選挙は沖縄にとってはそれなりに重要な選挙だった。沖縄知事選で野党側候補が勝つと、また勢い付くのはやだなーと。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク

崩壊する「オール沖縄」

どちらを選ぶか

ただ、候補者がこの二人だった時点で、おそらく当選する側は多くの人が分かったのではないかなと。

僕自身、人のツラをどうこう言えるような素晴らしい容姿の積もりはないんだけど、これはもう、何というか、どっちを選ぶかは。何しろ片方は、実績の殆ど無い若造である。

  • 知念覚、無所属・新 当選 6万4165票
  • 翁長雄治、無所属・新   5万4125票

それでも結果的には1万票程度しか差が付かなかったことを考えれば、野党連合の力というか、左派の勢力の強い勢力だなと。

投票率は47・05%で、前回を1・14ポイント下回った。

「産経新聞”那覇市長に自公系の知念氏 オール沖縄に打撃”」より

投票率は、1.14ポイント下がっているようで、注目度も低かったらしい。

実績は知念氏

なお、年齢的な事もあるのだけれど、実績を考えれば知念氏以外選ぶという選択肢が果たしてあったのかどうか。

知念氏は、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設に反対する「オール沖縄」勢力の土台を築いた翁長雄志元知事(平成30年死去)の元側近で、現職の城間幹子市長らが支持していた。

一方、翁長雄治氏は雄志氏の次男で、玉城氏やオール沖縄勢力の大半が支援に回った。だが、落選により同勢力の影響力低下が浮き彫りになり、今後の県政運営にも影響を及ぼしそうだ。

知念氏は高校卒業後に市職員となり、働きながら大学の夜間部を卒業。雄志氏の市長時代に抜擢(ばってき)されて総務部長などを歴任し、城間市長時代は副市長として2期約7年半を支えた。こうした長年の行政手腕が評価されたとみられる。

「産経新聞”那覇市長に自公系の知念氏 オール沖縄に打撃”」より

知念氏が支持された理由は、城間市の副市長を経験しており、翁長雄志の元側近として活躍していたこともあって、市政について明るい人物だと評価されたようだ。

特に、現職市長の城間幹子氏が支持したことが大きかったと思う。

城間市長「バトンタッチは知念氏しかいない」 選挙戦は「オール沖縄」と距離<那覇市長選>

2022年10月24日 10:25

城間幹子那覇市長は23日、自らの後継として支持を明確にした知念覚氏(59)=自民、公明推薦=の初当選に「私の2期8年の流れをくむのは知念氏。バトンタッチは彼しかいない」と語り、安堵の表情を見せた。

「琉球新報」より

要は、禅譲の形なのだ。

これに対抗したのが……。

【那覇市長選】翁長雄治氏 プロフィルとアンケート回答全文
翁長雄治おなが・たけはる生年月日:1987年7月6日無所属 新人推薦政党:立憲民主党、日本共産党、れいわ新選組、社会民主党、沖縄社会大衆党、新しい風・にぬふぁぶし職業:無職最終学歴:国際武道大出身地:那...

まあ、説明するまでも無いな。

オール沖縄とは一体……?

というわけで、今回の選挙を経て、今年行われた沖縄の市長選挙は7市長全てが自民党系候補が当選。どこかが「オール」なのか分からない名前負けの「オール沖縄」の存在を浮き彫りにした。

そもそも、オール沖縄という組織は、故翁長雄志を旗頭とする基地反対派で構成された組織で、沖縄選挙互助会の性格を有していたが、その旗頭を失ってしまい、次々と支持者を失ってしまった。そして、オール沖縄の精神的支柱となったのが、「建白書」である。

一・二八沖縄「建白書」の管理に関する質問主意書

ちょっと時代錯誤な感じもする建白書だが、彼らにとっては大切なものだったようだ。

「建白書」に込めた県民の総意

2013年1月29日(火)

「もう、沖縄は戻れない。日本政府も覚悟を決めてほしい」。沖縄県議会の喜納昌春議長は28日、国会内での記者会見でこう迫りました。

オスプレイ配備撤回を直訴するため上京した沖縄の代表団は、安倍晋三首相らに「建白書」と題した一文を手渡しました。

そこには、オスプレイのみならず、沖縄の本土復帰後6000件近い米軍犯罪など基地あるがゆえの苦しみをつづり、こう訴えています。「この復帰40年目の沖縄で、米軍はいまだ占領地でもあるかのごとく傍若無人に振る舞っている。国民主権国家日本のあり方が問われている」

今回の「建白書」につながる動きが、沖縄の復帰直前にありました。1971年11月、琉球政府の屋良朝苗主席らが「基地のない平和の島としての復帰」を求めて上京したときに携えていた「建議書」です。

「しんぶん赤旗」より

そして、沖縄県民の覚悟とされるこの建白書の内容は、沖縄県民にはあまりしっかり説明がなされていない。

https://www.city.nago.okinawa.jp/kurashi/2018071900226/file_contents/130322kenpakusyo.pdf

これが建白書の内容なのだが、これがまた内容を読んで頂ければ分かるが、かなり情緒的な内容である。簡単に言えば「オスプレイ配備反対」これに尽きる。

しかし、オスプレイの配備は在日米軍の判断であって、基地に何を配備するのかは、基本的には在日米軍の裁量によるので、日本政府が口出しするような話ではない。ただし、日本国民が一方的に不利益を被るようなケースでは口出し可能だろうと思われる。

でも、オスプレイの米海兵隊の運用は、日本にとって何か不利益かというと、おそらく不利益の方が少ない。その事がハッキリした事もあって、「オール沖縄」は既にオールでは無くなって久しい。

沖縄は今年、重要選挙が続く〝選挙イヤー〟だが、今回の結果により、辺野古移設問題が争点となった名護市や宜野湾市をはじめ7市長選の全てで自民党系候補がオール沖縄系候補を破る結果となった。

7月の参院選と9月の知事選ではオール沖縄系が勝利したが、有力者の離脱が相次ぎ、組織の立て直しを迫られている。

「産経新聞”那覇市長に自公系の知念氏 オール沖縄に打撃”」より

その結果、動員をかけにくい市長選では負けてしまう事態に。沖縄は、かつては中心部である那覇と、その他の自治体の距離が遠いようで、市長選挙ではその力を発揮しにくい状況であった。しかし、現状はお膝元のハズの那覇市ですらオール沖縄の力の発揮しにくい状況となってしまった。

ただまあ、この話は、最初に説明した様に対抗馬としてオール沖縄側が用意した人材に問題があったのであって、完全にオール沖縄の力が削がれたと言う訳ではない。真っ当な候補を立てることが出来れば、おそらく勝ち目はあっただろう。票差もさほど付いていないしね。

こういった選挙結果を見ると、未だ、台湾有事に対する危機感は薄いなぁと感じざるを得ない。

追記

これまた香ばしい記事を。

沖縄・デニー知事「深く深く反省する」 “県都”那覇でも敗れ…7市長選で全敗

2022年10月24日 10:35

沖縄県の玉城デニー知事は23日、那覇市長選で支援した翁長雄治氏が敗れたことに「選対本部長として、力足らずだった。深く深く反省する」と述べた。翁長氏らと開票を見守った那覇市の教育福祉会館で、記者団の取材に応じた。

「オール沖縄」勢力で足並みをそろえてきた那覇市長選で敗れたことの県政運営への影響については「県民、市民のために一緒に協力して、やっていかなければいけないところは当然一緒にやらなければ、それこそ無責任のそしりは免れない」と指摘。「選挙の結果は真摯(しんし)に受け止めたい」と述べた。

「沖縄タイムス」より

意味が分からない反省だな。

「力足らずだった。深く深く反省する」と宣っているのだが、そもそも玉城デニー氏が「何をやったのか」とか、候補に立った翁長氏が何をやったのか、何を目指すのかが明らかではないことが問題なんだよね。

翁長雄志は沖縄自民党の重鎮で、沖縄政界におけるドンだったのだが、ある時期から基地反対派に転向。でも、終盤になって「ちょっと無理があるよね-」というような流れになっていた。それでも、玉城デニー氏の人気でそこそこ保ってはいるのだけれど、縮小方向に進んでいる。

まあ、時代遅れということなのかも知れないね。何しろ、支那は「台湾侵攻」を隠さない状況になっていて、沖縄県は流石に他人事というわけには行かないのだ。

コメント

  1. 「沖縄の本土復帰後6000件近い米軍犯罪など基地あるがゆえの苦しみ」……オール沖縄が後押ししている辺野古移設反対派の「座り込みという名の犯罪行為(道交法違反)」は、一日3回✕3000日超ですから、10年足らずで9000件超えですか……
    名護市民にとっては「オール沖縄があるゆえの苦しみ」でしょうねぇ

    • 在日米軍の兵士達は、いわゆるエリートではないので、粗暴な方も含まれるでしょう。
      そうすると、犯罪などが発生するということもあるのでしょう。でも、米軍だけ起こる特殊事情というわけではないんですよね。

      沖縄では、反基地活動は無罪になっている感じで、反日活動もお目こぼしが為されている現状みたいですね。

  2. 左翼に驚くほど人材がいない証拠でしょうか。影で蠢くのは得意でも、日の当たる場所所で本心を隠して綺麗事をまくし立てるのも、中々難しいことですから。

    • 人材不足なんでしょうね。
      少なくとも、表に出てくるのはロクなのがいません。

  3. 犯罪者擁護するテロリスト沖縄とかまとめて日本と米軍の射爆場で良いんじゃないかな。

    まぁ冗談半分はさておき、パヨクの人的資源の枯渇がどんどん進んで良いですね、既に長年洗脳された間抜け共のせいで多大な国益の損失が発生していますからいい加減に正常な国政がゴミ屑の妨害無しに行われてほしいですね。
    検討と増税以外する気のない馬鹿はポイーで。

    • 相変わらず過激ですねぇ。
      パヨク最後の楽園の沖縄で、警察や行政から目こぼしされていますから、それが国益を損なう結果に繋がって、何とも情けない限りですね。
      「沖縄に寄り添う」という言葉がありますが、沖縄側から本土に寄り添う気持ちは無いんでしょう。そんな人ばかりでは無いのでしょうが、上の方は随分と腐っている気がしますよ。

  4. もうひとつの見どころは、沖縄タイムスと琉球新報の影響力低下ではないか。
    両社、懸命に笛吹けども、県民はもう踊らされず、と。
    そうであってほしいところ。

    • 沖縄メディアもヒドイ状況ですね。
      沖縄三紙は廃刊にしてもいいくらいですが、時間の問題かも知れません。

  5. こんにちは。

    >支那は「台湾侵攻」を隠さない状況になっていて、沖縄県は流石に他人事というわけには行かない

    行かない、のですが……
    「なんくるないさー」の沖縄県人には、何も期待出来ないというのがヤマトンチューの(一部の)意見だと思います。
    もちろん、そこに巣くう急進的リベラルがそもそもの問題かつ利敵行為の巣窟なのですが、それら売国奴の跳梁跋扈を許すウチナンチューの体質というか「気概」の無さが見ていて歯痒いのです。

    まあ、「土地の者」が声を上げず、「余所者」が主流派のような顔をしてのさばるのは、東京や神奈川でも見られる現象、流入者の多い地域のアルアルではありますが……

    沖縄県人は、もっと国防と経済に目を向けた方が良い、と思うのです。

    • 沖縄が危機感を抱く前に、先島諸島はとんでもない事になりかねません。
      石垣島を始めとした島々が犠牲になる前に、なんとかしたいですね。