ロシア動員兵の悲哀

ロシアニュース

ちょっと時間が無かったので軽く触れられるネタを。

ロシア動員兵は迷彩服まで自腹 支給の装備品は80年代もの…各地で資金難

10/7(金) 7:20配信

ロシアで部分的動員令による混乱が続いています。非常に古い迷彩服が支給されているとみられ、動員兵らは自腹で買わざるを得ない事態となっています。

「TBS NEWS」より

ちょっと前に拡散された動画では、止血帯なんかも自前で用意しろという様な話だったのだけれど、本格的に何もかも足りないのかな。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク

冬が来る前に

続く国外逃亡

プーチン氏がウクライナ4州を併合すると決定した時にも記事を書いたのだが、あれから更に状況は悪化しているようだ。

前回は、20万人くらい国外逃亡しているという話だったんだけれど。

ロシア国境に「越境ブローカー」 動員令で“国外脱出”相次ぐ

2022年10月2日 日曜 午前6:47

ロシア政府による部分的動員令を受け、国外に出ようとする人が殺到していたロシアとジョージアの国境では、越境を手伝うブローカーが出現している。

「FNNプライムオンライン」より

これは仕事になる!ということで、ブローカーまで出現する始末だ。一説によると70万人程度が国内に逃亡しているという話もあって、その混乱っぷりはスゴイと思う。

ロシア国民70万人出国か 国防相「予備役動員で20万人が入隊」

2022/10/5 09:29

ウクライナ侵略を続けるロシアのプーチン大統領が導入した予備役を徴兵する「部分的動員」を巡り、ショイグ国防相は4日、軍高官らとのオンライン会議に出席し、現時点で20万人以上の招集兵が露軍に加わったと発表した。一方、米経済誌「フォーブス」のロシア版は同日、露大統領府筋の話として、9月21日の部分的動員の発表以降、60万~70万人の露国民がロシアから出国したと伝えた。

「産経新聞」より

国外逃亡した若者達がどれくらいの数になるかは知らないが、少なくない数の国民がロシアから逃げ出し、逃げ出せるのは裕福な方々だけという事になっているのだろう。

自腹で用意する迷彩服

興味深かったのは、支給品が足りずに自腹で装備を用意する動員兵も少なくないということだ。

店で売っている迷彩服は、本当に実戦に耐えられる代物なのかは不明だが、まさか1着だけという事もあるまい。「軍服から寝袋まで約25万円をかけて自前で用意」などというニュースをモスクワで報じていたというのだが、そこまでのお金が用意できて、実際に購入出来た動員兵がさほど多かったとは思えない。

本当かどうかは知らないが、売り切れの店が続出したというのだから。

更に怪しげなニュースもある。

img

動員された兵士が戦場で持たされるのは最新鋭の銃ではなく、AK-47モシンナガンといった化石のような名銃を渡され、さらにろくにメンテナンスされておらず発砲できるかも怪しいような武器です。

「shaveoffmind」より

写真はAK47らしいが、こんな骨董品を持ち出して「装備だ」と言われても困るだろう。流石にネタじゃないか?と疑っている。

下着から迷彩服まで支給されないような状態で動員がかけられる、ソレもかなりヤバいのだが、小火器すら用意できない状況だと、訓練ができているのか?と不安になる。

ロシア人動員兵の訓練始まる ウクライナのロシア支配地でも

10/5(水) 13:49配信

モスクワ、ロシア、10月5日(AP)― ロシア国防省は10月4日、ロシア南部とウクライナの一部で始まった動員された新兵訓練の映像を公開した。 ショイグ国防相はこの日、ロシア国内とウクライナのドネツク州を含む約80カ所の演習場で、召集兵の基礎訓練が始まったと述べた。

「yahooニュース」より

こちらが動画付きのニュースで、ロシアが公開した新兵訓練の映像を見られるのだが、流石に装備がバラバラとかそんな印象はない。

が、訓練場所で的にしているのが古タイヤだとか、ちょいちょい不安になる映像が挟まれていて、これが公式発表なのかとちょっと疑いたくなる。

ロシア国防省も苦戦を認める

そして、隠しきれないのかは分からないが、ロシア国防省が苦戦を認めたようだ。

「ウクライナ軍が防衛網深く侵入」「複数集落失った」ロシア国防省、苦戦認める異例の発表

2022/10/05 08:49

ロシア国防省は3日、一方的な併合を進めるウクライナ南部ヘルソン州で、ウクライナ軍が「防衛網深くに侵入した」とし、苦戦を認める異例の発表をした。地元の親露派幹部も「複数の集落を失った」と述べた。

「讀賣新聞」より

苦戦を認めるのが戦略的にプラスになると判断したのか、或いは別に狙いがあるのかは知らないが、ここに派兵される動員兵達は不安だろうね。

図では水色地域がウクライナ軍が奪還した地域だとされている。異例の早さでこの地図が書き換わっていて、にわかには信じ難い部分もあるのだが。

果たして、本格的な冬の到来の前に戦局は変わるのだろうか?或いは既に違う局面に来ているのだろうか。プーチン政権の足下を揺るがすような事態が迫ってきている気がしてならない。ロシア最後の皇帝は、今何を思うのか。

追記

そうそう、急いで記事を書いていたから引用を忘れていた記事が。

ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

2022年10月5日 9時26分

弱り目にたたり目だ。ウクライナ戦争で苦戦を強いられているプーチン大統領の足元で“怪事件”が発生。ナント、招集兵に用意していた軍服150万人分が消えたというのだ。

モスクワ・タイムズ(電子版3日付)によると、ロシア下院議員で元陸軍中将のアンドレイ・グルコフ氏が自身のSNSに、〈戦闘員の受け入れのために備蓄していた150万人分の軍服がどこへ消えたのか分からない。なぜこんな問題が起こるのか。誰も説明しようとしないのだ!〉と投稿。怒りをあらわにしたという。

Livedoor NEWSより

本当かどうかわからない衝撃のニュースで、戦闘員受け入れのために備蓄していた150万人分の軍服が消えたという。

これが本当だとして、動員された兵士が自腹を切らねばならなかったとしたら、なかなか悲惨な話である。自腹で備えた装備が良品である可能性は低い。これから冬が来るというのに、杜撰な装備で戦地に行かねばならないのだから、そりゃ逃げ出すだろうさ。

追記2

もう一つ。

ロシア、トルコに冬服注文断られる 「クレムリン現政権の失敗」

2022年10月7日 18時00分

インタファクス・ウクライナ通信は6日、ウクライナのレズニコウ国防相の話として、ロシアが第三国を通じて防弾チョッキ20万着と冬服50万着を調達しようとしたが、トルコに注文を断られたと報じた。レズニコウ氏は、ロシアがこうした物品の入手に困っているとの認識を示したという。

同通信によると、レズニコウ氏はロシアの侵攻について「クレムリンの現政権の失敗だ」と断言。「誰かが責められるだろう。最も(非難される)可能性が高いのは、ロシアの軍人たちだ」と述べた。

「朝日新聞」より

親ロシア国と知られるトルコだが、ロシアからの防弾チョッキと冬服の注文を断った模様。

トルコがどんな理由をつけて断ったのかはちょっと気になるが、冬服を用意できないロシア軍が、一体どんな方法で戦うつもりなのかはもっと気になる。

追記3

チェック出来ていなかったニュースだが、こんな話もあった。

「戦争の狂気止めたい」 侵攻に従軍、ロシア軍元兵士が手記発表

2022/8/29 11:52(最終更新 8/29 12:14)

ロシアのウクライナ侵攻に従軍した元空挺(くうてい)部隊兵士がソーシャルメディア上で戦争に反対する手記を発表した。開戦理由を知らされず戦場に駆り出された部隊の食料が乏しく、略奪を繰り返した内情を暴露。ロシア当局に処罰される恐れがあるのに発表を決意したのは「この狂気を止めなければならないと良心が言っている」からだと訴えた。

「毎日新聞」より

どうやら、3日分程度の食料しか持たされておらず、多くのロシア兵が食料の現地調達をしなければならなかったようだ。

ロシア軍は随分と兵站を軽視しているようだね。

コメント

  1. 兵站がぶっ壊れた軍隊ってもう終わってません?
    独ソ戦はドイツから仕掛けられたからソ連の国民は酷い状況でも国を守るという意識で戦えたっていう話をどこかで聞きましたが、今回は自分たちから仕掛けた戦争で最強のレンドリースもありませんからね・・・。
    ヤケを起こさないようにしつつ自壊してもらうのが一番ですが、負けている側の独裁国家という事は上層部にはもうまともな情報は届いていなさそうですね・・・。

    • ただ、ロシア軍とウクライナ軍の情報って、どちらも信頼性に疑問があるんですよね。
      特にロシア側はロシア軍の情報にかなり嘘を混ぜていますから、ロシアが公式に報道しているからと言って信頼できるかどうか。
      そして、兵站と言えば食糧なんですが、初期の頃はかなり「賞味期限切れの食品」とか色々報じられていましたけど、今は全くその手のニュースを見かけません。
      犬を食べたという噂もありましたが……。どうなっているのやら。
      現在の潰走と関係しているかもしれませんね。

      • ウクライナも独立以降政治的に相当クソでしたからそもそも信用できませんからね。
        そりゃロシアも侵攻はともかく圧力かけるのも当然じゃね?って感じです。
        割と開戦当初から屑同士の争いとみて世界経済に影響が出ない範囲で戦争してろよって思ってました。
        まぁその二国が世界の食糧生産と肥料の結構な割合占めているんで戦争すんなって事は前提ですが。

  2. これから厳しい冬が始まるわけですが。嘘か真か防寒装備まで不足しているとあれば、これまで散々ソビエトロシアを助けて来た冬将軍すらも、今回ばかりは敵に回す。と、いう事になるんでしょうかね。真冬に大規模演習やってから雪崩込んだのですから、去年の冬には十分に過ぎる装備が豊富にあったのでしょうけれど。

    • 火のないところに煙は立たないわけでして、噂の何割かは本当のことなのでしょう。
      そして、かなりやばい感じがします。
      素人集団が雪山を歩く八甲田山のような悲劇にならないことを祈っておりますよ。

  3. こんにちわ、

    ロシアでは、ここ数日間で多くの兵役拒否者が出てきましたね。兵役拒否には法律で刑罰が与えられることが判ってはいても、軍が動員兵にろくに食事も寝床も医療も、戦うための武器・防具や給料さえも支給しないのでは、兵士が戦場に行っても無駄死にするだけ…..それなら刑務所で服役する方がマシということかもしれませんね。

    • 色々なニュースがありますが、アレの何割かが本当だとしたら、ウクライナ侵略戦争の兵士として前線に赴くのは、死にに行くのと同義であります。
      ロシアの刑務所がまともな場所かどうか知りませんが、それでも生きて出られるだけマシということになるのかもしれませんね。

  4. こんにちは。

    >「誰かが責められるだろう。最も(非難される)可能性が高いのは、ロシアの軍人たちだ」

    いやいや。
    責められるのは、こんなテンヤワンヤをおっぱじめた政治首脳部でしょうに。
    責任おっかぶせられる軍こそ良い迷惑で。
    まあ、その軍も、横流しや何やらで規律緩みまくって腐敗の極みなんでしょうけれど。

    何年経っても、露助の軍隊は変わんないな。