止まらないウォン安、1ドル1430ウォンを突破してなお進行中

大韓民国

うーん、円も安くはなっているんだけど、ウォンは凄いな!

1ドル=1430ウォン突破…KOSPIとコスダックも3~5%暴落=韓国

登録:2022-09-27 06:16 修正:2022-09-27 07:21

ウォン安ドル高が恐ろしい勢いで進み、一気に1ドル=1430ウォンを突破した。英国の大規模減税政策などでグローバルなドル高傾向がさらに強まった影響だ。世界の金融市場が再び不安に陥り、韓国総合株価指数(KOSPI)とコスダック指数も3.0~5.0%も下落した。

「ハンギョレ」より

必死に防衛している様子が見てとれるが、旗色は悪そうだな。

スポンサーリンク
同カテゴリーの人気記事

この記事は「惣郷木霊の四方山話」でお送りしております。

<同カテゴリーの人気記事>

スポンサーリンク

破滅への序曲

週末までに1450ウォンへ

ジェットコースター通過と揶揄されるウォンだが、日本の円だって円安方向に進んでいるので、世界的な流れと言えるだろう。が、ウォンはハード・カレンシーではないために影響を受けやすく、派手な値動きをするんだよね。

26日、ソウル外国為替市場でのドルに対するウォン相場は、前取引日より22.0ウォン安の1ドル=1431.3ウォンの終値を記録した。グローバル金融危機当時の2009年3月16日(終値1440.0ウォン)以来の最安値だ。1419.0ウォンでスタートした為替相場は、取引開始直後に1420ウォンを超えた後、下げ幅を拡大し続け、一時は1435.4ウォンまで急落した。世界的なドル高基調が続いた影響だ。23日(現地時間)113台に上昇したドルインデックスは同日も上昇を続け、一時114.4の高値を記録するなど、20年ぶりの最高値を更新した。

「ハンギョレ”1ドル=1430ウォン突破…KOSPIとコスダックも3~5%暴落=韓国”」より

ハンギョレでは「大変だー」という感じの記事になっているが、視覚的に見た方が分かり易いよね。

8月末から随分と上がっているな。

ぉん

1430ウォン辺りで激しい攻防が見えるが、数日で20ウォン程度は安くなる流れになっているので、防衛を続ける事は難しいだろう。

FRBの利上げは続くよ

22日にはアメリカFRBが政策金利を上げた。

米FRB、またも大幅利上げ決定 14年ぶりに3%台へ

2022年9月22日

アメリカの中央銀行にあたる連邦準備制度理事会(FRB)は21日、0.75%の大幅利上げを発表した。これにより、同国の政策金利の誘導目標は過去15年で最高水準の3~3.25%となった。

「BBC NEWS」より

この辺りの話は、ちょっと前にも触れたね。

世界的には金利引き上げを行っているのだけれど、日銀は金利引き上げの判断は行っていない。これは日本国内でのコアコアCPIがあまり上がっていないからである。各種の指数が上がっていけば、日銀も利上げ判断をするだろう。それだけの事だ。

支那も金利引き上げは見送っているね。まあ、支那経済もかなりヤバいので、金利を上げる訳にはいかない事情があるのだが、ここではその説明は割愛しておこう。

では韓国は?というと、やっぱり金利を引き上げている。

韓国銀行、基準金利を2.50%に引き上げ

2022年08月26日

韓国銀行(中央銀行)は8月25日、金融通貨委員会を開催し、基準金利を2.25%から0.25ポイント引き上げ、2.50%とした。国内外の景気の下方リスクが増大しているものの、物価上昇圧力と高い期待インフレ率が続いており、物価上昇率の高止まりを防ぐために政策的対応を継続する必要があると判断した。

「JETRO」より

アメリカの金利引き上げに負けないように上げていたハズなのだが、以前にも書いたけれども、韓国にとっては金利引き上げも困るし、引き上げないのも困る状況なので、今は引き上げ負けている。

「インフレーションを終わらせなければならない。(中略)痛みなくそうできればよかったが、そのような方法はない」

世界各国は自国のインフレ問題に立ち向かうため、日本と中国を除くほとんどの国で、アメリカと同様に利上げに踏み切っている。

「BBC NEWS”米FRB、またも大幅利上げ決定 14年ぶりに3%台へ”」より

アメリカはインフレを抑制するために金利を引き上げて、市場に溢れるドルを回収する方向に動いていて、最強の通貨ドルが減っていることで、各国の通貨安を引き起こすという事態に陥っている。各国は、アメリカに負けないように金利を上げている状況ではあるが……、各国共に激しいインフレになっているので金利引き上げは当然の判断なのである。

ところが、インフレ傾向ではあるが日本ではあまり賃金が上がらず、物価引き上げも限定的な状況だ。それだけの話なんだよね。株価下落の傾向にあるので、慎重な対応が迫られてはいると思うんだけど。

KOSPI下落

じゃあ、韓国はどうなのか。

証券市場も大きく揺れた。KOSPIは同日、69.06(3.02%)下がった2220.94の終値を記録した。米連邦準備制度(FRB)がジャイアントステップ(政策金利0.75%引き上げ)に踏み切った翌日の23日、2300ポイント台が崩れたのに続き、2200ポイント台も危ぶまれている。同日の下落は個人投資家の売り越しが主導した。個人と外国人投資家がそれぞれ2456億ウォン(247億5千万円)分と36億ウォン(約3億6千万円)分を売り越した一方、機関は2800億ウォン(約282憶2千万円)分を買い入れた。コスダック指数も692.37で36.99(5.07%)急落し、2年3カ月ぶりに700台を割り込んだ。国庫債金利は軒並み上昇(債券価格の下落)を示した。国庫債3年物の金利は0.34ポイントも高騰し、年4.548%を記録した。

「ハンギョレ”1ドル=1430ウォン突破…KOSPIとコスダックも3~5%暴落=韓国”」より

ウォン安も頭が痛いところだが、KOSPIもコスダックも下落していて大変である。

韓国総合株価指数(KOSPI)の防衛ラインは2400台だったのだが、今や2200台を維持するのも危うい。韓国売りが進んでいるのだ。

コスダック(KOSDAQ)市場も急落しているので、全般的に見て韓国市場は大荒れの状況だ。

企画財政部のパン・ギソン1次官も午前早く非常経済対応タスクフォース(TF)会議を開き「必要に応じて為替当局が造船会社先物為替を直接買い入れできるよう諸般の準備に万全を期すよう要請した」と再度明らかにした。最近、為替当局は国民年金と通貨スワップ協定を結び、各造船会社の先物売りを促す案を打ち出している。為替市場でドル需要は減らし、供給は増やして為替レートを引き下げるという趣旨だ。

「ハンギョレ”1ドル=1430ウォン突破…KOSPIとコスダックも3~5%暴落=韓国”」より

バカの一つ覚えのように「通貨スワップを!」という流れになっているが、流石に日本もアメリカも手を出さない状況である。韓国の為替当局が国民年金と通貨スワップ協定を結んだというニュースが流れていたが、殆ど効果はなさそうである。

アメリカからの援助は得られない

さて、こうした韓国の窮乏状況で、韓国が頼みにしたいのはアメリカであり、次いで日本だ。本音は支那にお願いしたいところではあるが、韓国大統領のユンユンにとって支那に全てを委ねるという判断は難しいし、支那自身が経済窮乏に喘いでいるので、韓国を救済する余裕は無い。

では、アメリカはどうか?というと……。

期待寄せた首脳会談がことごとく不発、韓国・尹錫悦大統領が「外交惨事」

2022.9.23(金)

~~略~~

この米韓首脳会談に関し、当初、韓国メディアは大統領室関係者のコメントを引用しつつ、米国の電気自動車補助金支給から韓国メーカーが除外された米国のインフレ削減法(IRA)問題と、米韓通貨スワップ問題が議論されると報道し、会談の成果に大きな期待を寄せていた。

ところがバイデン大統領の日程変更で、それらは事実上、「不発」に終わってしまったのだ。

韓国メディアによると、バイデン大統領が出席する「グローバルファンド第7次増資会合」に急遽招待された尹大統領が慌てて駆けつけ、会議後に、わずか「48秒間」の立ち話をバイデン大統領と交わしただけだった。

「JB Press」より

会談が48秒の立ち話で終わりだった。そりゃ、No.3のペロシ氏との会談を避けたので当然である。

一方で、支那の序列3位の人物とは会談しちゃった。

韓国・尹大統領が中国序列3位と会談 習主席を韓国に招待

2022年9月17日(土) 00:32

韓国の尹錫悦大統領は、中国共産党で序列3位の栗戦書氏と会談し、習近平国家主席を韓国に招待する意思を伝えました。

~~略~~

きょう、韓国ソウルで尹錫悦大統領と面会した栗戦書氏は中国共産党の序列3位で、国会議長にあたる全人代常務委員長を務める人物です。

「TBS NEWS」より

更にコレだ。

韓国尹大統領 米議会に「この野郎ども」発言で波紋

9/23(金) 18:05配信

韓国の大統領の暴言が物議を醸しています。  

韓国の尹錫悦大統領は21日、ニューヨークで開かれた会合の後、アメリカのバイデン大統領と数十秒、歓談しましたが、立ち去る際に韓国の外相らに言葉を掛ける様子がカメラに収められていました。  

韓国メディアは尹大統領が「国会で『この野郎ども』が承認しなければバイデンは赤っ恥だろうな」と発言したと伝え、さらに「この野郎ども」はアメリカの議会を指すと報じました。

「yahooニュース」より

大丈夫だろうか?ユンユン。本気でアメリカとやっていく気があるのだろうか?こんな大統領に対して、アメリカが何か手を差し伸べてくれるとはとても思えない。動画で流れちゃったから、否定するのも難しいだろう。

今や韓国の利用価値は激減。地政学的に重要な地域であることは間違い無いが、それ以上に付き合うのに疲れる国と言うことが明らかになり、「付き合わない方が良いんじゃないの」という状況になっているのだ。

そうそう韓国経済がギブアップする様な事にはならないと思うが、経済危機に向かって邁進中出ある事は間違い無く、このままの状況が長引けばおそらく耐えられまい。カウントダウンが始まっているが、流石に1ドル1500ウォンまでは進まないと思う。……進まないとイイネ。

追記

本当に止まらないなぁ。

1ドル=1435ウォン…韓国ウォン、また今年の最安値更新

2022.09.28 14:16

28日、韓国ウォンが対米ドルで1ドル=1435ウォンまで値下がりし、2日ぶりに今年の最安値を更新した。

「中央日報」より

ウォン・ドル相場 18.4ウォン安 1439.9(終値)

2022.09.28 15:33

「聯合ニュース」より

この2つの記事は、本日の14時と15時に書かれたものなのだが……。

終盤になってさらにウォン安が進んで、1445ウォンを突破してしまった。現在は1440ウォン辺りをウロウロしているが、この調子で進めば本当に週末までに1450ウォンは到達するだろう。

問題は、ウォン高方向に振れる材料が何も無いことなんだよねぇ。このままどんどん進むと、本当に1ドル1500ウォンという状況になってしまうだろう。輸出が好調ならそれでも良いんだろうけど、残念な事にそうなっていないんだよね。

韓国銀行はこれ以上の利上げは苦しいだろうし、韓国政府もそんな決断は出来ないだろう。何しろ、三つ子の赤字が韓国にはある。利上げをすれば借金は雪だるま式に増え、先ず家計負債を直撃。そして、住宅バブル崩壊だ。放置しても住宅バブルは崩壊するので、気にする事は無いといえば、そうかも知れないんだけど。

追記2

暗号資産か。

半減した暗号資産市場…韓国内の時価総額半年で55兆ウォンから23兆ウォンに

2022.09.27 10:45

韓国国内で取引される暗号資産の時価総額は6月末基準で23兆ウォンと調査された。昨年末の時価総額55兆2000億ウォンの半分水準だ。上半期の1日平均取引額も5兆3000億ウォンで昨年下半期の11兆3000億ウォンの半分にも満たなかった。米連邦準備制度理事会(FRB)の緊縮などで市場の流動性が枯れているところに、ルナ・テラ暴落問題などによる信頼下落が影響を及ぼした。

「中央日報」より

一時の流行だったね。溶けた資産はどうなったのやら。

コメント

  1. こんばんわ、

    自分は普段は韓国経済を観察していないのですが、今日は随分話題になっていて、現在ウォン安・株安・債券安のトリプル安になっていますね。
    債券市場では、特に「3年物」国債が大量に売り込まれて、4.463%まで急上昇し、さらに上昇しそうな状況だそうです。

    また今日は、LNGガス運搬船も建造している大宇造船海洋がハンファGに身売りされたというニュースが眼を引きました (ハンファGはなぜ大赤字企業を引き受けたのか…)

    • 今年に入ってから、かなりトリプル安の頻度が高くなって、韓国における危機感は高まっていますね。
      本日は1440ウォンを突破したらしいので、1450ウォンまでは余裕で到達しそうですね。頑張って欲しいものです。

      大宇造船海洋の延命は、韓国としては死活問題なのだと思いますが、そもそも構造的に赤字を垂れ流すしかない状況であります。本当に延命程度の話になりそうですよ。

      • こんばんわ、

        今日は、昨日米10年物国債が一時4%まで上昇して、為替市場では猛烈なドル買いがありました。円は売られ、日銀が買い支え、チャートはさながらノコギリ刃のようでした。

        一応ウォンも見てみたところ、ドルに対してジリジリと山を登るようなウォン売り気配 ― 恐らく韓銀や市中銀が、手持ちのドルでコツコツと介入していたのかな、と思いました。

        この分では、日本も韓国も長期債券を売り込まれそうです。

        ※余談ですが、先ごろ岸田首相はNYSEでスピーチしたのですが、そのとき米アナリストたちから、TYとNYで言ってることが違う、と批判されたそうです。米国の見る眼は厳しいです。

      • 日銀も抵抗していますが、弾は有限ですからこのままずっとというわけにはいかないでしょう。
        ウォンはかなり残念な事になっていて、お昼頃にちょっと下がる(ウォン高に振れる)というような感じの値動きになっています。これは、韓銀のアリバイ作りという噂ですが、弾が尽きれば日本も他人事と笑えません。
        リセッションに入ると、更に大変なことになりますから、対岸の火事という状況じゃないんですよねぇ。
        そのことを理解出来ていないのが岸田君のようですけど。